Adobe Premiere Rush 必要システム構成

Adobe Premiere Rush を実行および使用するには、お使いのデバイスが以下に示す最低限の必要システム構成を満たしている必要があります。

適用対象:

2020 年 9 月(バージョン 1.5.29)、2020 年 8 月(バージョン 1.5.25)、2020 年 5 月(バージョン 1.5.12)および 2020 年 2 月のリリース(バージョン 1.5)

注意:

Adobe Premiere Rush をインストールして使用するには、Windows 10 日本語版(v1709 以降)または macOS 日本語版 10.13 以降が必要です。

Adobe Premiere Rush は、Windows 7、Windows 8.x、Windows 10(v1511 および v1607)または macOS 10.11(El Capitan)および 10.12(Sierra)ではサポートされていません。

オペレーティングシステムのアップグレード

Adobe Premiere Rush で最新のオペレーティングシステム機能およびテクノロジーを利用するには、macOS High Sierra(10.13)以降が必要です。Mac OS X の古いバージョンを使用している場合、Apple は macOS High Sierra(10.13)への無料アップデートを提供しています。

ここをクリックして最新のアップデートをダウンロード
画像をクリックしてアップデートプロセスを開始

Creative Cloud 2019 アプリで最新のオペレーティングシステム機能およびテクノロジーを利用するには、Windows 10 Creators Update(バージョン 1703)以降が必要です。古いバージョンを使用している場合、Microsoft は Windows 10 の最新バージョンへの無料アップデートを提供しています。

ここをクリックして最新のアップデートをインストール
画像をクリックしてアップデートプロセスを開始

詳しくは、Windows 10 の最新バージョンへのアップデート方法を参照してください。

Creative Cloud アプリの最新バージョンは、Windows 8.1 をサポートしていません。Microsoft は、2018 年 1 月に Windows 8.1 のメインストリームサポートを終了しました。 

Creative Cloud 2019 アプリの最新機能を利用するには、OS を Windows 10 の互換バージョンにアップグレードする必要があります。すぐに Windows 10 にアップグレードできない場合、Creative Cloud アプリの以前のバージョンを引き続き使用できます。ただし、新しく導入されたアプリ(Premiere Rush や Adobe XD など)は使用できません。

Windows 8.1 からのアップグレードオプションについては、Microsoft サポートまたは Microsoft 販売会社にお問い合わせください。

Adobe ビデオおよびオーディオツールの最新バージョンには、Windows 10(バージョン 1703 以降)が必要です。すべてのアドビユーザーにとって、パフォーマンスと安定性が最優先です。アドビのアプリを Windows 10 の現在のバージョンで実行することで、ツールに最適なエクスペリエンスを提供できます。

Windows 7 のメインストリームサポートは、2015 年に終了しました。Windows サポートについて詳しくは、Windows ライフサイクルのファクトシートを参照してください。

Windows 7 からのアップグレードオプションについては、Microsoft サポートまたは Microsoft 販売会社にお問い合わせください。

Premiere Rush の最小必要システム構成

Windows

 

最小要件

プロセッサー

64 ビット対応マルチコアプロセッサー(推奨:Intel Core i5 または i7、あるいはそれと同等のプロセッサー)

オペレーティングシステム

Microsoft Windows 10(64 ビット)日本語版(バージョン 1709 以降)

Windows OS バージョンのアップグレードについて詳しくは、Windows 10 を入手を参照してください。

注意:ハードウェアの制限によりオペレーティングシステムをアップグレードできない場合は、引き続き iOS で Adobe Premiere Rush を使用できます。詳しくは、iOS の必要システム構成を参照してください。

デバイスドライバー

RAM

8 GB の RAM

 

ハードディスク容量

インストールするには 8 GB のハードディスク空き容量が必要で、インストール中はさらに空き容量が必要(取り外し可能なフラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストールできない)

 

モニターの解像度

1,280 x 800 のディスプレイ(1,920 x 1,080 以上を推奨)

サウンドカード

ASIO プロトコルまたは Microsoft WDM 対応のサウンドカード

インターネット

必要なソフトウェアのライセンス認証、サブスクリプションの検証およびオンラインサービスの利用には、インターネット接続および登録が必要です。*

オプション

Windows での Premiere Rush は、Premiere Pro と同じ GPU をサポートしています。詳細は、推奨グラフィックカードを参照してください。

注意:

NVIDIA では、Premiere Pro の最新リリースで使用されている CUDA 9.2 SDK に対応する、Windows 用 ODE ドライバーを公開しています。これは Microsoft のデフォルトのドライバーではありませんが、NVIDIA バージョン 411.63(410 シリーズドライバー)からこのドライバーを直接ダウンロードできます。

macOS

 

最小要件

プロセッサー

64 ビット対応 Intel マルチコアプロセッサー(推奨:Intel Core i5 または i7、あるいはそれと同等のプロセッサー)

オペレーティングシステム

macOS X 日本語版 v10.13 以降

macOS バージョンのアップグレードについて詳しくは、macOS High Sierra へのアップグレードを参照してください。

注意:ハードウェアの制限によりオペレーティングシステムをアップグレードできない場合は、iOS で Rush を使用できます。詳しくは、iOS の必要システム構成を参照してください。

RAM

 

8 GB の RAM

ハードディスク容量

8 GB 以上の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時には追加の空き容量が必要(大文字と小文字が区別されるファイルシステムが使用されているボリュームまたは取り外し可能なフラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)

モニターの解像度

1,280 x 800 のディスプレイ(1,920 x 1,080 以上を推奨)

サウンドカード

Apple Core Audio と互換性のあるサウンドカード

インターネット

必要なソフトウェアのライセンス認証、サブスクリプションの検証およびオンラインサービスの利用には、インターネット接続および登録が必要です。*

オプション

macOS での Premiere Rush は、Premiere Pro と同じ GPU をサポートしています。詳細は、推奨グラフィックカードを参照してください。

iOS

  • iOS 12 以降
  • iPhone 7 以降(A9 ARM 以上のチップを搭載したデバイス)
  • iPad(A9 ARM 以上のチップを搭載したデバイス)

Android

Android 9.0 以降を実行する次のすべてのデバイスがサポートされています。

  • Samsung Galaxy S10/10+、10e、S9/9+、S8/8+、A50、A70、Note 10/10+、Note9、Note8
  • Google Pixel 3/3XL、2/2XL、1/1XL
  • OnePlus 7/7 Pro、6/6T デバイス、5T
  • Sony Xperia 10/10+、XZ Premium、XZ3、XZ2、XZ1
  • Xiaomi Mi 9、Mi 8、Pocofone F1、Redmi Note 7/7 Pro
  • ZTE オレンジネバジェット

Premiere Rush で利用可能な各国語バージョン

Adobe Premiere Rush は次の言語でご利用いただけます。

  • English
  • Français
  • Español
  • Deutsch
  • 한국어
  • 日本語
  • Italiano
  • Русский
  • Português (Brasil)
  • 简体中文
注意:

中国の Premiere Rush の 1.1 バージョンでは、現在、Adobe Creative Cloud サービスはサポートされていません。これにより、この地域では Premiere Rush はご利用いただけません。

アドビのロゴ

アカウントにログイン