Adobe Creative Cloud Cleaner ツールを実行して、Creative Cloud または Creative Suite のインストールに関する問題を修正します。

注意:

Flash Player は、2020 年 12 月 31 日に提供を終了しました。詳しくは、Flash Player EOL エンタープライズ情報ページを参照してください。

Creative Cloud Cleaner ツール

Creative Cloud Cleaner ツールは、新規インストールまたは更新を妨げる特定のファイル、フォルダー、およびレジストリキーを削除するクリーンアップツールです。このツールは、破損したインストール環境のクリーンアップ、破損したファイルの削除または修正、権限レジストリエントリの削除または変更により、ほとんどのインストールの問題を修正できます。

Creative Cloud Cleaner ツールは、どのような場合に使用する必要がありますか?

Creative Cloud Cleaner ツールは、必要な予防措置を講じたうえで、ほとんどのインストールの問題を解決するために使用できます。開始前にいくつかの手順を実行することで、データ損失の危険を回避できます。詳しくは、「Creative Cloud Cleaner Tool が必要になる状況とその使い方」を参照してください。

注意:

Creative Cloud Cleaner ツールは、アプリケーションをアンインストールするものではありません。アプリケーションのアンインストールについては、「 Creative Cloud 製品のアンインストール」を参照してください。

Windows および Mac のすべての製品または選択した製品の削除

警告:

Creative Cloud Cleaner ツールを実行する前に、必ずすべての Adobe Creative Cloud アプリケーションを終了し、すべての Creative Cloud バックグラウンドプロセスを終了してください。

ファイルとフォルダーの必要なバックアップを必ず取ってください。

注意:

クリーナーツールを実行する前に、すべてのファイルが既に同期されていることを確認してください。Creative Cloud アカウントに同期されていないファイルは、失われる可能性があります。

Adobe Creative Cloud Cleaner ツールをサイレントモードで実行して、ツールによって削除できるすべての製品を一覧表示します。このツールは、コンピューターにインストールされているすべての Creative Cloud アプリケーションや Creative Suite アプリケーションを削除します。ツールが生成する XML ファイルで行をコメントアウトすることでも、選択したアプリを削除できます。

関連するオプションとオペレーティングシステムを選択します。

すべての製品の削除(Windows)

  1. インストールしたカスタムプラグインやプロファイルを含め、アドビ製品ディレクトリに保存されているすべてのファイルをバックアップします。

  2. 次のいずれかを実行して、Creative Cloud または Creative Suite アプリケーションをアンインストールします。

    • Windows 10、8、7、または Vista:スタート/コントロールパネル/プログラム/プログラムと機能を選択します。
    • Windows XP:スタート/コントロールパネルを選択し、「プログラムの追加と削除」をダブルクリックします。
  3. 削除するアプリケーションを選択し、「削除」または「アンインストール」をクリックします。

    アプリケーションのアンインストール
  4. 画面の指示に従ってアンインストールを完了します。

  5. コンピューターを再起動します。

  6. 次の手順を順番に実行して、Adobe Creative Cloud Cleaner ツールを実行します。

    • 次のリンク(AdobeCreativeCloudCleanerTool.exe)をクリックして、Adobe Creative Cloud Cleaner ツール Windows 版をダウンロードします。
    • AdobeCreativeCloudCleanerTool_Win という名前のディレクトリ(フォルダー)を作成し、ダウンロードしたファイルをそこにコピーします。
    • スタート名前を指定して実行を選択し、「cmd」と入力します。
    • コマンドプロンプトウィンドウで、先ほど作成した AdobeCreativeCloudCleanerTool_Win ディレクトリに移動します。
    • AdobeCreativeCloudCleanerTool.exe --removeAll=CREATIVECLOUDCS6PRODUCTS」と入力します。
    • Flash Player を削除するには、「AdobeCreativeCloudCleanerTool.exe --removeAll = CREATIVECLOUDCS6PRODUCTS --removeFP = 1」と入力します。
    • すべての製品(CS6 の下の製品を含め)と Adobe ID 資格情報を削除するには、「AdobeCreativeCloudCleanerTool.exe --removeAll = ALL」と入力します。
  7. Creative Cloud Cleaner ツールが正常に完了したことを確認します。ログファイルのエントリを確認します。いずれかのエントリが失敗を示している場合は、アドビカスタマーサポートにお問い合わせください。

  8. Adobe Creative Cloud Cleaner ツールの実行が正常に完了したら、Creative Cloud アプリケーションまたは Creative Suite アプリケーションをインストールします。 

選択した製品の削除(Windows)

  1. インストールしたカスタムプラグインやプロファイルを含め、アドビ製品ディレクトリに保存されているすべてのファイルをバックアップします。

  2. 次のいずれかを実行して、Creative Cloud または Creative Suite アプリケーションをアンインストールします。

    • Windows 10、8、7、または Vista:スタート/コントロールパネル/プログラム/プログラムと機能を選択します。
    • Windows XP:スタート/コントロールパネルを選択し、「プログラムの追加と削除」をダブルクリックします。
  3. 削除するアプリケーションを選択し、「削除」または「アンインストール」をクリックします。

    アプリケーションのアンインストール
  4. 画面の指示に従ってアンインストールを完了します。

  5. コンピューターを再起動します。

  6. 次の手順を順番に実行して、Adobe Creative Cloud Cleaner ツールを実行します。

    • 次のリンク(AdobeCreativeCloudCleanerTool.exe)をクリックして、Adobe Creative Cloud Cleaner ツール Windows 版をダウンロードします。
    • AdobeCreativeCloudCleanerTool_Win という名前のディレクトリ(フォルダー)を作成し、ダウンロードしたファイルをそこにコピーします。
    • スタート名前を指定して実行を選択し、「cmd」と入力します。
    • コマンドプロンプトウィンドウで、先ほど作成した AdobeCreativeCloudCleanerTool_Win ディレクトリに移動します。
    • AdobeCreativeCloudCleanerTool.exe --createCleanup=[XML ファイルを保存するフォルダーへの絶対パス]」を入力します。

    注意:「.exe」の後にスペースが 1 つあることを確認してください。このコマンドに余分なスペースを入力しないでください。

    • 言語を選択します。英語の場合は E を、日本語の場合は J を入力してください。
    • アドビのエンドユーザー使用許諾契約を確認します。同意する場合は「Y」を、辞退する場合は「N」を押します(辞退すると、スクリプトは終了します)。

    このツールによって作成される XML ファイルには、コンピューターにインストールされている製品のリストが記載されています。デフォルトでは、XML ファイルですべての製品エントリがコメント化されています。以下に例を示します。

    クリーンアップ XML ファイル

    注意:

    XML ファイルでは、CS5 から CS5.5 までのすべての製品が </CS5> タグ内に記載されます。

  7. Adobe Creative Cloud Cleaner ツールを実行するアプリをコメント解除します。例えば、Adobe SpeedGrade CC と Adobe Contribute CS5.5 をクリーンアップする場合は、XML ファイルを次のように編集します。

    編集したクリーンアップ XML ファイル
  8. 管理者特権をオンにした状態で、次の引数を指定して Adobe Creative Cloud Cleaner ツールを実行します。

    AdobeCreativeCloudCleanerTool.exe --cleanupXML=[クリーンアップ xml への絶対パス]

  9. Adobe Creative Cloud Cleaner ツールが正常に完了したことを確認します。ログファイルのエントリを確認します。いずれかのエントリが失敗を示している場合は、アドビカスタマーサポートにお問い合わせください。

  10. Adobe Creative Cloud Cleaner ツールを正常に実行したら、Creative Cloud または Creative Suite アプリケーションをインストールします。

すべての製品の削除(macOS)

  1. インストールしたカスタムプラグインやプロファイルを含め、アドビ製品ディレクトリに保存されているすべてのファイルをバックアップします。

  2. Creative Cloud または Creative Suite アプリケーションをアンインストールするには、ファインダーでアプリケーション/ユーティリティ/アドビインストーラーに移動します。

  3. アプリケーションのアンインストーラーをダブルクリックします。

    アプリケーションのアンインストール
  4. 画面の指示に従ってアンインストールを完了します。

  5. コンピューターを再起動します。

  6. 次のリンク(AdobeCreativeCloudCleanerTool.dmg)をクリックして、Adobe Creative Cloud Cleaner ツール Mac 版をダウンロードします。

  7. AdobeCreativeCloudCleanerTool.dmg ファイルをダブルクリックします。

  8. ターミナルウィンドウで次のコマンドを実行します。

    • CS6 より上で CS6 製品を含むすべての製品を削除するには、次のように入力します。sudo[Adobe Creative Cloud Cleaner Tool.app へのパス]/Contents/MacOS/Adobe Creative Cloud Cleaner Tool --removeAll=CREATIVECLOUDCS6PRODUCTS
    • すべての製品(CS6 より下を含む)と Adobe ID 資格情報を削除するには、次のように入力します。sudo [Adobe Creative Cloud Cleaner Tool.app へのパス]/Contents/MacOS/Adobe Creative Cloud Cleaner Tool --removeAll=ALL

  9. Adobe Creative Cloud Cleaner ツールが正常に完了したことを確認します。ログファイルのエントリを確認します。いずれかのエントリが失敗を示している場合は、アドビカスタマーサポートにお問い合わせください。

  10. Adobe Creative Cloud Cleaner ツールを正常に実行したら、Creative Cloud または Creative Suite アプリケーションをインストールします。 

選択した製品の削除(macOS)

  1. インストールしたカスタムプラグインやプロファイルを含め、アドビ製品ディレクトリに保存されているすべてのファイルをバックアップします。

  2. Creative Cloud または Creative Suite アプリケーションをアンインストールするには、ファインダーでアプリケーション/ユーティリティ/アドビインストーラーに移動します。

  3. アプリケーションのアンインストーラーをダブルクリックします。

    アプリケーションのアンインストール
  4. 画面の指示に従ってアンインストールを完了します。

  5. コンピューターを再起動します。

  6. 次のリンク(AdobeCreativeCloudCleanerTool.dmg)をクリックして、Adobe Creative Cloud Cleaner ツール Mac 版をダウンロードします。

  7. AdobeCreativeCloudCleanerTool.dmg ファイルをダブルクリックします。

  8. ターミナルウィンドウで次のコマンドを実行します。

    sudo[Adobe Creative Cloud Cleaner Tool.app へのパス]/Contents/MacOS/Adobe Creative Cloud Cleaner Tool --createCleanup=[xml を作成するフォルダーへの絶対パス]

  9. root ユーザーのパスワードを入力し、エンドユーザー使用許諾契約に同意します。

    表示される XML ファイルに、コンピューターにインストールされている製品のリストが記載されています。以下に例を示します。

    クリーンアップ XML ファイル

    注意:

    XML ファイルでは、CS5 から CS5.5 までのすべての製品が </CS5> タグ内に記載されます。

  10. Adobe Creative Cloud Cleaner ツールを実行する製品をコメント解除します。例えば、Adobe SpeedGrade CC と Adobe Contribute CS5.5 をクリーンアップする場合は、XML ファイルを次のように編集します。

    編集したクリーンアップ XML ファイル
  11. 管理者特権をオンにした状態で、次の引数を指定して Adobe Creative Cloud Cleaner ツールを実行します。

    sudo /Contents/MacOS/Adobe Creative Cloud Cleaner Tool --cleanupXML=[cleanup.xml への絶対パス]

  12. Creative Cloud Cleaner ツールが正常に完了したことを確認します。ログファイルのエントリを確認します。いずれかのエントリが失敗を示している場合は、アドビカスタマーサポートにお問い合わせください。

  13. Adobe Creative Cloud Cleaner ツールを正常に実行したら、Creative Cloud または Creative Suite アプリケーションをインストールします。 

注意:

エンドユーザーに配布するアドビのアプリケーションとサービスのパッケージを Adobe Admin Console で作成することもできます。パッケージが作成されてコンピューターにダウンロードされたら、パッケージを配布し、パッケージに含まれたアプリを一度にインストールすることができます。詳しくは、パッケージのデプロイを参照してください。