Admin Console には、様々な一括操作があります。一括操作は、大量のユーザーデータ、製品データおよび製品プロファイルデータを管理する場合に有用です。

例えば、現在使用している別のシステムからユーザーデータを抽出した後、ここで説明している一括操作により、必要に応じて形式を変更したうえで、データを Admin Console に一括アップロードすることもできます。また、1 つの製品プロファイルからデータを書き出し、データを編集した後で再度読み込めば、1 つの製品プロファイルから別の製品プロファイルにユーザーを移動することもできます。

Admin Console に一括アップロードする際のトラブルシューティングのヒントについては、ユーザーの一括アップロードに関するトラブルシューティングを参照してください。

複数ユーザーの追加

コンマ区切りのリストをアップロードすることで、組織に複数ユーザーを一度に追加して、製品プロファイルにプロビジョニングできます。ユーザーを読み込むダイアログボックスからサンプルの CSV ファイルをダウンロードし、詳細を入力してファイルをアップロードします。一度に最大で 5,000 ユーザーを読み込むことができます。

Federated ID、Enterprise ID、Adobe ID は、製品プロファイルまたは管理者権限が割り当てられていない場合(割り当てられている場合は、案内メールが届きます)、特に連絡や通知はなく、エンタープライズ版に自動的に追加されます。

詳しい手順については、ユーザーの追加を参照してください。

複数ユーザーの詳細の編集

管理者は、組織が所有するドメインに属するユーザーの詳細のみを更新するアクセス権を持ちます。組織で信頼しているものの所有していないドメインに属するユーザーの詳細を更新することはできません。ユーザーの次の詳細を変更できます。

  • ユーザーの名前
  • ユーザーに関連付けられるユーザーグループと製品
  • 管理者権限

詳しい手順については、ユーザーの詳細の編集を参照してください。

ユーザー ID の切り替え

詳しい手順については、ユーザー ID の切り替えを参照してください。

複数ユーザーの削除

ユーザーを削除すると、組織によって付与されたすべての権限とサービスへのアクセスが取り消されます。例えば、製品のライセンスも取り消され、ユーザーは製品を使用できなくなります。

Adobe ID は Adobe ID タイプのユーザーが所有、管理するものであるため、Adobe ID を持つユーザーを削除しても、そのユーザーは組織から削除されるだけです。ユーザーはその後も、Creative Cloud やその他の Adobe サービスに無料メンバーとしてアクセスできます。Creative Cloud に保存されているすべてのファイルやフォルダーにもアクセスできます。このような上記の理由から、Adobe では、管理者が Federated ID と Enterprise ID に移行することをお勧めしています。

一方で、組織は Federated IDEnterprise ID を作成、所有、そして管理します。管理者がユーザーを削除すると、その ID は完全に削除されます。ユーザーは関連付けられたすべてのデータにアクセスできなくなり、管理者もそのユーザーのアカウントやデータにアクセスできなくなります。 

詳しい手順については、ユーザーの削除を参照してください。

ユーザーデータの書き出し

詳しい手順については、ユーザーデータの書き出しを参照してください。

製品プロファイルへの複数のユーザーの追加

CSV でユーザーを追加の手順を使用すると、複数のユーザーを製品プロファイルに同時に追加することができます。

詳しい手順については、製品プロファイルへの複数のユーザーとユーザーグループの追加を参照してください。

製品プロファイルからの複数のユーザーとユーザーグループの削除

ユーザーの一括削除の手順を使用すると、複数のユーザーを製品プロファイルから同時に追加することができます。例えば、複数のユーザーを 1 つのプロファイルから別のプロファイルに移動するには、1 つのプロファイルから複数のユーザーを削除し、別のプロファイルに追加することができます。

詳しい手順については、製品プロファイルからの複数のユーザーとユーザーグループの削除を参照してください。

製品の概要データの書き出し

購入されたおよび割り当てられた製品のリストをエクスポートすることができ、組織内の調達部門で、このリストを活用することができます。

ダウンロードした CSV ファイルには、組織の製品リストが含まれます。

  • ニックネーム:製品プロファイルのニックネーム
  • 製品:プロファイルが属する製品の名称
  • ライセンスクォータ:プロファイルに割り当てられるユーザーの数。クォータの定義と管理を参照してください。
  • 割り当て済み:プロファイルに割り当てられたユーザー
  • 管理者:プロファイルの管理者

詳しい手順については、製品の概要データの書き出しを参照してください。

プロファイルユーザーの書き出し

システム管理者は、プロファイルのユーザーのデータをダウンロードすることができます。このファイルを使用すれば、組織内で別の製品プロファイルに複数のユーザーを追加することができます。

ダウンロードした CSV ファイルには、前述の CSV ファイル形式セクションで説明したデータが含まれます。

詳しい手順については、プロファイルユーザーの書き出しを参照してください。

複数のユーザーのグループへの追加

同時に複数のユーザーをグループに追加できます。例えば、あるグループから別のグループにユーザー(またはサブセット)をコピーする場合、グループからユーザーを書き出した後、別のグループに追加することができます。

詳しい手順については、グループへの複数のユーザーの追加を参照してください。

複数のユーザーグループの追加

グループを作成するには、Admin Console でグループを 1 つずつ作成する方法があります。または、CSV による一括アップロード手順を使用して、複数のグループを一度に作成することもできます。

詳しい手順については、ユーザーグループの作成を参照してください。

複数のユーザーグループの編集

Admin Console では、既存のユーザーグループの名前や説明を編集できます。CSV による一括アップロード手順を使用する場合は、ユーザーグループ管理者と、そのグループに現在割り当てられている製品プロファイルも編集できます。ユーザーグループ管理者とグループの製品プロファイルを追加または削除できます。

詳しい手順については、ユーザーグループの編集を参照してください。

グループからの複数のユーザーの削除

ユーザーの一括削除手順を使用すると、グループから複数のユーザーを同時に削除できます。例えば、あるグループから別のグループに複数のユーザーを移動する場合は、グループからユーザーを削除した後、別のグループに追加できます。

詳しい手順については、グループからの複数ユーザーの削除を参照してください。

ユーザーグループの書き出し

グループのユーザーのデータをダウンロードできます。例えば、あるグループのユーザーを別のグループに追加する場合は、元のグループのユーザーのリストをダウンロードした後、別のグループに追加できます。ソースグループからユーザーを削除する場合、同じファイルを使用できます。

ダウンロードした CSV ファイルには、CSV ファイル形式セクションで説明したデータが含まれます。

詳しい手順については、グループユーザーの書き出しを参照してください。

「一括操作の結果」ページ

「一括操作の結果」ページには、Admin Console で実行された一括操作のリストとステータスが記載されます。

ユーザー向けの「一括操作の結果」ページ

詳しくは、ユーザー向けの「一括操作の結果」ページを参照してください。

製品プロファイル向けの「一括操作の結果」ページ

製品プロファイルの複数のユーザーを追加または削除するなどの一括操作を実行すると、電子メールを受信します。また、一括操作の結果ページで、一括操作の詳細を確認できます。

詳しくは、製品プロファイル向けの「一括操作の結果」ページを参照してください。

ユーザーグループ向けの「一括操作の結果」ページ

グループの複数のユーザーの追加や削除といった一括操作を実行すると、電子メールが届きます。また、一括操作の結果ページで、一括操作の詳細を確認できます。

詳しくは、グループ向けの「一括操作の結果」ページを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー