Admin Console におけるサポートの向上を目指して、新しい機能の導入を進めています。以下のビデオをぜひご覧ください(2 分未満)。主な変更点と強化機能を重点的に取り上げています。

Adobe Admin Console は、Adobe の権限を組織全体にわたって管理するための一元的な場所を提供します。

ログイン

管理者は Admin Console にアクセスしてユーザーアカウントを管理できます。管理アカウントはオンボーディング時に最大 5 つ作成できます。指定された電子メールアドレスにはアドビから招待メールが送信されます。管理者は、電子メール内の「招待に応じる」というリンクをクリックして招待に応じることで、ログインできるようになります。

招待に応じると、管理者は他の管理者を追加したり、既存のユーザーを管理者権限を持つ役割に昇格させたりできるようになります。

  1. ブラウザーを開き、https://adminconsole.adobe.com にアクセスします。

  2. Adobe ID とパスワードを入力し、「ログイン」をクリックします。

    Admin Console の追加の管理者として招待された場合は、指定されたログイン情報を使用します。

    注意:

    管理者権限はどのユーザーにも付与できますが、アドビでは、すべての管理者に Adobe ID を使用させることを推奨しています。Adobe ID は、Adobe Licensing Website や、Admin Console のサポートオプションにアクセスする際に必要となります。

  3. 複数の組織で管理者を務めている場合は、組織を選択します。

    管理者は複数の組織に属することができます。例えば、会社に複数の子会社があって、それらの子会社にそれぞれ個別の使用許諾契約がある場合や、使用許諾契約に個別の組織が含まれている場合、それらすべてに同じ管理者が割り当てられることがあります。

概要

「概要」は、カードを使用して豊富な情報を効率的に表示できるように設計されています。

包括ライセンス契約(ETLA)

概要ページには、ETLA で購入されたライセンスの概要が表示されます。また、各プランで利用可能なストレージ容量も表示されます。

例えば、ETLA には次のライセンスが含まれていることが画面に表示されます。

  • Creative Cloud のアプリケーションとサービス用のプラン。各プランのストレージの詳細を表示するには、Creative Cloud プランの横のフォルダーアイコンをクリックします。
  • 使用可能なストレージ構成が異なる 2 つ以上の同じタイプのプランを組織が購入している場合、プランの横に数が表示されます。数をクリックすると、このタイプの各プランのストレージの詳細が表示されます。
  • 個別の数のアドビ単体製品の単体プランライセンス。各プランのストレージの詳細を表示するには、Creative Cloud プランの横のフォルダーアイコンをクリックします。
  • マネージドサービス付き Creative Cloud エンタープライズ版プランで利用可能な同期場所
  • Document Cloud エンタープライズ版プラン
  • Marketing Cloud エンタープライズ版プラン
  • Adobe Stock エンタープライズ版プラン

「Adobe Sign」セクションには、Adobe Sign の詳細が表示されます。「Adobe Sign を管理」をクリックします。

「設定」セクションには、現在の ID 設定にアクセスするためのリンクが表示されます。

概要ページ

バリューインセンティブプラン(VIP)

概要ページには、VIP で購入されたライセンスの概要が表示されます。また、各プランで利用可能なストレージ容量も表示されます。

例えば、VIP には次のライセンスが含まれていることが画面に表示されます。

  • Creative Cloud のアプリケーションとサービス用のプラン。各プランのストレージの詳細を表示するには、Creative Cloud プランの横のフォルダーアイコンをクリックします。
  • 全体的なライセンスステータスには、VIP で購入した製品ライセンスの数と配布済みライセンスの数が表示されます。
  • マネージドサービス付き Creative Cloud エンタープライズ版プランで利用可能な同期場所
  • Document Cloud エンタープライズ版プラン
  • Adobe Stock エンタープライズ版プラン
  • 「Adobe Sign」セクションには、Adobe Sign の詳細が表示されます。「Adobe Sign を管理」をクリックします。
  • 「設定」セクションには、現在の ID 設定にアクセスするためのリンクが表示されます。

通知

Admin Console は、新機能や権利付与、予定されているメンテナンスなど、組織に関する重要な情報が含まれたアドビからの通知の表示に対応しています。最新の未読の通知が最大 3 件まで概要ページに表示されます。古い通知や閉じられた通知は、簡単にアクセスできるよう通知サイドバーで閲覧できます。

通知サイドバーにアクセスするには、右上隅にあるベルのアイコンをクリックします。表示される数は、アカウント内の未読の通知の数を表します。通知サイドバーではすべての通知が受信した順序で表示され、最も新しい通知が一番上に表示されます。通知サイドバーを下にスクロールすると、過去に送信された通知を読んだり、管理したりすることができます。 

製品およびユーザー

Admin Console の製品ページには、製品および製品プロファイルを管理するためのオプションがあります。製品プロファイルでは、プラン内のすべてまたは一部のアドビアプリケーションを有効にすることができ、特定の製品やプランに関連した設定をカスタマイズできます。その後、製品管理者と呼ばれる管理者を製品プロファイルに割り当てることができます。これらの管理者は、管理している製品プロファイルにエンドユーザーを追加します。詳しくは、以下を参照してください。

パッケージ

パッケージページ

設定

設定ページを使用して、ドメインのクレーム、クレームされたドメインへのアクセス要求、パスワード要件の設定、従業員による特定の共有機能の使用の制限、デフォルトの電子メールの言語の設定を行います。

ID

アドビでは、ユーザーの認証に基本となる ID 管理システムを使用します。ユーザー指定ライセンス認証を使用している場合、ID を使用してサービスへのアクセスを提供する必要があります。アドビでは、3 つのタイプの ID(アカウント)をサポートしています。ユーザー名には電子メールアドレスを使用します。ID タイプには下記の 3 つがあります。

  • Federated ID:組織で作成、所有、管理され、フェデレーションを通じてエンタープライズディレクトリにリンクされます。資格情報は組織が管理し、SAML2 ID プロバイダー(IdP)を使用してシングルサインオンを処理します。
  • Enterprise ID:組織で作成、所有、管理されます。Enterprise ID のホストと認証は Adobe がおこないますが、ID は組織が保持します。
  • Adobe ID:エンドユーザーで作成、所有、管理されます。認証はアドビがおこないますが、ID の管理はエンドユーザーがおこないます。

組織のニーズに基づいて、実装して使用する最も適切なアイデンティティモデルを選択できます。

詳しくは、ID タイプの管理を参照してください。

認証の設定

安全とセキュリティの確保のため、Admin Console ではパスワードに関するポリシーと保護レベルがいくつか用意されています。パスワードの保護レベルを組織の全ユーザーに適用するように指定できます。詳しくは、認証の設定を参照してください。

アセット設定

アセット設定を使用することで、組織は組織の従業員が組織の外にあるアセットをどのように共有するかを管理できます。IT 管理者は制限の設定を選択して、Creative Cloud および Document Cloud 内での従業員による特定の共有機能の使用を制限することができます。「アセット設定」を(アドビ以外が提供する)他の組織のポリシー適用システムと連携させて、アセットが適切な外部の個人または組織のみと共有されるようにすることができます。

アセット設定は、組織の Enterprise ID または Federated ID を持つユーザーにのみ適用されます。

Console の設定

Console の設定を使用することで、サブスクリプション変更やクレジットカードの有効期限の通知などのアカウントのステータスに関する電子メールを受信する際に使用される、組織のデフォルトの電子メール言語を選択できます。

グループ版メンバーシップをアドビから直接購入した場合、Console 設定からグループ名を変更できます。

サポート

サポートオプションにアクセスするには、Admin Console で「サポート」に移動します。「サポートの概要」ページが開きます。このタブでは、次の操作をおこなうことができます。

  • サポートケースを管理する
  • ケースを作成する
  • エキスパートセッションを予約する
  • ドキュメントやフォーラムへのリンクを追加する
  • アドビサポートに問い合わせる

このページには、最近変更されたオープンケースとエキスパートセッション(直近 3 件)も表示されます。

Adobe サポートへは、ページの右上隅にある連絡先番号を使用して連絡することができます。電話番号の下に記載された国がお住いの地域に一致しない場合は、「他の地域」をクリックしてその他の連絡先番号を確認できます。アドビのサポートの利用条件とプロセスについては、エンタープライズ サポート利用条件を参照してください。

詳しくは、サポートおよびエキスパートサービスを参照してください。

注意:

管理者は、Adobe ID を使用してログインし、サポートケースやエキスパートセッションのオプションにアクセスする必要があります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー