Adobe Premiere Rush CC のビデオでピクチャインピクチャエフェクトを作成する方法を説明します。

ピクチャインピクチャエフェクトでは、2 つのビデオまたは画像が大きい方の上に小さい方が重なる形で同時に表示されます。このピクチャインピクチャエフェクトを使用すると、ストーリーの一部を図解したり、強調したりするのに役立つ追加のビデオまたは画像をメインのビデオに挿入できます。

ピクチャインピクチャエフェクトを追加するには:

  1. まだ V1 トラックにメディアが配置されていない場合は、 アイコンをクリックして、タイムライン上のメインの V1 トラックにメディアクリップを読み込みます。

  2. アイコンをもう一度クリックして、(上に小さく表示する)ビデオまたは画像を読み込み、メインの V1 トラックのクリップの上のトラックに配置します。タイムラインでクリップをクリックまたはタップして、メインV1トラックにドラッグすることで実行できます。

    ピクチャインピクチャエフェクトの作成
    ピクチャインピクチャエフェクトの作成
  3. 他のビデオクリップを編集する場合と同じように、セカンダリトラックのクリップを選択し、サイズを変更したり、編集したりします。次の編集をおこなうことができます。

    • ピクチャインピクチャクリップの位置を変更する:プレビューモニター内でピクチャインピクチャウィンドウをドラッグします。
    • ピクチャインピクチャクリップのサイズを変更する:プレビューモニター内でクリップのいずれかの隅をドラッグします。
    • ピクチャインピクチャクリップにスタイリッシュなトランジションを追加する:トランジションメニューをクリックし、利用可能なトランジションを選択します。例えば、サイズの小さい画像を設定することも、ビデオクリップへのトランジションはクロスディゾルブを追加して、「フェード」をタップします。

    クリップのプロパティによる編集について詳しくは、クリップのプロパティによる変形を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー