写真を自動的にカラー化

白黒写真をカラーにすばやく変換したり、写真の特定領域のカラーを変更したりする方法を説明します。

写真を自動的にカラーにする

  1. Photoshop Elements で写真を開きます。

    写真をカラーにする
    写真を読み込んでカラーにする

  2. 画質調整/写真をカラーにするを選択します。Option + Command + R キー(macOS)または Alt + Ctrl + R キー(Windows)を押すこともできます。

  3. プレビューが写真をカラーにするワークスペースに生成されます。右側のパネルに、4 つのカラーオプションが表示されます。最適なオプションを選択します。

    「写真をカラーにする」に適用された自動プリセット
    前/後の切替スイッチをクリックして、元の写真と結果を比較します。

  4. OK」をクリックするか、元の写真に戻す場合は「リセット」をクリックします。

写真の特定領域のカラーを変更する

  1. Photoshop Elements で写真を開きます。

  2. 画質調整/写真をカラーにするを選択します。Option + Command + R キー(macOS)または Alt + Ctrl + R キー(Windows)を押すこともできます。

  3. 右パネルの切替スイッチで、手動を選択します。

  4. 右パネルのクイック選択ツールまたは自動選択ツールを使用して、カラーを変更する領域を選択します。

  5. ドロップレットツールをクリックし、選択範囲内にドロップレットを追加して、カラーを変更する領域をマークします。必要に応じて、複数のドロップレットを追加できます。

    選択範囲内のカラーを変更するためのドロップレットを追加する
    カラーを変更するためのドロップレットを選択範囲内に追加します。

    注意:

    1 つの選択範囲のみに着目するには、Ctrl +D キー(Windows)または Command + D(macOS)を押します。選択選択解除を選択して、既存の選択範囲を削除してから新しく選択することもできます。

  6. ドロップレットごとに、カスタマイズされたカラーのセットがカラーパレットに表示されます。ドロップレットを選択して(選択されたドロップレットは青色のアウトラインで表示されます)、カラーパレットから目的のカラーをクリックします。

    適用可能なカラーパネルの垂直スライダーを使用するか、 アイコンを使用して目的のカラーを選択することもできます。

    最後に使用したカラーが、カラーパレットスウォッチの横に表示されます。これを使用して、以前に使用したカラーを選択できます。

    ドロップレットを追加して領域のカラーを変更
    写真のカラーを手動で変更する.(ピリオド)

    ドロップレットを表示切替スイッチをオフにして、ドロップレットのない結果を表示します。前/後切替スイッチで、元の写真と編集後の写真を表示することもできます。すべての変更をキャンセルして、元の写真に戻るには、リセットをクリックします。

  7. 結果に満足したら、「OK」をクリックします。

アドビのロゴ

アカウントにログイン