Adobe テンプレートは、Admin Console の「パッケージ」タブからダウンロードできる作成済みパッケージです。これらは、Adobe によって作成された単体プランパッケージまたはコレクションパッケージです。これらのパッケージは、デフォルト設定に基づいて作成されています。利用可能な Adobe テンプレートに基づくパッケージをダウンロードすることができます。利用可能なテンプレートをボイラープレートとして使用して、パッケージを作成することもできます。

単体プランパッケージには、Creative Cloud デスクトップアプリケーションのみのパッケージも含まれます。このパッケージを使用して、Creative Cloud デスクトップアプリケーションをインストールできます。

Adobe テンプレートの表示

  1. Admin Console にログインし、パッケージ/Adobe テンプレートに移動します。

    Adobe テンプレートに基づく利用可能なパッケージのリストが表示されます。

    Adobe テンプレート
  2. パッケージ名によってテンプレートをフィルターするには、検索テキストボックスを使用します。

  3. デフォルトでは、パッケージのリストは、1 ページに 10 パッケージずつ表示されます。

    パッケージのリストの右下隅にあるドロップダウンリストから選択することで、ページに表示されるパッケージ数を変更することができます。

  4. パッケージの概要を表示するには、パッケージの名前をクリックします。

    パッケージの概要が詳細ドロワーに表示されます。

    Adobe テンプレートの詳細

Adobe テンプレートに基づくパッケージのダウンロード

Adobe テンプレートに基づくパッケージをデプロイするには、パッケージをビルドしてからダウンロードする必要があります。

  1. パッケージをダウンロードするには、パッケージのリストでパッケージの行をクリックします。

  2. 詳細ドロワーで、「ダウンロード」をクリックします。

  3. パッケージページに移動します。パッケージのビルド手順が完了すると、パッケージがコンピューターにダウンロードされます。

  4. 後でパッケージをダウンロードするには、パッケージのリストでパッケージ名をクリックし、詳細ドロワーの「ダウンロード」をクリックします。

Adobe テンプレートに基づくパッケージのカスタマイズとダウンロード

Adobe テンプレートには、テンプレートとして定義されているボイラープレートのアプリケーションと設定が用意されています。パッケージは、一から作成することもできます。または、要件に最も近い Adobe テンプレートを見つけて、それを土台として使用することもできます。

注意:

テンプレートをカスタマイズする際、Creative Cloud または Document Cloud に含まれる製品を追加することも、いずれのクラウドにも含まれない Adobe Captivate やPresenter などの製品を追加することもできます。

  1. Adobe テンプレートに基づくパッケージをカスタマイズするには、パッケージのリストのパッケージの行をクリックします。

  2. 右のパネルで、「カスタマイズ」をクリックします。

    注意:

    Adobe Captivate、Presenter などの Creative Cloud または Document Cloud に含まれない製品でカスタマイズしたテンプレートでは、Creative Cloud アプリケーションを含むテンプレートで使用できるカスタマイズオプションの一部が利用できない場合があります。

  3. 必要なオプションを選択します。

    OS ロケールを使用:クライアントコンピューターの OS 言語でデプロイされるパッケージを作成する場合に選択します。この場合、OS 言語はパッケージがデプロイされるデフォルトの代替言語となります。

    アプリケーションパネルを表示:Creative Cloud デスクトップアプリケーションで、エンドユーザーにアプリケーションパネルを表示するか非表示にします。アプリケーションパネルを有効または無効にすると、クライアントコンピューター上でアップデートが自動的に有効または無効になります。Creative Cloud または Document Cloud アプリでのみ利用できます。

    管理者権限のないユーザーにアプリの更新とインストールを許可:管理者権限のないセルフサービスエンドユーザーが、アプリケーションとアップデートをインストールして管理できるようにします。Creative Cloud または Document Cloud アプリでのみ利用できます。

    Remote Update Manager を有効にする:Remote Update Manager を使用できるようにする場合は、このオプションを選択します。Adobe Remote Update Manager を使用すると、管理者権限を利用して、アップデートをクライアント上でリモートによって実行できます。詳しくは、Remote Update Manager を参照してください。

    拡張機能用のフォルダーを作成して、Extension Manager コマンドラインツールを含めます:パッケージと共にインストールする拡張機能を含めることができるサブフォルダーを、パッケージフォルダー内に作成します。詳しくは、パッケージの拡張機能の管理を参照してください。

    内部アップデートサーバーにリダイレクト:このパッケージのすべてのアップデートを内部アップデートサーバーにリダイレクトします。内部サーバーの詳細は、Admin Console のパッケージ/「環境設定」タブ内のオーバーライド XML で指定されます。詳しくは、Admin Console でのアプリケーションのパッケージ化に関する記事の環境設定セクションを参照してください。

    カスタムディレクトリにインストール:このパッケージのアプリケーションをカスタムディレクトリにインストールします。ディレクトリは、Admin Console のパッケージ/「環境設定」タブ内で定義されます。詳しくは、Admin Console でのアプリケーションのパッケージ化に関する記事の環境設定セクションを参照してください。Creative Cloud または Document Cloud アプリでのみ利用できます。

    ファイルの同期を無効化:(教育機関にのみ利用可能)クライアントシステムへの自動的なファイルの同期を抑制します。ファイルの同期を抑制する必要があるテスト環境で、パッケージをインストールするときに便利です。Creative Cloud または Document Cloud アプリでのみ利用できます。

  4. 終了したら「次へ」をクリックします。

    アプリを選択画面で、Adobe テンプレートに定義されたアプリケーションを追加または削除することができます。

    アプリを選択
  5. パッケージに含めるアプリケーションを選択したら、「次へ」をクリックします。

  6. 完了画面で、作成するパッケージの名前を入力します。

    パッケージをビルドする前に、パッケージ用にカスタマイズされたアプリケーションと設定を確認することができます。

  7. パッケージページに戻ります。パッケージのビルド手順が完了すると、パッケージがコンピューターにダウンロードされます。

  8. 後でパッケージをダウンロードするには、パッケージのリストのパッケージの行をクリックし、パッケージ詳細ドロワーの「ダウンロード」をクリックします。

注意:

Captivate 2017 または Presenter(任意のバージョン)を含むパッケージを作成した場合、このパッケージをデプロイする前に、エンドユーザーのコンピューターでこれらの製品バージョンをアンインストールする必要があります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー