Animate CC を使用して CS6 を開く

Hemanth Sharma が Animate CC でレガシーファイルを使用する方法を説明します。
Hemanth Sharma

その他の削除機能の対策

Adobe Animate で見つからない機能に気付いた場合は、以下の削除された機能とそれに対する考えられる回避策の一覧をご覧ください。

機能

廃止理由

可能な対策

将来の予定

モーションエディター[もーしょんえでぃたー]

モーションエディターは複雑で大きいので、最適に実行されません。

モーションに関する対策としては、サードパーティツールをダウンロードして使用してください。

アドビでは、モーションエディターに置き換わるより良いアプローチを調査中です。

FXG エクスポート

Flash CS6 の 32 ビットライブラリで使用された FXG 書き出しは、64 ビットアプリケーションである Animate CC では使用できません。

ここで入手できる SVG.jsfl など、サードパーティ製の拡張機能を使用して、Animate を拡張してベクトルグラフィックを SVG にエクスポートできます。

アドビは、Animate CC と Illustrator CC 間のコンテンツのラウンドトリップワークフローを容易にするため、オープン Web 標準(SVC など)を研究しています。

プロジェクター

 

アドビでは、プロジェクターが必要なデスクトップアプリケーションやモバイルアプリケーションには、AIR パブリッシングの使用を推奨しています。

また、サードパーティの SWF からアプリケーションへのコンバーター(SWF to EXE など)も使用できます。.

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー