マニュアル キャンセル

エンタープライズユーザーの製品プロファイルの管理

  1. アドビエンタープライズ版とグループ版:管理ガイド
  2. デプロイメントの計画
    1. 基本概念
      1. ライセンス
      2. ID
      3. ユーザー管理
      4. アプリのデプロイメント
      5. Admin Console の概要
      6. 管理ロール
    2. デプロイメントガイド
      1. ユーザー指定デプロイメントガイド
      2. SDL デプロイメントガイド
      3. Adobe Acrobat のデプロイ 
    3. Creative Cloud 教育機関向けのデプロイ
      1. デプロイメントガイド
      2. Google Classroom で Adobe Express を有効にする
      3. Canvas LMS との連携
      4. Blackboard Learn との連携
      5. 地域ポータルと LMS 用の SSO の構成
      6. Roster Sync を使用したユーザーの追加
      7. Kivuto のよくある質問
      8. 初等および中等教育機関の購入資格のガイドライン
  3. 組織の設定
    1. ID タイプ | 概要
    2. ID の設定 | 概要
    3. Enterprise ID を使用した組織の設定
    4. Azure AD フェデレーションと同期の設定
      1. Azure OIDC を介した Microsoft との SSO の設定
      2. Azure Sync のディレクトリへの追加
      3. Azure Connector の FAQ
    5. Google Federation と Sync の設定
      1. Google Federation を使用した SSO の設定
      2. ディレクトリへの Google Sync の追加
      3. Google Federation の FAQ
    6. Microsoft ADFS を使用した組織の設定
    7. 組織の教育委員会ポータルと LMS の設定
    8. 他の ID プロバイダーを使用した組織の設定
      1. ディレクトリの作成
      2. ドメインの所有権の確認
      3. ディレクトリへのドメインの追加
    9. SSO に関するよくある質問とトラブルシューティング
      1. SSO のよくある質問
      2. SSO のトラブルシューティング
      3. 教育機関に関するよくある質問
  4. 組織の設定の管理
    1. 既存のドメインとディレクトリの管理
    2. アカウントの自動作成の有効化
    3. ディレクトリの信頼を介した組織の設定
    4. 新しい認証プロバイダーへの移行 
    5. アセットの設定
    6. 認証の設定
    7. プライバシーとセキュリティの担当者
    8. Console の設定
    9. 暗号化の管理  
  5. 製品および使用権限の管理  
    1. ユーザーの管理
      1. 概要
      2. 管理ロール
      3. ユーザー管理テクニック
        1. ユーザーの個別管理   
        2. 複数のユーザーの管理(一括 CSV)
        3. ユーザー同期ツール(UST)
        4. Microsoft Azure Sync
        5. Google Federation Sync
      4. ユーザーの ID タイプの変更
      5. ユーザーグループの管理
      6. ディレクトリユーザーの管理
      7. 開発者の管理
      8. Adobe Admin Console への既存のユーザーの移行
      9. Adobe Admin Console へのユーザー管理の移行
    2. 製品および製品プロファイルの管理
      1. 製品を管理
      2. エンタープライズユーザーの製品プロファイルの管理
      3. 自動割り当てルールの管理
      4. 製品リクエストのレビュー
      5. セルフサービスポリシーの管理
      6. アプリ統合を管理
      7. Admin Console での製品権限の管理  
      8. 製品プロファイルのサービスの有効化/無効化
      9. 単体プラン | Creative Cloud エンタープライズ版
      10. オプションのサービス
    3. 共有デバイスライセンスの管理
      1. 新機能
      2. デプロイメントガイド
      3. パッケージの作成
      4. ライセンスの復元
      5. デバイスライセンスからの移行
      6. プロファイルの管理
      7. Licensing Toolkit
      8. 共有デバイスライセンスに関する FAQ
  6. ストレージとアセットの管理
    1. ストレージ
      1. エンタープライズストレージの管理
      2. Adobe Creative Cloud:ストレージ機能の更新について
      3. アドビストレージの管理
    2. アセットの移行
      1. アセットの自動移行
      2. アセットの自動移行に関する FAQ  
      3. 転送されたアセットの管理
    3. ユーザーのアセットの再利用
    4. 学生アセットの移行 | 教育機関のみ
      1. 学生アセットの自動移行
      2. アセットの移行
  7. Managed Services
    1. Adobe Stock
      1. Adobe Stock クレジットパックグループ版
      2. Adobe Stock エンタープライズ版
      3. Adobe Stock エンタープライズ版の使用
      4. Adobe Stock ライセンス承認
    2. カスタムフォント
    3. Adobe Asset Link
      1. 概要
      2. ユーザーグループの作成
      3. Adobe Experience Manager アセットの構成
      4. Adobe Asset Link の構成とインストール
      5. アセットの管理
      6. XD 用 Adobe Asset Link
    4. Adobe Acrobat Sign
      1. Adobe Acrobat Sign エンタープライズ版またはグループ版の設定
      2. Adobe Acrobat Sign - グループ版機能管理者
      3. Admin Console での Adobe Acrobat Sign の管理
    5. Creative Cloud エンタープライズ版 – 無料メンバーシップ
      1. 概要
      2. はじめに
  8. アプリおよびアップデートのデプロイ
    1. 概要
      1. アプリとアップデートのデプロイと提供
      2. デプロイするプラン
      3. デプロイメントの準備
    2. パッケージの作成
      1. Admin Console でのアプリのパッケージ化
      2. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      3. パッケージ用のアドビテンプレート
      4. パッケージの管理
      5. デバイスライセンスの管理
      6. シリアル番号ライセンス
    3. パッケージのカスタマイズ
      1. Creative Cloud デスクトップアプリのカスタマイズ
      2. パッケージへのエクステンションの格納
    4. パッケージのデプロイ 
      1. パッケージのデプロイ
      2. Microsoft Intune を使用したアドビパッケージのデプロイ
      3. SCCM によるアドビパッケージのデプロイ
      4. ARD によるアドビパッケージのデプロイ
      5. Exceptions フォルダーの製品をインストール
      6. Creative Cloud 製品のアンインストール
      7. Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition の使用
      8. Adobe Creative Cloud ライセンス識別子
    5. アップデートの管理
      1. Adobe のエンタープライズ版およびグループ版のお客様向け変更の管理
      2. アップデートのデプロイ
    6. Adobe Update Server Setup Tool(AUSST)
      1. AUSST の概要
      2. 内部アップデートサーバーのセットアップ
      3. 内部アップデートサーバーのメンテナンス
      4. AUSST の一般的な使用例   
      5. 内部アップデートサーバーのトラブルシューティング
    7. Adobe Remote Update Manager(RUM)
      1. Adobe Remote Update Manager の使用
      2. Adobe Remote Update Manager で使用するチャネル ID
      3. RUM のエラーの解決
    8. トラブルシューティング
      1. Creative Cloud アプリのインストールとアンイストールのエラーのトラブルシューティング
      2. クライアントコンピューターでのパッケージのデプロイ結果の確認
      3. Creative Cloud パッケージの「インストールに失敗しました」というエラーメッセージ
    9. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成(CC 2018 以前のアプリ)
      1. Creative Cloud Packager について
      2. Creative Cloud Packager リリースノート
      3. アプリケーションパッケージ
      4. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成
      5. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      6. デバイスライセンスを使用したパッケージの作成
      7. ライセンスパッケージの作成
      8. シリアル番号ライセンスを使用したパッケージの作成
      9. Packager の自動化
      10. Creative Cloud 以外の製品のパッケージ化
      11. 設定の編集と保存
      12. システムレベルでのロケールの設定
  9. アカウントの管理
    1. グループ版アカウントの管理
      1. 概要
      2. 支払詳細を更新
      3. 請求書の管理
      4. 契約所有者の変更
      5. 販売店の変更
    2. グループ版ユーザーへのライセンスの割り当て
    3. 製品とライセンスの追加
    4. 更新
      1. グループ版メンバーシップ:更新
      2. VIP エンタープライズ版:更新とコンプライアンス
    5. ETLA 契約の自動期限切れステージ
    6. 既存の Adobe Admin Console 内での契約タイプの切り替え
    7. 購入リクエストコンプライアンス
    8. 中国における Value Incentive Plan(VIP)
    9. VIP Select のヘルプ
  10. レポートとログ
    1. 監査ログ
    2. 割り当てレポート
    3. コンテンツログ
  11. ヘルプを表示
    1. アドビカスタマーサポートへのお問い合わせ
    2. グループ版アカウントのサポートオプション
    3. エンタープライズ版アカウントのサポートオプション
    4. Experience Cloud のサポートオプション

製品プロファイルを使用して製品プランを微調整し、ユーザーにアドビのアプリとサービスの使用権限を与える方法について説明します。

重要:

このページの概念と手順は、ユーザー指定ライセンスを使用するエンタープライズ版のお客様が対象です。

アドビグループ版

共有デバイスライセンス

Adobe Experience Manager Mobile

Adobe Experience Manager Mobile の場合は、Experience Manager Mobile Portal から、ユーザーを追加または管理します。

製品および製品プロファイルを管理する | YouTube ビデオ
この動画では、Adobe Admin Console において、個別に、または一括でユーザーに製品を割り当てたり解除する方法、製品プロファイルの作成方法、ユーザーグループ単位で製品の割り当てを変更する方法、ストレージとライセンスレポートの管理について解説しています。 

 

01:54 製品管理者権限の割り当て、ユーザーへの製品ライセンスの割り当て

02:26 製品プロファイルの作成方法と使用方法について

03:36 ユーザーおよびユーザーグループに割り当てられた製品プロファイルの変更について

04:01 「インサイト」タブでの、ライセンス割り当て状況の確認について

製品プロファイルとは何ですか?

製品プロファイルは、購入した製品に基づくプロファイルです。製品プロファイルを使用すると、製品に含まれているアドビのアプリとサービスの使用権限をユーザーに付与できます。

  1. Admin Console の各製品に対し、1 つ以上の製品プロファイルを作成します。
    Admin Console 上の製品については、リンク先を参照してください。
  2. 各製品プロファイルで、(お客様組織内の)ユーザーとユーザーグループを割り当てます。
    これにより、製品プロファイルに属する各ユーザーが、製品に含まれるアドビのアプリとサービスを利用できるようになります。
    Admin Console のユーザーユーザーグループについては、それぞれのリンク先を参照してください。
  3. ユーザーが製品プロファイルで指定された資格情報を使用してログインすると、製品プロファイルのベースになっている製品のアプリとサービスへのアクセスが許可されます。

ベストプラクティス(Experience Cloud ユーザーのみ

Admin Console で Adobe Experience Cloud 製品を管理している場合は、最高のパフォーマンスを得るために次の制限に注意してください。

  • 1 組織につきプロファイルは最大 8,000 件
  • 1 ユーザーに割り当てられる製品プロファイルは最大 4,000 件
  • 1 製品プロファイルにつき使用できるユーザーは最大 10 万人

アプリとアップデートのエンドユーザーへのデプロイ

ユーザーを製品プロファイルに割り当てると、ユーザーは関連するアプリやサービスを利用できるようになります。ただし、次のことを行う必要があります。

  1. Admin Console で、(アプリとサービスの)ユーザー指定ライセンスパッケージまたは共有デバイスライセンスパッケージを作成します。
  2. 次に、これらのパッケージをエンドユーザーマシン(ユーザー指定ライセンスの場合)または共有デバイス(共有デバイスライセンスの場合)にデプロイします。

製品カードを介した製品プロファイルへのユーザーの割り当て

管理者ロール:

製品プロファイル管理者

ユーザーを既存の(またはデフォルトの)製品プロファイルに割り当てる最も簡単な方法として、「製品」タブの製品カードで「ユーザーの割り当て」オプションを使用することができます。これには以下の手順を実行します。

  1. Admin Console にログインし、「製品」タブに移動します。

  2. 該当する製品カードで「ユーザーを割り当て」をクリックします。

  3. ユーザーの追加」画面で、ユーザー名、ユーザーグループ、またはメールアドレスを入力します。

    有効なメールアドレスを指定し、画面に情報を入力することで、既存のユーザーを検索したり、新しいユーザーを追加したりすることができます。

  4. ユーザーまたはユーザーグループに追加する製品プロファイルを選択します。下にスクロールして、さらにユーザーを追加できます(最大 10 人)。

    保存」をクリックします。製品の割り当てには数分かかる場合があります。

    製品にユーザーを追加する

    注意:

    新しい製品プロファイルにユーザーを追加するには、まず製品プロファイルを作成する必要があります。

製品プロファイルの作成

管理者ロール:

製品管理者

製品管理者として、製品プロファイルを作成し、それらのプロファイルに製品プロファイル管理者を割り当てることができます。

役割の概念を採用している Adobe 製品の場合、ユーザーに役割を割り当てることができ、これによって、ユーザーにその製品に対する役割ベースのアクセスを与えることができます。詳しくは、「製品権限の管理」を参照してください。

  1. 製品を管理している画面から、製品プロファイルに移動し、「新規プロファイル」をクリックします。

    新しいプロファイルを作成ウィザードが表示されます。

    注意:

    単体プランの製品プロファイルを作成するには、製品を選択した後、詳細クォータを追加する必要があります。詳しくは、カスタムの単体プランのプロファイルの作成を参照してください。

  2. プロファイル名表示名および説明を入力します。

    メールでユーザーに通知

    これを選択すれば、このプロファイルにユーザーを追加または削除したときに、メールで通知することもできます。

    ユーザー通知をオンにした場合

    • すべてのユーザーは、この製品プロファイルに追加または削除されたときにメールを受け取ります。

    ユーザー通知をオフにした場合

    • 使用権限を持つ既存のユーザーがこの製品プロファイルに追加されたときは、メールが送信されません。
    • ユーザーがこの製品プロファイルから削除されたときは、一切メールが送信されません。
    • このオプションをオフにしても、それまで使用権限がなかった新規ユーザーには、引き続きメールが送信されます。
    注意:

    アドビでは、エンタープライズストレージなど、エンタープライズレベルの機能をはじめとするメリットを提供するため、既存のすべての Adobe ID を Business ID に移行しています。企業の新規のお客様はすべて、チームメンバーに Business ID を使用することになります。

    お客様の組織のこのアップグレードスケジュールが確定した際に、事前にお知らせします。詳しくは、「Business ID と新しいストレージ機能の概要」を参照してください。お客様は、組織が移行されるまで、引き続き Adobe ID タイプを使用して組織にアクセスできます。移行後は、Adobe ID では組織にアクセスできなくなります。

    製品プロファイルの作成

  3. このプロファイルに割り当てるライセンスの数を選択し、「次へ」をクリックします。

    1 年を通していつでも追加のライセンスをデプロイできます。追加ライセンスの価格には、デプロイする追加ライセンスの数に関係なく、初回注文時と同じ EA 割引が適用されます。

  4. 次へ」をクリックして、製品プロファイルのサービスを有効または無効にします。

    新しい製品プロファイルが、関連付けられた製品のない製品用である場合、「次へ」オプションは表示されません。この場合は、「保存」をクリックします。

    Creative Cloud- コンプリートプランプロファイル
    Creative Cloud- コンプリートプラン製品プロファイル

    Photoshop プロファイル
    Photoshop 製品プロファイル

  5. サービス画面で、製品プロファイルに設定したサービスを個別に有効または無効にすることができます。

    詳しくは、製品プロファイルのサービスを有効/無効にするを参照してください。

    製品プロファイルの作成

    注意:

    すべてのアドビアプリとサービスが正しく機能するためには、ポート 80 と 443 で特定の URL とドメインのセットを許可する必要があります。 詳細情報

  6. 保存」をクリックします。

製品プロファイル管理者の管理

管理者ロール:

製品管理者

製品プロファイルでのユーザー管理作業は、定期的に必要な、時間のかかる作業になる可能性があります。大規模な組織の場合は、製品管理者が別に製品プロファイル管理者の役割を定義することをお勧めします。製品プロファイル管理者は、製品プロファイルを個別に管理することができます。

  1. 製品プロファイルを選択して、管理者へ移動します。

  2. 管理者を追加」をクリックします。

  3. 「管理者を追加」画面で、ユーザーの名前またはメールを入力し、表示されるドロップダウンリストからユーザーを選択します。

    追加するユーザーが Admin Console で組織内に存在しない場合は、ユーザーのメールアドレスを入力します。ユーザーの詳細入力を求めるメッセージが表示されます。

    注意:

    ここで最大 10 人の管理者を追加できます。さらに追加するには、変更を保存した後で上記の手順を繰り返します。

    製品プロファイル管理者の追加

  4. 保存」をクリックします。

    これで新しい製品プロファイルの管理者が、通知メールを受け取るようになりました。

注意:
  • 管理者を製品プロファイルに割り当てても、対応する製品に対する使用権限がその管理者に付与されるわけではありません。管理者が製品にアクセスするには、製品プロファイル内のユーザーとして管理者自身も追加する必要があります。
  • グループ通知設定は、管理のメール通知には影響しません。どの管理者もロールを通知するメールを受信します。
  1. プロファイルの編集中に、「管理者」タブに移動して、リストの管理者の左側にあるチェックボックスをクリックします。

  2. 管理者を削除」をクリックします。

    管理者を削除ダイアログボックスが表示されます。

  3. 管理者を削除」をクリックします。

製品プロファイルへのユーザーとユーザーグループの追加

管理者ロール:

製品プロファイル管理者

ユーザーまたはユーザーグループを製品プロファイルにすばやく追加するには、「製品」タブの製品カードで「ユーザーの割り当て」オプションを使用します。ただし、製品プロファイルでの作業時は、さらに多くのオプションを使用して、製品プロファイルのユーザーとユーザーグループを管理できます。

  1. 製品プロファイルを選択して、ユーザーへ移動します。

  2. ユーザーを追加」をクリックします。

  3. ユーザーの追加」画面で、ユーザー名、ユーザーグループ、またはユーザーのメールアドレスを入力します。

    有効なメールアドレスを指定し、画面に情報を入力することで、既存のユーザーを検索したり、ユーザーを追加したりすることができます。

    注意:

    ここで最大 10 人のユーザーを追加できます。さらに追加するには、変更を保存した後で上記の手順を繰り返します。

    ユーザーの追加

  4. 保存」をクリックします。

ユーザーは、追加された製品プロファイルを示す通知メールを受け取ります。

注意:

製品の割り当てには数分かかる場合があります。

CSV でユーザーを追加」の手順を使用すると、複数のユーザーを製品プロファイルに同時に追加することができます。

注意:

この手順では、既存のユーザーを製品プロファイルに追加します。ユーザーの組織への追加と製品プロファイルへの追加を一度に行う場合は、複数のユーザーの追加を参照してください。

  1. 製品プロファイルを作成または編集している画面から、「ユーザー」に移動します。

  2. をクリックし、「ユーザーを一括追加」を選択します。

  3. ユーザーを一括追加ダイアログボックスで、「CSV テンプレートをダウンロード」をクリックすることで、現在のユーザーリストまたは CSV 標準テンプレートをダウンロードできます。

    ダウンロードしたファイルには次のフィールドが含まれています。

    • ID タイプ
    • ユーザー名
    • ドメイン
    • Email
    • First Name
    • Last Name

    これらのフィールドの詳細については、CSV ファイル形式を参照してください。

  4. Excel で CSV ファイルを開き、このプロファイルに追加するユーザーの行のみが含まれるように CSV ファイルを編集します。

  5. CSV でユーザーを追加ダイアログボックスで、ファイルをドラッグ&ドロップするか、「ファイルを選択」をクリックし、コンピューター上のファイルを選択します。

  6. アップロード」をクリックします。

一括処理が完了すると、メールが届きます。製品プロファイル/一括操作の結果で、処理の詳細レポートを確認することもできます。

Admin Console に一括アップロードする際のトラブルシューティングのヒントについては、ユーザーの一括アップロードに関するトラブルシューティングを参照してください。

ユーザーとユーザーグループの古いプロファイルから新しいプロファイルへの移行

製品プロファイルに(直接またはユーザーグループを介して)ユーザーを追加する場合、製品プロファイルを作成した製品のアドビアプリとサービスをそれらのユーザーに付与します。ただし、場合によっては、これらのユーザーの使用資格を変更する必要があります。例えば、現在 Photoshop の製品プロファイルに登録されているユーザーを会社が新たに購入したフォトプランに移行するには、使用資格の変更が必要です。

ユーザーの移行

以下では、製品プロファイル A(古い使用資格を使用)から製品プロファイル B(新しい使用資格を使用)にユーザーを移行する手順を説明します。

  1. 製品プロファイル A に移動し、「ユーザー」タブに移動します。

  2. をクリックし、「ユーザーリストを CSV に書き出し」を選択します。

  3. コンピューター上でフォルダーの場所を選択して、「OK」をクリックします。

ユーザーを製品プロファイルに移行すると、新しいプロファイルに追加されたことを通知するメールが各ユーザーに送信されます。この操作では、プロファイル間で多数のユーザーを移動する場合があるため、ユーザーの移動先の新しいプロファイルでユーザー通知をオフにすることをお勧めします。

  1. 製品プロファイル B へ移動します。

  2. 「設定」をクリックします。

  3. ユーザー通知をオフにし、プロファイルを保存します。

  1. 製品プロファイル B に移動し、「ユーザー」タブに移動します。

  2. をクリックし、「ユーザーを一括追加」を選択します。

  3. 上記の手順でダウンロードしたファイルを選択します。

注意:

この手順は、移行の必須部分ではありません。製品プロファイル A 関連アプリやサービスからユーザーの使用資格を解除する必要がある場合は、次の手順を実行します。

  1. 製品プロファイル A の製品に移動します。

  2. 製品プロファイル名の左側にあるチェックボックスをクリックします。

  3. プロファイルの削除」をクリックします。

ユーザーグループの移行

以下では、製品プロファイル A(古い使用資格を使用)から製品プロファイル B(新しい使用資格を使用)にユーザーグループを移行する手順を説明します。

  1. ユーザーユーザーグループに移動します。

  2. 移行対象のユーザーグループをクリックします。

  3. 割り当てられた製品プロファイル」タブに移動します。

  4. 割り当てられた製品プロファイルのリストで、製品プロファイル A(古い使用資格を使用)に左側にあるチェックボックスをオンにし、「プロファイルを削除」をクリックします。

  5. 製品プロファイルの割り当て」をクリックします。

  6. 製品プロファイルの割り当て画面で、「製品プロファイル B」(新しい資格を使用)を選択し「保存」をクリックします。

関連項目

製品プロファイル間で多数のユーザーを移行する場合は、次の方法で自動処理を行うこともできます。

注意上記の方法では、LDAP、Python、Windows コマンドライン、macOS ターミナル、REST API に関する中級から上級の技術知識が必要です。

製品プロファイルからのユーザーとユーザーグループの削除

製品プロファイルからユーザーを削除して、関連するアプリやサービスの使用資格を取り消すことができます。ただし、これによって Admin Console からユーザーが削除されるわけではありません。また、ユーザーは複数の製品プロファイルに追加できますが、1 つの製品プロファイルからのみユーザーを削除した場合、利用できなくなるのは、その製品プロファイルのアプリやサービスのみです。

  1. 製品プロファイルを選択して、ユーザーへ移動します。

  2. ユーザー名の左側にあるチェックボックスを選択し、「ユーザーを削除」をクリックします。

  3. 確認ダイアログボックスで、「ユーザーを削除」をクリックします。

ユーザーの一括削除の手順を使用して、複数のユーザーを製品プロファイルから同時に削除することができます。例えば、複数のユーザーを 1 つのプロファイルから別のプロファイルに移動するには、1 つのプロファイルから複数のユーザーを削除し、別のプロファイルに追加することができます。

  1. 製品プロファイルを作成または編集している画面から、「ユーザー」に移動します。

  2. をクリックし、「ユーザーを一括割り当て解除」を選択します。

  3. ユーザーを一括割り当て解除ダイアログボックスで、「CSV テンプレートをダウンロード」をクリックすることで、現在のユーザーリストまたは CSV 標準テンプレートをダウンロードできます。

    ダウンロードしたファイルには次のフィールドが含まれています。

    • ID タイプ(エンタープライズ版のみ
    • ユーザー名(エンタープライズ版のみ
    • ドメイン(エンタープライズ版のみ
    • メールアドレス(エンタープライズ版とグループ版
    • 名前(名)(エンタープライズ版とグループ版
    • 名前(姓)(エンタープライズ版とグループ版

    これらのフィールドについて詳しくは、CSV ファイル形式を参照してください。

  4. Excel で CSV ファイルを開き、このプロファイルから削除するユーザーの行のみが含まれるように CSV ファイルを編集します。

  5. CSV でユーザーを割り当て解除ダイアログボックスで、ファイルをドラッグ&ドロップするか、「ファイルを選択」をクリックし、コンピューター上のファイルを選択します。

  6. アップロード」をクリックします。

一括処理が完了すると、メールが届きます。製品プロファイル/一括操作の結果で、処理の詳細レポートを確認することもできます。

製品プロファイルのクォータの管理

製品プロファイルをいくつか作成した後、クォータ配分ツールを使用してクォータを定義することで、管理者は製品プロファイルに割り当て可能なユーザー数を把握できるようになります。例えば、組織で 1 つの製品で合計 1000 ユーザーを購入し、4 つの製品プロファイルを作成した場合、250 人分のクォータを各製品プロファイルにすばやく割り当てることができます。または、製品プロファイルに割り当てるクォータを手動で微調整することもできます。
VIP の大規模法人向け製品を購入した場合:

  • 製品プロファイルへのクォータ数は、製品クォータ数を超えることができません。
  • 1 製品の製品プロファイルのクォータ総数は、製品のクォータ数を超えることができません。
    例えば、製品のクォータ数が 10 だとします。そして、1 製品プロファイルへのクォータ数が 6、別のプロファイルが 4 の場合、いずれのプロファイルでもクォータ数を増やすことはできません。また、その製品内の別のプロファイルへのユーザーの割り当て数も増やせません。プロファイルの 1 つへの割り当て数を減らしたり、製品割り当て数を増やしたりしない限りこれに該当します。
  • プロファイル内のすべてのライセンスが既にユーザーに割り当てられている場合、そのプロファイルへの割り当て数を減らすことはできません。割り当て数を減らすには、その前にユーザーからライセンスの割り当てを解除する必要があります。
警告:

Admin Console は現在、上述の割り当て要件を ETLA のお客様に求めることはありません。

  1. 製品プロファイルの作業画面から、プロファイル詳細ページの左上隅にある「設定」をクリックします。

  2. ライセンスクォータを設定」タブに移動します。

  3. 製品プロファイルに割り当てられたライセンス数を入力し、変更を保存します。

製品プロファイルユーザーの書き出し

管理者ロール:

製品プロファイル管理者

プロファイルのユーザーのデータをダウンロードします。このファイルを使用すれば、組織内で別の製品プロファイルに複数のユーザーを追加することができます。

ダウンロードした CSV ファイルには、前述の CSV ファイル形式セクションで説明したデータが含まれます。

  1. 製品プロファイルを作業中の画面から、「ユーザー」に移動します。

  2. をクリックし、「ユーザーリストを CSV に書き出し」を選択します。

  3. フォルダーの場所を選択して、「OK」をクリックします。

製品プロファイルの削除

管理者ロール:

製品管理者

  1. 製品の詳細ページで、プロファイル名の左側にあるチェックボックスを選択し、「プロファイルを削除」をクリックします。

  2. 確認ダイアログで、「プロファイルを削除」をクリックします。

一括操作の結果

製品プロファイルの複数のユーザーを追加または削除するなどの一括操作を実行すると、メールを受信します。また、「一括操作の結果」タブで、一括操作の詳細を確認できます。

  1. 製品プロファイルの作業画面から、ユーザーに移動し、右上隅にあるをクリックします。

  2. ドロップダウンリストで、「一括操作の結果」を選択します。

  3. バッチ処理の詳細を表示するには、リストで処理名をクリックします。

  4. バッチ処理の詳細レポートの CSV ファイルをダウンロードするには、詳細ページで「結果をダウンロード」をクリックします。

重要:「結果」ページには、過去 90 日以内のレポートが表示されます。90 日より前のレポートは、システム管理者の介入なく自動的に削除されます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン