Creative Cloud 個人版から Creative Cloud グループ版へのアップグレード

組織内の複数のユーザーが個人向けプランを使用している場合は、すべての個人向けプランをチームプランに統合して、ユーザーの管理、請求の簡素化、および組織のコンテンツの管理に役立てることができます。

個人向けプランを Creative Cloud グループ版のプランに統合すると、次のような専用機能にアクセスできます。

  • ライセンス管理を容易にする Adobe Admin Console
  • コラボレーションを改善し、スタッフやプロジェクトの変更に応じて社内のクリエイティブアセットを維持するためのプールストレージ
  • 高度なテクニカルサポートと 1 対 1 のエキスパートセッション。
  • Adobe Talent の求人情報が無制限で掲載されます。
  • Creative Cloud ライブラリは、アセットを共有し、一貫性を促進し、作業のやり直しを減らします。
  • クリエイティブなアセットとインスピレーションのための Adobe Stock テンプレート、Adobe FontsAdobe ColorBehance
  • クラウドドキュメントと Creative Cloud ファイルの 180 日間の履歴により、以前のバージョンをレビューおよび復元できます。

プランのアップグレード

組織が次の基準を満たしている場合は、個人向けプランから同等のチームプランまたは Creative Cloud コンプリートプラングループ版に切り替えることができます。
  • アドビから直接購入した既存の Creative Cloud、Document Cloud、または Adobe Stock 定期プランがあります。販売店および Digital River を通じて購入した個人向けプランはサポートの対象外です。
  • 既存のプランの請求は、毎年、毎月、または前払いのいずれかです。
  • アカウントは、クレジットカード、デビットカード、PayPal などのオンライン決済方法でお支払いいただく必要があります。
  • アカウントは良好な状態であり、未払いまたは支払期限を過ぎていない必要があります。
  • プランは、無料体験版のようなプロモーション期間は含めるべきではありません。
  • サブスクリプションが最初に引き換えコードで作成された場合、引き換え期間が終了し、請求が開始されている必要があります。
注意:

Adobe Fresco、Adobe Express、Substance、Premiere Rush、Adobe Acrobat Sign、Adobe Fill & Sign、単一のアプリと Adobe Stock の任意の組み合わせ、PDF Pack や Send & Track などの Adobe Acrobat PDF サービスといった、個々の製品は、グループ版プランのアップグレードの対象外です。


Creative Cloud グループ版にアップグレードすると、次のような影響があります。

ライセンスの割り当て

チームのソフトウェアとサービスを管理する管理者権限が付与されます。

キャンセルされた個人向けプランまたはすべてのアプリプランのうち、これらのいずれか該当する方で、これらに相当するチームライセンスが割り当てられます。

アセットとストレージ

アドビクラウドストレージ内のコンテンツは、チームストレージに移動されるため、チームとの共同作業が容易になります。

コラボレーションを開始するために、チームとコンテンツを共有できます。

プランと支払い

新しいプランがすぐに開始されます。

キャンセルされた個人向けプランの残りの期間の払い戻しは、3〜5 営業日後に行われます。

請求日は、プランをアップグレードした日に変更されます。

次の請求日の計算方法は次のとおりです。
キャンセルされた個人向けプラン 新規チームプラン 次回請求日
年間プラン(一括払い) 年間プラン(一括払い) 2021 年 6 月 14 日にプランをアップグレードした場合、次回の請求日は 2022 年 6 月 14 日になります。
年間プラン(月々払い) 年間プラン(月々払い) 2021 年 6 月 14 日にプランをアップグレードした場合、次回の請求日は 2021 年 7 月 14 日になります。
 
アップデートされたプラン、請求、および支払い方法については、Admin Consoleアカウントでご確認ください。詳細情報

チームにユーザーを追加する

チームプランでは、ライセンス、ユーザーと製品の管理、ユーザーアセットの再利用、チーム全体でのクリエイティブなワークフローの有効化、これらすべてを Admin Console で行うことができます。

チームメイトを追加し、ライセンスを割り当てる

チームメンバーが購入したライセンスにアクセスできるためには、それらにライセンスを招待して割り当てます。Admin Console概要ユーザーの追加に移動します。「ユーザーの割り当て」を参照してください。

追加したチームメンバーには、新しいチームプランの開始方法と、個人用アドビプランがある場合は、それを管理する方法についての説明が記載されたメールが送信されます。

  • 招待を受け入れてアカウントの設定を開始するには、メールの招待ではじめにをクリックする必要があります。
  • ユーザーがチームプランに参加した後、独自のサブスクリプションに加入しているユーザーに対しては、個人のサブスクリプションをキャンセルし、チームの共有クラウドストレージにアセットを移動して、プランを統合することをお勧めします。
    • ユーザーは、個人向けプランの使用権限がチームプランの使用権限と一致する場合、既存のプランをキャンセルし、アセットをチームストレージに移行できます。例えば、ユーザーが既に Adobe XD の個人用サブスクリプションに加入していて、後でチーム向け Adobe XD に招待された場合、ユーザーは個人用のサブスクリプションをキャンセルして、アセットを移行することができます。
    • 新しいチームのプランとは異なるアプリやサービスを含む既存のサブスクリプションを持っているユーザーは、既存のサブスクリプションをキャンセルして、チームの共有クラウドストレージにアセットを移動することができません。
      例えば、ユーザーが既に Adobe XD の個人向けのサブスクリプションに加入していて、チームプラン向け Illustrator に招待されている場合、個人向けのサブスクリプションをキャンセルして、アセットを移動することはできません。

チームメンバーがチームプランにアップグレードする方法についての詳細情報。

さらに管理者を追加

管理者は、管理責任を他のチームのユーザーに委任できます。アドビは、ユーザーが不在の場合にバックアップとして機能できる管理者を少なくとももう 1 人追加することをお勧めします。

管理者を追加するには、Admin Console 概要管理者を追加に移動します。 詳細情報

作成および共同作業

Creative Cloud グループ版は、小規模企業を際立たせるためのより多くの方法を提供します。チームは、複数のデバイスやアプリ間でアセットをより簡単に共有および管理できます。

Creative Cloud グループ版のテンプレートをご覧ください。

無料の Adobe Stock テンプレート(パンフレット、プレゼンテーション、看板などを作成するためのショートカット)を使用すると、チームはすばやく作成できます。ブラウジングを開始します

Creative Cloud ライブラリを試します。

Creative Cloud ライブラリを使用すると、チームはロゴ、フォント、カラーなどのアセットをデバイスやアプリ間で共有できます。したがって、すべてのユーザーが適切なバージョンを使用できるため、時間を節約できます。作成済みのライブラリを表示します

「レビュー用に共有」を使用してフィードバックを迅速に管理できます。

デザインファイルへのリンクを送信し、Creative Cloud アプリ内でコメントを取得できます。詳細情報

180 日間の履歴の中で、いつでもさかのぼることができます。

以前のバージョンのクラウドドキュメントをレビューして復元し、重要なバージョンにマークを付けて常に手元に置いておきます。詳細情報

よくある質問

チームのストレージにコンテンツが表示されません。コンテンツは失われていますか?

コンテンツは失われません。チームストレージにアクセスするには、ログイン中に複数のプロファイルが表示された場合は、ビジネスプロファイルを選択します。詳細情報

アセットを新しいアカウントに移動するにはどうすればよいですか?

アドビクラウドストレージ内のコンテンツは、自動的にチームストレージに移動されます。別のアドビプロファイルにコンテンツを移動する場合は、最初に元のプロファイルからコンテンツを書き出してから、そのコンテンツを別のプロファイルに読み込む必要があります。詳細情報

チームメイトは招待メールを受け取りませんでした。どうすれば再送信できますか?

招待を再送信するには、ユーザーを削除してから、ライセンスをユーザーに再度割り当てます。ライセンスを再割り当てすると、ユーザーは招待メールを再度受信します。詳細情報

以前のプランの請求履歴に引き続きアクセスできますか?

アドビアカウントにログインすると、Creative Cloud 個人版の請求書が表示されます。詳細情報

アカウントからログアウトしたのはなぜですか?

Creative Cloud に保存されているコンテンツに対する組織の制御を強化し、ストレージ容量と使用状況をより詳細に把握できるようになります。

影響を最小限に抑えるため、この更新は通常の営業時間外に行われます。更新中、ほとんどの組織では、Admin Console は約 30 分間使用できなくなります。

この更新はユーザーには影響しません。ただし、アドビアカウントからログアウトするため、再度ログインする必要があります。

アドビのロゴ

アカウントにログイン

[Feedback V2 Badge]