問題

When After Effects が開始すると、次の警告メッセージが表示されます。

「The font dictionary can't be read.(After Effects の警告:フォント辞書が読み取れません。)Please restart your computer.(コンピュータを再起動してください。)If this problem persists, please go to http://www.adobe.com/go/learn_ae_fonterror ( 83 :: 3 )(この問題が続く場合は、http://www.adobe.com/go/learn_ae_fonterror ( 83 :: 3 ) にアクセスしてください)」

解決策

解決策 1

  1. コンピューターを再起動します。
  2. After Effectsを再起動します。

この警告メッセージの最も一般的な原因は、オペレーティングシステムによってメモリ内に保持されているフォント情報の破損です。コンピューターを再起動すると、このメモリはクリアされ、コンピューターはメモリ内のフォント情報を再構築しリロードします。

解決策 2

  1. After Effects と他のアドビアプリケーションを終了します。
  2. Adobe フォントデータベースファイル(AdobeFnt.lst、AdobeFnt10.lst、AdobeFnt11.lst、AdobeFnt12.lst、AdobeFnt13.lst など)のすべてのインスタンスを削除します。
  3. コンピューターを再起動します。
  4. After Effectsを再起動します。

Mac OS では、AdobeFnt.lst ファイルは次のフォルダーを含む複数の場所に存在する場合があります。

  • /Library/Application Support/Adobe/TypeSupport/CS5/CMAPS
  • /Library/Application Support/Adobe/PDFL/9.9/Fonts

Windows では、AdobeFnt.lst ファイルは次のフォルダーを含む複数の場所に存在する場合があります。

  • C:\Program Files\Common Files\Adobe\TypeSupport\CS5
  • C:\Program Files\Common Files\Adobe\PDFL\9.9\Fonts
  • C:\Program Files\Common Files\Adobe\PDFL\9.9\CMAPS

これらのファイルの他のオカレンスを見つけるには、ハードディスクで「AdobeFnt」を検索します。

この解決策は、ディスク上のフォントキャッシュデータベースが破損した場合に役立ちます。フォントデータベースキャッシュファイルを削除し、コンピューターを再起動すると、コンピューターはフォントデータベースをディスク上に再構築します。

解決策 3

フォントキャッシュデータベースを再構築しても問題が修復されない場合は、不良または破損したフォントが問題の原因になっている可能性があります。不良または破損したフォントの最も一般的な例が、インターネットからダウンロードしたフリービットマップフォントです(Zebra など)。

破損したフォントの検索と削除は手動で行うことができ、フォントを選択して削除してから、上記の解決策を実行します。フォントの管理、破損したフォントの識別などを行うサードパーティ製ユーティリティ(Font Doctor など)が存在しています。

不良または破損したフォントを削除した後、解決策 2 を実行して、フォントキャッシュデータベースを再構築します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー