Adobe Premiere Rush での新機能と強化機能について説明します(バージョン 1.5.16)
Autofill

この機能は、読み込まれたメディアの縦横比がシーケンスの縦横比と一致しない場合に、フレームを自動的に塗りつぶします。

Dupilicate

この機能を使用すると、ユーザーはプロジェクトブラウザーからワンクリックでプロジェクトを複製することができます。

フレームの自動塗りつぶし

読み込まれたメディアの縦横比がシーケンスの縦横比と一致しない場合、Premiere Rush は自動的にフレームを塗りつぶします。このアクションは、デフォルトですべての読み込まれたメディアに適用されるため、ビデオに黒いバーが表示されません。プロジェクト内の任意のクリップで「フレームに合わせる」または「フレームに合わせて塗りつぶす」を適用することもできます。

詳細については、「フレームの自動塗りつぶし」を参照してください。

プロジェクトの複製(モバイル)

プロジェクトの複製はモバイルでも利用できるようになりました。プロジェクトブラウザーから 1 回クリックするだけで、プロジェクトを複製できるようになりました。これにより、プロジェクトとそれに関連付けられたメディアが複製されます。

プロジェクトの複製(モバイル)
プロジェクトの複製(モバイル)

詳しくは、「プロジェクトの複製」を参照してください。