トランザクションの制限を理解する

Adobe Acrobat Sign のトランザクションの制限

以下の表に示すように、Adobe Acrobat Sign には現在、送信元のサービスレベルに従ってトランザクションに制限を設けています。

 

トランザクション/ユーザーライセンス/年

ファイルサイズ/アップロード

ページ数/トランザクション

署名者数/トランザクション

KBA トランザクション数

電話認証トランザクション

シングルユーザー(個人)

無制限

(以下を参照)

10 MB

100

10

0

0

チームのマルチユーザー(小規模企業)

無制限

(以下を参照)

10 MB

100

25

0

0

ビジネス

150

(以下を参照)

10 MB

100

25

0

0

ビジネス VIP

150

(以下を参照)

10 MB

100

25

50

50

エンタープライズ

150

(以下を参照)

10 MB  

500

25

50/年

50/年

エンタープライズ VIP

150

(以下を参照)

10 MB 

500

25

50

50

トランザクション/Acrobat Sign ユーザー:トランザクションは、電子文書または関連する電子文書のコレクションが Acrobat Sign を介してエンドユーザーに送信されるたびに発生します。

Acrobat Sign プランはユーザーライセンスとして販売され、契約で別途規定されていない限り、年間 150 件のトランザクションが含まれています。  Acrobat Sign の使用制限の詳細をご覧ください。

大量のトランザクションを処理したりサイトライセンスを必要とするビジネスレベルおよびエンタープライズレベルのお客様は、ユーザー無制限の合計トランザクション数での購入を営業担当者に相談できます。

ファイルサイズ/アップロード:アップロードする各ファイルのサイズに制限があります。

この上限を超える文書をアップロードしようとすると、ファイルの下に「アップロードの上限を超えました。」というエラーが表示されます。

ページ数/トランザクション:トランザクション全体(結合されるすべてのファイル)の合計ページ数には制限があります。

アカウントに設定されている制限より大きい文書を送信しようとすると、「文書がページ数の上限を超えたため、Acrobat Sign は契約書を作成できませんでした」というエラーが表示されます。

署名者数/電子トランザクション:電子サイントランザクションに署名できる署名者の人数は、各サービスレベルによって異なります。

シングルユーザー、チームのマルチユーザー、およびビジネスサービスレベルでは、トランザクションに含めることができる署名者の合計人数が厳密に制限されています。

KBA トランザクション数:ナレッジベース認証は、署名者の高度な認証方法で、ビジネスおよびエンタープライズレベルのサービスで有効になります。

電話認証トランザクション数:電話認証トランザクションも、署名者の高度な認証方法で、ビジネスおよびエンタープライズレベルのサービスで有効になります。

トランザクションスロットリング

クライアントによる Acrobat Sign へのすべてのリクエストは、システムリソースを保護し、可能な限り多くのユーザーをサポートする機能を維持するためにモニタリングされます。

同じ消費者(例:同じユーザー ID、IP アドレス、契約書 ID など)によるリソース消費速度は、分、時間、および日ごとに制限(スロットリング)されます。

消費者がスロットリングのしきい値を超えると、そのリクエストは HTTP の 429 応答とともに却下されます。

Acrobat Sign への各リクエストは、そのリクエストが消費するシステムリソースの量に基づいて評価されます。同じエンドポイントに渡されるパラメーターが異なると、リソース消費量が変わることがあります。

また、一部のリクエストは長いバックグラウンドプロセスを必要とし、それもまたスロットリング評価アルゴリズムで考慮されます。

そのため、リクエスト速度は、特定期間でのリクエスト数として単純に説明することはできません。スロットリングポリシーは、システムに負荷をかけた正当な使用を含む、毎日のリクエストデータ履歴に基づいて決定されます。

これらのポリシーは、毎日の標準ワークフローボリュームに影響を与えない程度に寛容であることが保証されています。

注意:

スロットリング制限は、アカウント下の各ユーザーに適用されます。

システムがユーティリティユーザーを使用して Acrobat Sign へのAPI 呼び出しを行っている場合は、スロットリングされる可能性を減らすために、トランザクションを複数のユーティリティユーザーに分散させることをお勧めします。

いいえ。

お使いのサービスパッケージ(チーム、ビジネス、エンタープライズ)がトランザクション速度に直接影響を与えます。

サービスが上層になるほど、スロットルしきい値が高くなります。

リクエストが HTTP の 429 応答を返した場合、この応答は、ユーザーが特定期間で許可されているリソースの制限を超えて消費したことを意味します。分単位、時間単位、または日単位での違反の可能性があります。

このエラーメッセージは、スロットリングブロックが解除されて、API 呼び出しが再開できるようになるまでの秒数を意味します。

契約書作成(一括送信、web フォーム、およびテンプレートを含む)の REST API 呼び出し、または REST 以外のエンドポイントでは、次のようなエラーが返されます。

  • 「現時点で ... の制限に達しました。<wait_time_in_seconds> 秒後に再試行してください。」

契約書作成に関連しないその他の REST API のリクエストでは、次のようなエラーが返されます。

  • リクエストが多すぎます。<wait_time_in_seconds> 秒後に再試行してください。」

契約書作成に関連しないその他の REST 以外のエンドポイントでは、次のようなエラーが返されます。

  • リクエストが多すぎます。現在、システムがビジー状態です。<wait_time_in_seconds> 秒後に再試行してください。

(トランザクションボリュームがスロットリングしきい値を超える可能性がある)重要なイベントが予定されている有料アカウントは、サクセスマネージャーに連絡して、ニーズに合うようにスロットリングポリシーを調整してください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン

[Feedback V2 Badge]