Photoshop CC 2014 リリース

注意:

Photoshop CC の 2017 リリースが利用できるようになりました。詳しくは、新機能の概要を参照してください。

Adobe_Photoshop_CC_mnemonic_RGB_64px

Photoshop CC の 2014 リリースは、デジタル画像処理エクスペリエンスを強化する様々な新機能と拡張機能を投入していました。簡単な説明と、これらのリリースの詳細情報が説明されているリソースへのリンクが記載されています。

注意:Photoshop CC の以前のリリースで導入された機能の概要については、機能の概要 | Photoshop CC | 2013 リリースを参照してください。

 


Photoshop CC 2014.2.2(2014 年 12 月リリース)

ライブラリでの共同作業

Photoshop CC の本リリースにおける拡張機能

Photoshop 内から共同作業者とライブラリを共有できるようになりました。共同作業者は Adobe ID を持っている必要があります。Adobe ID をまだ持っていない場合は、共同作業の招待状を承認するときに作成できます。

ライブラリを共有するには次の手順に従います。

  1. ライブラリパネルで、ポップアップメニューからライブラリを選択します。
  2. フライアウトメニューを開いて、「共同作業」を選択します。
  3. 開いたブラウザーページで、ライブラリを共有したい 1 人以上の共同作業者の電子メールアドレスとオプションのメッセージを指定します。
  4. 招待」をクリックして、共同作業の招待状を送信します。

共同作業者は電子メールの招待状を受け取ります。既存の Creative Cloud のメンバーも、Creative Cloud デスクトップアプリおよび Web サイトを介して通知を受け取ります。

Photoshop ライブラリでの共同作業
ライブラリでの共同作業

詳しくは、ライブラリでの共同作業を参照してください。

改善されたアセットを抽出ダイアログ

Photoshop CC の本リリースにおける拡張機能

  • 初期設定では、アセットがドキュメントの端にクリップされるようになりました。Photoshop Generator も、初期設定ではこのように動作するように更新されています。
  • レイヤーパネルで複数のレイヤーをグループ化したときに、そのグループがアセットを抽出ダイアログに正しく一覧表示されるようになりました。この改善は、合成レイヤーからアセットを作成するときに役立ちます。
  • 2x または 3x バージョンで SVG アセットを抽出するときに、スマートオブジェクトが高品位でレンダリングされるようになりました。
  • 変形したシェイプやテキストを SVG アセットとして書き出すときに、それらの変形が保持されます。
  • プロキシを使用して localhost のクエリをリダイレクトする場合、アセットを抽出を使用する回避策が必要なくなりました。
  • 無効な、不適切な、または重複したレイヤー構文があってもアセットのプレビューが失敗しなくなりました。

詳しくは、アセットを抽出およびレイヤーからの画像アセットの生成を参照してください。

Photoshop CC 2014.2(2014 年 10 月リリース)

Creative Cloud ライブラリ

Photoshop CC の本リリースの新機能

Creative Cloud ライブラリは、簡単にアクセスできる 1 つの場所で、お気に入りの色、ブラシ、テキストスタイル、グラフィック、ベクトル画像を作成、分類および保存できるようにする強力な新機能です。どこからでもアクセスできます。同じ Adobe ID で作成したアセットは、どこでログインしようと、異なるコンピューターから Photoshop CC などさまざまなアプリケーションで表示できます。

ウィンドウ/ライブラリを選択して、ライブラリパネルを開きます。

詳しくは、Photoshop の CC ライブラリを参照してください。

アセットを抽出

Photoshop CC の本リリースの新機能

Photoshop CC の 2014.2 リリースでは、レイヤーから最適化された画像アセットを簡単に抽出して、SVG、JPG、PNG、または GIF などのさまざまな形式および解像度で保存できる新しいインターフェイスである、「アセットを抽出」が導入されました。Adobe Generator の上に構築されたシンプルで視覚的な「アセットを抽出」インターフェイスを使用して、オンデマンドでも、ワークフロー用にカスタマイズした自動更新される抽出によるリアルタイムでもコンテンツを抽出できます。

Web サイトやモバイルアプリに使用するアセットを複数の解像度で作成する頻度の高い Web デザイナーや画面デザイナーにとって、この機能は特に便利です。

ファイル/アセットを抽出を選択します。

詳しくは、アセットを抽出を参照してください。Adobe Generator について詳しくは、レイヤーからの画像アセットの生成を参照してください。

改善されたガイド

Photoshop CC の本リリースの拡張機能

一度に複数のガイドをすばやく作成できます。複数の列または行の幅およびマージンを正確に設定し、ガイドをプリセットとして保存できます。

表示/新規ガイドレイアウトを選択します。

選択したレイヤーのエッジや、シェイプレイヤー内で選択したシェイプに合わせたガイドを作成することもできます。

表示/シェイプから新規ガイドを作成を選択します。

3D 画像の処理

Photoshop CC の本リリースの新機能

リグ付けされた COLLADA ファイルのサポート

Photoshop で、リグ付けされた COLLADA ファイルのアニメーションをサポートするようになりました。これらのファイルのタイムラインを読み込んでスクラブすることができます。次の操作を行います。

  1. Photoshop で、リグ付けされた COLLADA ファイルを開きます。
  2. ウィンドウ/タイムラインを選択します。
  3. タイムライン上の目的の位置にスクラブします。

3D PDF ファイルの読み込みと書き出し

Photoshop で 3D PDF ファイルの U3D 形式での書き出しおよび読み込みができるようになりました。

書き出し:Photoshop で 3D ファイルを開き、3D/3D レイヤーを書き出しを選択します。画面に表示される指示に従います。

注意:

3D PDF 書き出し機能は、リグ付けされた COLLADA ファイルのサポートと組み合わせて使用することができます。アニメーションファイルで書き出すフレームにスクラブして、PDF または別の形式で書き出します。

読み込み: Acrobat または Photoshop で作成した 3D PDF ファイルを Photoshop で開くことができます。

  1. Photoshop で 3D PDF ファイルを開きます。
  2. PDF の読み込みダイアログで「3D」オプションを選択します。
Photoshop 3D 画像の処理「3D」オプションの選択
PDF の読み込みダイアログで「3D」オプションを選択します

  1. OK」をクリックします。画面に指示が表示される場合はそれに従います。

ようこそ — 新しい体験

Photoshop CC の本リリースの新機能

Photoshop CC の新しいスタートアップスクリーンは、Photoshop 内の多数の機能の発見、学習、使用に役立ちます。スタートアップスクリーンは、Photoshop を起動するたびにユーザーにあいさつし、パーソナライズされてユーザーに関係のあるコンテンツを表示します。

タブ付きのインターフェイスが新機能、基本的な使用方法、ヒントやテクニックの発見に役立ちます。

ヘルプ/スタートアップスクリーンを選択します。

「ようこそ — 新しい体験」は、現時点では、英語版の Photoshop でのみ使用できます。

塗りつぶしダイアログに関する UI の改善

Photoshop CC の本リリースにおける拡張機能

UI に多数の改善を導入されて、塗りつぶしダイアログが直観的で使いやすくなりました。これらの拡張機能では、ダイアログ上のオプションを論理的にグループ化することに専念しています。

Windows タッチデバイスのサポート

Photoshop CC の本リリースの新機能

Photoshop CC で、Microsoft Surface Pro のような Windows 8.1 タッチデバイスがサポートされるようになったので、ピンチ、ズーム、パン、回転を使用できます。

Photoshop では、2 本指のタッチジェスチャーを使用して、イメージ/カンバス表示の位置、回転、拡大縮小を制御できます。ユーザーはタッチ表示コントロールとマウスやスタイラスを使用した他のインタラクションを切り替えることができますが、タッチと他の入力を同時に使用することはできません。タッチコントロールは、物理的に回転できないサイズの大きいタッチスクリーンモニターやデバイスを固定させておくためのタブレットでペイントする場合に便利です。

詳しくは、タッチジェスチャーを参照してください。

追加の更新

  •  コンテンツに応じた技術と「焦点領域の選択」機能を高速化するための Mercury Graphics Engine のパフォーマンス改善
  •  選択/「変更」コマンドの改善。また、これらのコマンドには新しい「エッジパディング」オプションが追加されました。
  • レイヤースタイルの初期設定値を改善
  • カンバス上でのオブジェクト選択の改善
  • レイヤーのロック動作の改善
  • すべてのレイヤーグループを折りたたむ新しいメニュー項目
  • グラデーションとパターンプリセットの改善
  • 新規ドキュメントプリセットと初期設定のドキュメントサイズの改善
  • ドキュメントの保存操作をヒストリーパネルに記録
  • ドキュメントがウィンドウに収まらない場合にオーバースクロールを有効にする環境設定
  •  いくつかのレイヤーを選択しながら新しいレイヤーグループを作成する場合に、これらのレイヤーがレイヤーグループに自動的に追加
  • 新しいフレームスクリプトパターン
  • OS X で Photoshop から他のアプリケーションにコピー/ペーストする場合に透明度をサポート
  • コンテンツに応じたパッチと移動の操作において適用パラメーターの UI を改善
  • Live Shapes のプロパティパネルの表示の改善
  • Cloud ベースの機能に対する企業コンプライアンスの改善
  • Adobe カラーテーマパネル(ウィンドウ/拡張/Adobe カラーテーマ)の標準装備
  •  置物の配置やアニメーションのリギングをサポートする 3D プリント
  • 3D PDF のサポートと新しい 3D プリンタープロファイル
  • ワイドスクリーンディスプレイ向けにいくつかのダイアログを最適化
  • Adobe Camera Raw インターフェイスによる高 DPI ディスプレイのサポート
  • レイヤーをロックしたり、非表示にしたりするための新しいキーボードショートカット(それぞれ、Cmd/Ctrl +「/」、Cmd/Ctrl +「,」)

注意:

このリリースの Photoshop では、メニューのフォントサイズはオペレーティングシステムの設定によって決まります。例えば、Windows 8.1 では、この Microsoft ヘルプトピックのセクション「デスクトップ上のテキストやその他の項目を大きくする」の手順に従ってメニューのフォントサイズを調整できます。

Photoshop CC 2014.1(2014 年 8 月リリース)

Photoshop CC の 2014 年 8 月アップデートは、3D プリントと 3D 画像処理の機能強化に重点を置いています。

3D プリント

Photoshop CC の本リリースにおける拡張機能

このリリースにおける 3D プリントの拡張機能には、高品位のメッシュ修復機能や、アセンブリを装填する機能など、いくつかのワークフローの改善が含まれます。また、このリリースでのプレビューは、これまでになく正確です。

グランドプレーンでオブジェクトを圧縮

グランドプレーンでオブジェクトを圧縮機能を使用すると、プリントする複数のオブジェクトを同じビルドプレート上に簡単に配置できます。

以前のバージョンの Photoshop CC では、複数のオブジェクトをプリントするには各オブジェクトを手動で配置する必要がありました。Photoshop CC 2014 リリースのこの更新では、3D パネルでモデルを選択し、3Dグランドプレーンでオブジェクトを圧縮を選択するだけで配置できます。

プレビューモード間の切り替え

3D プリントの設定ダイアログでレイトレーシングプレビューを無効にできるようになりました。レイトレーシングプレビューを無効にすると、プレビューは初期設定で OpenGL プレビューモードになります。

レイトレーシングプレビューは、熱溶解積層法(FDM)プリンターの出力をより正確に表示するようになりました。

MakerBot 5 プロファイル

この更新には、MakerBot Replicator 5th Generation プリンター用の新しいプロファイルが含まれます。このプリンタープロファイルを使用した、直接 USB プリントはまだサポートされていません。プリントするファイルを USB スティックに書き出し、ローカルでプリントすることはできます。

DMM.com のサポート

Photoshop は、日本のユーザー向けに DMM.com による3D プリントサービスをサポートするようになりました。

注意:

Photoshop での 3D プリント機能の使用について詳しくは、3D オブジェクトのプリントを参照してください。

3D 画像の処理

Photoshop CC の本リリースにおける拡張機能

バンプマップおよび法線マップフィルター

Photoshop で開いた任意の画像からバンプマップおよび法線マップを作成できるようになりました。画像を開き、フィルター/3D/バンプマップを生成またはフィルター/3D/法線マップを生成を選択します。

線/点レイトレーシング

以前のバージョンの Photoshop CC では、オブジェクトに追加された線や点は、レンダリング時にフラットに見えました。Photoshop CC 2014 リリースのこの更新では、レンダリングされた点や線に体積があります。点はオブジェクト上で小さな球のように、線は円柱のように見えます。

Photoshop 属性パネルの線/点レイトレーシング
線/点レイトレーシング

3D ペイントの合理化

この更新での改善により、3D モデルのプリントをより高速かつ簡単に実行できるようになりました。

新しい形式のサポート

Photoshop では、VRML、IGES、U3D および PLY 形式でファイルを開けるようになりました。また、オブジェクトを U3D および VRML ファイルとして書き出すこともできます。

Photoshop CC 2014(2014 年 6 月リリース)

スマートガイド

Photoshop CC の本リリースにおける拡張機能

Photoshop CC の 2014 リリースでは、スマートガイドに有用な拡張機能が多数導入されています。

Option(Mac OS)/Alt(Windows)+ レイヤーのドラッグ:Option(Mac OS)または Alt(Windows)キーを押したままレイヤーをドラッグすると、元のレイヤーと複製レイヤー間の距離を表示するリファレンス測定ガイドが表示されます。この機能は、移動ツールとパス選択ツールの両方で動作します。

Photoshop レイヤー間の距離 - 元のレイヤーと複製レイヤー
レイヤー間の距離:元のレイヤーと複製レイヤー

パスの測定:Photoshop はパスの操作時に測定ガイドを表示します。測定ガイドは、パス選択ツールを選択し、同じレイヤー内でパスをドラッグする場合にも表示されます。

Photoshop パスの測定
パスの測定

一致した間隔:オブジェクトの複製または移動時、測定ガイドが表示され、選択したオブジェクトと直近のオブジェクト間の間隔と一致する他のオブジェクトとの間隔が視覚的に示されます。

Cmd(Mac OS)/Ctrl(Windows)+ レイヤーにマウスポインターを合わせる:レイヤーの操作中、測定ガイドが表示されます。レイヤーを 1 つ選択した状態で、Cmd キー(Mac OS)または Ctrl キー(Windows)を押したまま、別のレイヤーにマウスポインターを合わせます。この機能と矢印キーを組み合わせて、選択したレイヤーを移動することができます。

Photoshop レイヤー作業中の測定ガイド
レイヤー操作時の測定ガイド

カンバスからの距離:シェイプの外側にマウスポインターを合わせたまま Cmd キー(Mac OS)または Ctrl キー(Windows)を押したままにすると、カンバスからの距離が表示されます。

Photoshop カンバスからの距離
カンバスからの距離

Photoshop 一致オブジェクト間のスペース
一致したオブジェクト間の間隔

詳しくは、 グリッドとガイド
を参照してください。

リンクされたスマートオブジェクトの改善点

Photoshop CC の本リリースにおける拡張機能

  • ソースファイルがコンピューター上のフォルダーに保存されるように、リンクされたスマートオブジェクトを Photoshop ドキュメントにパッケージ化できます。Photoshop ドキュメントのコピーは、ソースファイルと一緒にフォルダーに保存されます。ファイル/パッケージ化を選択します。
  • 埋め込みスマートオブジェクトをリンクされたスマートオブジェクトに変換することができます。埋め込みスマートオブジェクトに適用されている変形、フィルターおよびその他の効果は、スマートオブジェクトを変換した際も保持されます。レイヤー/スマートオブジェクト/リンクされたアイテムに変換を選択します。
  • ワークフローの改善点:ソースファイルが見つからないリンクされたスマートオブジェクトを操作しようとすると、スマートオブジェクトをラスタライズまたは解決するように求められます。
詳しくは、スマートオブジェクトの作成を参照してください。

スマートオブジェクト内のレイヤーカンプ

Photoshop CC の本リリースの拡張機能

レイヤーカンプを含むドキュメントを、別のドキュメント内でスマートオブジェクトとして配置したものとみなします。スマートオブジェクトを含むドキュメント内でスマートオブジェクトを選択すると、属性パネルから、ソースファイル内に定義されたレイヤーカンプにアクセスできます。

この機能を使用して、スマートオブジェクトを編集することなく、スマートオブジェクトの状態をレイヤーレベルで変更できます。

詳しくは、レイヤーカンプを参照してください。

Photoshop スマートオブジェクト内のレイヤーカンプ
スマートオブジェクト内のレイヤーカンプ

Typekit のフォントの使用

Photoshop CC の本リリースの新機能

Typekit の統合を通じて、Photoshop はタイポグラフィックの世界の可能性をクリエイティブなプロジェクトにもたらします。コンピューターと同期した Typekit のフォントを使用できます。これらのフォントは、ローカルにインストールされているフォントと一緒に表示されます。また、テキストツールのオプションバーと文字パネルのフォントリストに、Typekit のフォントのみを表示するように選択することもできます。

いくつか見つからないフォントがあるドキュメントを開いた場合は、Photoshop を使用して、それらのフォントを Typekit の同等のフォントで置き換えることができます。

詳しくは、 Typekit のフォントの使用を参照してください。

Photoshop 見つからないフォントを Typekit フォントで置き換え
見つからないフォントの Typekit フォントでの置き換え

Photoshop CC の本リリースの新機能

テキストツールのオプションバーと文字パネルのフォントリストで、すばやくフォントを検索できます。目的のフォントファミリーの名前を入力すると、Photoshop が即座にリストをフィルターします。フォントファミリーまたはスタイルによってフォントを検索できます。フォントの検索ではワイルドカードはサポートされていません。

Photoshop フォントの検索
フォントファミリーまたはフォントスタイルによるフォントの検索

Photoshop CC の本リリースの新機能

パスぼかし

パスぼかし効果(フィルター/ぼかしギャラリー/パスぼかし)を使用すると、パスに沿って動くぼかしを作成できます。また、シェイプとぼかしの量を制御できます。Photoshop は、1 つの画像に適用された複数のパスぼかしの効果を自動的に合成します。

詳しくは、パスぼかしを参照してください。

Photoshop パスぼかしの例
パスぼかしの例

Photoshop 単純化したぼかしのパス
単純化したぼかしのパス

スピンぼかし

スピンぼかし効果(フィルター/ぼかしギャラリー/スピンぼかし)を使用して、画像を 1 つ以上のポイントの周囲で回転し、ぼかしを適用することができます。スピンぼかしは、度単位の放射状のぼかしです。Photoshop では、変更をライブプレビューで表示しながら、中心点、ぼかしのサイズとシェイプ、およびその他の設定を操作できます。

詳しくは、スピンぼかしを参照してください。

Photoshop 動作中のスピンぼかし
動作中のスピンぼかし

A. 元の画像 B. スピンぼかし(ぼかし角度:15°、ストロボの強さ:50%、ストロボフラッシュ:2、ストロボフラッシュのデュレーション:10°) C. スピンぼかし(ぼかし角度:60°、ストロボの強さ:100%、ストロボフラッシュ:4、ストロボフラッシュのデュレーション:10°) 

画像の焦点領域の選択

Photoshop CC の本リリースの新機能

Photoshop CC の 2014 リリースには、焦点となる画像内の領域/ピクセルを選択する機能があります(選択範囲/焦点領域)。初期設定の選択を拡大または縮小できます。

納得できるまで選択を調整したのち、調整後の選択を現在のレイヤーの選択またはマスクにするか、または新しいレイヤードキュメントを生成するかどうかを決定します。次の出力オプションのいずれかを選択できます。

  • 選択範囲(初期設定)
  • レイヤーマスク
  • 新しいレイヤー
  • レイヤーマスク付きの新しいレイヤー
  • 新しいドキュメント
  • レイヤーマスク付きの新しいドキュメント

詳しくは、画像の焦点領域の選択を参照してください。

Photoshop 焦点領域の選択
動作中:焦点領域の選択

カラー描画に関する、コンテンツ対応機能

Photoshop CC の本リリースの拡張機能

Photoshop CC の 2014 リリースでは、画像の改善と画像からの不要な要素の削除が今まで以上に簡単になります。アルゴリズムを使ったカラー描画が、次のコンテンツ対応機能に組み込まれます。

  • コンテンツに応じた塗りつぶし
  • コンテンツに応じたパッチ
  • コンテンツに応じた移動
  • コンテンツに応じた拡張
Photoshop コンテンツに応じた拡張の操作
コンテンツに応じた拡張の操作例

A. カラー描画なし B. カラー描画あり 
Photoshop カラー適用を使った、コンテンツに応じた塗りつぶし
カラー適用を使った、コンテンツに応じた塗りつぶし

コンテンツに応じたパッチコンテンツに応じた移動およびコンテンツに応じた拡張の各ツールを使用すると、アルゴリズムを使用したカラー描画を画像に適用する程度を微調整することができます。

Photoshopカラー適用値の変更
カラー適用値の調整によるカラー描画の制御

構造

1 ~ 5 の値を入力して、パッチが既存の画像パターンをどれ位緊密に反映するか指定します。5 を入力すると、パッチは既存の画像パターンを非常に忠実に踏襲します。一方、「構造」の値として 1 を指定すると、既存の画像パターンに対するパッチの緊密度は非常に緩くなります。

カラー

0 ~ 10 の値を入力して、アルゴリズムを使ったカラー描画をパッチに適用する度合いを指定します。0 を入力すると、カラー描画は無効になります。10 のカラー値を指定すると、カラー描画が最大まで適用されます。

Photoshop Generator の拡張機能

Photoshop CC の本リリースの拡張機能

Photoshop CC の 2014 リリースでは、Generator の機能に次の拡張機能が導入されました。

  • 特定のレイヤー/レイヤーグループから生成された画像アセットを、ドキュメントのアセットフォルダー直下のサブフォルダーに保存できるようになりました。レイヤー/レイヤーグループ名にサブフォルダー名を含めます。例:

    [subfolder]/Ellipse_4.jpg
  • 生成されたアセットに対してドキュメント全体の初期設定を指定できます。空のレイヤーを作成し、キーワード「default」で始まる名前を付け、初期設定を指定します。

    詳しくは、アセットの初期設定の指定を参照してください。

3D プリント

Photoshop CC の本リリースの拡張機能

Photoshop CC の 2014 リリースでは、3D プリント機能に画期的な拡張機能を備えています。

  • プリントプレビューダイアログに、どのサーフェスが修復されたか示されるようになりました。プリントプレビューダイアログで修復を表示を選択します。適切なカラーコーディングを使用することで、オリジナルメッシュ壁の厚さ、および閉じた穴の各修復が表示されます。
Photoshop 修復されたサーフェスを表示するプリントプレビュー
どのサーフェスが修復されたか示すプリントプレビュー

  • プリントプレビューダイアログの新しいレンダリングエンジンにより、リアリスティックな照明を使ってプレビューの精度が向上します。新しいレンダリングエンジンによって、3D オブジェクトのレイトレースが向上します。
Photoshop 3D プリントプレビュー
3D プリントプレビューの精度の向上

  • 3D オブジェクトファイル内の三角形の数を大幅に減少させる新しい再メッシュアルゴリズム
  • Mcor および Zcorp プリンターへのプリント時に高解像度テクスチャのサポートが向上

詳細については、3D オブジェクトのプリントを参照してください。

試験機能の有効化

Photoshop CC の本リリースの新機能

有効化して実際に試すことができる試験機能がいくつか Photoshop に搭載されました。

  • 高密度ディスプレイ用 UI 200% 拡大表示
  • マルチトーン 3D プリントの有効化
  • タッチジェスチャー

これらの機能はまだ実用レベルではないため、慎重に使用してください。試験機能を有効化するには、次の操作を実行します。

  1. 環境設定試験機能を選択します。
  2. 有効にする試験機能を選択します。例えば、「マルチトーンプリントを有効にする」を選択します。
  3. OK」をクリックします。
  4. Photoshop を再起動します。

詳しくは、Photoshop の試験機能を参照してください。

同期設定の向上

Photoshop CC の本リリースの拡張機能

Photoshop CC の 2014 リリースでは、設定を同期の試験機能が改善されており、ワークフローが簡素化されたほか、次のような便利な拡張機能があります。

  • 同期の方向を指定できるようになりました。
Photoshop 同期設定
  • 環境設定設定を同期タブから直接、設定をアップロードまたはダウンロードすることができます。
  • ワークスペース、キーボードショートカット、およびメニューのカスタマイズを同期できるようになりました。
  • 環境設定/設定を同期タブに、アップロード/ダウンロードしたファイル、それらのサイズ、アップロード/ダウンロード操作のタイムスタンプが表示されます。
Photoshop 同期設定ログ
設定を同期ログ

Adobe Creative Cloud で設定を同期を参照してください。

3D 画像の処理

Photoshop CC の本リリースの拡張機能

OBJ グループメッシュの読み込み/書き出し

Photoshop の初期のバージョンでは、複数のメッシュと複数のグループが含まれている OBJ ファイルを開くと、すべてのメッシュは 3D パネルで単一グループとして読み込まれていました。Photoshop CC の 2014 リリース以降、メッシュとグループの構造は読み込み時と書き出し時に保持されます。

Photoshop 読み込まれたオブジェクト
A. 以前のバージョンで読み込まれたオブジェクト B. Photoshop CC バージョン 2014 で読み込まれたオブジェクト 

テクスチャプロパティダイアログボックスの拡張機能

Photoshop CC の 2014 リリースは、テクスチャプロパティダイアログで役に立つ拡張機能を備えています。

  • このダイアログ内から直接テクスチャ名を変更できます
  • このダイアログは、「一致するテクスチャに適用」という新オプションを備えています。このオプションを使用して、現在の UV 設定を同様のテクスチャに適用することができます。

    例えば、拡散マップとバンプマップを一緒に拡大・縮小するとします。次の手順に従います。
    1. 両方のマップで同じテクスチャを選択します。
    2. 必要に応じて、一方のマップのテクスチャを編集します。
    3. もう一方のマップのテクスチャを自動的に更新するには、テクスチャプロパティダイアログで「一致するテクスチャに適用」を選択します。
    4. OK」をクリックします。
Photoshop「一致するテクスチャに適用」の選択
拡張テクスチャのプロパティダイアログ

放射サーフェスの収束の向上

Photoshop CC の 2014 リリースでは、発光サーフェスのあるシーン(自己発光性のテクスチャやカラーなど)の収束が短縮化されます。

カラールックアップテーブルの書き出し

Photoshop CC の本リリースの新機能

カラールックアップテーブルを複数の形式で Photoshop から書き出しできるようになりました。書き出されたファイルは、Photoshop、After Effects、SpeedGrade、およびその他の画像/ビデオ編集アプリケーションに適用できます。

カラールックアップテーブルは、背景レイヤーとカラーを変更するための追加レイヤーを持つ画像からのみ書き出しできます。

詳しくは、カラールックアップテーブルの書き出しを参照してください。

Adobe Camera Raw の拡張機能

Photoshop CC の本リリースの拡張機能

最新の Adobe Camera Raw リリースの拡張機能のリストについては、Adobe Camera Raw 8.x の新機能を参照してください。

その他の機能強化

  • レイヤーコピー CSS でシャドウ(内側)レイヤー効果がサポートされました。
  • スマートガイドは初期設定で有効に指定されています。
  • ブラシハイライトで、現在選択されているブラシとブラシの変更が表示されるようになりました。
  • ブラシ」コンテキストメニューとブラシプリセットパネルで、最近使用したブラシプリセットにアクセスできます。
  • カラーパネルの色相および明るさカラーピッカーキューブが新しくなりました。
  • グラデーションで透明ディザリングを指定できます。
  • 単一ストップのグラデーションを作成できます。保存した単一ストップのグラデーションは、旧バージョンの Photoshop では動作しません。
  • オプションバーを新たに狭くすることで、画面の小さいデバイスでより効率的に作業できるようになりました。環境設定/インターフェイス/狭いオプションバーを有効にするを選択します。
  • 現在のグラデーションプレビューからサンプリングした新しいグラデーションストップを作成できます。
  • MPEG-2 および Dolby オーディオは読み込みのみがサポートされています。
  • Sony RAW および Canon RAW を含む新しいビデオ形式がサポートされています。
  • エッジをピン止めして、画像のエッジからのワープをゆがめることができます。
  • すべてのツールを初期化を実行すると、ツールパネルスロットに表示されているツールがデフォルト選択に初期化されるようになりました。
  • 非常に大きいサイズの PNG ファイル(Photoshop の最大サポートサイズの 2 GB 制限)がサポートされます。
  • 新規ドキュメントプリセットダイアログの UI コンテンツが改善されました。
  • カラーパネルのスペクトルカラーピッカーのサイズを変更できます。

使用できなくなった機能

Photoshop CC の本リリースで廃止

アーキテクチャの変更により、次の機能は Photoshop CC の 2014 リリースで使用できなくなりました。

  • Mini Bridge、Kuler、サードパーティのパネル(コンフィギュレーターパネルなど)など、Flash を使用した拡張パネル
  • 油彩フィルター
  • Mac OS X 10.6.x のサポート

詳しくは、このブログ投稿を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー