マニュアル キャンセル

ベクターに関する注意事項

  1. Stock コントリビューターユーザーガイド
  2. Adobe Stock に投稿する理由
    1. 投稿するメリット
    2. アドビが求めている作品
    3. コントリビューターとして成功するためのヒント
  3. アカウントの作成と管理
    1. アカウントの作成
    2. コントリビュータープロファイルページの管理
    3. アカウント内の移動
    4. サポートが必要な場合
  4. 法律上のガイドライン
    1. アカウントと提出のガイドライン
    2. 法律用語と著作権
    3. モデルリリースと保護
    4. プロパティリリースの要件
    5. 画像に関して確認されている制限事項
    6. コンテンツの使用
    7. IP の不正使用の疑いを報告する
  5. コンテンツ要件
    1. 写真とイラストの要件
    2. ベクターの要件
    3. ビデオの要件
    4. AI 生成の要件
    5. 透過部分が含まれている PNG ファイルの要件
    6. イラストエディトリアルの要件
    7. モーショングラフィックステンプレートの要件
    8. デザインテンプレートの要件
    9. プレミアムおよび 3D コレクション
    10. ダイバーシティとインクルージョンに関連するコンテンツのガイドライン
  6. コンテンツの準備とアップロード
    1. 写真に関する注意事項
    2. ベクターに関する注意事項
    3. ビデオに関する注意事項
    4. コンテンツのアップロード
    5. モデルリリースまたはプロパティリリースのアップロード
  7. コンテンツの効果的な記述
    1. タイトルとキーワード
    2. 適切なカテゴリーを選択する
    3. ファイルの編集と削除
    4. CSV ファイルで整理する
  8. レビュープロセス
    1. レビュー
    2. コンテンツの不採用理由
    3. 品質と技術的な問題
    4. 類似コンテンツとスパムの違い
  9. 支払いと税金
    1. 支払を受け取る
    2. コントリビューターに対するロイヤリティの詳細
    3. コントリビューターの税金に関する FAQ

ヒントを確認して、すべてのベクターアートがコレクションの承認を得られるようにしてください。

以下のヒントは、お客様にライセンスを付与できるようにデザインを選択し、ファイルを整理し、ベクターアートを提出するのに役立つようにまとめられたものです。厳密なルールはありませんが、これらの注意事項は各ステージでの良いガイドラインになります。

画像のコンポーネント

推奨:購入者による代替フォントの選択が必要になる場合があるため、組版に必要でない限り、テキストは使わないようにします。

推奨:オートトレースの使用を最小限に抑えます。

非推奨:ベクターファイルにラスター画像(JPEG)を追加したり、エレメントをラスタライズしたりしないでください。

非推奨:署名または名前をアートワークに組み込まないでください。

パス

推奨:適切な数のアンカーポイントを使用します。シェイプがギザギザになるほど多すぎたり、曲線が不自然や平坦になるほど少なすぎたりしないようにします。

推奨:塗りが適用されたすべてのシェイプでパスを閉じます。

推奨:画像では様々な線幅を使用するようにします。

ヒント:シェイプを使用した画像の作成や動的シンボルの使用などのトピックに関するチュートリアルについては、Illustrator ラーニングとサポートをご覧ください。

ファイルの整理

推奨:アートボードが 15 MP 以上になるようにします。

推奨:レイヤーにラベルを付けます。

推奨:非表示レイヤーと空のレイヤーを削除します。

推奨:使用されていないパネル項目を削除します。

推奨:すべてのレイヤーとサブレイヤーのロックを解除します。

推奨:すべてのアートワークが 1 つのアートボード上にあることを確認し、アートボードの境界外にあるものをすべて削除します。

バリエーション

複雑なベクターアートワークの 3 つのバリエーション

推奨:複雑なアートワークのカラーバリエーションをアップロードします。これには、要素のカラーバリエーションまたは異なる配置を含めることができます。上の例を参照してください。

非推奨:線種または背景色が異なる同じ画像をアップロードしないでください。

非推奨:シャドウまたは効果が異なる同じ画像、または反転された画像をアップロードしないでください。

提出する前に

推奨:グラデーションの整合性が維持されていること、およびラスター画像がないことを確認するために、ファイルをアウトラインモードで表示します。

推奨:画像に余分なアンカーポイントまたは不適切に結合された線が含まれないことを確認するため、100%前後にズームインして画像を確認します。

推奨:認識できる人物が自分である場合、またはプロパティが自分のものである場合であっても、使用される参照作業または認識できる人物やプロパティのためにリリースフォームを提出します。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合