Adobe Sign の新しい管理ページは、速度を向上し、各ユーザー用のコンテンツのライブラリ全体にアクセスするように設計されています。

概要

新しい管理ページは、煩雑さを減らし、ユーザーのコンテンツの表示を改善するように設計されています。

新しい管理ページは、まだクラシックインターフェイスと同等ではありません

多機能な管理ページの複雑さを前提として、よりクリーンな「バーンイン」時間を実現し、問題が表面化した場合に切り分けることができるように、より高度な機能がステージにリリースされます。

今後のリリースではより高度な要素が提供され一部の要素はインターフェイスから削除されます


スケジュールの導入

新しい管理ページの形式は、現在、既存の顧客向けオプションです。

新規アカウントでは、新しいページ形式のみにアクセスが可能で、従来の形式に切り替えるオプションは表示されません。

注意:

アカウントで新しいページにアクセスするオプションが有効になったら、新しいエクスペリエンスとクラシックエクスペリエンスを切り替えるオプションが、ページの右上隅に表示されます。

新しい管理ページの切り替えリンク

デフォルトでは、ページに契約書のリストが読み込まれます。

  • アクション待ちの契約書がある場合は、「未返答」フィルターが自動的に選択されます。
  • アクション待ちの契約書がない場合は、「処理中」フィルターが自動的に選択されます。

このリストは、「最終変更日」でソートされ、最近変更した契約書が上部に表示されます。

 

契約書テーブルの列ヘッダーをクリックすると、そのテーブルコンテンツを英数字順にソートできます。

ページヘッダー

契約レコードをクリックすると、右側のレールに契約書の詳細およびコントロールが表示されます。

契約書を開く」をクリックして、詳細を確認します。

契約書を開く

 

契約書が開かれると、右側のレールのコントロールにアクセスできるようになります。

開いた契約書


管理ページで利用できる要素

クラシックページの複数のステータス「フォルダー」は、所定のステータスタイプの契約書を返す、より実用的なフィルターに統合されました。  上部のセクションには、契約書フィルターがあり、契約書の現在のステータスに基づいて契約書を返します。

2 つの「アクティブ」なステータスがあります。各ステータスでは、コンテンツのボリュームがステータス名の後に補足的に表示されます。

  • 処理中(N) - 処理中ステータスで返された契約書は、参加者がアクションを完了するのを待っています。ログインユーザーを待っている契約書は、返されません
  • あなたの処理待ち (M) - ログインユーザーを待っている契約書は、あなたの処理待ちフィルターに返されます。

 

3 つの「ターミナル」ステータスがあります。

  • 完了 - 正常かつ完全に解決済みの契約書。
  • キャンセル済み - 何らかの理由で破棄された契約書。これには以下が含まれます。
    • 送信者によってキャンセルされた契約書
    • 参加者によって拒否された契約書
    • 認証が繰り返し失敗したことにより終了された契約書
    • 契約書が実行できなくなる原因となるシステムエラーの影響を受けている契約書
  • 期限切れ - 有効期限に達して自動的に終了した契約書。

 

すべての作成途中の契約書を含むドラフトステータスがあります。

 

下部のセクションは、「親」オブジェクトのテンプレート専用です。  これらのテンプレートから作成される「子」契約書は、上にある契約書ステータスフィルターでフィルタリングされます。

親オブジェクトは、契約書自体ではありませんが、大量の個別の契約書を作成するのに使用されます。親オブジェクトには、以下が含まれます。

  • (ライブラリ)テンプレート - 文書ライブラリで使用できるすべての文書およびフィールドテンプレート。
  • Web フォーム - 以前のウィジェット。Web フォームは、リンクとして配信したり、Web ページに埋め込んだりできる契約書テンプレート。  Web フォームは、署名者が開始し、記入するすべての参加者用の子契約書を生成します。
  • Mega サイン - Mega サインテンプレートは、「通常の」契約書のように送信および署名される、大量の個別の契約書を作成するために設計されています。
画像

>> アカウント共有オプションについては、こちらを参照してください。

他のユーザーアカウントから共有されているコンテンツがある場合は、「自分の契約書」の隣にある下向き矢印をクリックして、コンテンツをフィルター処理できます。

ポップダウンメニューには、コンテンツを自分と共有しているすべてのユーザー(および高度な共有が有効な場合はグループ)のリストが表示されます。  ユーザーを選択すると、管理ページに選択したユーザーのコンテンツがリロードされます。

共有アカウントフィルター

高度なアカウント共有が有効になっているアカウントでは、共有ユーザーアカウント間で切り替えをおこなって、ユーザーの代理で契約書を送信できます。

  • 画面の右上隅にある名前にマウスのポインターを合わせます。
  • アカウントを切り替え」をクリックします。
  • 切り替えるユーザーアカウントを選択して、「OK」をクリックします。
アカウントを切り替え

別のユーザーのアカウントに切り替えると、ログインユーザーは「切り替え先」のアカウントの代理で契約書を送信できます。

アカウントの切り替え

検索バーは、選択したコンテンツソースに対して指定された文字列と一致するすべての契約書を返します。

  • 「自分の契約書」が表示されている場合は、自分のコンテンツが検索対象になります。共有アカウントが表示されている場合は、共有アカウントのコンテンツが検索対象になります。

検索パラメーターに含まれるフィールドを以下に示します。

  • 参加者名
  • 電子メールアドレス
  • 参加者の役職
  • 参加者の会社
  • 契約書名
  • 契約書メモ
  • 契約書メッセージ
  • 受信者の個人的なメッセージ
  • 元の文書名

テキスト検索の動作方法に関する簡単な注記:

文字列「A simple fish」を検索するとします。

  • 引用符はリテラル文字列値を指定しません。(引用符は区切り文字です)
  • 大文字小文字の区別は削除されます。
  • Adobe Sign の検索では、スペースを区切り文字として使用して文字列をトークン化します。例の文字列は、asimplefish の 3 つのトークンに分割されます。
    • 区切り文字としてとして処理されるその他の文字は、 ~ ` ! @ # $ % ^ & * ( ) - + = { } [ ] | \ . , : ; " ' < > ? /
      です。
  • その後、照会可能なフィールドのいずれかで、それぞれのトークンの全テキスト一致の検索が試行されます。
    • より複雑なトークン化は、契約書名で発生し、文字列の部分(接頭辞)照合が可能となります。文字列中央部の照合は含まれません。
  • 包括的検索が使用され、この検索では、1 つ以上の検索フィールドで 1 つ以上のトークンに一致するすべての契約書が返されるデータセットに含まれます。
    • 返されるデータセットは、最終変更日で並べ替えられ、最新のものが最上位に表示されます。
検索フィルター

フィルターアイコンを選択すると、日付範囲を選択してデータセットをさらに絞り込むためのオプションが開きます。

  • すべての日付
  • 過去 24 時間
  • 過去 7 日間
  • 過去 30 日間
  • 過去 12 ヶ月間
  • カスタム日付範囲

追加の「非表示コンテンツを検索」オプションを利用できます。

  • 非表示コンテンツを検索」を選択した場合、返されるデータセットには、適用されている他のフィルターに加えて非表示のコンテンツのみが含まれます。

注意:

フィルターを選択すると、フィルターアイコンの横にタグが表示されます。  データセットが返された後、任意のフィルターをクリックしてこれを削除できます。

 

契約書の名前タイトルは、ページレイアウトの右上にあります。

タイトル - 契約書名

 

作成日は、契約書の名前のすぐ下にあります。

作成日

 

現在の契約書のステータスは、ウィンドウの右上の、契約書の名前および作成日の下に表示されます。

契約書のステータス

 

契約書の送信者は、右上にあります。

  • 送信者」フィールドは、自分が送信者ではない場合にのみ表示されます。
送信者

 

契約書のグローバルメッセージは、右上の、送信者のすぐ下にあります。

グローバルメッセージ

 

現在の受信者は、契約書に関するすべての受信者およびそのステータスを明確に表示する、新しく拡張された参加者リストで識別されます。

受信者リスト

ライブラリテンプレートをレビューおよび編集する機能を使用するには、左下のレールの「テンプレート」フィルターを選択します。

テンプレートを 1 つ選択すると、右側のレールオプションが表示されます。

  • テンプレートを開く - テンプレートの表示を開きます。
  • テンプレートを使用 - 既に添付されているテンプレートで新しい契約書を開始します。
  • テンプレートを編集 - ユーザーは、テンプレートのフィールドとプロパティを編集できます。
  • 削除 - テンプレートを削除します。  この操作を元に戻すことはできません
  • PDF をダウンロード - ユーザーは、ライブラリテンプレートの空白の PDF をダウンロードできます。
  • 個別ファイルをダウンロード - ユーザーは、ライブラリテンプレートの作成に使用された元の個々のファイルをダウンロードできます。
    • 使用されている元のファイルの総数が括弧内に示されます。
  • フォームフィールドデータをダウンロード - フォームが使用されたすべての完了済みの契約書の CSV ファイルをダウンロードします。
  • メモ - テンプレートのメモ。テンプレートの所有者またはテンプレートが共有されているユーザー/グループのみが表示できます。

>> テンプレートの作成と編集について詳しくは、こちらを参照してください。

テンプレートを編集

Web フォームをレビューおよび編集する機能を使用するには、左下のレールの「Web フォーム」フィルターを選択します。

Web フォームを 1 つ選択すると、右側のレールオプションが表示されます。

  • Web フォームを開く - テンプレートの表示を開きます。
  • コードを取得 - Web フォームの HTML およびスクリプトコードを表示します。
  • Web フォームを編集 - ユーザーは、テンプレートのフィールドとプロパティを編集できます。
  • PDF をダウンロード - ユーザーは、ライブラリテンプレートの空白の PDF をダウンロードできます。
  • フォームフィールドデータをダウンロード - 完了済みの Web フォームからすべてのフィールドコンテンツの csv ファイルをダウンロードします。
  • 個別ファイルをダウンロード - ユーザーは、ライブラリテンプレートの作成に使用された元の個々のファイルをダウンロードできます。
    • 使用されている元のファイルの総数が括弧内に示されます。
  • 共有 - Web フォームへのアクセスを、指定した共有相手の管理ページと共有します。
    • Web フォームを共有すると、共有相手は次のことができます。
      • Web フォームを開いて元の文書を表示する
      • Web フォームのコードを取得する
      • Web フォームの構築に使用された元の文書の PDF をダウンロードする
      • Web フォームから生成されたすべての完了済みの子契約で収集されたフォームフィールドデータをダウンロードする
      • Web フォームへのアクセスを他の関係者と共有する
      • 個人用の表示で Web フォームを非表示にする
      • Web フォーム上のメモをレビューおよび編集する
  • Web フォームを非表示にする - 個人用の表示で Web フォームを非表示にします。
    • Web フォームテンプレートを非表示にしても、Web フォームテンプレートが無効になったり、ユーザーがアクセスできなくなったりすることはありません(アクティブである場合)。
  • メモ - Web フォームのメモ。入力したユーザーのみが表示できます

>> Web フォームについて詳しくは、こちらを参照してください。

Web フォームを編集

Mega サインのトランザクションをレビューする機能は、管理ページの左下のレールに用意されています。

Mega サインイベントを 1 つ選択すると、右側のレールオプションが表示されます。

  • Mega サインを開く - Mega サインに使用されるテンプレート文書の表示を開きます。
  • リマインダー - リマインダーを作成し、子契約を完了していないすべての関係者に送信します。
  • PDF をダウンロード - ユーザーは、ライブラリテンプレートの空白の PDF をダウンロードできます。
  • フォームフィールドデータをダウンロード - すべての完了済みの契約書の CSV ファイルをダウンロードします。
  • 個別ファイルをダウンロード - ユーザーは、ライブラリテンプレートの作成に使用された元の個々のファイルをダウンロードできます。
    • 使用されている元のファイルの総数が括弧内に示されます。
  • Mega サインを非表示 - Mega サインイベントを非表示にします。
    • 親テンプレートを非表示にしても、子契約には影響しません。
  • 共有 - 親オブジェクトを共有すると、そのオブジェクトが共有相手の管理ページに入力されます。
    • 親 Mega サインテンプレートを共有すると、自動的に子契約が共有されます。
    • 共有された親テンプレートを使用すると、共有相手は次のことができます。
      • 元の親テンプレートを表示する
      • 元の文書の PDF をダウンロードする
      • 完了済み子契約で収集されたフィールドデータをダウンロードする
      • 親オブジェクトを他の関係者と共有する
      • Mega サインイベントのアクティビティ概要を表示する
      • 親オブジェクトのメモを表示および編集する
  • アクティビティレポートを表示 - 現在のステータスでセグメント化された子契約の概要を開きます。
  • メモ - テンプレートのメモ。テンプレートの所有者またはテンプレートが共有されているユーザー/グループのみが表示できます。
  • 子契約の簡単な概要

>> Mega サインについて詳しくは、こちらを参照してください。

Mega サインアクティビティを表示

現在の参加者を置き換える機能は、現在の参加者のアイコンの上にマウスポインターを置き、受信者を置き換えリンクをクリックすることで表示されます。。

アカウント設定に応じて、次の 2 つのオプションがあります。

  • 受信者を置き換え - このオプションでは、現在の受信者を置き換えて、契約書への今後のアクセスを拒否します
  • 代理受信者を追加 - 代理受信者の追加には、元の受信者に契約書を完了する権限を付与した状態で、新しい受信者を追加する操作が含まれます

>> 現在の署名者の置き換え方法については、こちらを参照してください。

「現在の受信者を置き換え」オプション

契約書の送信者には、契約書の送信後に、各参加者の認証方法を変更する権限があります。

これは、パスワードが使用されていて、紛失した/忘れた場合に、特に有用です。パスワードは、単にリセットされます。

受信者の認証を編集する機能は、現在の参加者のアイコンの上にマウスポインターを置き、認証方法の隣にある編集リンクをクリックすることで表示されます。

注意:

この設定は、受信者の認証で使用されるパスワードにのみ関連します。

署名された PDF を保護するために使用されるパスワードは、影響を受けません。

認証方法の編集

契約書の有効期限を設定/編集/削除する機能は、「作成日:」の「有効期限」にあります。

編集パネルを開くには、鉛筆アイコンをクリックします。

フル機能の詳細

有効期限の編集

管理ページのレイアウトでは、契約書の参加者が表示され、以下の情報が提供されます。

  • アクションを完了した参加者数の実行ステータス(現在の参加者の電子メールの直下に表示)
  • 契約書に関連するすべての参加者とその役割の完全なリスト(右側のレールに表示)
受信者リスト

契約書の内容(ファイル)を表示するには、次の手順に従います。

  • 契約書をシングルクリックして選択し、右側のレールを開きます。
  • 契約書を開く」アクションをクリックします。
契約書を開く

 

契約書がレビュー用に開きます。右側のレールのコントロールは、そのまま維持されます。

開いた契約書

送信した契約書のファイルを置き換える機能は、右側のレールのアクション「契約書を変更」にあります。

フル機能の詳細

契約書を変更

リマインダーを作成または削除する機能は、右側のレールのアクション「リマインダー」にあります。

フル機能の詳細

新しい管理ページ - リマインダー

契約書を共有する機能は、右側のレールのアクション「共有」にあります。

契約書が共有されると、以下のことがおこなわれます。

  • 契約書を共有するユーザー(電子メール)宛てに電子メールが送信されます。
    • 電子メールには、現在の状態の契約書が PDF 形式で添付されます。
  • 共有したユーザー(電子メールアドレス)の管理ページで、契約レコードが使用できるようになります。
    • そのユーザーは、契約書が CC で送付されたかのように、契約書をレビューできます。

フル機能の詳細

契約書の共有

契約書をキャンセルする機能は、右側のレールのアクション「キャンセル」にあります。

フル機能の詳細

契約書をキャンセル

契約書および契約書監査レポートをダウンロードする機能は、右側のレールのアクション「PDF をダウンロード」および「監査レポートをダウンロード」にあります。

PDF - 監査レポートをダウンロード

管理ページでは、PDF 全体のダウンロードと個別のファイルのダウンロードに機能が分割されています。

各ファイルは、順番にクリックして、ファイルの PDF バージョンをダウンロードできます。

個別のファイルをダウンロード

アカウントで受信者の検証のために Government ID を使用し、認証情報の保存が選択されている場合は、署名者の ID レポートをダウンロードできます。

ID レポートをダウンロード

コンテンツは、管理ページで非表示にできます。このコンテンツは削除されず、ステータスは変更されず、契約書は署名サイクルを通じて通常どおり処理できます。  契約書は、単にユーザーの管理ページに表示されなくなります。

注意:

コンテンツを再表示するには、「非表示の契約書のみ表示」フィルターを使用して検索する必要があります(「メタデータ/メモの検索」を参照してください)。

契約書を非表示

契約書のイベントの履歴は、右側のレールの下部のアクション「アクティビティ」にあります。

契約書のアクティビティ

 

アクティビティ」オプションをクリックすると、右側のレールのコントロールが契約書の完全なアクティビティ(履歴)に置き換わり、時系列にリスト(最近のイベントが上部に表示)されます。

フル機能の詳細

アクティビティリスト

ユーザーは、契約レコードを選択して、右側のレールの「表示 & 署名」ボタンをクリックすることで、管理ページから契約書に署名できます。

表示と署名

 

標準的な契約書署名インターフェイスが開きます。

画像


将来のリリースで予想される要素

以下に、今後のいくつかのリリースサイクルで含まれることが予想される高度な機能のリストを示します。

これらの機能を利用するお客様は、引き続きクラシックインターフェイスを使用してください。

契約書の署名済みコピーのアップロード機能が、将来のリリースで提供される予定です。

契約書の署名済みコピーをアップロードする必要があるお客様は、クラシックページでおこなう必要があります。

画像


完全に削除される要素

以下の要素は、管理ページから削除され、ページの完成バージョンでは利用できなくなります。

文書をアーカイブする機能は、完全に削除されます。

  • これには、電子メールを直接アーカイブする機能も含まれます。
画像

アーカイブにコンテンツがあるお客様は、引き続きこれらのファイルを管理ページから表示およびダウンロードできますが、新しい文書をアップロードすることはできません。

画像

印刷機能は削除されます。

契約書のバージョンを印刷するには、PDF をダウンロードして、ローカルの印刷ドライバーから印刷することをお勧めします。

画像


既知の問題

問題:新しい管理ページに切り替えると、ページが完全に空白になり、契約書コンテンツが表示されない。

テスト:このページを読み込んでみてください:https://documentcloud.adobe.com/

  • https://documentcloud.adobe.com/読み込めない場合は、社内のネットワーク管理部署に問い合わせて documentcloud.adobe.com ドメインのブロックを解除してもらってください。
  • 上記のリンクにアクセスできる場合は、サポートにお問い合わせください

注意:

ホームページおよび契約書を表示ページも、同様の影響を受けます。