Photoshop CC 2017 年 10 月リリース
photoshop-109x104.png.adimg.mw.147

Photoshop CC の 2017 年 10 月リリースには、デザイナー、デジタルフォトグラファー、イラストレーターが待ち望んでいた新機能が搭載されています。これらの機能の簡単な説明と、詳細情報を提供するリソースのリンクが記載されています。

以前の Photoshop CC リリースで導入された機能の概要については、機能の概要 | 以前のリリースを参照してください。


注意:

Photoshop CC の以前のバージョンからアップグレードする場合は、こちらの考慮事項とヒントを参照してください。

ブラシ関連機能

ストロークのスムージング

 2017 年 10 月リリースの新機能

Photoshop でストロークに対してインテリジェントなスムージングを施せるようになりました。操作は簡単で、ブラシ鉛筆混合ブラシ消しゴムの各ツールの使用中に、オプションバーで「滑らかさ」に値(0~100)を入力するだけです。値として 0 を指定すると、以前のバージョンの Photoshop と同じ従来のスムージングになります。大きな値を指定すると、ストロークに適用されるインテリジェントなスムージングが強められます。

ストロークのスムージングはいくつかのモードで機能します。歯車アイコン()をクリックすると、次のモードのいずれかまたは複数が有効になります。

プルドストリングモード

ストリングがぴんと張っているときだけ描画されます。スムージング半径内でカーソルが動いても跡は付きません。

 

ストロークのキャッチアップ

ストロークを一時停止している間に描画がカーソルに追いつくようにします。このモードを無効にすると、カーソルの動きが止まったときに描画の適用がすぐに停止します。

ストローク終了時にキャッチアップ

最後の描画位置からマウスやスタイラスのコントロールを放したポイントまでストロークを完成させます。

ズーム用に調節

スムージングを調節してストロークのジッターを防ぎます。スムージングはドキュメントにズームインすると弱められ、ズームアウトすると強められます。

 
eraser_smoothing
スムージング:消しゴムツール

使い勝手が向上したブラシプリセット管理

 2017 年 10 月リリースの拡張機能

このリリースの Photoshop ではブラシプリセットの使い勝手が大幅に向上しています。ブラシプリセットをフォルダーで整理したり、フォルダーを入れ子にしたりできます。

ブラシツールのプリセットや関連設定については、以前のリリースの Photoshop ではオプションバーからしか作業できませんでしたが、このリリースでは使い勝手が大幅に向上したブラシパネル(以前のリリースの「ブラシプリセット」から名称変更)でも作業できます。ブラシをツールプリセットとして保持しているのであれば、それらをブラシプリセットに変換し、ブラシパネルでさらに簡単に管理できます。

このリリースではブラシパネルそのものに多数の機能強化が導入され、例えば、シンプルなズームスライダーを使用して、これまでより小さい画面領域にこれまでよりたくさんのブラシを表示したりできます。

パスオプション

 2017 年 10 月リリースの新機能

パスの直線や曲線が、白黒以外でも利用できるようになりました。これからは、パスを示す線のカラーや太さを好みに合わせて定義して視認性を高めることができます。

パスを作成している最中、例えばペンツールの使用中に、オプションバーの歯車アイコン()をクリックします。ここでパスの線のカラーと太さを指定します。次のクリックまでポインターを動かしている間にパスのセグメントをプレビューする(ラバーバンド効果)かどうかも指定できます。

path-options
パスのオプション:太さとカラー

ストロークのスムージングを使用している最中にブラシのリーシュ、すなわち現在のペイント位置と現在のカーソル位置を結ぶラインが表示されるようにできます。環境設定/カーソル/スムージング中にブラシリーシュを表示するを選択します。ブラシリーシュのカラーを指定することもできます。

参考になる関連情報については、パスの管理を参照してください。

brush-leash
ブラシリーシュの環境設定

曲線ペンツール

 2017 年 10 月リリースの新機能

曲線ペンツールを使用すると、滑らかな曲線と直線セグメントを同じように簡単に描画できます。直感的に使用できるこのツールを使用することで、デザインにおいて独特なシェイプを作成したり精密なパスを定義したりして、画像を簡単に微調整できます。作業中は、ツールを切り替えることなく、スムーズポイントやコーナーポイントの作成、切り替え、編集、追加、削除ができます。

この新ツールにはペンツールのグループからアクセスします。使い方については、曲線ペンツールの使用を参照してください。

Different-Pen-tools

Path-8 (1)
パスセグメントが曲線でも直線でも同じくらい簡単に描画できます

作品の手軽な配信

 2017 年 10 月リリースの新機能

作品のメールでの送信やいくつかのサービスへの配信が Photoshop でできるようになりました。ドキュメントをメールで配信する場合は、元のドキュメント(.psd ファイル)が送信されます。一部のサービスやソーシャルメディアチャンネルの場合は、ドキュメントが JPEG 形式に変換されてから配信されます。

Photoshop で、ファイル/共有を選択します。または、オプションバーの アイコンをクリックします。

詳しくは、手軽な配信を参照してください。

quick-share
macOS での共有オプション
quick-share-windows
Windows での共有オプション

注意:

共有パネルに表示されるサービスの一覧は、使用オペレーティングシステムの環境設定によって異なります。この環境設定は変更できます。例えば、macOS の共有パネルに対するサービスの追加や削除は、システム環境設定/機能拡張/共有メニューでおこないます。詳しくは、Apple サイトのページを参照してください。

可変フォント

 2017 年 10 月リリースの新機能

Photoshop で可変フォントがサポートされます。可変フォントは OpenType フォント形式の一種で、太さ、幅、スラント、オプティカルサイズなどのカスタム属性をサポートしています。このリリースの Photoshop には可変フォントがいくつか同梱されており、プロパティパネルで便利なスライダーコントロールを使用して太さ、幅、スラントを調節できます。該当スライダーを調節すると、現在の設定に最も近い文字スタイルが自動で選択されます。例えば、標準テキストスタイルのスラントを大きくすると、自動的に一種の斜体に変換されます。

可変フォントを探すには、文字パネルやオプションバーのフォントリストで名称に「variable」を含むフォントを探します。または、名前の横に アイコンが示されているフォントを探します。

関連情報については、フォントを参照してください。

font-slider-controls
スライダーコントロールによるフォント属性の調節
some-variable-fonts
フォントの一覧:可変フォントの一部

レイヤーのコピー&ペースト

 2017 年 10 月リリースの新機能

Photoshop でレイヤーをコピー&ペーストできるようになりました。ドキュメント内やドキュメント間で「コピー」、「ペースト」、「同じ位置にペースト」の各コマンドを使用します。

解像度の異なるドキュメント間でレイヤーをペーストした場合、ペーストされたレイヤーでは元のピクセルサイズが保持されます。カラーマネジメント設定や関連カラープロファイルによっては、読み込まれたデータのカラー情報の取り扱いに関する指定を求められることがあります。

詳しくは、レイヤーのコピーとペーストを参照してください。

Photoshop での Lightroom の写真へのアクセス

 2017 年 10 月リリースの新機能

同期済みの Lightroom の全写真に Photoshop のスタートワークスペースから直接アクセスできるようになりました。スタートワークスペースで「Lightroom の写真」タブをクリックします。次に、開く画像を選択し、「選択画像を読み込み」をクリックします。Photoshop の実行中に、Lightroom アプリのいずれかに保存されている写真またはアルバムを変更した場合は、「更新」ボタンをクリックすると変更が反映されます。「ほかの写真」をクリックすると、すべての写真が日付順にグリッド表示されます。

スタートワークスペースのほかにも、Photoshop での検索で、Lightroom の写真の検索、フィルター、並べ替え、読み込みができます。

詳しくは、以下を参照してください。

200_lr-photos-in-ps
Photoshop のスタートワークスペースにおける Lightroom の写真

リッチツールヒント

 2017 年 10 月リリースの新機能

Photoshop 各ツールの仕様がわかりやすくなりました。ツールパネルで特定のツールにポインターを合わせると、ツールの説明に加え、実際の動作を示すショートビデオが表示されます。

リッチツールヒントは、非表示に設定することも可能です。表示しない場合は、環境設定/ツール/リッチツールヒントを使用で選択を解除します。

v2_q-s-video
リッチツールヒント:クイック選択ツールの場合
v2_crop-tool-video
リッチツールヒント:切り抜きツールの場合

ラーニングパネル

 2017 年 10 月リリースの新機能

基本的なコンセプトやタスクに関する詳しいチュートリアルに、Photoshop から直接アクセスできるようになりました。このチュートリアルでは、写真の基本コンセプト、画像のレタッチや組み合わせ、グラフィックデザインの基本を取り上げています。

Photoshop で、ウィンドウ/ラーニングを選択します。

テクノロジープレビュー機能

テクノロジープレビュー機能は、使用前に環境設定/テクノロジープレビューで有効にしておく必要があります。

該当する機能について詳しくは、テクノロジープレビューを参照してください。

Microsoft Surface Dial サポート

 2017 年 10 月リリースの新機能

初期設定の状態:オン

Microsoft Surface Dial を Photoshop で使用すると、カンバスから目を離さずにツール設定を調節できます。ブラシスタイルの全ツールで、Dial をサイズ、不透明度、硬さ、流量、スムージングの調節に使用できます。

Photoshop では、Windows 10 の最新バージョン搭載の bluetooth 対応コンピューターで Surface Dial をサポートしています。

Dial-1-1
Photoshop の設定へのアクセス:回してブラシアイコンを選択し、Dial を押します。
Dial-2
調節したい設定を選択します。
Dial-3
設定の標準的な調整や微調整ができます。

AI アップスケール

 2017 年 10 月リリースの新機能

初期設定の状態:オン

Photoshop に人工知能を活かしたアップスケール機能が搭載されました。これにより、大事なディテールやテクスチャを保持しつつ画像サイズを変更でき、劣化が抑えられます。スキントーンや髪のきめはもちろん、輪郭のはっきりしたテキストやロゴなどのディテールも保持されます。きめを保つのに手間のかかるスープ、サラダ、ピザのような被写体でお試しください。

v2_AI_Upscale
人工知能を活かしたアップスケール(左)と従来のサイズ変更(右)

対称ペイント

 2017 年 10 月リリースの新機能

初期設定の状態:オフ

Photoshop のブラシ、鉛筆、消しゴムの各ツールで対称にペイントできるようになりました。これらのツールの使用中に、オプションバーのチョウのアイコン()をクリックします。いくつか用意されている対称タイプの中から選択します。ペイントストロークがその場で対称線の反対側に反映され、顔、自動車、動物などのスケッチが簡単になります。

この機能を選択するには、環境設定/テクノロジープレビュー/テクノロジープレビュー/対称ペイントを有効にするを選択します。

Pattern06 tile
対称ペイントを使用すれば、複雑なパターンを簡単に作成できます
v2_Ps-Paint-Symmetry
各種対称タイプ

選択とマスクの機能強化

 2017 年 10 月リリースの拡張機能

  • アルゴリズムが改良されました。これにより、描画色と背景色がきわめて近いケースで、描画色の減算結果の精度とリアルさが向上しています。
  • 元の選択範囲と艶消しの結果との合成機能が強化されています。
  • 透明表示モード設定が、クイックマスク表示モードと別になりました。透明の設定は「選択とマスク」と「クイックマスク」との間で共有されません。
  • オーバーレイ表示モードが、「白地」および「黒地」の透明設定と別になりました。

プロパティパネルの改善

 2017 年 10 月リリースの拡張機能

  • プロパティパネルでテキストレイヤーの行送りとトラッキングを調整できるようになりました。
  • プロパティパネルで、複数のテキストレイヤーのカラー、フォント、サイズなどの設定を調整できるようになりました。
  • プロパティパネルで、Adobe Stock アセットを使用できるようになりました。
    • アセット ID をクリックすると、stock.adobe.com/jp のアセットが表示されます。
    • プロパティパネルで、プレビュー画像のライセンスを取得できます。
    • 特定の画像に似たストックアセットを stock.adobe.com/jp で探すことができます。

Photoshop での球パノラマの編集

 2017 年 10 月リリースの新機能

各種カメラで撮影された正距円筒図法の球パノラマを Photoshop で編集できるようになりました。パノラマアセットが読み込まれており、そのレイヤーが選択されている状態で、3D/球パノラマ/選択したレイヤーから新規パノラマレイヤーを作成を選択すると、パノラマビューアが起動します。3D/球パノラマ/パノラマを読み込みを選択して、球パノラマをビューアに直接読み込むこともできます。

ビューアで開いたパノラマには、次のような各種操作をおこなうことができます。

  • カメラビューの回転
  • 視野の調整
  • すべての関連 Photoshop ツールおよびフィルターを使用した、パノラマに対するペイント

その他の機能拡張と修正

  • Apple の High Efficiency Image Format(HEIF)をサポートします。iPhone 7 Plus 以降のデバイスで作成された HEIF 画像ファイルに含まれている深度マップを、チャンネルに読み込むことができます。この機能を使用すると、フィルター/ぼかし/ぼかし(レンズ)で画像に被写界深度の効果を加えることができます。
  • ドキュメント作成(Cmd/Ctrl + N)の起動パフォーマンスの向上
  • 属性パネルの使いやすさの向上
  • Windows での起動時間の短縮
  • 一般的な描画や合成のパフォーマンス向上
  • ぼかし(表面)フィルターとノイズ/中間値フィルターのパフォーマンス向上
  • 「選択とマスク」ワークスペースにおける境界線を調整ツールの精度向上
  • 段落レベルのコンポーザー切り替えをフライアウトメニューでサポートしています。これにより、アセットをさまざまな配置で再利用できるようになりました。
  • Windows 10 での新しい環境設定( 環境設定/ワークスペース/UI を OS の設定に合わせる)を使用できるようになりました。この環境設定を使用すると、ディスプレイに直接描画している際に、コンテキストに応じた UI 要素、例えばポップアップメニューが手の下に表示されないようにできます。このオペレーティングシステム設定は、Windows のインクやスタイラスに関するシステム環境設定で管理できます。スタイラスとペアリングされたデバイスでのみ使用できます。
  • テキストをテキストレイヤーにペーストする際に、新しい編集/ペースト/書式なしでペーストコマンドを使用できるようになりました。このコマンドでは、元のテキストからスタイル属性を削除し、ペースト先のテキストレイヤーのスタイルを採用します。
  • Photoshop での検索で、Lightroom の写真に対する検索、フィルター、並べ替え、読み込みができるようになりました。
  • 顔のディテール保護の向上:レベル、トーン、階調、明るさ、コントラストの自動補正、コンテンツに応じた移動、スキントーンの色域指定
  • PNG 形式での保存で圧縮率が大幅に向上
  • 「コンテンツに応じた切り抜き」と「コンテンツに応じた塗りつぶし」のエッジにおける質の向上
  • フォントメニューのアイコン化:オプションバーや各種パネルのフォントリストに全フォントが表示されます。各ファミリーがアイコン化されてそれぞれポップアップサブメニューにまとめられており、マウスやキーボードでアクセスできます。
  • 「顔立ちを調整」にインテリジェントなディープラーニングによる顔認識を導入
  • 選択とマスクの問題を修正しました。境界線を調整ブラシを使用したソフトな半径でのブラシ操作でもハードエッジを作成できます。

変更点

  • Photoshop の以前のリリースにおけるブラシパネルが「ブラシ設定」に変わりました。
  • 以前のバージョンの Photoshop の「ブラシプリセット」の使い勝手が向上したほか、名称がブラシパネルへ変更されました。詳しくは、使い勝手が向上したブラシプリセット管理を参照してください。
  • このリリースにデバイスプレビュー機能はありません。
  • Creative Cloud ライブラリの自動吸い上げダイアログはこのリリースでは削除されています。
  • 環境設定/一般/ファイルを開くときに「最近使用したファイル」ワークスペースを表示する設定は使用できません。
  • macOS 10.13(High Sierra)以降で、UI の明るさが 2 つの暗い設定のどちらかに設定された場合に、フローティングドキュメントウィンドウで暗いタイトルバーが使用されます。
  • (MacBook Pro)Touch Bar 関連の変更:
    • Touch Bar でヒストリースクラバーを有効にする」環境設定がなくなりました。ヒストリースクラバーを無効にするには、Touch Bar レイアウトから対応するボタンを削除します。
    • ブラシの滑らかさを Touch Bar でコントロールできるようになりました。このコントロールを Touch Bar に追加するには、「Touch Bar のカスタマイズ」のユーザーインターフェイスを使用します。
  • 別名で保存」オプションを使用して作成された PNG ファイルの圧縮率が向上しています。また、画像を PNG アセットとして保存するオプションが変更され、ユーザーエクスペリエンスが強化されています。
png-export
画像を PNG として保存するための新オプション

既知の問題

  • 選択とマスクワークスペースで境界線を調整ブラシを使用していると、Photoshop が反応しなくなることがあります。この問題を回避するには、環境設定/パフォーマンス/詳細設定/OpenCL を使用の選択を解除します。
  • (OS X 10.11 を実行している単一 GPU の MacBook のみ)境界線調整ブラシの使用時に、レタッチ操作をおこなっている画像領域のエッジに沿って、重度の画質低下が発生する場合があります。この問題を回避するには、macOS の最新バージョンにアップグレードするか、OpenCL をオフ(環境設定/パフォーマンス/詳細設定/OpenCL を使用の選択を解除)にします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー