ビデオクリップ、写真、オーディオファイルを Adobe Premiere Rush CC に取り込み、編集をおこなう方法について学習します。また、Premiere Rush でサポートされるファイル形式についても説明します。

コンピューターまたは外部ドライブから Premiere Rush にビデオクリップ、写真、グラフィックおよびオーディオファイルを直接読み込んで、ビデオプロジェクトの編集を開始できます。

メディアブラウザー

メディアブラウザーは、Premiere Rush で様々なメディアタイプを参照、プレビューおよび読み込みできるパネルです。

メディアブラウザーの開き方

新規プロジェクトを作成する場合、メディアブラウザーが自動的に開きます。プロジェクトに追加したいメディアを選択して、「作成」をクリックするだけです。

既存のプロジェクトにメディアを読み込みたい場合は、左側のツールバーの アイコンをクリックしてメディアブラウザーを開きます。

メディアブラウザーでのメディアの参照方法

メディアブラウザー
メディアブラウザー

A. ローカル B. クラウド C. テンプレート D. ネットワーク E. 並べ替え F. フィルター G. 同期 H. メディアをコピー 

左側のパネルには、次のメインセクションが含まれます。

  • ローカル:ローカルコンピューターに保存されたメディアが表示されます。
  • クラウド:Creative Cloud や iCloud などのクラウドに保存されたメディアが表示されます。
  • ネットワーク(その他のドライブがデバイスに取り付けられている場合にのみ表示):ネットワーク接続されているドライブに保存されたメディアが表示されます。

右側のパネルにコンテンツが表示されます。 

ウィンドウの下部にある並べ替えおよびフィルターアイコンを使用して、メディアを並べ替えたりフィルタリングしたりできます。

  • 並べ替え:メディアを名前または作成日を基準に並べ替えます。
  • フィルター:すべてのメディアタイプ、ビデオのみ、オーディオのみまたは画像のみという条件でメディアをフィルタリングします。

プロジェクトの作成とメディアファイルの追加

Premiere Rush を起動して新しいプロジェクトを開始する際に、メディアを選択して読み込みます。メディアは、コンピューター、ネットワークの場所またはクラウド(Creative Cloud や iCloud など)から読み込むことができます。社内ネットワークに接続されている場合は、ネットワークの場所からメディアを読み込むこともできます。

  1. ホーム画面で「新規プロジェクトを作成」をクリックします。

  2. メディアブラウザーで読み込むアセットを参照して、タイムラインに表示したい順序で選択します。

    Premiere Rush は選択した順序ですべてのクリップをマークし、画面下のストーリーボードにそれらを配置します。

    メディアファイルの追加
    メディアファイルの追加

    クリップの順序が適切でない場合は、クリップをクリックして選択を解除できます。その後、アセットを表示したい順序で再度選択します。

  3. (オプション)オーディオまたはビデオクリップを追加する場合、クリップの一部のみを選択して追加できます。詳しくは、クリップの一部の追加を参照してください。

  4. (オプション)次のオプションを選択します。

    • Creative Cloud と同期:ビデオプロジェクトをクラウドに保存するには、「Creative Cloud と同期」を選択します。すべてのモバイルおよびデスクトップデバイスからプロジェクトにアクセスできます。すべての編集内容がクラウドに同期されるので、あらゆるデバイスで常に最新バージョンのプロジェクトを利用できます。
    • メディアをコピー:選択したメディアのコピーをデバイスに保存するには、「メディアをコピー」を選択します。このオプションは、リムーバブルデバイスからメディアを読み込む場合に便利です。環境設定ダイアログボックスで指定したフォルダーにメディアが保存されます。デフォルトでは、メディアは Premiere Rush/Imported Media フォルダーに保存されます。このデフォルトの場所の変更方法については、オーディオ、入力、出力およびレンダリングの環境設定の指定を参照してください。
  5. 作成」をクリックします。

    作成」をクリックすると、Premiere Rush は選択したすべてのメディアをシーケンスに自動的に追加し(デフォルトでは Sequence 01 という名前になります)、編集ワークスペースでプロジェクトの編集作業を開始できます。

既存のプロジェクトへのメディアファイルの追加

  1. 編集中にプロジェクトにメディアを追加するには、左側のツールバーの アイコンをクリックして、「メディア」を選択します。

    既存のプロジェクトへのメディアの追加
    編集中のメディアの追加
  2. プロジェクトに追加したいメディアを参照して見つけます。

  3. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • クリップ全体を追加:クリップを選択し、追加をクリックします。
    • オーディオまたはビデオクリップの一部を追加:クリップを選択し、全画面プレビューアイコンをクリックします。メディアを再生し、範囲を選択します。次に、追加をクリックします。詳しくは、クリップの一部の追加を参照してください。
  4. 追加をクリックします。

選択したメディアがタイムラインに追加されます。再生ヘッドの位置に表示されます。

クリップの一部の追加

メディアを追加する際には、クリップの一部のみを追加することもできます。

  1. メディアブラウザーから、追加したいメディアを選択します。

  2. 展開アイコンをクリックして、クリップの大きなプレビューを開きます。ここで、クリップを再生し、プロジェクトに追加する部分を選択できます。

    選択したクリップの大きなプレビューの表示
    選択したクリップの大きなプレビューの表示
  3. タイムラインから、追加するクリップの部分を選択します。 アイコンをクリックします。

    クリップの選択した部分の追加
    クリップの選択した部分の追加
  4. クリップの部分を選択したら、追加をクリックします。

オーディオ、入力、出力およびレンダリングの環境設定の指定

  1. 環境設定ダイアログを開くには、編集/環境設定(Windows)または Premiere Rush/環境設定(Mac)を選択します。

    環境設定
    環境設定
  2. Premiere Rush でコピーしたメディアを保存する場所を変更するには、メディアの読み込み領域で「選択」をクリックします。メディアを保存するフォルダーに移動して、再度「選択」をクリックします。

  3. コンピューターに複数のオーディオ入力および出力オプションがある場合は、入力および出力オーディオ環境設定を設定します。

    デフォルトでは、Premiere Rush はシステムの内蔵出力および内蔵マイクを使用します。

  4. 再生またはパフォーマンスに問題がある場合は、「再生するシーケンスのプリレンダリング」を選択します。

    このオプションを選択すると、再生を最適化するために、シーケンスの一部をバックグラウンドでプリレンダリングします。

  5. すべてのキャッシュファイルを削除して、ディスク容量を解放するには、「キャッシュを消去」をクリックします。

  6. OK」をクリックします。

読み込みでサポートされるビデオ形式およびオーディオ形式

Premiere Rush では、複数のオーディオおよびビデオ形式をサポートし、様々なデバイスからのメディアを Premiere Rush に読み込んで編集できます。

ビデオ形式

ファイル形式 詳細
Apple ProRes
Apple ビデオ圧縮形式
DNxHD ネイティブ形式の MXF および QuickTime ラッパーでサポートされます。
DNxHR DNxHR LB、DNxHR SQ、DNxHR TR、DNxHR HQ および DNxHR HQX
GIF アニメーション GIF
H.264 AVC
H.264 エンコーディングを使用するメディア
HEVC(H.265)
解像度最大 8,192 x 4,320 の H.265 メディア
M2T Sony HDV(Sony ハンディカムから)
M2TS Blu-ray BDAV MPEG-2 Transport Stream、AVCHD(Sony ハンディカムから)
M4V MPEG-4 ビデオファイル
MOV QuickTime 形式
MP4 QuickTime ムービー、XDCAM EX
MTS AVCHD(ブロードキャスト形式ですが、Canon カムコーダーでも使用されます)
MXF Media eXchange 形式。MXF は次のファイルをサポートするコンテナ形式です。
  • P2 ムービー:AVC-Intra LT および AVC-LongG の MXF ビデオの一種である Panasonic の OP1b 形式、DV、DVCPRO、DVCPRO 50、DVCPRO HD、AVC-Intra の MXF ビデオの一種である Panasonic の Op-Atom 形式
  • Sony XDCAM HD 18/25/35(4:2:0)
  • Sony XDCAM HD 50(4:2:2)
  • AVC-LongGOP
  • XAVC Intra
  • XAVC LongGOP
  • IMX 30/40/50
  • XDCAM EX

オーディオ形式

ファイル形式 詳細
WAV Windows Waveform
AIFF、AIF 
Audio Interchange File Format
MP3 MP3 オーディオ
M4A
MPEG-4 オーディオ(iTunes 形式)
AAC Advanced Audio Coding

静止画形式

ファイル形式 詳細
BMP、DIB、RLE
ビットマップ
GIF Graphics Interchange Format
JPEG JPE、JPG、JFIF
PNG Portable Network Graphics
PSD Photoshop 画像形式(Premiere Rush で開く際に統合されます)
HEIF High Efficiency Image File 形式

ネイティブカメラ形式

形式 詳細
ARRI AMIRA カメラ
Premiere Rush では、ARRI AMIRA カメラが標準でサポートされており、マスタークリップの読み込み時に適切なカラー LUT が適用されます。
Canon XF

Canon XF および Canon RAW フッテージ(Canon Cinema EOS C300 および C500 カメラのフッテージを含む)をネイティブに処理できます。

Premiere Rush では、Canon 5D および 7D カメラで撮影した Apple ProRes ファイルおよび MOV ファイルを含め、QuickTime 形式をそのまま読み込んで編集できます。

Panasonic AVC、P2 カメラ

次のカメラ/カメラコーデック形式のメディアを読み込んで編集できます。

  • Panasonic AVC Ultra
  • Panasonic AVC-Intra 200
  • Panasonic AVC Ultra Long GOP(画像のグループ)
  • Panasonic P2 カメラと複数の P2 カード
Sony カメラ

次のカメラからフォーマット変換やトランスコードなしで直接メディアを読み込んで編集できます。

  • Sony XDCAM
  • Sony XDCAM 50
  • Sony XAVC
  • Sony XAVC LongGOP(画像のグループ)
  • Sony XAVC-S
  • Sony SStP

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー