iOS デバイスで Adobe Premiere Rush CC を使用してビデオをキャプチャ、編集、および共有できます。すべてのプロジェクトと最新の編集はクラウドに同期されるので、iOS デバイスでおこなった変更は、デスクトップ版 Rush と自動的に同期されます。

お使いのコンピューターと iOS デバイスで同じ機能にアクセスできます。iOS で Rush を使用すると、Rush アプリケーション内から、より詳細に制御してビデオをキャプチャすることもできます。 

iOS 版 Rush のインストールおよびログイン

iTunes から Rush をインストールできます。

Rush をインストールするには、最低限のハードウェアおよびソフトウェアが必要です。

  • iOS 日本語版バージョン 11 以降が必要
  • iPhone 7 以降と互換性あり(A9 ARM 以上のチップを搭載したデバイス)
  • iPad と互換性あり(A9 ARM 以上のチップを搭載したデバイス)

次の手順に従い、Rush でビデオの作成を開始しましょう。

  1. iPad または iPhone で、Rush アプリケーションアイコンをタップします。

  2. Adobe ID、Facebook アカウントまたは Google アカウントを使用してログインします。

  3. 次の手順に従い、ビデオの作成を開始しましょう。

新規プロジェクトの作成

アプリケーションを起動してログインしたら、画面下にあるプラス(+)ボタンをタップして新しいプロジェクトを作成します。

次に、「メディアを追加」を選択して、お使いのデバイス、Creative Cloud または Dropbox でキャプチャ済みのメディアを使用できます。または、「ビデオまたは写真を撮影」をタップして、新しいプロジェクト向けに写真やビデオを直接撮影することができます。

Rush は、タイムラインにレイアウトされた別のクリップにシーンを自動的に分類します。

写真とビデオの追加

既存の写真やビデオをプロジェクトに追加するには、「メディアを追加」をタップします。複数の写真、ビデオおよび音楽クリップを選択して、メディアをタップ/追加すると、画面下のストーリーラインにそれらが表示されます。選択を終えたら、プロジェクト名を入力し、「作成」をタップしてプロジェクトに読み込みます。

CC と同期することですべてのモバイルデバイスやデスクトップデバイスでプロジェクトにアクセスできるようになります。

プロジェクトへの既存の写真やビデオの追加
プロジェクトへの既存の写真やビデオの追加

写真とビデオのキャプチャ

デバイス付属のカメラアプリケーションではなく、Rush のカメラを使用して写真やビデオを撮影できます。 

自動モードを使用すると、1 回タップするだけでフォーカスとホワイトバランスをシンプルに設定して撮影できます。また、ISO、シャッタースピード、ホワイトバランス、解像度、フレームレートなど、詳細に制御できる機能を搭載した「プロ」モードも利用できます。

メディアを新しいプロジェクトにキャプチャするには、プロジェクトブラウザーのプラス(+)ボタンをタップしてから、「ビデオまたは写真を撮影」をタップします。Rush カメラはデフォルトで「自動」モードに設定されています。基本的なキャプチャコントロールの場合はデフォルトの「自動」モードを使用し、ISO、シャッタースピード、ホワイトバランス、解像度、フレームレートなどの詳細な設定をおこなう場合は「プロ」モードに切り替えることができます。キャプチャ設定を指定したら、赤いボタンをタップして録画したり、赤いボタンの隣にあるカメラアイコンをタップして写真を撮影します。写真とビデオのキャプチャが終了したら、青いチェックマークをタップして、キャプチャしたメディアを新しいプロジェクトに追加します。

キャプチャオプション

「自動」設定

Rush の自動キャプチャオプション
Rush の自動キャプチャオプション

A:グリッド:画面を縦横 3 分割にするグリッドが画面上にオーバーレイされます。撮影時のガイドとして使用できます。

B:フラッシュ:次のフラッシュオプションのいずれかを使用できます。

  • フラッシュオフ:撮影時のフラッシュを禁止します。
  • 自動フラッシュ:暗い場合にのみフラッシュが点灯します。

C:トーチ:撮影中かどうかに関係なく、カメラのフラッシュを常に点灯させます。追加の照明が必要な暗い状況でビデオを撮影する際に便利です。

「プロ」設定

「プロ」モードでは、以下の設定を手動で制御できます。

露光量オプション

Rush の「プロ」モードの露光量オプション
Rush の「プロ」モードの露光量オプション

A:ISO:ISO では、デバイスのカメラの感光度を制御します。

B:シャッター:カメラのシャッタースピードを制御して、露光時間を調整します。露光時間を調整することで、写真やビデオにクリエイティブな効果を適用できます。

C:露出計:ISO およびシャッターの設定に基づき、露光量のレベルが自動的に計算されます。

D:自動露出:露光量オプションを手動で制御したくない場合は、自動露出をオンに切り替えます。

露光補正:カメラを設定した現在の適正露出よりも明るく/暗く調整するには、「露光補正」を使用します。

ホワイトバランスオプション

Rush の「プロ」モードのホワイトバランスオプション
Rush の「プロ」モードのホワイトバランスオプション

A:色温度:色温度とは、ショットの色相の暖かさや冷たさを表します。

B:色かぶり補正:ショットに対して緑から紫のカラー補正を適用します。

C:自動ホワイトバランス:「プロ」モードのホワイトバランスオプションを手動で制御したくない場合は、「自動ホワイトバランス」オプションを右側にスライドします。

フォーカスおよびズームオプション

Rush の「プロ」モードのフォーカスオプション
Rush の「プロ」モードのフォーカスオプション

A:「フォーカス」は、被写体にピントが合ったときのレンズと画像センサーとの間の距離です。

B:「プロ」のフォーカスオプションを手動で制御したくない場合は、オートフォーカスをオンに切り替えます。

Rush のズームオプション
Rush のズームオプション

撮影の対象にズームインするには、スライダーを右側に動かします。


解像度およびフレームレート

解像度とフレームレートを設定する「プロ」モードのオプション
解像度とフレームレートを設定する「プロ」モードのオプション

A:解像度:Rush カメラを使用して、480p、580p、720p、1,080p または 4K のビデオを撮影できます。デフォルト値は 1,080p です。

B:フレームレート:フレームレートとは、ビデオで 1 秒間に撮影される個別のフレーム数です。ビデオ撮影時の最も一般的なフレームレートは、1 秒あたり 24、25 および 30 フレームです。デフォルト値は 30 フレーム/秒です。

どのオプションを選択すればよいか迷う場合は、デフォルト値のままにします。 

クリップのトリミング、分割、複製または削除

クリップのトリミング

クリップのトリミング
クリップのトリミング

タイムライン内のクリップの開始点または終了点を移動することで、クリップのデュレーションを微調整できます。この作業をトリミングと呼びます。

タイムラインでクリップを選択するには、そのクリップをタップします。選択したクリップの周囲にオレンジ色のハンドルが表示されます。クリップの一部をトリミングするには、クリップの最初または最後へ移動し、太いオレンジ色のハンドルを長押ししてから、右または左へドラッグします。

元のビデオはトリミングされません。オレンジ色のハンドルを外側にドラッグして、トリミングされたクリップを延長できます。

クリップの分割

クリップの分割
クリップの分割

クリップの分割は、プロジェクトに追加したクリップ全体を使用する必要はない場合に便利な機能です。

クリップを 2 分割するには、分割したい位置に再生ヘッドをドラッグします。下部ツールバーを右側にスワイプして、はさみのアイコンをタップします。

クリップを分割した後は、分割してできた 2 つのクリップを並べ替えたり、タイムライン内で別々に移動したりできます。

クリップの複製または削除

クリップの複製
クリップの複製

クリップの複製を編集前におこなうと、元のクリップを残しておいて、編集前と編集後の結果を比較できます。

タイムライン上でクリップを長押しします。表示されるポップアップメニューで、クリップのコピーを作成する場合は「複製」をタップします。複製されたクリップは、タイムライン上で元のクリップの後に表示されます。

タイトルの追加

タイトルの追加と編集
タイトルの追加と編集

タイムライン内の再生ヘッドを、タイトルを追加するポイントに移動します。

タイトルを追加するには、青い(+)ボタンをタップしてタイトルを選択します。画面に表示される選択肢から希望するスタイルをタップして、そのスタイルをタイトルクリップに適用します。また、選択範囲から希望するスタイルをドラッグして、タイムラインに直接ドロップすることもできます。

タイトルパネルで「編集」タブのタイトルをカスタマイズします。フォント、フォントカラー、シェイプのカラーなどを変更できます。

プレビューモニターでテキストを編集するには、ダブルタップします。

ヒント:タイトルパネルフロントドロップダウン内の付属フォントに満足できない場合は、Adobe Fonts から追加のフォントにアクセスできます。その他のフォントを見つけるには、「Adobe Fonts」をタップします。次に、フォントをタップしたらクラウド同期アイコンをタップします。これで、選択したフォントが Rush のフォントドロップダウンリストで利用できるようになります。

オーディオの追加

オーディオの追加と編集
オーディオの追加と編集

音楽を追加してビデオのムードを設定します。お使いのデバイスに保存された音楽を追加できます。または、アプリケーションに含まれているサウンドトラック(青い(+)ボタン/メディア/オーディオ/Rush サウンドトラックをタップ)から選択することもできます。

プラス(+)アイコンをタップします。メディア/オーディオ/追加をタップします。オーディオクリップは、タイムラインのオーディオトラックに追加されます。

これで、タイムライン内の他のクリップと同じ用に、オーディオクリップを編集できます。

オーディオクリップを調整するには、タイムラインでそのクリップを選択し、下のバーにある「オーディオ」をタップして、オーディオパネルを開きます。オーディオパネルを開くには、タイムライン上でオーディオクリップをダブルタップします。これで、すべてのオーディオ調整ツールにアクセスできます。

これらのオーディオオプションでできることについては、オーディオトラックの編集を参照してください。

ビデオの書き出し

ビデオの書き出し
ビデオの書き出し

アプリの上部にある書き出しアイコンをクリックし、以下の画質設定のいずれかを選択します。

自動:タイムラインのメディアを一致させるデフォルト設定

その他のオプション:

  • 720p マッチフレームレート
  • 720p 30fps
  • 1080p マッチフレームレート
  • 1080p 30fps

書き出し」をタップすると、Rush はビデオのレンダリングと書き出しを開始します。ビデオのレンダリングが完了するまで、しばらく待ちます。レンダリング処理中は、アプリケーションを終了したり、スマートフォンをロックしないでください。

レンダリングが完了すると、ビデオはデバイスに保存され、YouTube、Facebook、Instagram、Behance でビデオを共有できるようになります。

これらのソーシャルメディアチャンネルへ書き出す際の書き出しオプションについては、ビデオの書き出しまたは変更を参照してください。

デスクトップとモバイルで同期されたプロジェクトにアクセス

デスクトップおよびモバイルでの同期
デスクトップおよびモバイルでの同期

Rush でプロジェクトを同期すると、ビデオをどこからでも作成、編集、および共有できます。これにより、次のことが可能になります。

  • 外出先でフッテージをキャプチャし、ビデオを編集する。
  • デスクトップで後からビデオを編集する。
  • モバイルデバイスから Facebook、Instagram などのソーシャルメディアチャンネルにビデオを共有する。

iOS デバイスの Rush で加えた変更はすべて、デスクトップの Rush に反映されます。デスクトップでおこなわれた変更はすべてモバイルに同期されるので、どこにいても常に最新の編集を利用できます。

同期の仕組み

プロジェクトが複数のデバイスで確実に同期されるようにするには、メディアをプロジェクトに追加する際に、「Creative Cloud と同期」が選択されている(デフォルトではオンになっている)ことを確認します。このオプションがオフになっている場合に別のデバイス上のプロジェクトにアクセスするには、プロジェクトのブラウザー画面で、プロジェクトの隣にある 3 つのドットをタップし、「同期をオンにする」を選択します。

注意:

すべてのデバイスで Rush プロジェクトを同期するには、Creative Cloud メンバーシップが必要です。

すべてのプロジェクトは、Adobe ID(Creative Cloud メンバーシップで作成したユーザー ID)とリンクされます。

特定のデバイスでは、Rush がログインしているアカウントのプロジェクトのみが表示されます。複数の Adobe ID を使用しており、複数のデバイス間でプロジェクトを同期したい場合は、すべてのデバイスで同じ Adobe ID を使用して Rush にログインするようにしてください。

Rush の同期機能はプロジェクトとメディアの両方を Creative Cloud と同期させるので、お使いのデバイスすべてでシームレスに作業をおこなうことができます。同期されているメディアは Creative Cloud に保存されます。プロジェクトファイルは Creative Cloud ファイルに同期されます。メディアファイルは、Creative Cloud または Dropbox に保存されます。

注意:

Rush は、Creative Cloud または Dropbox から読み込まれたメディアを管理対象のストレージにコピーしません。これは、メディアが既に保存済みのクラウドサービス内にあり、システムがクラウドサービスから直接アクセスできるためです。

プロジェクトが同期されているかを確認する方法

同期されたプロジェクトは、クラウドに保存され、お使いのすべてのデバイスで編集できるようになります。同期されないプロジェクトは、作成されたデバイスでのみ開いて編集することができます。

「自分のプロジェクト」で(アプリケーションを起動した後)、プロジェクトの同期ステータスを示すアイコンがプロジェクト名の隣に表示されます。

プロジェクトの同期ステータスを示すアイコン
プロジェクトの同期ステータスを示すアイコン

自分のプロジェクトの同期ステータスを確認するには、このテーブルのアイコンと説明を参照してください。

モバイル版同期アイコン デスクトップ版同期アイコン プロジェクトの同期ステータス プロジェクトをタップまたはクリックしたときの処理
デバイスのみ。クラウドではサポートされないので、このプロジェクトに他のデバイスでアクセスすることはできません。 同期をオンにするまで、プロジェクトはこのデバイスのみで保持されます。「自分のプロジェクト」へ移動して「•••」/「同期をオンにする」をタップして、このプロジェクトの同期をオンにします。
デバイスおよびクラウド。このプロジェクトはすべてのデバイスでアクセスできます。 最新の編集が反映されたプロジェクトを開きます(これらの編集がこのデバイスまたは別のデバイスのどちらでおこなわれたかを問いません)。詳しくは、同期エラーの解決方法を参照してください。
クラウドのみ。現在デバイスには保持されていません。ただし、このプロジェクトにはすべてのデバイスからアクセスできます。

プロジェクトをデバイスにダウンロードして、開きます。

同期の進行中 プロジェクトを開くと、クラウドへの同期は完了するまで継続されます。

同期エラーのトラブルシューティング方法

デバイス上にあるプロジェクトバージョンがクラウド内で利用可能なプロジェクトと異なる場合、Rush はプロジェクトの新しいバージョンを利用できることを通知します。次に、現在の状態のプロジェクトのコピーを保存するか、クラウド内に保存されているバージョンで上書きします。

プロジェクト競合エラーの解決
プロジェクト競合エラーの解決
  • コピーを保存」をクリック:現在の状態のプロジェクトのコピーを作成します。Rush はプロジェクトのコピーを作成するので、プロジェクトブラウザーには 2 つの別々のプロジェクトがあります。
  • 上書き」をクリック:現在開いているプロジェクトを、クラウド内に存在するプロジェクトのバージョンで上書きします。現在開いているプロジェクトを閉じて「自分のプロジェクト」に戻り、プロジェクトの最新/クラウドバージョンを開くことができます。

同期に関する問題のトラブルシューティングについて詳しくは、同期の問題のトラブルシューティングを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー