Adobe Color では強力な色調和エンジンを利用して、アドビ製品で利用する美しいカラーテーマを作成できます。カラーコミュニティフォーラムでテーマを探索する、カラーの旅を始めましょう。Behance と Adobe Stock から選び抜かれたトレンドギャラリーの他のクリエイティブからインスピレーションを受けています。写真と画像をインポートして、アートワークから凝集性のあるカラーパレットを生成します。保存されたカラーテーマは、Creative Cloud に自動的に同期され、デスクトップおよびモバイルアプリケーションのライブラリパネルからすぐに使用できます。カラーツールは、デスクトップやモバイルで使用するか、Android デバイスまたは iOS デバイスに Adobe Capture をインストールして使用します。

次の手順を実行して、カラーテーマを作成します。

  1. 作成」タブを開きます。

  2. メニューから「カラーハーモニールール」を選択します。  

  3. カラースウォッチを変更するには、カラーホイール上のマーカーをドラッグして移動させます。

  4. 現在の「ライブラリ」を選択してカラーテーマを保存するか、ドロップダウンリストを使用して新しい「ライブラリ」を作成してください。

  5. カラーテーマに名前を付けて、タグを選択します。

  6. カラーテーマをコミュニティフォーラムと共有するには、「カラーに公開」の設定を切り替えます。

  7. 保存」をクリックします。カラーテーマは選択した「ライブラリ」にあります。

カラーホイールは、カラー理論の規則を基にプリセットを使うことで、直感的にカラーパレットの選択ができるように設計されています。制御ルールなしで、ホイールからカスタムカラーパレットを作成することもできます。カラールールは、選択したベースカラーに従って適用されます。

カラーハーモニールールについてさらに詳しく説明します。

ベースカラー(カラーテーマの中心のスウォッチ)は、自分が適用したカラーハーモニールールによって決められたカラーテーマでその他のカラースウォッチの位置を制御するメインカラーです。

HEX コードを入力するか、カラーモードスライダーを使用するか、あるいはカラーホイールのベースカラーセレクターをドラッグして、ベースカラーを設定します。ベースカラーを変更すると、ホイールの重要な配置を維持しながら、選択したカラールールに従って他のカラーセレクターも同時に動きます。 

  1. 「作成」タブにある、「画像から抽出」を選択します。

  2. 「ファイル」をドラッグ&ドロップするか、「ファイルを選択」をクリックしてコンピューターからファイルをアップロードします。

  3. カラー抽出に適用するカラームードを選択します。画像上のマーカーをドラッグすることで、カラーを手動で選択することもできます。

  4. 現在の「ライブラリ」を選択して保存するか、ドロップダウンリストを使用して新しい「ライブラリ」を作成してください。 

  5. カラーテーマに名前を付けて、タグを選択します。

  6. カラーテーマをコミュニティフォーラムと共有するには、「カラーに公開」の設定を切り替えます。

  7. 保存」をクリックします。カラーテーマは選択した「ライブラリ」にあります。

カラームードとは、画像から調和のとれたテーマを抽出する時の色調の選択方法のことです。選択したムードにより、次の 2 つの変数が決まります。

  • 各シェードに含まれる色の鮮やかさ(彩度)
  • 各シェードに含まれる黒色の量(明度)

「明るい」彩度が高く、明度が低い。

「暗い」彩度が低く、明度が低い。

「濃い」彩度が高く、明度が低い。

「淡い」彩度が低く、明度が高い。

公開しているカラーテーマは、Adobe Color テーマの URL で共有できます。非公開のカラーテーマを共有するには、Web 上の Creative Cloud ライブラリにアクセスして、テーマのライブラリを選択します。ライブラリの共同編集者として、共有したい人を招待します。Creative Cloud モバイルアプリケーションからカラーテーマを共有することもできます。

カラーテーマは、「自分のテーマ」タブから編集できます。「ライブラリ」と「テーマ」を選択して、「編集」をクリックします。テーマは、「ワークフローの作成」で開きます。そこから自分で調整できます。調整が終わったら「更新」をクリックし、変更を保存します。

マイテーマ」タブでカラーテーマを削除するには、「ライブラリ」を開き、削除アイコン  をクリックします。また、メニューから「削除」を選ぶことで、個人のテーマページからでもカラーテーマを削除できます。

注意:カラーテーマを削除しても、「ライブラリ」内のテーマのコピーにのみ影響します。テーマを非公開にする場合は、カラーテーマを非公開にする方法の節を参照してください。

カラーテーマをコミュニティフォーラムと共有するには、「ワークフローの作成」でテーマを保存する前に「カラーに公開」の設定を切り替えます。

テーマの公開を選択すると、テーマの 2 番目の公開コピーが作成され、「検索」ページの「検索結果」で利用可能になり、検索エンジンからインデックスも作成されます。他のユーザーのコレクションをコピーして保存することもできます。「ライブラリ」からテーマを削除する場合は、別々に非公開にする必要もあります。公開テーマを非公開にしても、ライブラリのコピーは削除されません。 

公開テーマを非公開にするには、「探索」ページに移動してフィルタリングドロップダウンリストから自分の公開テーマを選択します。非公開にするテーマを見つけ、削除アイコンをクリックして、テーマの公開コピーを永続的に削除します。ライブラリの非公開のコピーは残ります。

注意:

カラーテーマを非公開にしても、Adobe Color コミュニティ内のテーマの公開コピーにのみ影響します。自分の「ライブラリ」からもテーマを削除する場合は、カラーテーマを削除する方法」の節を参照してください。

カラーテーマはすべて、「ライブラリ」に自動的に保存されます。「ワークフローの作成」または新しい「ライブラリ」の作成にある「保存先」ドロップダウンから、別の「ライブラリ」を選択できます。

デスクトップアプリケーションでは、カラーテーマが「ライブラリパネル」で利用できます。カラーテーマは、Adobe Color テーマパネルで他の探索と作成のツールと一緒に見つけることができます。様々なデスクトップアプリケーションの Adobe Color テーマパネルについて詳しくは、前の質問のアプリケーションサポート表にあるチュートリアルを参照してください。 

自分のカラーテーマは、最後のタブの下にあるモバイルアプリケーションのカラーパネルにあります。このパネルには、現在のライブラリフォルダーの名前が表示されます。「ライブラリの変更」を選択して、別のライブラリを選択できます。

「ワークフローの作成」にある「保存先」のドロップダウンで、別のライブラリを選択するか、新規ライブラリを作成します。

カラーテーマは、ASE として、LESS、CSS、SASS、および XML 形式でダウンロードできます。

ギャラリーから、テーマのサムネイル上にあるダウンロードアイコンをクリックして、カラーテーマの ASE をダウンロードします()。テーマページに移動して「ダウンロード」を選択し、ドロップダウンリストから形式を選ぶと、カラーテーマが様々な形式でダウンロードできます。

Illustrator のスウォッチパネルから、フライアウトメニューを使用してスウォッチライブラリを開く/その他ライブラリを選択し、.ase ファイルに移動して選択します。個々のスウォッチをクリックすると、スウォッチパネルに追加され、アクティブなカラーが設定されます。Illustrator でのスウォッチの操作について詳しくは、ここをクリックしてください。

Photoshop のスウォッチパネルで「スウォッチを読み込む」を選択して、フライアウトメニューを使用します。.ase ファイルに移動して選択します。個々のスウォッチをクリックすると、アクティブなカラーが設定されます。Photoshop でのスウォッチの操作について詳しくは、ここをクリックしてください。

InDesign のスウォッチパネルから、「スウォッチを読み込む」を選択して、フライアウトメニューを使用します。.ase ファイルに移動して選択します。Pantone カラーは、スウォッチファイルに指定された独自のフォルダーにロードされます。個々のスウォッチをクリックすると、アクティブなカラーが設定されます。InDesign でのスウォッチの操作について詳しくは、ここをクリックしてください。

マイテーマ」タブを選択し、表示したいカラーテーマの「ライブラリ」を選択します。

探索」タブを選択し、コミュニティフォーラム、Behance、および Adobe Stock カラーテーマの選りすぐりのフィードを表示するか、タイトル、タグ、カラー、または Hex コードで検索して自分のジャーニーをカスタマイズします。

Adobe Color には、カラーテーマの 3 つのソースがあります。Adobe Stock 画像、Behance プロジェクト、および Adobe Color コミュニティフォーラムです。公開テーマからテーマを保存すると、そのコピーがライブラリに保存されます。Adobe Stock または Behance からテーマを保存すると、カラーテーマのみのコピーが画像なしでライブラリに保存されます。

Adobe Stock 画像のライセンスも希望される場合は、テーマページで Adobe Stock アイコンをタップして Adobe Stock ウェブサイトにアクセスしてください。

特定のテーマを作成した Behance アーティストによるプロジェクトをもっと見たい場合は、クリックしてテーマページを開き、その名前を選択して Behance プロファイルを表示します。 

ハートのアイコン をクリックすることで、自分を刺激するカラーテーマへの評価を示すことができます。

注意:

評価できるのは Adobe Color テーマのみで、Behance のカラーテーマと Adobe Stock テーマにはできません。 

カラーテーマをライブラリに追加するには、ギャラリービュー内のライブラリに追加アイコン  をクリックするか、テーマページの「ライブラリに追加」を選択します。保存するライブラリは、ページ上部のライブラリドロップダウンから変更できます。

トレンドギャラリーは、Behance および Adobe Stock のキュレーターが厳選したコレクションです。これらのギャラリーは、これらのコミュニティの最高のものからの現在の傾向とインスピレーションを与えるコンテンツを反映しています。  

ダークモードは、暗い背景に対して色を視覚化するのに役立ちます。トップメニューバーで月のアイコン  をクリックして利用できます。トップメニューから太陽アイコン  をクリックすると、ダークモードをオフにできます。

パントンカラー

Adobe Color のカラーテーマが、印刷、テキスタイル、製造で使用される Pantone® カラーに即座に変換できるようになりました。デザインを作成するときに、Adobe アプリケーションでこれらのカラーを使用します。  

テーマを開き、下にスクロールしてパントンマッチに進みます。パントンマッチのメニューを開き、使用したいパントンブックを選択します。スウォッチは自動的に Pantone カラーに変換されます。カラー情報を含む画像、またはパントンカラーを追加するために使用できる ASE ファイルを Adobe アプリケーションのスウォッチパネルにダウンロードできます。

Pantone カラーテーマは、ライブラリパネルで使用できます。Photoshop では、テーマのスウォッチをダブルクリックして、アクティブなカラーに追加します。Illustrator と InDesign では、テーマを右クリックして「テーマをスウォッチに追加」を選択します。

Illustrator でのスウォッチの操作について詳しくは、ここをクリックしてください。

InDesign でのスウォッチの操作について詳しくは、ここをクリックしてください。