ガイドとグリッドを使用した配置

ガイドとグリッドを使用すると、画像または要素を正確に配置できます。ガイドは、プリントされない実線として画像内に自由に表示できます。ガイドは、移動および削除することができます。ガイドをロックして移動できないようにすることもできます。

スマートガイドを使用すると、シェイプ、スライス、選択範囲の整列がしやすくなります。スマートガイドは、シェイプを描画したり、選択範囲やスライスを作成すると、自動的に表示されます。必要に応じて、スマートガイドを隠すこともできます。

グリッドはオブジェクトを対称的に配置するのに便利です。初期設定ではプリントされない実線として表示されますが、点線として表示することもできます。

ガイドとグリッドは同じように動作します。

  • ガイドやグリッドから 8 スクリーンピクセル(画像ピクセルではありません)以内に選択範囲、選択範囲の境界線、ツールをドラッグすると、ガイドやグリッドにスナップします。また、ガイドもドラッグするとグリッドにスナップします。スナップ機能のオンとオフは切替えられます。

  • ガイドとグリッドの表示、スナップ機能、およびガイドの間隔の設定は画像固有のものです。

  • ガイドとグリッドのカラーとスタイル、およびグリッドの間隔の設定はすべての画像に共通です。

グリッド、ガイドまたはスマートガイドの表示と非表示の切り替え

  • 次のいずれかの操作を行います。
    • 表示表示・非表示グリッドを選択します。

    • 表示表示・非表示ガイドを選択します。

    • 表示表示・非表示スマートガイドを選択します。

    • 表示エクストラを選択します。このコマンドを使用すると、レイヤーの境界線、選択範囲の境界線、ターゲットパスおよびスライスの表示と非表示も切り替えることができます。

ガイドの配置

  1. 定規が表示されていない場合は、表示定規を選択します。

    注意:

    正確に測定するには、画像を 100 %の倍率にするか情報パネルを使用します。

  2. 次のいずれかの操作を行って、ガイドを作成します。
    • 表示新規ガイドを選択します。ダイアログボックスで、「水平方向」または「垂直方向」を選択し、位置を入力して「OK」をクリックします。

    • 画面上部の定規からドラッグして、水平方向のガイドを作成します。

    ドラッグして水平方向のガイドを作成
    ドラッグして水平方向のガイドを作成

    • Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら、画面左側の定規からドラッグすると、水平方向のガイドを作成できます。

    • 画面上部の定規からドラッグして垂直方向のガイドを作成します。

    • Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら、画面上部の定規からドラッグすると、垂直方向のガイドを作成できます。

    • Shift キーを押しながら画面上部または左側の定規からドラッグすると、定規の目盛りにスナップするガイドを作成できます。ガイドをドラッグしている間は、ポインターが両方向の矢印に変わります。

  3. (オプション)すべてのガイドをロックするには、表示ガイドをロックを選択します。

ガイドの移動

  1. 移動ツールを選択するか、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながら、移動ツールをアクティブにします。

  2. ポインターをガイドの上に置きます(ポインターが両方向の矢印に変わります)。
  3. 次のいずれかの方法でガイドを移動します。
    • ガイドをドラッグして移動します。

    • Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらガイドをクリックまたはドラッグすると、水平のガイドは垂直に、垂直のガイドは水平に変わります。

    • Shift キーを押しながらガイドをドラッグして、ガイドを定規の目盛りに合わせます。グリッドが表示されている場合に、表示スナップ先グリッドを選択すると、ガイドがグリッドにスナップします。

画像からのガイドの削除

  • 次のいずれかの操作を行います。
    • 1 つのガイドを削除するには、そのガイドをドキュメントウィンドウの外へドラッグします。

    • すべてのガイドを削除するには、表示ガイドを消去を選択します。

ガイドとグリッドの環境設定の設定

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • (Windows)編集環境設定ガイド・グリッド・スライスを選択します。

    • (Mac OS)Photoshop環境設定ガイド・グリッド・スライスを選択します。

  2. カラー」については、ガイドとグリッドの一方または両方のカラーを選択します。「カスタム」を選択した場合は、カラーボックスをクリックしてカラーを選択し、「OK」をクリックします。

  3. スタイル」については、ガイドとグリッドの一方または両方に対する表示オプションを選択します。

  4. ガイドライン間隔」については、グリッド間隔の値を入力します。「分割数」については、グリッド内の分割線の数を入力します。

    必要に応じて、このオプションの単位を変更します。「」を選択すると、画像を均等に分割するグリッドを作成できます。例えば、「」で 25 を指定すると、画像を縦と横に 4 分割するグリッドが作成されます。

  5. OK」をクリックします。

スマートガイドを使用した効率的な作業

スマートガイドは次のような複数のシナリオで役に立ちます。

  • Option(Mac OS)/Alt(Windows)+ レイヤーのドラッグ:Option(Mac OS)または Alt(Windows)キーを押したままレイヤーをドラッグすると、元のレイヤーと複製レイヤー間の距離を表示するリファレンス測定ガイドが表示されます。この機能は、移動ツールとパス選択ツールの両方で動作します。
レイヤー間の距離:元のレイヤーと複製レイヤー
レイヤー間の距離:元のレイヤーと複製レイヤー

  • パスの測定:Photoshop はパスの操作時に測定ガイドを表示します。測定ガイドは、パス選択ツールを選択し、同じレイヤー内でパスをドラッグする場合にも表示されます。
パスの測定
パスの測定

  • 一致した間隔:オブジェクトの複製または移動時、測定ガイドが表示され、選択したオブジェクトと直近のオブジェクト間の間隔と一致する他のオブジェクトとの間隔が視覚的に示されます。
  • Cmd(Mac OS)/Ctrl(Windows)+ レイヤーにマウスポインターを合わせる:レイヤーの操作中、測定ガイドが表示されます。レイヤーを 1 つ選択した状態で、Cmd キー(Mac OS)または Ctrl キー(Windows)を押したまま、別のレイヤーにマウスポインターを合わせます。この機能と矢印キーを組み合わせて、選択したレイヤーを移動することができます。
レイヤー操作時の測定ガイド
レイヤー操作時の測定ガイド

  • キャンバスからの距離:シェイプの外側にマウスポインターを合わせたまま Cmd キー(Mac OS)または Ctrl キー(Windows)を押したままにすると、キャンバスからの距離が表示されます。
キャンバスから図形までの距離
キャンバスから図形までの距離


一致オブジェクト間のスペース
一致オブジェクト間のスペース

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー