Microsoft Power Automate 用 Adobe PDF サービスコネクタ

概要

Adobe PDF サービスコネクタでは、Power Automate フローを介して接続されたすべての Microsoft アプリケーションで、Adobe Document Services の機能が使用できるようになります。コードを使用せずにクラウドベースのドキュメントワークフローを実装することで、コスト削減と生産性の向上を実現します。20 以上の PDF API アクションにアクセスして Microsoft Power Platform のアプリケーションおよびサービスのエコシステムに接続されているカスタマイズされたドキュメントワークフローを構築できます。

Power Automate フローでは、サポートされているサービスを相互に接続できる環境を構築します。Adobe PDF サービスコネクタには、次のようなユースケースがあります。

  • 契約書と契約
  • コンテンツ公開(レポート、ホワイトペーパー)
  • クライアント/従業員のオンボーディング
  • 財務レポートと請求書
  • データ分析と取得

Microsoft Power Automate

Microsoft Power Automate は、異なるアプリやサービス同士を接続して複数ステップの協調的ワークフローを構築するツールであり、複雑な API コーディングをおこなわなくても反復的なタスクを自動化することができます。

Power Automate には、すべてのワークフローを駆動する 3 つのコンセプトがあります。1 つ目は、すべてのサービスがコネクタを介して API を公開できることです。2 つ目にコネクタは、ワークフローを開始するトリガーを持つことができます。3 つ目はコネクタには、ワークフロー内での操作を指定したアクションが必要です。アクション同士は一般的な論理コネクタで接続され、これらのアクションは前のアクションで生成されるパラメーターに基づいてワークフローを制御します。

Microsoft PowerApps

PowerApps は、アプリ、サービス、コネクタ、データプラットフォームのスイートで、ビジネスニーズに合わせてカスタムアプリを構築するための迅速なアプリケーション開発環境を提供します。PowerApps を使用すると、基盤となるデータプラットフォーム(Microsoft Dataverse)に保存されているビジネスデータ、または様々なオンラインおよびオンプレミスデータソース(SharePoint、Excel、Office 365、Dynamics 365、SQL Server など)に保存されているビジネスデータに接続するカスタムビジネスアプリを迅速に構築できます。

PowerApps を使用して構築されたアプリは、豊富なビジネスロジックとワークフロー機能を提供し、手動ビジネスプロセスをデジタル化された自動プロセスに変革します。さらに、PowerApps を使用して構築されたアプリは応答性に優れたデザインで、ブラウザーやモバイルデバイス(電話またはタブレット)でシームレスに実行できます。PowerApps は、ユーザーがコードを記述することなく機能豊富なカスタムビジネスアプリを構築できるようにすることで、カスタムビジネスアプリの構築エクスペリエンスを「民主化」します。

前提条件

Microsoft Power Automate 用 Adobe PDF サービスコネクタでは、アクセスするための資格情報が必要となります。資格情報は、最長 6 か月間 1000 件の PDF トランザクションが可能な無料体験版から取得できます。体験版が期限切れになったら、複数の購入オプションをご利用いただけます。 購入オプション(従量課金、ボリュームディスカウントなど)については、価格ページをご覧ください。無料体験版で今すぐ開始できます。

Power Automate インターフェイスへのアクセス

Power Automate インターフェイスにアクセスするには、Microsoft 365 にログインします。ウィンドウの左上隅にあるアプリケーションアイコンをクリックし、「Power Automate」を選択します。次に、Power Automate のホームページ https://flow.microsoft.com にリダイレクトされます。

注意:

Power Automate アプリが表示されない場合は、Microsoft 365 管理者にお問い合わせください。

アプリケーションアイコンをクリック

Power Automate ホームページで、次の操作を行います。

  1. ページの左側のパネルで「コネクタ」をクリックします。

  2. 「検索」フィールドに、「Adobe PDF サービス」と入力します。

  3. Adobe PDF サービス」コネクタを選択します。

    コネクタ

PowerApps インターフェイスへのアクセス

アプリを作成するには、powerapps.com を起動します。適切な PowerApps ライセンスがあることを確認してください。ライセンスがない場合は、Microsoft 365 管理者にお問い合わせください。

  1. ログインした後、左側のレールで「データ」をクリックしてから、「接続」をクリックします。

  2. 「検索」フィールドに、「Adobe PDF サービス」と入力します。

  3. Adobe PDF サービス」コネクタを選択します。

    データ/接続/Adobe PDF ツール API を選択

キャンバスアプリとモデル駆動アプリの 2 種類のアプリを作成できます。詳しくは、Power Apps でのアプリの作成の概要を参照してください。

独自のアプリを作成

アプリを作成する際に、PowerApps 内で Power Automate のネイティブ統合を使用して、Adobe PDF サービスでワークフローやタスクを追加できます。これを行うには、アプリデザインインターフェイスで次の操作を行います。

  1. アプリでオブジェクトを選択します。

  2. アクション」をクリックします。

  3. ワークフローを構成するには、「フロー」をクリックします。

    アクション

資格情報を取得する方法

PDF サービス API は、次のいくつかの手順に従うだけで、使用を開始できます。

  1. こちらから、無料体験版の新規登録を行います。

    Adobe PDF サービス

  2. 無償体験版の登録後、フロー内のすべての PDF アクションに使用できる資格情報を取得します。

  3. 接続を設定します

    Adobe PDF サービスコネクタに資格情報を追加します。これを行うには、次の資格情報の詳細をワンタイムコネクタの設定にコピーします。

    • クライアント ID 
    • クライアントシークレット 
    • 組織 ID
    • アカウント ID 
    • Base64 のエンコード済み秘密キー
    PDF ツール API の資格情報

    これらの手順を完了後、PDF サービスコネクタのアクションをフローに追加できます。 

従量課金制の AWS Marketplace 資格情報と共に Adobe PDF サービス API にアクセスする方法

従量課金制の AWS サブスクリプションで Adobe PDF サービス API にアクセスできます。AWS から Adobe PDF サービス API を購入し、新しい資格情報セットで Power Automate 内の有料サブスクリプションへのアクセスを設定する必要があります。以下の手順に従います。

  1. AWS Marketplace で Adobe PDF サービス API を購入します。次のいずれかのリンクをクリックして、AWS Marketplace 上の PDF サービス API 提供ページに移動し、「Continue to Subscribe」をクリックします。

    Adobe PDF サービス API を購入

  2. 有料版の新しい資格情報を作成:「Set Up Your Account」をクリックします。

    AWS のセットアップ

    または、「Having issues signing up with your product?」メッセージボックスの「click here」リンクをクリックします。

    AWS アカウントのセットアップ

    Adobe の資格情報作成ページが表示されます。「今すぐ始める」をクリックします。

    ホームページ上の「今すぐ始める」をクリックします。

    プロンプトが表示されたら、資格情報の名前と説明を入力します。既存の体験版ユーザーの場合は、従量課金制のサブスクリプション用に新しい資格情報を作成する必要があります。

    新しい接続を設定する資格情報をコピー

  3. Adobe PDF サービスの既存の体験版接続を削除:Power Automate の左側のレールで、データ接続をクリックします。Adobe PDF サービスの体験版接続を選択し、オプションメニュー(...)をクリックし、削除を選択します。

    体験版接続を削除

  4. 新しい接続を設定:次の資格情報詳細をコピーし、Adobe PDF サービスの新しいワンタイムコネクタの設定用にペーストします。

    • クライアント ID(API キー)
    • クライアントシークレット 
    • 組織 ID
    • テクニカルアカウント ID
    • Base64 のエンコード済み秘密キー
    注意:

    秘密キーは、zip ファイルでダウンロードされます。キーを Base64 に変換する必要はありません。次から始まるコード全体をコピーおよびペーストします。
    -----BEGIN PRIVATE KEY----- / -----END PRIVATE KEY-----

    クライアント資格情報をコピー

    注意:

    AWS から登録解除して後で再購入する場合は、同じプロセスを再度実行して新しい資格情報を作成し、Power Automate 上で追加する必要があります。

Adobe PDF サービスアクション

操作

ワークフローのトリガー後に何を発生させたいかを表すアクションです。 アクションを使用すると、ユーザーは、Adobe PDF サービスを使用して PDF 文書を作成または操作できる操作を実行できます。

各アクションには、必須(およびオプションの)入力が 1 つ以上あり、こうした入力は、そのアクションを適切に実現するために必要です。

このアクションにより、文書出力が生成されます。例えば、Word 文書から PDF を作成すると、同じ文書の PDF が出力され、PDF を PowerPoint ファイルに書き出すと、PowerPoint の出力形式で書き出されます。

Adobe PDF サービスアクションのリスト

使用可能なアクションの最新の詳細な一覧については、ドキュメントを参照してください。

リソースおよびヘルプ

技術的な質問については、フォーラムにご投稿ください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン