説明

入力パス文字列の標準パス文字列を返します。この関数は、絶対パスだけでなく、"." および ".." などの省略形や冗長な名前も解決します。また、Windows のドライブ文字も解決します。

戻り値

解決されたファイルパスです。

カテゴリ

システム関数

関数のシンタックス

GetCanonicalPath(path)

関連項目

FileOpen

履歴

ColdFusion(2018 リリース)アップデート 1:関数が追加されました。

ColdFusion(2016 リリース)アップデート 7:関数が追加されました。

パラメーター

パラメーター

説明

パス

ディレクトリまたはファイルの絶対パスまたは相対パスです。

<cfscript>
	file1 = createObject("Java", "java.io.File")
	file1="C:/foo/bar/tmp/a.txt/"
	file2="c:\abc\..\abc\file.txt"
	writeOutput(getCanonicalPath(file1))
	writeOutput(getCanonicalPath(file2))
</cfscript>

出力

C:\foo\bar\tmp\a.txt 

C:\abc\file.txt

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー