Dreamweaver CC では、HTML5 や jQuery などの現代的な Web 技術に重点を置いています。したがって、ユーザーインターフェイスは改訂され、大半の Dreamweaver ユーザーには関係のなくなった Web 技術をサポートする機能は削除されています。 

以前の Dreamweaver バージョンのユーザーが新しいバージョンに移行しやすいように、アドビでは、以下を拡張機能として利用可能にしています。

  • サーバービヘイビアーパネル
  • ASPNet サポート
  • ASP JS サポート
  • JSP サポート

Dreamweaver CC 13.x

上記機能の拡張機能を C:\Program Files (x86)\Adobe\Adobe Dreamweaver CC\configuration\DisabledFeatures で入手できます。

これらの拡張機能をインストールして、その機能を Dreamweaver で旧バージョンどおりに使用できます。

Dreamweaver CC 2014

拡張機能(アドオンと呼ぶようになった)は、Creative Cloud アドオンページに移動されました。このページで必要なアドオンを検索し、それらをインストールして Dreamweaver で使用します。

(アドオンページには、Dreamweaver で「ウィンドウ/アドオンを参照」と選択してもアクセスできます)

 

注: Dreamweaver の旧バージョンにインストールした拡張機能は、Dreamweaver CC 2014 では機能しません。それらの拡張機能を Dreamweaver CC 2014 で使用するには、Creative Cloud アドオンページから明示的にアドオンをインストールする必要があります。


本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー