ColdFusion インスタンスの自動検出

パフォーマンス監視ツールセットを初めて使用するときには、パフォーマンス監視ツールはマルチキャストを使用して、ネットワーク内の ColdFusion ノードを自動検出します。

自動検出ウィンドウ
自動検出ウィンドウ

「自動検出を開始」をクリックすると、パフォーマンス監視ツールは実行中の ColdFusion ノードをすべて検索し、リスト表示します。

検出されたサーバー
検出されたサーバー

手動でノードを追加する場合は、「サーバーを追加」ボタンをクリックして詳細を入力します。

ColdFusion の J2EE デプロイメントがある場合、JEE コンテキストフィールドには、ColdFusion がアプリケーションサーバー上で実行しているコンテキストを入力する必要があります。


すべての情報を入力したら、「追加」ボタンをクリックします。これらの ColdFusion ノードは、追跡されていないノードのリストに追加されます。ユーザーは、右側の切り替えボタンを有効化して、リストから ColdFusion ノードを選択できます。

サーバーを手動で追加
サーバーを手動で追加

共有シークレットを取得するには、ColdFusion Administrator でパフォーマンス監視ツールセットをクリックし、「シークレットを表示」オプションを切り替えます。

詳細については、パフォーマンス監視ツールセットを参照してください。

共有シークレット
共有シークレット

ColdFusion ノードで監視が有効化されると、各 ColdFusion ノードに成功メッセージが表示されます。

ColdFusion ノードで監視が有効化されていない場合は、必要なエラーメッセージが表示されます。

パフォーマンス監視ツールセットにノードを追加すると、ツールセットはハートビートのプッシュと、データストアへのデータの監視を開始できるよう、新しく追加された ColdFusion ノードへデータストアの詳細(ホスト、ポート)を公開します。

サーバーを追加したら、そのサーバーを有効化して「続行」をクリックします。

選択したサーバーで監視が有効化されます。

サーバーの監視結果を表示するには、「起動」をクリックします。

パフォーマンス監視ツールセットが起動し、インスタンスのステータスを確認できます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー