Typekit の名称が Adobe Fonts に変更されました

既にご利用中のフォントを含め、フォントライブラリ全体が新しい Web サイト(fonts.adobe.com)に移行されました。

外観とフォント利用規約の一部が更新されましたが、数百社のフォントメーカーパートナーが作成した数千に及ぶフォントを収録する優れたライブラリであることに変わりはありません。そして、そのすべてが Creative Cloud サブスクリプションに含まれています。

フォントの管理

現在使用しているフォントはすべて「My Adobe Fonts」に表示されます。このページでは、選択済みのデスクトップフォントを管理したり、Web フォントプロジェクトを編集したり、お気に入りとしてマークしたフォントを参照したりすることができます。

変更点

「同期」が「アクティベート」に

従来はデスクトップソフトウェアプログラムでフォントを使用するために、フォントをコンピューターに同期していましたが、今後はフォントをアクティベートすることになります。

ただし、変更されたのは操作の名称だけです。フォントは引き続き Creative Cloud デスクトップアプリケーションを介して追加され、個人プロジェクトと商用プロジェクトのどちらにも同じフォントライセンスが適用されます。

「キット」が「Web プロジェクト」に

従来は、特定のサイト用の Web フォントを 1 つにまとめたものをキットと呼んでいましたが、今後は、「Web プロジェクト」と呼ぶことになります。Web プロジェクトは、従来のキットよりも簡単に設定できます。

  • Web フォントのドメインリストが不要に

Web プロジェクトのドメイン名のリストを指定する必要がなくなりました。埋め込みコードを任意の Web サイトや HTML メールに追加すると、フォントが使用できるようになります。

これにより、同じ Web プロジェクトをどこでも使用できるようになります。同じ Web プロジェクトのフォントを使用できる Web サイトまたは HTML 電子メールの数に制限はありません。

  • Web サイトの更新は不要

すべてのキットが Web プロジェクトに変換され、Web フォントは引き続き機能します。Web フォントの提供が中断することはありません。

プランの上限なし:無制限のアクティベートおよび無制限のページビュー

同時にアクティベートできるフォントの数および Web フォントの月間ページビュー数に制限はありません

サブスクリプションの更新

対応する Creative Cloud サブスクリプションの種類と利用可能なフォントの数が増加

すべてのフォントを含むフルフォントライブラリが、すべての有料 Creative Cloud サブスクリプションに含まれるようになりました。また、Creative Cloud フォトグラフィプランまたは Adobe Acrobat 単体アプリケーションサブスクリプションを保有しているお客様も、フルフォントライブラリを利用できるようになりました。

Creative Cloud サブスクリプション試用版には、基本ライブラリ(限られたフォントのみを含むライブラリ)を Web およびデスクトップで使用する権利が付属します。

スタンドアロン Typekit プランの廃止

今後はスタンドアロンの Typekit サブスクリプションプランは提供しません。

既存のスタンドアロンプランを利用している場合、フォントは Web およびデスクトップソフトウェアプログラムで引き続き機能します。現在スタンドアロンプランをご利用のお客様には、契約期間終了前に、さらに詳しく電子メールでご案内いたします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー