この記事は、Photoshop Elements を使用して画像をプリントする際に発生する一部の問題に対応しています。Photoshop Elements のカラーマネジメント、および最良のプリント方法について説明します。また、プリント出力の横方向/縦方向のスジの問題、暗すぎる/明るすぎるプリント出力の問題、ICC プロファイル問題、PSE とその他アプリケーションからのプリントの相違点など、一部の問題を解消する方法を説明しています。

カラーマネジメント

Photoshop Elements でカラーマネジメント設定を確認するには、「ファイル/プリント」を選択するか、または Ctrl/Cmd + P キーを押します。ご使用のプリンターを選択し、「詳細オプション」をクリックしてから、左側のリストから「カラーマネジメント」を選択すると、以下の 3 つの設定が表示されます。

カラーマネジメントのオプション

カラー処理

Photoshop Elements では、このポップアップメニューから、以下の 2 つのオプションが表示されます。

  • プリンターによるカラー管理
  • Photoshop Elements によるカラー管理

プリンターによるカラー管理

  • この設定の特長
    このオプションを選択すると、使用するプリンターがサポートするカラースペース内で写真をプリントするため、必要最小限の色が Photoshop Elements によって変換されます。
  • この設定を使用するタイミング
    この設定方式は、用紙の種類、プリント解像度、その他のプリントオプション(高速プリントなど)の組合せによってさまざまなプロファイルが必要とされるため、インクジェットフォトプリンターを使用する際に便利です。最新のインクジェットフォトプリンターには、非常に正確なプロファイルがドライバーに組み込まれています。そのため、プリンターに適切なプロファイルを選択することで時間を短縮し、ミスも軽減できます。カラーマネジメントに精通していない場合は、この方法をお勧めします。

重要:この設定方式を選択する場合は、ご使用のプリンタードライバーの設定画面でカラーマネジメントを有効にしてください。

  • ご使用のプリンターでプリントオプションを設定するには:
    (Windows のみ)詳細オプションダイアログで、「プリンターの環境設定」をクリックします。プリンターの環境設定ダイアログボックスが開きます。ここで、ご使用のプリンターの設定を変更できます。プリンターの環境設定ダイアログに表示されるオプションは、プリンターによって表示されるタブも異なります。

Photoshop Elements によるカラー管理

  • Photoshop Elements によるカラー管理
    Photoshop Elements によるカラー管理を選択すると、アプリケーション側ですべてのカラー変換が行われ、1 つの出力デバイス(プリンター)に固有のカラーデータが生成されます。この方法の正確さは、選択するプリンターのプロファイルがどこまで正確に記述されているかによって異なります。
    • 画像スペースには、画像に埋め込まれた ICC プロファイルが表示されます。
    • プリンタープロファイルを使用すると、プリンター、用紙、およびインクの組み合わせに適した ICC プロファイルを選択できます。
  • この設定を使用するタイミング
    一般に、この設定は上級者向けです。特定のプリンター、用紙、インクの組み合わせごとに、適したカスタム ICC プロファイルを選択できます。

重要:この方法を選択する場合は、必ずプリンター側のカラーマネジメントを無効にしてください。

警告:アプリケーション側とプリンター側の両方でカラーマネジメント設定を行うと、予期しない色でプリントされます。

  • ご使用のプリンターでカラーマネジメントを無効にするには
    (Windows のみ)詳細オプションダイアログで、「プリンターの環境設定」をクリックします。プリンターの環境設定ダイアログボックスが開きます。ここで、ご使用のプリンターの設定を変更できます。環境設定ダイアログに表示されるオプションは、プリンターによって表示されるタブも異なります。

注意:カラーマネジメントのオプションは、プリンタードライバーによって異なります。カラーマネジメントをオフにする方法がはっきりしない場合は、プリンターの仕様や環境設定を確認してください。

  プリンター設定は以下の手順で変更できます。

Windows

Mac OS

  • Photoshop Elements:プリントダイアログボックスで、「詳細オプション/カラーマネジメント」をクリックしてから「プリンターの環境設定」をクリックします。
  • コントロールパネル:「コントロールパネル/デバイスとプリンター」で、使用するプリンターを右クリックしてから「プリンターの環境設定」をクリックすると、プリンターの設定を変更できます。
  • プリントダイアログ:プリントダイアログで「詳細を表示」をクリックしてから、「カラーマッチング」を選択します。利用可能なプリンターの種類に応じて、使用可能なオプション(ColorSync およびプリンターマッチング)から選択できます。

ヒント:「プリンターマッチング」オプションを使用することで、最適な結果を得られます。

プリンタープロファイル

プリントする用紙に合わせてプリンタープロファイルを選択します。カラー処理でプリンターによるカラー管理が選択されていると、このオプションは、グレー表示になります。

マッチング方法

コンピューターモニターには、写真用紙に比べて、より多くのカラーや彩度が表示されます。デジタル画像には、プリンターで再現できないカラーも含まれています。再現されないカラーは色域外カラーと呼ばれます。色域とは、モニターやプリンターなどのデバイスで再現(表示、印刷)できるカラースペースです。色域外カラーの再現方法はマッチング方法によって決定されます。

マッチング方法オプション

 

Photoshop Elements では、以下の 4 つのマッチング方法のオプションがあります。

 

特徴

使用目的

欠点

知覚的

 

  • 人間の目に自然に映るカラーを表示します。 
  • 色域外カラーを色域内カラーの近似色に変換します。
  • 色域外カラーの変換に伴い、色域内カラーも変換されることがあります。色域内/色域外カラー間の関係性は保持されます。
  • プリントのトランジション/グラデーション
  • カラーの透明度

 

  • 色域の制限内にカラーをおさめ、かつ明るくすることができる関係性を保持するか、または画像の彩度を減じます。

 

彩度

  • 画像の彩度を保持します。 
  • 色域外カラーの彩度を強調します。
  • ベクターグラフィック
  • 図表とグラフ
  • カラーの彩度を保持するため、色合いが変更される(青が緑に変更される)可能性があります。
従って、写真のプリントには使用しないでください。
相対的な色域を維持
  • 色域内カラーが変更されないように保持しながら、色域外カラーを色域内に移動して近似色に変換します。
  • 画像のカラーがわずかに変換されます。
  • デジタルカメラ画像のプリント
  • マット紙へのプリント
  • スキャンした画像のプリント
  • グラデーションでバンディングが発生する可能性があります。

絶対的な色域を維持

  • プルーフに最適です。必要に応じて、シミュレーション用に用紙カラーの色合いを追加します。
  • ロゴのカラーなど特定の色に使用       
  • カラーキャストが生成されるため、写真の出力には実用的ではありません。
  • スキャン画像やカメラ画像のプリントには実用的ではありません。

まとめ

Photoshop Elements Editor で最良のプリントをするには、上記の要点を考慮しながらカラーマネジメント設定を選択します。その他、プリンターが検出されない、または用紙の種類を選択する方法、トラブルシューティングの手順などに関する情報は、プリントについての FAQ | Photoshop Elements - Adobe を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー