強化されたクイックエレメントツールバー

作成者を検証作業ではなく、コンテンツ作成に専念させることができます。 強化されたクイックエレメントツールバーを使用すると、表、図、脚注などの構造化コンテンツの有効な次の挿入位置を、有効な構造コンテキスト内で自動的に即時に識別できます。

注意この機能は Adobe FrameMaker XML Author でも使用できます。


本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー