Photoshop CC 20.0(2018 年 10 月リリース)で導入された編集/コンテンツに応じた塗りつぶしオプションについては、コンテンツに応じた塗りつぶしを参照してください。

コンテンツに応じたパッチ

パッチツールを使用して、不要な画像エレメントを削除します。パッチツールのコンテンツに応じたオプションは、隣接するコンテンツを合成して周辺のコンテンツとシームレスに調和させます。

以前のバージョン:Photoshop CS6 以前のバージョンのパッチツールの使用方法について詳しくは、領域のパッチを参照してください。

ビデオ | コンテンツに応じた写真の修正

ビデオ | コンテンツに応じた写真の修正
Adobe

  1. ツールバーで、スポット修復ブラシツール を押し、パッチツール を選択します。

  2. オプションバーで、次の操作を行います。

    コンテンツに応じたパッチオプション
    コンテンツに応じたパッチオプション

    パッチ

    「コンテンツに応じる」を選択し、コンテンツに応じたオプションを選択します。

    構造

    1 ~ 7 の値を入力して、パッチが既存の画像パターンをどれ位緊密に反映するか指定します。7 を入力すると、パッチは既存の画像パターンを非常に忠実に踏襲します。1 を入力すると、パッチは既存の画像パターンを非常に大まかに踏襲します。

    カラー

    0 ~ 10 の値を入力して、アルゴリズムを使ったカラー描画をパッチに適用する度合いを指定します。0 を入力すると、カラー描画は無効になります。10 のカラー値を指定すると、カラー描画が最大まで適用されます。

    全レイヤーを対象

    すべてのレイヤーの情報を使用して移動の結果を別のレイヤーに作成するには、このオプションを有効にします。選択範囲をドラッグする前にレイヤーパネルでターゲットレイヤーを選択します。

  3. 画像上で置き換える領域を選択します。パッチツールを使用して選択範囲を描画するか、他の任意の選択ツールを使用することもできます。

  4. 塗りつぶしを作成する領域に選択範囲をドラッグします。

コンテンツに応じた移動

コンテンツに応じた移動ツールを使用して、写真の一部を選択して移動します。この画像は再構成され、残された穴は写真と調和するエレメントを使用して塗りつぶされます。レイヤーや複雑な選択を伴う大変な編集作業を行う必要はありません。

コンテンツに応じた移動ツールは、次の 2 種類のモードで使用できます。

  • 移動モードを使用して、オブジェクトを異なる場所に配置します(背景が似ている場合に最も効果的です)。
  • 拡張モードを使用して、髪の毛や木、建物などのオブジェクトを拡大・縮小します。建築オブジェクトの拡張で最大の効果を得るには、角度をつけて撮った写真ではなく、平行面で撮った写真を使用します。

エキスパートから:コンテンツに応じた移動と塗りつぶしの使用

エキスパートから:コンテンツに応じた移動と塗りつぶしの使用
画像の一部を選択して移動する方法を説明します。Photoshop が、既存の背景の調和するエレメントを使用して自動的に穴を塗りつぶす工程に注目してください。
Deke McClelland

  1. ツールバーで、スポット修復ブラシツール を押して、コンテンツに応じた移動ツール を選択します。

  2. オプションバーで、次の操作を行います。

    コンテンツに応じた移動オプション
    コンテンツに応じた移動オプション

    モード

    移動モードを使用して、別の場所に選択したオブジェクトを配置します。拡張モードを使用して、オブジェクトを拡大・縮小します。

    構造

    1 ~ 7 の値を入力して、パッチが既存の画像パターンをどれ位緊密に反映するか指定します。7 を入力すると、パッチは既存の画像パターンを非常に忠実に踏襲します。1 を入力すると、パッチは既存の画像パターンを非常に大まかに踏襲します。

    カラー

    0 ~ 10 の値を入力して、アルゴリズムを使ったカラー描画をパッチに適用する度合いを指定します。0 を入力すると、カラー描画は無効になります。10 のカラー値を指定すると、カラー描画が最大まで適用されます。

    Photoshop コンテンツに応じた移動
    A. カラー描画なし B. カラー描画あり 

    全レイヤーを対象

    このオプションを有効にして、すべてのレイヤーの情報を使用して移動の結果を選択したレイヤーに作成します。選択範囲をドラッグする前にレイヤーパネルでターゲットレイヤーを選択します。

    ドロップ時に変形

    このオプションを有効にすると、新しい場所に移動したばかりの画像の一部を拡大・縮小できます。画像の移動した部分に合わせてサイズ変更ハンドルを調整するだけで済みます。

  3. 移動または拡張する領域を選択します。移動ツールを使用して選択範囲を描画するか、他の任意の選択ツールを使用することもできます。

  4. オブジェクトを配置する領域に選択範囲をドラッグします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー