一括操作

Admin Console には、様々な一括操作があります。一括操作は、大量のユーザーデータ、製品データおよび製品プロファイルデータを管理する場合に有用です。

例えば、現在使用している別のシステムからユーザーデータを抽出した後、ここで説明している一括操作により、必要に応じて形式を変更したうえで、データを Admin Console に一括アップロードすることもできます。また、1 つの製品プロファイルからデータを書き出し、データを編集した後で再度読み込めば、1 つの製品プロファイルから別の製品プロファイルにユーザーを移動することもできます。

Admin Console に一括アップロードする際のトラブルシューティングのヒントについては、ユーザーの一括アップロードに関するトラブルシューティングを参照してください。

複数ユーザーの追加

コンマ区切りのリストをアップロードすることで、組織に複数ユーザーを一度に追加して、製品プロファイルにプロビジョニングできます。ユーザーを読み込むダイアログボックスからサンプルの CSV ファイルをダウンロードし、詳細を入力してファイルをアップロードします。一度に最大で 5,000 ユーザーを読み込むことができます。

エンドユーザーに製品プロファイルまたは管理者権限が割り当てられると、案内メールが届きます。

詳しい手順については、ユーザーの追加を参照してください。

複数ユーザーの詳細の編集

管理者は、組織が所有するドメインに属するユーザーの詳細のみを更新するアクセス権を持ちます。組織が共同利用権を所有している場合でも、所有していないドメインに属するユーザーの詳細を更新することはできません。ユーザーの次の詳細を変更できます。

  • ユーザーの名前
  • ユーザーに関連付けられるユーザーグループと製品
  • 管理者権限

ID プロバイダーの詳細な手順については、ユーザーの詳細の編集を参照してください。

ユーザー ID の切り替え

Adobe Admin Console でユーザーの ID タイプを切り替えます。ユーザーの ID タイプを Enterprise ID から Federated ID、またはその逆に変更するには、新規または既存のディレクトリが必要です。詳しくは、ディレクトリ間でドメインを移動するを参照してください。

詳しい手順については、ユーザー ID の切り替えを参照してください。

複数ユーザーの削除

ユーザーを削除すると、組織によって付与されたすべての権限とサービスへのアクセスが取り消されます。例えば、製品のライセンスも取り消され、ユーザーは製品を使用できなくなります。

詳しい手順については、ユーザーの削除を参照してください。

ユーザーデータの書き出し

ユーザーデータ

システム管理者は、Admin Console に現在登録されているユーザーのデータを、CSV ファイルとしてダウンロードできます。次に、必要に応じて CSV ファイル内のユーザーデータを更新し、CSV ファイルを Admin Console にアップロードし直します。詳しくは、複数ユーザーの編集を参照してください。

ダウンロードした CSV ファイルには、前述の CSV ファイル形式セクションで説明したデータが含まれます。

ユーザーデータをダウンロードするには、Admin Console でユーザー/ユーザーに移動します。ユーザーページの右上隅の をクリックして、「ユーザーリストを CSV に書き出し」を選択します。

ファイルのダウンロード手順は、使用しているブラウザー、またブラウザー固有の設定によって異なります。ダウンロードが完了すると、確認画面が表示されます。

ライセンス不足レポート

VIP でエンタープライズ版製品を購入した場合、ライセンス不足レポートをダウンロードできます(.csv 形式)。購入した各製品について、使用可能なライセンス数よりも多くのユーザーを製品に割り当てた場合、このレポートにはライセンスの不足分が表示されます。

ユーザーデータをダウンロードするには、Admin Console でユーザー/ユーザーに移動します。ユーザーページの右上隅の をクリックして、「ライセンス不足レポート」を選択します。

ファイルのダウンロード手順は、使用しているブラウザー、またブラウザー固有の設定によって異なります。ダウンロードが完了すると、確認画面が表示されます。

注意:

ETLA のお客様は、このレポートにデータが表示されません。また、組織が Admin Console で Experience Cloud 製品を購入した場合、ライセンス不足データは報告されません。

ライセンスステータスレポート

VIP でエンタープライズ版製品を購入した場合、ライセンスステータスレポートをダウンロードできます(.csv 形式)。このレポートには、ユーザーごとに、製品がそのユーザーに委任されているかどうかと、そのユーザーにライセンスがプロビジョニングされているかどうかが表示されます。

注意:

委任済み製品:ユーザーに製品が割り当てられている場合、その製品は委任されている、と定義します。

プロビジョニング済み製品:ユーザーが製品を使用する権限を持っている場合、その製品はユーザーにプロビジョニングされている、と定義します。言い換えれば、製品のライセンスが利用可能です。

ETLA のお客様の場合、このレポートの「委任済み製品」フィールドと「プロビジョニング済み製品」フィールドの両方に「はい」と表示されます。これは、製品のユーザーに割り当てたライセンスとは無関係です。

組織が購入した各製品の「委任済みライセンス」と「プロビジョニング済みライセンス」のステータスを比較するには、Admin Console の「概要」タブを表示します。

ユーザーデータをダウンロードするには、Admin Console でユーザー/ユーザーに移動します。ユーザーページの右上隅の をクリックして、「ライセンスステータスレポート」を選択します。

ファイルのダウンロード手順は、使用しているブラウザー、またブラウザー固有の設定によって異なります。ダウンロードが完了すると、確認画面が表示されます。

詳しい手順については、ユーザーデータの書き出しを参照してください。

製品プロファイルへの複数のユーザーの追加

詳しい手順については、製品プロファイルへの複数のユーザーとユーザーグループの追加を参照してください。

製品プロファイルからの複数のユーザーとユーザーグループの削除

詳しい手順については、製品プロファイルからの複数のユーザーとユーザーグループの削除を参照してください。

製品の概要データの書き出し

詳しい手順については、製品の概要データの書き出しを参照してください。

プロファイルユーザーの書き出し

詳しい手順については、プロファイルユーザーの書き出しを参照してください。

複数のユーザーのグループへの追加

詳しい手順については、グループへの複数のユーザーの追加を参照してください。

複数のユーザーグループの追加

詳しい手順については、ユーザーグループの作成を参照してください。

複数のユーザーグループの編集

詳しい手順については、ユーザーグループの編集を参照してください。

グループからの複数のユーザーの削除

詳しい手順については、グループからの複数ユーザーの削除を参照してください。

「一括操作の結果」ページ

「一括操作の結果」ページには、Admin Console で実行された一括操作のリストとステータスが記載されます。

ユーザー向けの「一括操作の結果」ページ

複数ユーザーの追加や編集などの一括操作を実行すると、操作の詳細を記載した電子メールが届きます。また、「一括操作の結果」ページで、これらの詳細を確認できます。

詳しくは、ユーザー向けの「一括操作の結果」ページを参照してください。

製品プロファイル向けの「一括操作の結果」ページ

詳しくは、製品プロファイル向けの「一括操作の結果」ページを参照してください。

ユーザーグループ向けの「一括操作の結果」ページ

詳しくは、グループ向けの「一括操作の結果」ページを参照してください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン