タイムライン上でクリップの追加、削除、トリミングなど簡単な編集を実行します。

Premiere Rush でプロジェクトを作成した後は、タイムラインでプロジェクトの編集を開始できます。この編集ステージでは、一般に、クリップのトリミング、クリップの移動、ビデオクリップの追加、クリップの削除をおこないます。基本的には、重要なシーンが映っているフッテージのみを残すようにします。例えば、旅のビデオを編集する場合は、同じシーンが繰り返し映っている退屈なフッテージを削除できます。

この編集ワークフローの段階では、トランジションやテキスト、カラー補正などを加えてビデオ品質を向上させることには重点を置きません。ここでの目標は、ビデオを特定のストーリーに沿って並べ、余分なフッテージをすべて削除することです。

以下に、タイムラインのビデオ編集でおこなう一般的な操作をいくつか示します。

編集を開始する前に、Premiere Rush タイムラインとタイムライン機能について確認しておきましょう。

Premiere Rush タイムラインについて

Premiere Rush タイムラインはノンリニアエディター(NLE)です。このタイムラインで、クリップの追加、トリミング、分割、配置、複製といった基本的なビデオ編集をおこない、目指すデザインやサウンド、雰囲気に近づけていきます。ノンリニアとは、タイムラインにメディアを直線的に(つまり逐次的に)配置する必要はないという意味です。メディアは任意の順序で配置でき、追加トラックを使用してクリップを重ねたりレイヤー化したりできます。

タイムラインでの Premiere Rush トラックの操作

Premiere Rush のタイムラインは、1 つのメインビデオ(V1)トラックから成ります。ビデオフッテージや静止画、グラフィックを読み込むと、それらはすべてデフォルトで V1 トラックに配置されます。

オーディオファイルを読み込んだり、タイトルを追加した場合は、そのクリップがタイムライン上の独立したトラックに配置されます。 

Premiere Rush では、タイムライン上で最大 7 つのトラック(4 つのビデオトラックと 3 つのオーディオ専用トラック)を使用できます。ビデオトラックは、ビデオ(オーディオあり、なし)に加えて画像とグラフィックをサポートしています。オーディオ専用トラックは、音楽やナレーションの録音など、オーディオのみのクリップをサポートしています。 

メインの V1 トラックはギャップレスです。つまり、フッテージを読み込むと、Premiere Rush によって自動的にすべてのクリップがこのトラックに隙間なく並べられます。このトラックは、ギャップレスという特殊な性質を持つメインビデオトラックであることを示すために、他のトラックより明るい色で表示されます。

トラック V2 ~ V4 および A1 ~ A3 に配置されたクリップは、メインの V1 トラックのクリップに関連付けられ、クリップの同期を維持します。

タイムラインでのクリップの関連付け

V1 トラックのクリップを選択すると、そのクリップに関連付けられているトラック V2 ~ V4 および A1 ~ A3 のクリップの下部に黄色の線が表示され、さらに、V1 トラックのクリップとの接続ポイントを示す黄色の縦線が表示されます。

V1 トラックのクリップに関連付けられているクリップを示す黄色の線
V1 トラックのクリップに関連付けられているクリップを示す黄色の線

クリップの移動または並べ替え

クリップの移動または並べ替え
クリップの移動または並べ替え

タイムライン内で移動したいクリップをクリックすると、選択したクリップにオレンジ色の枠線が表示されます。

複数のクリップを選択するには、目的のクリップの位置にカーソルを置き、複数のクリップを囲むようにドラッグします。隣接していない複数のクリップを選択するには、Ctrl キーまたは Command キーを押しながら各クリップをクリックします。

複数の隣接するクリップを選択した場合は、それらのクリップをタイムラインの新しい位置にドラッグして、クリップを並べ替えることができます。クリップを別のトラックに移動することもできます。

ヒント:このテクニックを使用して、カットアウェイショット(例:1 つのイベントを 2 つの異なる視点で示す手法)を作成できます。


クリップのトリミング

クリップのトリミング
クリップのトリミング

タイムライン内のクリップの開始点または終了点を移動することで、クリップのデュレーションを微調整できます。この作業をトリミングと呼びます。

クリップをクリックして選択します。選択したクリップの周囲にオレンジ色のハンドルが表示されます。クリップの先頭または末尾にある、太いオレンジ色のハンドルをタップしてドラッグします。クリップの先頭部分をトリミングするには、右側にドラッグします。


注意:

クリップをトリミングしても、元のビデオはトリミングされません。黄色の太い線を右にドラッグすれば、トリミングされたクリップをいつでも延長できます。

クリップの分割

タイムラインでクリップを分割
タイムラインでクリップを分割

クリップの分割は、タイムラインに追加したクリップ全体を使用する必要はない場合に便利な機能です。

クリップを 2 つに分割するには、タイムラインのクリップを選択し、分割する位置に再生ヘッドをドラッグして分割(左のツールバーのはさみアイコン)をクリックします。また、< および > キーを使用するか、タイムラインにズームインすれば、クリップを正確に分割できます。

クリップを分割した後は、分割してできた 2 つのクリップを並べ替えたり、タイムライン内で別々に移動したりできます。


クリップの複製

クリップの複製
クリップの複製

編集前にクリップを複製すると、元のクリップを残しておいて、編集前と編集後の結果を比較できます。

タイムラインのクリップを選択し、左のツールバーの複製アイコンをクリックします。 

選択したクリップがメインの V1 トラックにある場合は、クリップが複製されて、タイムライン上の元のクリップの後に新しいクリップが追加されます。

選択したクリップがオーディオクリップまたはタイトルの場合は、クリップが複製されて、新しいトラック内の、元のクリップと同じ位置に新しいクリップが追加されます。


トラックの管理

タイムライン上のトラックの管理
タイムライン上のトラックの管理

他のトラックでの編集をしやすくするために、タイムライン上の一部のトラックを非表示にできます。また、トラックをロックすれば、変更できなくなります。

トラックを表示および非表示にするには、目の形のアイコンをクリックします。

トラックをロックおよびロック解除するには、ロックアイコンをクリックします。

オーディオをミュートおよびミュート解除するには、メガホンのアイコンをクリックします。


クリップの追加

編集中のプロジェクトにメディアクリップを追加するには、タイムライン上のクリップを追加したい位置に再生ヘッドを移動させます。左側のツールバーにある「+」アイコンをクリックし、「メディア」を選択します。アプリケーションの左側にメディアブラウザーが開きます。上部のナビゲーションボタンを使用し、フォルダーを表示してメディアを選択します。すべてのメディアを選択した後に、「追加」をクリックします。

注意:

メディアブラウザーには、Premiere Rush にインポートできるファイルのみが表示されます。サポートされるファイル形式について詳しくは、読み込みでサポートされるビデオ形式およびオーディオ形式を参照してください。

クリップの削除

クリップを削除するには、タイムライン上のクリップをクリックして選択し、タイムラインの左側にある「削除」アイコンをクリックするか、キーボードの Delete キーを押します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー