Document Cloud ストレージ容量の上限

Document Cloud には 2 GB の無償ストレージまたは Acrobat DC サブスクリプションに付属する 100 GB のストレージが含まれています。

ファイルアップロードの制限

ファイルサイズ

Adobe Send の例外を除き、Document Cloud サービスでアップロードおよび変換できるファイルのサイズは 100 MB までです。

注意:

インターネット接続速度と変換する文書の複雑度(ページ数や内容)によって、変換できるファイルの大きさが影響を受けます。100 MB のファイルサイズ制限より小さいファイルでも、複雑すぎれば変換できない場合があります。

ストレージクォータ

100 GB のストレージ上限を使い果たしてしまった場合、Document Cloud からコンテンツを引き続き参照、ダウンロード、および消費できます。ただし、コンテンツを Document Cloud へアップロードする必要のある機能を使用している場合は、クォータを超過しているという通知が表示されます。次に例を示します。

  • Document Cloud ストレージへのドキュメントのアップロード。
  • Document Cloud Web や Acrobat Reader DC で PDF 変換/結合/整理ツールを使用したり、Mac 版 Microsoft Office で Acrobat プラグインを使用したりする場合のために、後からダウンロードおよび使用できるよう Document Cloud に結果を保存する操作。
  • PDF を作成サービスを使用する、Acrobat での PSD、INDD、および AI ファイルから PDF への変換。
  • Acrobat Reader モバイルアプリケーション上でのすべての PDF 変換。
  • Document Cloud に結果を保存する Adobe Scan でのスキャン。

Adobe Sign の使用はストレージクォータの影響を受けません。ユーザーがストレージクォータを超過しても、契約書の送信や署名に Adobe Sign を使用する機能に変更はありません。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー