このセクションでは、After Effects CC 2014 のレイトレース 3D レンダラー用のサポートされる GPU のリストを示します。

次のリンク先で、After Effects および Premiere Pro の必要システム構成を参照できます:

Windows CUDA

  • GeForce GTX 285
  • GeForce GTX 470
  • GeForce GTX 570
  • GeForce GTX 580
  • GeForce GTX 590
  • GeForce GTX 670
  • GeForce GTX 675MX
  • GeForce GTX 680
  • GeForce GTX 680MX
  • GeForce GTX 690
  • GeForce GTX 760
  • GeForce GTX 770
  • GeForce GTX 780
  • GeForce GTX TITAN
  • GeForce GT 650M
  • Quadro CX
  • Quadro FX 3700M
  • Quadro FX 3800
  • Quadro FX 3800M
  • Quadro FX 4800
  • Quadro FX 5800
  • Quadro 2000
  • Quadro 2000D
  • Quadro 2000M
  • Quadro 3000M
  • Quadro 4000
  • Quadro 4000M
  • Quadro 5000
  • Quadro 5000M
  • Quadro 5010M
  • Quadro 6000
  • Quadro K2000
  • Quadro K2100M
  • Quadro K3000M
  • Quadro K3100M
  • Quadro K4000
  • Quadro K4000M
  • Quadro K4100M
  • Quadro K5000
  • Quadro K5000M
  • Quadro K5100M
  • Quadro K6000
  • Tesla C2075

Mac OS

  • GeForce GTX 285
  • GeForce GTX 675MX
  • GeForce GTX 680
  • GeForce GTX 680MX
  • GeForce GT 650M
  • Quadro CX
  • Quadro FX 4800
  • Quadro 4000
  • Quadro K5000

After Effects でのテストされておらず、サポートされていない GPU の使用

2013 年 10 月リリースの After Effects CC で、編集/環境設定/プレビュー/GPU 情報の下に、ユーザーに対してテストされておらず、サポートされていない GPU の使用を有効にする新しいオプションが導入されました。「「レイトレース 3D レンダラーの CUDA 高速処理のためにテストされておらず、サポートされていない GPU を有効にする」チェックボックスをオンにすると、After Effects は GPU 高速処理レイトレース 3D レンダラーを、最小要件を満たしている GPU と一緒に使用します。

以前のバージョンの After Effects では、設置されているハードウェアがテスト済みでサポートされている GPU のリストにない場合、GPU メニューアイテムが無効になり(グレーアウト)、メニューの下に「GPU を使用できません - 互換性のないデバイスまたはディスプレイドライバーです」というテキストが表示されていました。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー