トゥイーンアニメーションの作成

トゥイーンアニメーションの作成手順

始める前に

プロパティのアニメーション化を開始する前に、以下の点に留意してください。

ActionScript は必要ありません。Animate の多くの作業と同じように、アニメーションで ActionScript は必要ありません。ただし、アニメーションの作成に ActionScript を使用することもできます。

タイムラインの基本事項とプロパティの編集。モーショントゥイーンの操作を開始する前に、タイムラインの基本的な使用方法とプロパティの編集方法を十分に理解しておきます。フレームとキーフレームを参照してください。

ステージ、プロパティインスペクターまたはモーションエディターの個々のプロパティキーフレームを編集できます。様々な種類のシンプルなモーショントゥイーンを作成するときは、モーションエディターの使用はオプションです。

モーションエディターは、Animate CC では使用されなくなりました。

シンボルインスタンスとテキストフィールドのみ。Animate がトゥイーンするのは、シンボルインスタンスとテキストフィールドのみです。その他のオブジェクトにトゥイーンを適用すると、それらのオブジェクトはシンボル内にラップされます。シンボルインスタンスにはネストしたシンボルを含めることができ、それらのネストしたシンボル自体も独自のタイムラインでトゥイーンすることができます。

トゥイーン当たり 1 つのオブジェクト。トゥイーンレイヤーの最小構成要素は、トゥイーンスパンです。トゥイーンレイヤー内のトゥイーンスパンには、1 つのシンボルインスタンスまたはテキストフィールドのみを含めることができます。そのシンボルインスタンスは、トゥイーンスパンのターゲットと呼ばれます。ただし、単一のシンボルに複数のオブジェクトを含めることは可能です。

ターゲットの変更。トゥイーンスパンに別のシンボルまたはテキストフィールドを追加すると、最初に追加したシンボルが置き換えられます。タイムラインのライブラリからトゥイーンスパンに別のシンボルをドラッグするか、修正/シンボル/シンボルの入れ替えコマンドを使用して、トゥイーンのターゲットオブジェクトを変更できます。トゥイーンレイヤーを削除したり、トゥイーンを分解したりしなくても、トゥイーンレイヤーからシンボルを削除することができます。 その後で別のシンボルインスタンスをトゥイーンに追加することもできます。また、ターゲットシンボルのタイプの変更やシンボルの編集はいつでも行うことができます。

モーションパスの編集。トゥイーンにモーションが含まれる場合、ステージにはモーションパスが表示されます。モーションパスは、各フレームのトゥイーンオブジェクトの位置を示します。モーションパスはステージ上でコントロールポイントをドラッグすることで編集できます。トゥイーン/インバースキネマティックレイヤーにモーションガイドを追加することはできません。

インバースキネマティックを使用したトゥイーンについて詳しくは、アーマチュアのアニメーション化を参照してください。

タイムラインへのトゥイーンの追加方法

トゥイーンをレイヤー上のオブジェクトに追加すると、Animate は次のいずれかを行います。

  • そのレイヤーをトゥイーンレイヤーに変換します。

  • 新しいレイヤーを作成して、レイヤー上のオブジェクトの元の重ね順を保持します。

レイヤーは以下の規則に従って追加されます。

  • 選択したオブジェクト以外のオブジェクトがレイヤー上に存在しない場合、レイヤーはトゥイーンレイヤーに変換されます。

  • レイヤーの重ね順の最下部(他のすべてのオブジェクトの下)を選択した場合、レイヤーは元のレイヤーの上に作成されます。この新しいレイヤーには選択されていないアイテムが保持されます。元のレイヤーがトゥイーンレイヤーになります。

  • レイヤーの重ね順の最上部(他のすべてのオブジェクトの上)を選択した場合、新しいレイヤーが作成されます。選択されているアイテムは新しいレイヤーに移動され、そのレイヤーがトゥイーンレイヤーになります。

  • レイヤーの重ね順の中間(選択されているアイテムの上下にオブジェクトが存在する位置)を選択した場合、2 つのレイヤーが作成されます。1 つのレイヤーに新しいトゥイーンが保持され、その上にあるもう 1 つのレイヤーには、重ね順の最上部の選択されていないアイテムが保持されます。重ね順の最下部にある選択されていないアイテムは、新規に挿入されたレイヤーの下にある元のレイヤー上に残ります。

トゥイーンレイヤーには、トゥイーンスパンおよび静止フレーム、ActionScript を含めることができます。ただし、トゥイーンスパンを含むトゥイーンレイヤーのフレームには、トゥイーンオブジェクト以外のオブジェクトを含めることはできません。オブジェクトを同じフレームに追加するには、別のレイヤー上に配置します。

トゥイーンを使用した位置のアニメーション化

オブジェクトをステージ間で移動またはスライドさせるには:

  1. ステージでトゥイーンする 1 つのシンボルインスタンスまたはテキストフィールドを選択します。選択できるのは、標準レイヤー、ガイドレイヤー、マスクレイヤー、マスクの対象レイヤーのいずれかに含まれているオブジェクトです。

    選択アイテムに、他のオブジェクトが含まれている場合、または 1 つのレイヤーの複数のオブジェクトが含まれている場合は、選択アイテムをムービークリップシンボルに変換するかどうかの問い合わせが示されます。

    選択範囲を反転するには、オブジェクトを右クリックして「選択範囲を反転」を選択します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 挿入モーショントゥイーンを選択します。

    • 選択アイテムまたは現在のフレームを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して、コンテキストメニューから「モーショントゥイーンを作成」を選択します。

    トゥイーン用に選択項目をシンボルに変換ダイアログボックスが表示されたら、「OK」をクリックして、選択アイテムをムービークリップシンボルに変換します。

    トゥイーンオブジェクト以外のアイテムがレイヤー上に存在しない場合、Animate はそのオブジェクトを含むレイヤーをトゥイーンレイヤーに変換します。レイヤー上に他のオブジェクトが存在する場合、Animate はレイヤーを挿入して重ね順を保持します。トゥイーンオブジェクトは自身の固有のレイヤーに配置されます。

    元のオブジェクトがタイムラインの最初のフレームのみに存在する場合、トゥイーンスパンの長さは 1 秒の持続時間と同じになります。元のオブジェクトが複数の連続するフレーム内に存在する場合、トゥイーンスパンには元のオブジェクトで使用されるフレーム数が含まれます。

  3. タイムライン上のトゥイーンスパンの右端か左端をドラッグし、スパンを目的のフレーム数に拡大/縮小します。トゥイーン内の既存のプロパティキーフレームは、スパンの端の移動に比例して移動します。

    既存のキーフレームを移動せずにスパンの端だけを移動するには、トゥイーンスパンの端を Shift キーを押しながらドラッグします。

  4. トゥイーンにモーションを追加するには、トゥイーンスパン内のフレームに再生ヘッドを配置し、オブジェクトを新しい位置にドラッグします。

    モーションパスがステージに表示されます。このモーションパスは、トゥイーンスパンの最初のフレーム内の位置から新しい位置へのパスを示します。オブジェクトの X プロパティと Y プロパティを明示的に定義しているため、再生ヘッドを含むフレームの X と Y にプロパティキーフレームが追加されます。プロパティキーフレームは、トゥイーンスパンに小さい菱形で表示されます。

    注意:

    デフォルトでは、すべてのプロパティタイプのプロパティキーフレームがタイムラインに表示されます。表示するプロパティキーフレームのタイプを選択するには、トゥイーンスパンを右クリック(Windows)または Command キーを押しながらクリック(Mac OS)して、キーフレームを表示/プロパティタイプを選択します。

  5. オブジェクトに対して別の位置を指定する場合は、再生ヘッドをトゥイーンスパン内の別のフレームに配置し、ステージ上のオブジェクトを別の位置にドラッグします。

    指定したすべての位置が含まれるようモーションパスが調整されます。

  6. 3D 回転または位置をトゥイーンするには、3D 回転ツールまたは 3D 移動ツールを使用します。最初に 3D プロパティキーフレームを追加するフレームに再生ヘッドを配置してください。

プロパティインスペクターを使用した、他のプロパティのトゥイーン

モーショントゥイーンを作成」コマンドを使用すると、回転、伸縮、透明度や濃淡(シンボルと TLF テキストのみ)など、シンボルインスタンスまたはテキストフィールドのほとんどのプロパティをアニメーション化できます。例えば、シンボルインスタンスのアルファ(透明度)プロパティを編集して、画面上でフェードさせることができます。モーショントゥイーンを使用してアニメーション化できるプロパティの一覧については、トゥイーン可能なオブジェクトおよびプロパティを参照してください。

  1. ステージ上のシンボルインスタンスまたはテキストフィールドを選択します。

    選択アイテムに、他のオブジェクトが含まれている場合、またはそのレイヤーの複数のオブジェクトが含まれている場合は、選択アイテムをムービークリップシンボルに変換するかどうかの問い合わせが示されます。

  2. 挿入モーショントゥイーンを選択します。

    トゥイーン用に選択項目をシンボルに変換ダイアログボックスが表示されたら、「OK」をクリックして、選択アイテムをムービークリップシンボルに変換します。

    単一のフレームだけに存在するオブジェクトにトゥイーンを適用すると、再生ヘッドは新しいトゥイーンの最後のフレームに移動します。それ以外の場合は、再生ヘッドは移動しません。

  3. プロパティ値を指定するトゥイーンスパンのフレームに再生ヘッドを配置します。

    トゥイーンスパンの他のフレームに再生ヘッドを配置することができます。トゥイーンは、トゥイーンスパンの最初のフレームのプロパティ値から開始します。このフレームは常にプロパティキーフレームです。

  4. ステージ上のオブジェクトを選択し、アルファ(透明度)、回転、傾斜などの位置プロパティ以外の値を設定します。プロパティインスペクターツールパネルのツールで値を設定します。

    スパンの現在のフレームはプロパティキーフレームになります。

    注意:

    トゥイーンスパン内にある別のタイプのプロパティキーフレームを表示できます。トゥイーンスパンを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して、コンテキストメニューでキーフレームを表示<プロパティタイプ> を選択します。

  5. タイムラインで再生ヘッドをスクラブし、ステージのトゥイーンをプレビューします。

  6. 他のプロパティキーフレームを追加するには、再生ヘッドをスパン内の別のフレームに移動し、プロパティの値をプロパティインスペクターで設定します。

既存のトゥイーンレイヤーへの追加トゥイーンの追加

既存のトゥイーンレイヤーに追加トゥイーンを追加することができます。これにより、アニメーションを含む Animate コンテンツを作成する場合に使用するレイヤー数を削減できます。

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • 空白のキーフレームをレイヤーに追加し(挿入タイムライン空白キーフレーム)、キーフレームにアイテムを追加して、アイテムをトゥイーンします。
    • 別のレイヤーにトゥイーンを作成し、スパンを目的のレイヤーにドラッグします。
    • 静止フレームを別のレイヤーからトゥイーンレイヤーにドラッグし、その静止フレーム内のオブジェクトにトゥイーンを追加します。
    • Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらドラッグし、同じレイヤーまたは別のレイヤーから既存のスパンを複製します。
    • 同じレイヤーまたは別のレイヤーからトゥイーンスパンをコピー&ペーストします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー