Creative Cloud デスクトップアプリケーションを使用して数千ものフォントを追加し、デスクトップアプリケーションやウェブサイトで使用できるようにする方法について説明します。

注意:

  Typekit は、Adobe Fonts に名前が変わりました。これは、Creative Cloud などのサブスクリプションに含まれています。さらに詳しく

Creative Cloud サブスクリプションには Adobe Fonts が含まれます。これにより、数百社のフォントベンダーが提供する数千のフォントを使用することができます。目的のフォントを有効にし、デスクトップアプリケーションやウェブサイトで使用できます。有効なフォントは、Photoshop や InDesign など、すべての Creative Cloud アプリケーションで使用できます。

サブスクリプションとフォントの使用権限について詳しくは、プランおよび製品ページを確認してください。

はじめに

Creative Cloud デスクトップアプリケーションを使用し、フォントを参照して有効にします。有効にしたフォントがすべてのデスクトップアプリケーションで使用できるようになります。Creative Cloud デスクトップアプリケーションがまだインストールされていない場合は、ダウンロードしてインストールします。Adobe フォントが環境設定で有効になっていることを確認します(環境設定/Creative Cloud/フォント)。

フォントの参照と有効化

  1. Creative Cloud デスクトップアプリケーションから、アセットフォントに移動し、「フォントを参照」をクリックします。ブラウザーウィンドウが開き、fonts.adobe.com にログインした状態になります。

  2. フォントのコレクションから探しているフォントを検索します。分類、プロパティ、または言語フィルターを使用して検索を絞り込むことができます。

  3. フォントが見つかったら、「フォントを有効化」をクリックして、フォントファミリー全体を有効にします。また、フォントファミリーページからフォント名をクリックし、個々のフォントの太さやスタイルを有効にすることもできます。有効にしたフォントは、Creative Cloud デスクトップアプリケーションの アセットフォントに一覧表示されます。

有効なフォントの使用

有効にしたフォントを使用するには、デスクトップアプリケーションでフォントリストを開きます。Microsoft Word などの一部のデスクトップアプリケーションでは、新しいフォントが有効になった後で再起動が必要になる場合があります。

InDesign でのフォントの追加
有効にしたフォントが表示された InDesign のフォントリスト

フォントの無効化

有効のフォントをコンピューターから無効化するには:

  1. Adobe Creative Cloud デスクトップアプリケーションのフォントパネルで、「フォントを管理」をクリックします。マイ Adobe Fonts ページがブラウザーウィンドウに開きます。fonts.adobe.com にログインして、マイ Adobe Fonts ページに直接移動することもできます。
  2. 使用しなくなったフォントの右側にある をクリックします。

オフライン時の Adobe Fonts の使用

Creative Cloud デスクトップアプリケーションが実行中でログインの状態のときにオフラインになった場合、有効にしたフォントはすべて引き続き使用できます。fonts.adobe.com でフォントに変更を加えた場合、その変更は接続が回復するまで反映されません。

オフライン時に Creative Cloud デスクトップアプリケーションを起動した場合、フォントはフォントリストに表示されず、使用できません。

Adobe Fonts の無効化

Adobe Fonts サービスは、Creative Cloud デスクトップアプリケーションから有効または無効にすることができます。Adobe Fonts を無効にすると、フォントの有効化が停止し、有効なフォントがコンピューターですべて無効になります。

  1. Creative Cloud デスクトップアプリケーションで、右上隅にある 3 点アイコンをクリックし、「環境設定」を選択します。

  2. Creative Cloud」、「フォント」の順にクリックします。

  3. Adobe Fonts を有効化」オプションの選択を解除します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー