以下の Adobe Sign 機能を使用して作業を効率化し、トランザクションをより効果的に管理する方法を説明します。 

委任者の役割の使用

契約書の署名または承認を委任できる指定委任者に契約書を送信する方法を紹介します。署名者または承認者の電子メールアドレスがわからない場合や、代理人または仲介人を通じて送信する必要がある場合にこの機能を使用します。 

Mega サインを使用した一括署名

このビデオでは、1 つの文書に対する個別の署名を多数のユーザーにすばやく依頼するために、CSV ファイルを使用して受信者の電子メールアドレスを 1 つのトランザクションに読み込む方法を説明します。 

また、各署名者に対して送信される、文書への署名を依頼する電子メールのメッセージをカスタマイズする方法も説明します。

トランザクションのキャンセル

契約書を署名用に送信した後、契約書に署名される前に、署名依頼をキャンセルしたくなる場合があります。このチュートリアルでは、その場合のキャンセル方法を説明します。

ライブラリ文書テンプレートの作成

署名用文書を定期的に送信する場合は、その文書のテンプレートを作成しておくと、ライブラリからすばやく利用できるようになります。

文書テンプレートの編集または削除

既存の文書テンプレートを編集して、フォームフィールドやアクセス権限を変更できます。ライブラリから文書テンプレートを完全に削除することもできます。

承認の使用

ワークフロー内で承認者の役割を果たす受信者を設定できます。承認者は、署名前に文書の確認と承認を行います。このチュートリアルでは、HR が雇用契約の承認、署名および副署を行う例を示します。 

承認者の役割について詳しくは、こちらを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー