Creative Cloud デスクトップアプリケーションで「アプリ」タブを有効にする方法

Creative Cloud デスクトップアプリケーションの「アプリ」タブは、組織の管理者がインストールできるアプリを制御するために無効にしている場合があります。

エンドユーザー:

学校や団体からアドビのプランを提供された場合

Creative Cloud デスクトップアプリケーションが次の状態の場合は、管理者に連絡してください。

  • アプリ」タブが表示されていない
  • アプリ」タブに「アプリケーション管理にアクセスする権限がありません。」というメッセージが表示される

組織の管理者に連絡する方法については、こちらを参照してください。

必要に応じて、管理者にこのページを示し、管理者が「アプリ」タブを有効にする方法を伝えてください。

個人版のサブスクリプションプランをお持ちの場合

組織や学校以外の環境にいる場合は、次の操作を実行します。

  1. Creative Cloud デスクトップアプリケーションを閉じます。

  2. パソコンの以下の場所に移動し、ServiceConfig.xml ファイルを削除します。

    • macOS:/Library/Application Support/Adobe/OOBE/Configs/
    • Windows:C:\Program Files (x86)\Common Files\Adobe\OOBE\Configs\
    注意:

    ServiceConfig.xml ファイルを削除するには、コンピューターの管理者権限が必要です。

  3. Creative Cloud デスクトップアプリケーションを再起動します。

問題が解決しない場合は、「認証と認証解除のトラブルシューティング」にある手順を試してください。

管理者:

次のいずれかの方法を使用して、「アプリ」タブを有効にします。

セルフサービスポリシーの使用

Creative Cloud エンタープライズ版および教育機関向け Creative Cloud をお使いのお客様にはこの手順をお勧めします。

セルフサービスポリシー

  1. 対象のユーザーを(新規または既存の)製品プロファイルに割り当てます。
    製品プロファイルにユーザーを割り当てる方法については、こちらを参照してください。
  2. ユーザー管理セルフサービスポリシーを上記の製品プロファイルに適用します。
    セルフサービスポリシーを製品プロファイルに適用する方法については、こちらを参照してください。
注意:

ポリシーは、管理者が製品プロファイルにポリシーを割り当ててから 24 時間以内にユーザーに適用されます。

ポリシーを直ちに適用するには、次のいずれかの操作をおこなうようにユーザーに依頼します。

  • ログアウトし、再度 Adobe アカウントにログインする。
  • Creative Cloud デスクトップアプリケーションを終了して再起動します。
  • 「Creative Cloud デスクトップアプリケーションのアップデートを確認する」をクリックします。

Creative Cloud デスクトップアプリケーションのみのパッケージの作成

この方法は、次の場合に使用できます。

  • アドビグループ版製品のお客様
  • セルフサービスポリシー上記を参照)
    を使用しない
  • パッケージの作成時に、誤って「セルフサービスでのインストールを有効にする」を選択した

パッケージの作成

  • Admin Console で、マネージドパッケージを作成します。

    マネージドパッケージの作成方法については、こちらを参照してください。

  • パッケージを作成する際、アプリを選択画面で「Creative Cloud デスクトップアプリケーション」のみを選択します。

    アプリケーションを選択

  • オプション画面で、セルフサービスでのインストールを有効にするオプションを選択します。

パッケージのデプロイ

対象のユーザーマシンにこのパッケージをデプロイします。

パッケージのデプロイ方法について詳しくは、こちらを参照してください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン