マニュアル キャンセル

カタログのバックアップ

  1. Lightroom Classic ユーザーガイド
  2. Lightroom Classic の概要
    1. Lightroom Classic の新機能
    2. Lightroom Classic の必要システム構成
    3. Lightroom Classic | よくある質問
    4. Lightroom Classic のキーコンセプト
    5. Lightroom Classic チュートリアル
    6. 機能の概要 | Lightroom CC 2015.x/Lightroom 6.x リリース
  3. Lightroom と アドビのサービス
    1. Creative Cloud ライブラリ
    2. Creative Cloud アプリケーションでの Adobe Stock の使用
  4. Lightroom モバイル版、Lightroom TV、および Lightroom web ギャラリー
    1. Adobe Photoshop Lightroom モバイル版と Apple TV | FAQ
    2. Lightroom Classic を Lightroom エコシステムと同期する
    3. モバイルアプリの Photoshop ファミリー
  5. 写真の読み込み
    1. カメラやカードリーダーから写真を読み込む
    2. ハードドライブ上のフォルダーから写真を読み込む
    3. 写真の自動読み込み
    4. Photoshop Elements からの写真の読み込み
    5. テザーカメラからの写真の読み込み
    6. 読み込みオプションの指定
    7. 読み込みの環境設定
    8. ファイル名テンプレートエディターとテキストテンプレートエディター
  6. ワークフロー
    1. 写真でマスクを適用
    2. 写真を JPEG 形式で書き出して保存する
    3. 写真を書き出して透かしを追加する
    4. 写真を読み込む
    5. 補正ブラシ:基礎編
    6. トーンカーブによる調整
    7. ビデオ入りの高度なスライドショー
    8. ホワイトバランスのコントロール
    9. コンタクトシートの作成
    10. Lightroom Classic によるワークフローの強化
    11. ぼかし(レンズ)による調整
    12. HDR での編集と書き出し
  7. ワークスペース
    1. ワークスペースの基本
    2. Lightroom Classic を使用するための環境設定
    3. セカンドモニターでのライブラリの表示
    4. ID プレートとモジュールのボタンを好みに合わせて変更する
    5. Lightroom Classic で写真に透かしを適用
    6. カラーマネジメント
  8. 写真の表示
    1. 写真の表示
    2. 写真の参照と比較
    3. ライブラリ表示オプションの設定
    4. 写真の共有によるコメントやフィードバックの収集
    5. スマートプレビュー
  9. カタログとファイルの管理
    1. Lightroom Classic カタログの FAQ
    2. Lightroom Classic カタログの作業方法
    3. カタログの作成と管理
    4. カタログのバックアップ
    5. 見つからない写真の検索
    6. フォルダーの作成と管理
    7. フォルダー内の写真の管理
  10. マップ
    1. マップモジュールの使用
  11. Lightroom Classic での写真の整理
    1. 顔認識
    2. 写真コレクションの使用
    3. 写真のスタックへのグループ化
    4. 写真のフラグ、ラベルおよび評価の設定
    5. キーワードの使用
    6. メタデータの基本とアクション
    7. カタログ内での写真の検索
    8. Lightroom Classic でのビデオの使用
    9. 詳細メタデータのアクション
    10. クイック現像パネルの使用
  12. 写真の処理および現像
    1. 現像モジュールの基本
    2. パノラマおよび HDR パノラマの作成
    3. フラットフィールド補正
    4. Upright を使用した写真の遠近法のゆがみ補正
    5. 強化を使用した画質の改善
    6. 画像の階調とカラーの処理
    7. マスク
    8. 部分補正の適用
    9. HDR 写真の結合
    10. 現像モジュールのオプション
    11. 写真のレタッチ
    12. 赤目およびペットアイの修正効果
    13. 円形フィルターツールの使用
    14. 強化されたスポット除去ツールの使用
  13. 写真を書き出し
    1. ファイルのディスクまたは CD への書き出し
    2. Lightroom Classic から写真の書き出し
    3. 写真をオンラインで公開
    4. 公開サービスを使用したハードディスクへの書き出し
    5. 書き出し用のプリセット、およびその他の設定
  14. 外部エディターの使用方法
    1. 外部編集の環境設定
    2. Photoshop や Photoshop Elements で Lightroom Classic 写真を開いて編集する
  15. スライドショー
    1. スライドショーの作成
    2. スライドショーモジュールのパネルとツール
    3. スライドのレイアウトの指定
    4. スライドへのオーバーレイの追加
    5. スライドショーの再生と書き出し
  16. 写真のプリント
    1. プリントモジュールの基本
    2. プリントモジュールのレイアウトとテンプレート
    3. プリントジョブのオプションと設定
  17. フォトブック
    1. フォトブックの作成
  18. Web ギャラリー
    1. Web ギャラリーの作成
    2. Web モジュールパネルとツールの使用
    3. Web ギャラリーのレイアウト
    4. Web ギャラリーのテンプレートと設定
    5. Web フォトギャラリーのプレビュー、書き出し、アップロード
  19. キーボードショートカット
    1. キーボードショートカット
  20. トラブルシューティング 
    1. 解決済みの問題
    2. 既知の問題

バックアップ戦略の計画

Lightroom Classic では、ソフトウェアを終了したときにカタログを定期的にバックアップするようにスケジュールを設定できます。Lightroom Classic から実行するバックアップは、カタログファイルのみを含みます。編集した写真や Lightroom Classic から書き出したデータは自分でバックアップする必要があります。

カタログを頻繁かつ定期的にバックアップすることは、包括的なバックアップ戦略の一部に過ぎません。バックアップ戦略の策定にあたっては、以下の点に注意してください。

  • カタログや写真をバックアップする頻度が上がれば、クラッシュや障害が発生したときに失われるデータが少なくなります。
  • 可能であれば、写真やカタログのバックアップコピーを作業ファイルとは別のハードディスクに保存してください。
  • バックアッププロセスを自動化し、作業ファイルとバックアップファイルの間の変更を同期化するための専用のバックアップソフトウェアを用意することをおすすめします。
  • 手違いによるバックアップファイルの消去を懸念する場合は、追加のディスク上または DVD などの読み取り専用メディアに冗長バックアップを作成することもできます。
  • さらにセキュリティを強化するには、作業ディスクとは別の場所にバックアップディスクを保管します。できれば、現場から離れた場所または防火金庫の中が理想的です。
  • 写真を読み込むときは、写真のコピーを作成することを検討します。この場合、編集した写真のコピーではなく、元の写真のコピーのみができることに注意してください。詳しくは、読み込み中の写真のバックアップを参照してください。
初期設定では、Lightroom Classic は次の場所にカタログのバックアップを保存します。
  • Windows:\Users\[ユーザー名]\Pictures\Lightroom\[カタログ名]\Backups\
  • Mac OS:/Users/[ユーザー名]/Pictures/Lightroom/[カタログ名]/Backups\
Backups フォルダーの内部に、バックアップの日時(YYYY-MM-DD HRMN)を含むフォルダーが作成されます(時刻は 24 時間形式で表記され、時間と分の間のコロンは付きません)。バックアップされたカタログは、作業カタログと同じ名前で、日付スタンプ付きのフォルダー内に保存されます。    Lightroom Classic は、バックアップを作成するたびに新しいカタログを書き込みます。ハードディスクの容量を節約するには、古いバックアップファイルを削除または圧縮します。さらに、バックアップの保存を指定した場所に書き込む許可があることを確認してください。
注意:

Lightroom Classic の使用中に Mac OS X Time Machine™ のバックアップ操作や復元操作を行うことは推奨されません。

注意:

Mac の場合、Lightroom Classic /Lightroom 6.1 は 4 GB より大きなカタログを圧縮できません。Mac OS の解凍ユーティリティの初期設定では、4GB より大きなアーカイブを扱えないためです。そのような大きなサイズで圧縮されたカタログは、「破損」として報告されます。

カタログバックアップのスケジュール

  1. 編集/カタログ設定(Windows)または Lightroom Classic /カタログ設定(Mac OS)を選択します。

  2. 一般パネルの「バックアップ」領域で、カタログをバックアップポップアップメニューからオプションを選択します。

    Lightroom の次回終了時

    Lightroom Classic を次に終了したときにカタログをバックアップし、「カタログをバックアップ」オプションを「常にオフ」に切り替えます。

    Lightroom が終了するたび

    Lightroom Classic を終了するたびにカタログをバックアップします。このため、各作業セッションの変更内容が常にバックアップされます。

    1 日 1 回、Lightroom の終了時

    1 日 1 回、Lightroom Classic を最初に終了するときにカタログをバックアップします。Lightroom Classic を 1 日に 2 回以上終了した場合、バックアップ実行後の変更内容は次の日までバックアップされません。

    1 週間に 1 回、Lightroom の終了時

    1 週間に 1 回、カタログをバックアップします。Lightroom Classic をこれ以上の頻度で終了した場合、バックアップ実行後の変更内容は次の週までバックアップされません。

    1 か月に 1 回、Lightroom の終了時

    1 か月に 1 回、カタログをバックアップします。Lightroom Classic をこれ以上の頻度で終了した場合、バックアップ実行後の変更内容は来月までバックアップされません。

    常にオフ

    Lightroom Classic でバックアップは実行されません(推奨しません)。

カタログの自動バックアップ

  1. カタログ設定でカタログのバックアップをスケジュールしたら、Lightroom Classic を終了します。

  2. カタログのバックアップダイアログボックスで、「バックアップ」をクリックして、初期設定の場所にカタログをバックアップし、Lightroom Classic を終了します。

    オプションとして、「バックアップ」をクリックする前に次のいずれかを選択します。

    バックアップフォルダー

    Lightroom Classic がバックアップを保存する初期設定の場所が表示されます。別の場所にバックアップするには、選択をクリックします。

    バックアップ前に整合性をテスト

    Lightroom Classic がバックアップを完了する前にカタログに破損がないかどうかをチェックします。整合性をチェックすると、バックアップするときに時間がかかりますが、データ損失のリスクが軽減されます。

    注意:

    カタログを開くときにも、カタログの整合性をテストできます。環境設定ダイアログボックスの一般パネルで、起動時にこのカタログを使用Lightroom の起動時にダイアログを表示を選択します。次に、Lightroom Classic を起動します。カタログを選択ダイアログボックスで、このカタログの整合性をテストを選択し、開くをクリックします。

    バックアップ後にカタログを最適化

    データベースファイルをクリーンアップし、再編成すると、データベースファイルをより高速かつ効率的に実行できます。

    翌日まで無視

    カタログを 1 日 1 回バックアップするように選択した場合、このボタンをクリックすると、バックアップ作業が 1 日延期されます。

    翌週まで無視

    カタログを 1 週間に 1 回バックアップするように選択した場合、このボタンをクリックすると、バックアップ作業が 1 週間延期されます。

    翌月まで無視

    カタログを 1 か月に 1 回バックアップするように選択した場合、このボタンをクリックすると、バックアップ作業が 1 か月延期されます。

    今回は無視

    このボタンをクリックすると、次に Lightroom Classic を終了するときまでバックアップが延期されます。

    Lightroom Classic CC カタログのバックアップダイアログボックス
    Lightroom Classic CC カタログのバックアップダイアログボックス

カタログの手動バックアップ

  1. 編集カタログ設定(Windows)または Lightroom Classicカタログ設定(Mac OS)を選択します。

  2. カタログのバックアップLightroom の次回終了時を選択します。

    次回に Lightroom を終了するときにカタログがバックアップされます。

  3. ウィンドウを閉じてから、Lightroom Classic を終了します。

バックアップカタログの復元

  1. バックアップファイルを探して解凍します。 

  2. ファイルカタログを開くを選択します。

  3. バックアップされたカタログファイルの場所に移動します。
  4. バックアップされた.lrcat および .lrcat データファイルを選択し、「開く」をクリックします。

  5. (オプション)バックアップされたカタログを元のカタログの場所にコピーして置き換えることができます。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン