トラブルシューティングとヘルプ

ダウンロードとインストール

Flash Builder は、Adobe Flash Builder 4.7 Premium ページからダウンロードできます。ダウンロードを完了するには、Adobe ID とパスワードでログインする必要があります。旧バージョンのインストール方法やアップデートのチェック方法などの詳細は、「Creative Cloud アプリケーションのダウンロード」を参照してください。Flash Builder のスタンドアロンバージョンを購入した場合、インストール手順はリリースノートに記載されています。

「インストールに失敗しました」エラーの解決には、エラー: Creative Cloud デスクトップアプリケーションの「インストールに失敗しました」を参照してください。 その他のダウンロード、インストール、アップデートなどについての問題を解決するには、「ダウンロードおよびインストールに関する問題のトラブルシューティングガイド」を参照してください。

はい。 Creative Cloud アプリケーションカタログから、すべての Creative Cloud アプリケーションの体験版をダウンロードできます。 体験版をダウンロードするには、Adobe ID とパスワードでログインする必要があります。 Creative Cloud 体験版をダウンロードしてインストールする方法をご紹介します。

Adobe ID とログインの一般的な問題の単純な解決策を参照して、アカウントへのアクセスを再取得してください。

Flash Builder と他の Creative Cloud アプリケーションは、最大 2 台のコンピューターにインストールできます。 さらに別のコンピューターにインストールする場合は、それまで使用していたコンピューターのどちらかを無効にする必要があります。Creative Clouds アプリケーションのライセンス認証とその解除の詳細を確認してください。

アカウント管理

現在の Adobe ID とパスワードで、「Adobe ID アカウント」ページにログインしてください。 このページから、「セキュリティとプライバシ」タブをクリックし、続いて「パスワード」の下で「変更」をクリックします。パスワードをお忘れですか?パスワードをリセットして変更する方法をご紹介します

Creative Cloud のプランの切り替えは簡単です。 これらのステップバイステップの手順に従って、プランをアップグレードまたは変更してください。

有償メンバーシップへの体験版の切り替えは簡単です。これらのステップバイステップの手順に従って、メンバーシップをアップグレードし開始してください。

メンバーシップをキャンセルした場合でも、Creative Cloud メンバーの無償の特典と、デバイスに保存したすべてのファイルにアクセスできます。アプリケーションやほとんどのサービスにはアクセスできなくなり、クラウドストレージが 2 GB に減らされます。 Creative Cloud メンバーシップをキャンセルする方法を確認し、Adobe サブスクリプションの利用条件を把握してください

一般的な問題

このエラーは、デフォルトの Java 仮想メモリの不足で Flash Builder が効率良く実行されない場合に発生します。 パフォーマンス低下エラー、メモリ不足エラーが発生した場合の解決策をご案内します。

デバッグを続行するには、エラーメッセージで「いいえ」をクリックします。今後はブラウザーでメッセージを表示しないようにする方法をご案内します。

このエラーが発生した場合は、Flash Builder を再インストールするか、AIR SDK コンポーネントを手動でインストールする必要があります。 「エラー | 実行、デバッグ、デプロイ | iOS アプリケーション」を参照してください。

この警告メッセージは、以前のバージョンの Flash Builder で作成されたワークスペースを使用している場合に表示されます。 解決策については、「ワークスペースの問題」を参照してください。

他のアプリケーション

Flash Builder for ActionScript プロジェクトまたは Flex プロジェクトで AIR SDK をアップデートする方法をご案内します。

Flash Builder は、ActionScript と Flex を使用してゲームや Web アプリケーションを作成するための開発ツールです。 Flex はアプリケーションを作成する際に使用する際に基礎となるオープンソースフレームワークです。 詳しくは、Flash Builder の FAQ をご覧ください。

Animate(旧 Flash Professional)コンテンツは、Flash Builder の ActionScript プロジェクトと Flex プロジェクトの両方で使用できます。 「Animate と Flash Builder の操作」をご覧ください。

コミュニティ

会話にご参加ください。

人気の高い関連フォーラム

関連するアプリケーションとサービス