Illustrator の 2020 年 6 月リリース(バージョン 24.2)の新機能と機能強化について説明します。
クラウドドキュメント

クラウドドキュメント

作業内容をクラウドドキュメントとして保存して、Illustrator を利用できるあらゆる場所からアクセスできます。バージョン履歴が追跡され、必要に応じて以前のバージョンに戻ることができます。ファイルが自動的かつ通常のファイルよりも高速に保存されます。

大きなカンバス

100 倍のカンバス

広いデザインスペースと拡大・縮小能力を備えた 100 倍の大きなカンバスエリアに、看板、バスの外装、サインボードなどの大判のアートワークを作成できます。

新規ドキュメントダイアログ

よりスピーディな開始と終了

新規ドキュメントウィンドウの高速読み込みと、Illustrator クラウドドキュメントの高速保存により、ドキュメントの作成と保存のワークフローがさらにスピードアップしました。

 

クラウドドキュメント

クリエイティブ作品をクラウドドキュメントとして保存し、Illustrator がインストールされているあらゆるデバイスでアクセスできるようになりました。クラウドドキュメントは、ホーム画面や Creative Cloud Web サイトから直接アクセスできます。クラウドドキュメントでは、作業中にドキュメントがクラウドに自動保存され、ドキュメントのバージョン履歴が追跡されるため、必要に応じて、Illustrator のバージョン履歴パネル(ファイルバージョン履歴)を使用して元に戻すことができます。

  • 複数のデバイスからファイルにアクセス:どこでもクリエイティブな作業をおこなえます。作業内容をクラウドドキュメントとして保存して、どこからでも Illustrator を利用してアクセスできます。
  • クラウドにファイルを自動保存:クラウドドキュメントは自動的に作業内容を保存するので、作業内容が失われる心配はありません。クラウドドキュメントは、ローカルドキュメントよりも高速に保存できます。
  • バージョン履歴の追跡:クラウドドキュメントのリビジョンを直接アプリケーション内から簡単に管理または表示できます。
クラウドドキュメント

100 倍のカンバス

Illustrator に大きなカンバスサイズが搭載され、看板、バスの外装、アパレル、ウォールアートなどの大判アートワークがデザインに使用できるようになりました。大きなカンバスには、通常の 100 倍の作業スペースが用意され、デザインを拡大・縮小することができます。

大判

よりスピーディな開始と終了

ドキュメントの作成と保存のパフォーマンスが向上しました。

新規ドキュメントウィンドウの読み込みがこれまでの 4 倍に高速化されました。またドキュメントをクラウドドキュメントとして保存すると 4 倍高速に保存されるようになりました。

ドキュメントの作成と保存の高速化