Adobe® ColdFusion® 9.0 アップデート 2 リリースノートをご利用いただき、ありがとうございます。 このアップデーターリリースは、ColdFusion 9 アップデート 1 リリースを補足するものです。 ただし、ColdFusion 9.0 アップデート 1 とは異なり、ColdFusion 9.0 アップデート 2 は完全なインストーラーであることにご注意ください。 そのため、既存の ColdFusion 9.0 または ColdFusion 9.0.1 インストールと一緒に ColdFusion 9.0.2 をインストールしないでください。


ColdFusion 9.0.2 アップデートには、ColdFusion 9.0.1、ColdFusion 9.0.1 累積ホットフィックスの 1 と 2、および ColdFusion 9.0.1 のすべてのセキュリティホットフィックスが含まれていますが、Verity は含まれていません。

次の表に、アップデーターインストールファイルについての詳細を示します。

場所 説明
ColdFusion 9.0 アップデート 2
ColdFusion 9.0.2 アップデートインストーラー
ColdFusion 9.0 Update 2 Product ダウンロード ColdFusion 9.0 アップデート 2 開発者用ツールおよびその他のサーバーインストーラー

ColdFusion Administrator に対する変更

このアップデートには、ColdFusion の新しい設定である Post Parameter Limit が実装されています。 この設定により、送信リクエストのパラメーター数が抑制されます。 デフォルト値は 100 です。 送信リクエストのパラメーター数が、指定した限度を超えると、ColdFusion でリクエストが処理されなくなり、例外がスローされます。 これにより、ハッシュ衝突を使用したサービス拒否攻撃を防御できます。

この設定は送信サイズ制限(ColdFusion Administrator設定送信データの最大サイズ)とは異なります。 この設定は、ColdFusion Administrator コンソールには公開されませんが、neo-runtime.xml ファイルで変更できます。

Post Parameter Limit 設定を変更するには、内蔵 Web サーバーの場合は ColdFusion インストールの <ColdFusion_Home>/lib に移動し、マルチサーバーまたは J2EE インストールの場合は <ColdFusion_Home>/WEB-INF/cfusion/lib に移動します。 neo-runtime.xml ファイルを開いて、次の行を追加します(デフォルト値の 100 は適切な数値に変更できます)。

<var name='postParametersLimit'><number>100.0</number></var>

追加する場所は、<var name='postSizeLimit'><number>100.0</number></var> という行の後です。

ColdFusion からの Verity の削除

Verity は ColdFusion 9.0.2 から除外されたので、代わりに SOLR 検索エンジンを使用することをお勧めします。 Verity から SOLR への移行について詳しくは、このブログを参照してください。

© 2012 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved.

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー