マニュアル キャンセル

アクティブなフォントがフォントメニューに追加されない

  1. Adobe Fonts ユーザーガイド
  2. はじめに
    1. システムおよびサブスクリプション要件
    2. ブラウザーと OS のサポート
    3. コンピューターでのフォントのアクティベート
    4. web サイトへのフォントの追加
    5. CC モバイルでのフォントのアクティベート
  3. フォントのライセンス
    1. フォントのライセンス
    2. アカウントの管理
    3. Creative Cloud エンタープライズ版のお客様へのライセンス供与について
    4. アカウントへのフォントライセンスの追加
    5. サブスクリプションライブラリからのフォントの削除
    6. 中国で登録されている Adobe ID では Adobe Fonts をご利用いただけません。
    7. 私の Creative Cloud サブスクリプションにこれらのフォントが含まれていないのはなぜですか?
    8. 2021 年 9 月に Morisawa フォントを一部提供を停止
  4. フォントの入手と使用
    1. Creative Cloud アプリケーションでの Adobe Fonts の使用
    2. フォントの管理
    3. デスクトップアプリケーションでの見つからないフォントの解決
    4. InDesign でのフォントの使用
    5. フォントとタイポグラフィ
    6. HTML5 Canvas ドキュメントでの web フォントの使用
    7. InCopy でのフォントの使用
    8. Adobe Muse でフォントを使用する方法
    9. Muse での web フォントの使用
    10. フォントファイルのパッケージング
    11. トラブルシューティングガイド:フォントのアクティベート
    12. アクティブなフォントがフォントメニューに追加されない
    13. 「1 つ以上のフォントをアクティベートできません」または「同じ名前のフォントが既にインストールされています」
    14. 現在使用しているフォントがフォントメーカーによって更新された場合はどうなりますか。
  5. web デザインと開発
    1. web サイトへのフォントの追加
    2. トラブルシューティングガイド:web サイトへのフォントの追加
    3. HTML 電子メールまたはニュースレターでの web フォントの使用
    4. Accelerated Mobile Pages(AMP)を使用した web フォントの使用
    5. CSS セレクター
    6. font-display settings を使用した web フォントのパフォーマンスのカスタマイズ
    7. 埋め込みコード
    8. ダイナミックサブセットと web フォント提供
    9. フォントイベント
    10. web フォントが use.typekit.net から読み込まれるのはなぜですか。
    11. サイトが use.typekit.net に接続できない
    12. CodePen での web フォントの使用
    13. ブラウザーと OS のサポート
    14. ドメイン
    15. ローカル開発環境での web フォントの使用
    16. コンテンツセキュリティポリシー
    17. web フォントの印刷
  6. 言語サポートと OpenType 機能
    1. 言語サポートとサブセット
    2. OpenType 機能の使用
    3. CSS での OpenType 機能の構文
  7. フォント技術
    1. OpenType-SVG カラーフォント
    2. 貂明朝:バージョン 1.000 からのアップデートに関する要点

フォントをアクティベートすると、インストール済みのすべてのフォントと共に、各アプリケーションのフォントメニューに表示されます。ただし、すぐにフォントが表示されない場合があります。

ソフトウェアプログラムを再起動する

Adobe Acrobat、Microsoft Office など、一部のプログラムでは、新しいフォントの追加時にフォントメニューが自動更新されません。新しいフォントを使用できるようにするためには、これらのアプリケーションを再起動する必要があります。

フォントファミリーが別の名前でリストされている

ソフトウェアプログラムが異なると、それぞれのフォントメニューでフォント名が異なって表示されることがあります。たとえば FF Market は、InDesign では「Market OT」、Microsoft Word では「MarketOT」と表示されます。

FF Market Web や JAF Facit など、名前にメーカー名が含まれるフォントファミリーの場合、アプリケーションにおいては、メーカー名が現れないことがあります。

フォントの太さとスタイルが異なってリストされている

Adobe Creative Cloud など、多くのプログラムでは、タイポグラフィの考え方でフォント名を管理しています。これらにおいては、フォントのすべてのバリエーションがフォントファミリー名の下にまとめられています。たとえば、InDesign では、「Proxima Nova」がフォントファミリー名として表示され、そのフォントのすべてのバリエーションはドロップダウンリストで追加されます。

Proxima Nova スタイルの一覧

Condensed または Compressed ファミリーは、通常、専用のファミリー(たとえば「Proxima Nova Condensed」)の下にまとめられますが、いくつかの例外があります。たとえば、Myriad Pro では、Condensed は、別のファミリーとしてではなく、フォントバリエーションとして扱われます。

Myriad Pro スタイルの一覧

多くの Microsoft プログラムは、「4 フェースファミリー」の考え方でフォント名を管理しています。メニューは、標準、斜体、太字、太字斜体の 4 つのバリエーションがフォントにあると想定して設計されています。

標準はフォントメニューに表示されますが、斜体、太字、太字斜体は字体コントロールバーで「斜体」と「太字」のスタイルボタンで選択します。

ワードプロセッサープログラムの太字ボタンと斜体ボタン

多くのバリエーションを持つフォント(Proxima Nova など)の場合、そのバリエーションの一部のみリストに表示され、残りは「斜体」と「太字」ボタンでアクセスできます。

メニューの Proxima Nova バリエーション

アドビのロゴ

アカウントにログイン