モーショントゥイーンを定義するプロパティをタイムラインで ActionScript 3.0 としてコピーし、ActionScript 3.0 を使用する Animate ドキュメントのアクションパネルまたはソースファイル(クラスファイルなど)の中でそのモーションを別のシンボルに適用します。

特定のプロジェクトに対して Animate が生成した ActionScript をカスタマイズするには、fl.motion クラスを使用します。詳しくは、『ActionScript 3.0 言語およびコンポーネントリファレンス』の fl.motion クラスを参照してください。

ActionScript 3.0 にモーションを書き出してコピー

「ActionScript 3.0 にモーションを書き出してコピー」では、モーショントゥイーンの次のプロパティをキャプチャできます。

  • 位置

  • 伸縮

  • ゆがみ

  • 回転

  • 変形点

  • カラー

  • 描画モード

  • パスに沿って回転

  • cacheAsBitmap 設定

  • イージング

  • フィルター

  • 3D の回転および位置

  1. コピーするモーショントゥイーンを含むタイムライン上のトゥイーンスパンまたはステージのオブジェクトを選択します。ActionScript 3.0 としてコピーするために選択できるのは 1 つのトゥイーンスパンまたはトゥイーンオブジェクトのみです。
  1. 次のいずれかの操作を行います。
  • 編集タイムラインAS 3.0 にモーションを書き出してコピーを選択します。
  • ステージのトゥイーンスパンまたはトゥイーンインスタンスを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して、「AS 3.0 にモーションを書き出してコピー」を選択します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー