マニュアル キャンセル

InDesign の Creative Cloud ライブラリ

  1. InDesign ユーザーガイド
  2. InDesign とは
    1. InDesign の概要
      1. InDesign の新機能
      2. 必要システム構成
      3. よくある質問
      4. Creative Cloud ライブラリの使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. Toolbox
      3. 環境設定の指定
      4. タッチワークスペース
      5. 初期設定のキーボードショートカット
      6. ドキュメントの復元と取り消し
      7. Capture の拡張機能
  3. ドキュメントの作成とレイアウト
    1. ドキュメントとページ
      1. ドキュメントの作成
      2. 親ページの使い方
      3. ドキュメントページで作業する
      4. ページサイズ、マージン、裁ち落としの設定
      5. ファイルとテンプレートを使用した作業
      6. ブックファイルの作成
      7. 基本的なページ番号の追加
      8. ページ、章、セクションの番号の設定
      9. QuarkXPress および PageMaker ドキュメントの変換
      10. コンテンツの共有
      11. ファイル管理の基本ワークフロー
      12. ドキュメントの保存
    2. グリッド
      1. グリッド
      2. グリッドの書式設定
    3. レイアウト補助
      1. 定規
  4. コンテンツの追加
    1. テキスト
      1. テキストのフレームへの追加
      2. テキストの連結
      3. アラビア語版およびヘブライ語版の機能(InDesign)
      4. パステキストの作成
      5. 箇条書きと自動番号の使用
      6. グリフと特殊文字
      7. テキスト組版
      8. テキスト変数
      9. QR コードの作成
      10. テキストの編集
      11. テキストの行揃え
      12. オブジェクトへのテキストの回り込み
      13. アンカー付きオブジェクト
      14. リンクコンテンツ
      15. 段落の書式設定
      16. 文字の書式設定
      17. 検索と置換
      18. スペルチェックと言語の辞書
    2. テキスト編集
      1. InDesign でのフォントの使用
      2. カーニングと字送り
    3. テキストの書式設定
      1. テキストの書式設定
      2. タブおよびインデント
    4. レビューテキスト
      1. 変更のトラックとレビュー
      2. InDesign での注釈の追加
      3. PDF コメントの読み込み
    5. 参照を追加
      1. 目次の作成
      2. 脚注
      3. 索引の作成
      4. 文末脚注
      5. キャプション
    6. スタイル
      1. 段落スタイルと文字スタイル
      2. オブジェクトスタイル
      3. ドロップキャップと先頭文字スタイル
      4. スタイルの操作
      5. 行送り
      1. 表の書式設定
      2. 表の作成
      3. 表およびセルのスタイル
      4. 表の選択と編集
      5. 表の罫線および塗り
    7. インタラクティブ機能
      1. ハイパーリンク
      2. ダイナミック PDF ドキュメント
      3. ブックマーク
      4. ボタン
      5. フォーム
      6. アニメーション
      7. 相互参照
      8. PDF の構造化
      9. ページ効果
      10. ムービーとサウンド
      11. フォーム
    8. グラフィック
      1. パスとシェイプ
      2. 鉛筆ツールを使用した描画
      3. ペンツールを使用した描画
      4. 線の設定の適用 
      5. 複合パスと複合シェイプ
      6. パスの編集
      7. クリッピングパス
      8. 角の形状の変更
      9. オブジェクトの整列と分布
      10. リンクと埋め込み画像
      11. AEM Assets の統合
    9. カラーと透明度
      1. カラーの適用
      2. 配置したグラフィックのカラーの使用
      3. スウォッチを使用した作業
      4. インキの混合
      5. 濃淡
      6. 特色とプロセスカラー
      7. ブレンドカラー
      8. グラデーション
      9. 透明が使用されているアートワークの統合
      10. 透明効果の追加
  5. 共有
    1. 共有とコラボレーション        
    2. レビュー用に共有
    3. 共有された InDesign ドキュメントをレビュー
    4. フィードバックの管理 
  6. 公開
    1. 書き出しと公開
      1. Publish Online
      2. EPUB へのコンテンツの書き出し
      3. Adobe PDF オプション
      4. HTML へのコンテンツの書き出し
      5. Adobe PDF への書き出し
      6. JPEG 形式での書き出し
      7. HTML 形式で書き出し
      8. DPS および AEM Mobile の概要
    2. プリント
      1. ブックレットのプリント
      2. トンボと裁ち落とし
      3. 文書のプリント
      4. インキ、色分解、スクリーン線数
      5. オーバープリント
      6. PostScript ファイルと EPS ファイルの作成
      7. 入稿前のプリフライトファイル
      8. サムネールと用紙サイズより大きいドキュメントの印刷
      9. 印刷・出力会社用の PDF の準備
      10. 色分解出力の準備
  7. InDesign の拡張
    1. 自動化
      1. データ結合
      2. プラグイン
      3. InDesign で拡張機能をキャプチャする
      4. スクリプト
  8. トラブルシューティング
    1. 修正された問題
    2. 起動時のクラッシュ
    3. 環境設定フォルダー読み取り専用エラー
    4. ファイルの問題のトラブルシューティング
    5. PDF の書き出し不可
    6. InDesign 文書復旧

Creative Cloud ライブラリは、デザインアセットのコレクションです。いくつかの種類のデザインアセットを Creative Cloud ライブラリに追加できます。InDesign の CC ライブラリでは、次のアセットをサポートしています。カラー、カラーテーマ、段落スタイル、文字スタイル、グラフィック

 InDesign では、ブラシスタイルとレイヤースタイルのアセットはサポートされていません。

Creative Cloud ライブラリの利点

Creative Cloud ライブラリは、クリエイティブアセットの整理、参照、アクセスに役立ちます。例えば、特定のプロジェクトで最も頻繁に使用されるすべてのコンポーネントを含む Creative Cloud ライブラリを作成することができます。

  • 集約:様々なドキュメントやプロジェクトからコンポーネントを収集します。
  • 整理:ワークフローやクリエイティブプロジェクト別のライブラリにコンポーネントを分類することができます。
  • 共同作業:ライブラリのアセットやコンポーネントを他のユーザーと共有できます。 他のユーザーは、共有ライブラリ内のアイテムを使用して作業したり、さらに別のユーザーと共有したりできます。
  • 管理/表示/アクセス:複数のコンピューターとツールでコンポーネントを使用します。 例えば、InDesign、Photoshop、Illustrator 間で使用できます。
  • 再利用:必要なときに必要な場所で、コンポーネントを繰り返し使用します。

ライブラリパネルの概要

Creative Cloud Libraries は、InDesign の CC ライブラリ パネルに表示されます。 複数のコンピューターで同じ Adobe ID を使用してライブラリを作成した場合、アセットとライブラリはどのコンピューターの CC ライブラリパネルにも、すべて表示されます。

CC ライブラリ パネルを使用すると、以下の操作を行うことができます。

  • Creative Cloud ライブラリを作成、表示、名前変更、削除および使用します。
  • Creative Cloud ライブラリのアセットを追加、削除、編集および名前変更します。
  • Creative Cloud ライブラリのアセットを並べ替えて表示します。

ライブラリパネルを開く

CC ライブラリパネルを開くには、ウィンドウCC ライブラリを選択します。 新しい Creative Cloud ライブラリを作成するには、ライブラリパネルメニューを選択し、「新規ライブラリを作成」を選択します。 無関係なライブラリを削除するには、ライブラリを選択して「削除」を選択します。 ライブラリの名前を変更するには、ライブラリを選択して、「名前を変更」を選択します。

 アセットを InDesign オブジェクトライブラリから、新しいまたは既存の Create Cloud ライブラリに移行できます。 詳しくは、「オブジェクトライブラリのアセットの CC ライブラリへの移行」を参照してください。

ライブラリアセットの操作:カラー

 使用できるカラーアセットにマウスポインターを合わせると、カラーの名前と 16 進コードが表示されます。

ドキュメント内のオブジェクトからのカラーの追加

  1. 現在のドキュメント内のテキストまたはオブジェクトを選択します。

  2. 線のカラーを CC ライブラリに追加するには、CC Libraries パネルで「線のカラーを追加」アイコンをクリックします。

     線のカラーを追加アイコンは、選択したオブジェクトまたはテキストに線が適用された場合にのみ有効になります。

  3. 塗りのカラーを CC ライブラリに追加するには、CC Libraries パネルで「塗りのカラーを追加」アイコンをクリックします。

カラーは、CC ライブラリパネルのカラーカテゴリーにスウォッチとして追加されます。

スウォッチパネルからのカラースウォッチの追加

  1. スウォッチパネル(ウィンドウカラースウォッチ)を開きます。

  2. パネルから少なくとも 1 つのスウォッチを選択します。

    現在の CC ライブラリに、グループ内の次のタイプのスウォッチをすべて追加するには、スウォッチパネルでそのグループのタイトルを選択します。

    • プロセス(CMYK、RGB、Lab)
    • スポット(CMYK、RGB、Lab)
    • ANPA、FOCOLTONE、TRUMATCH など
  3. 選択した CC ライブラリに選択したスウォッチを追加をクリックします。

 グループ内のスウォッチを追加するとき、「選択した CC ライブラリに選択したスウォッチを追加」ボタンは、そのグループに少なくとも 1 つのサポートされたスウォッチが含まれる場合にのみ有効になります。

  • プロセス(CMYK、RGB、Lab)
  • スポット(CMYK、RGB、Lab)
  • ANPA、FOCOLTONE、TRUMATCH など

スウォッチは、CC ライブラリパネルのカラーカテゴリーに追加されます。

グループが選択されている場合は、サポートされているすべてのスウォッチが現在のライブラリに追加されます。

CC ライブラリへのカラーテーマの追加

  1. Color テーマツールを使用して、現在のドキュメント上の画像からカラーテーマを生成できます。

    InDesign ドキュメント上の画像からカラーテーマを生成する方法について詳しくは、Color テーマツールを使用したカラーテーマの生成を参照してください。

  2. Color テーマツールで、「現在の CC ライブラリにこのテーマを追加をクリックします。

画像テーマは、現在の CC ライブラリパネルのカラーテーマカテゴリーに追加されます。

CC ライブラリのカラーまたはカラーテーマのスウォッチパネルへの追加

  1. CC ライブラリパネルでカラーテーマまたは 1 つ以上のカラーを右クリックします。

  2. コンテキストメニューから「スウォッチに追加」または「テーマをスウォッチに追加」をそれぞれ選択します。

ドキュメント内のオブジェクトとテキストへのカラーの適用

  1. アクティブな InDesign ドキュメント内のオブジェクトまたはテキストを選択します。

  2. CC ライブラリパネルでライブラリ内のカラーをクリックします(カラーはアクティブなプロキシに適用されます(塗りまたは線))。

  3. カラーの塗りを適用するには、カラーを右クリックし、「カラーを設定」を選択します。

 プロキシを使用して、オブジェクトまたはテキストの塗りまたは線のプロパティに適用するカラーを指定します。

CC ライブラリでのカラーの編集

  1. CC ライブラリパネルでカラーを右クリックし、「編集」を選択します。

  2. カラーピッカーダイアログを使用してカラーを選択し、「OK」をクリックします。

ライブラリアセットの操作:段落スタイルと文字スタイル

InDesign 段落スタイルまたは文字スタイルを CC ライブラリに追加し、ドキュメント、デバイス、またはユーザー間でこれらを共有できます。段落スタイルまたは文字スタイルは、ドキュメントのテキスト、段落パネル、文字パネルから、または、新規文字スタイルまたは新規段落スタイルダイアログボックスから追加できます。 

 ライブラリアセットの操作テキストスタイルは名前が変更されており、テキストスタイルの下に分類されていたアセットは、文字スタイルカテゴリーで使用できるようになりました。

ドキュメント内のテキストからの段落スタイルまたは文字スタイルの追加

  1. 現在の CC ライブラリに追加する必要がある文字スタイルまたは段落スタイルを適用する(現在のドキュメント上の)テキストを選択します。

  2. CC ライブラリパネルで「段落スタイルを追加」または「文字スタイルを追加 をクリックします。

CC ライブラリパネルで、段落スタイルまたは文字スタイルが「段落スタイル」または「文字スタイル」カテゴリーにそれぞれ追加されます。

段落スタイルパネルまたは文字スタイルパネルからの段落スタイルまたは文字スタイルの追加

  1. 次の場所から、文字スタイルパネルまたは段落スタイルパネルを開きます。

    • ウィンドウスタイル文字スタイル
    • ウィンドウスタイル段落スタイル
  2. パネルから少なくとも 1 つのスタイルを選択します。

    現在の CC ライブラリにグループ内のすべてのスタイルを追加するには、「段落スタイルまたは文字スタイル」パネルでそのグループのタイトルを選択します。

  3. 現在の CC ライブラリに選択したスタイルを追加をクリックします。

選択した段落スタイルまたは文字スタイルが、CC ライブラリパネルの「文字スタイルまたは段落スタイル」カテゴリーに追加されます。

グループを選択すると、すべての段落スタイルまたは文字スタイルが現在のライブラリに追加されます。

新規段落スタイルまたは新規文字スタイルダイアログからの段落スタイルまたは文字スタイルの追加

  1. 次の場所から、文字スタイルパネルまたは段落スタイルパネルを開きます。

    • ウィンドウ/スタイル/文字スタイル
    • ウィンドウ/スタイル/段落スタイル
  2. フライアウトメニューから、「新規文字スタイル」または「新規段落スタイル」を選択します。

  3. 新規文字スタイルまたは新規段落スタイルダイアログで、新しいスタイルを作成するためのオプションを指定します。

    詳しくは、段落スタイルと文字スタイルの追加を参照してください。

  4. 「CC ライブラリに追加」をオンにし、ドロップダウンリストから目的の CC ライブラリを選択するか、「新規ライブラリを作成」オプションを選択します。

  5. 「OK」をクリックし、新しいスタイルを作成すると同時に、選択した CC ライブラリにそのスタイルを追加します。

CC ライブラリパネルで、新しく作成された段落スタイルまたは文字スタイルが「段落スタイル」または「文字スタイル」カテゴリーにそれぞれ追加されます。

ドキュメント内のテキストに、CC ライブラリの 1 つの段落スタイルまたは文字スタイルを適用

  1. アクティブな InDesign ドキュメント内のテキストオブジェクトを選択します。

  2. 選択した CC ライブラリのスタイルを右クリックし、「段落スタイルを適用」または「文字スタイルを適用」を選択します。

CC ライブラリパネルから適用された文字スタイルと段落スタイルが、InDesign のそれぞれのパネルにスタイルとして追加されます。

また、すべてのスタイルの階層も維持されます。例えば、段落スタイル 2段落スタイル 1 を基に作成され、入れ子になった文字スタイル 1 があるとします。この場合、段落スタイル 1文字スタイル 1 の両方がそれぞれのパネルに追加されます。また、段落スタイル 2 は、段落スタイルパネルに追加されます。

 文字スタイルまたは段落スタイルに、ローカルコンピューター上で関連付けられているフォントがない場合は、警告アイコンが CC ライブラリパネルのスタイルのサムネールの右下隅に表示されます。

CC ライブラリのスタイルを段落パネルまたは文字パネルに追加

  1. CC ライブラリパネルで 1 つ以上の段落スタイルまたは文字スタイルを選択します。

  2. 選択したスタイルを右クリックし、「段落スタイルに追加」または「文字スタイルに追加」を選択します。

ライブラリアセットの操作:グラフィック

ドキュメントからグラフィックを追加するには、ドキュメント内の InDesign アセットを選択し、CC ライブラリパネルの「グラフィックを追加」を選択します。 アセットが CC ライブラリパネルのグラフィックカテゴリーに InDesign スニペットとして追加されます。 Adobe Stock のグラフィックを InDesign ライブラリに追加することもできます。 詳しくは、「InDesign での Adobe Stock の使用」を参照してください。

ドラッグ&ドロップまたは右クリックメニューを使用した CC ライブラリグラフィックの配置

  1. グラフィックを CC ライブラリパネルからドキュメントにドラッグ&ドロップします。

     グラフィックをドラッグ&ドロップすると、既定では、リンクされたグラフィックとして配置されます。 埋め込みグラフィックとして配置するには、Alt キーとドラッグ&ドロップを組み合わせて使用します。

    1 つ以上のグラフィックをドキュメントに配置するには、CC ライブラリパネルでそのグラフィックを右クリックして選択します。

    コピーを配置:InDesign アセットをスニペットとして配置するか、グラフィックを他の Creative Cloud アプリケーション(Photoshop、Illustrator など)から埋め込みます。

    リンクされたグラフィックとして配置:グラフィックを他の Creative Cloud アプリケーション(PhotoShop、Illustrator など)から、ライブラリにリンクされたグラフィックとして配置します。

     InDesign アセットをドキュメントにリンクされたグラフィックとして配置することはできません。このため、InDesign アセットを右クリックして「リンクされたグラフィックとして配置」オプションを使用することはできません。

  2. 1 つ以上のグラフィックを配置するのに右クリックメニューを使用した場合、そのグラフィックはプレースガンに追加されます。

    プレースガンを使用して、ドキュメントにグラフィックを選択的に追加します。

「CC ライブラリから配置」メニューオプションを使用した CC ライブラリグラフィックの配置

  1. ファイルCC ライブラリから配置を選択します。

    CC ライブラリパネルをフィルターしてグラフィックカテゴリーのみを表示します。

  2. グラフィックをクリックし、「配置」をクリックします。

    アセットが InDesign プレースガンに追加されます。

  3. プレースガンを使用して、ドキュメントにグラフィックを配置します。

リンクされたグラフィックをドキュメントに配置した場合、グラフィックは InDesign リンクパネルに表示されます。

リンクパネル内の各グラフィックの右にあるアイコンは、グラフィックがリンクされているか 、または埋め込まれているか を示します。

CC ライブラリパネルでリンクされたグラフィックを配置するには、グラフィックを右クリックし、「CC ライブラリで表示」を選択します。

CC ライブラリでの InDesign アセットの編集

  1. アセットを右クリックし、「編集」を選択します。

    アセットが InDesign ドキュメントウィンドウに開きます。

  2. 必要な変更を行い、アセットを保存します。

    アセットが InDesign プレースガンに追加され、変更内容が CC ライブラリのアセットに反映されます。

CC ライブラリアセットの再リンク

InDesign ドキュメントに配置したグラフィックは CC ライブラリ内のグラフィックに再リンクできます。配置されたグラフィックを、ローカルコンピューター上のグラフィックファイルに再リンクすることもできます。

  1. グラフィックを CC ライブラリグラフィックに再リンクするには、グラフィックを右クリックし、「CC ライブラリに再リンク」を選択します。

  2. ローカルのグラフィックファイルに再リンクするには、グラフィックを右クリックし、「再リンク」を選択します。

ドキュメントから Creative Cloud ライブラリへテキストオブジェクトを追加し、他のユーザーやアプリケーション間で共有できます。ライブラリ内のテキストアセットでは、元々適用されていた文字スタイル、段落スタイル、その他の属性が保持されます。InDesign または Illustrator のドキュメント間でライブラリ内のテキストアセットを再利用できます。

テキストオブジェクトに効果と外観が適用されている場合は、それらを保持するためにライブラリにグラフィックアセットとして追加する必要があります。

テキストアセットの追加

アクティブな InDesign ドキュメントにテキストを追加するには、テキストオブジェクトを選択し、CC ライブラリパネルでクリックし、メニューから「テキスト」を選択して「追加」をクリックします。

ドキュメント内でのテキストアセットの使用

次のいずれかの操作を行います。

  • CC ライブラリパネルのテキストアセットを右クリックし、次のいずれかのオプションを選択します。
    • リンクされたグラフィックとして配置:リンクパネルでリンクを作成し、リンクを CC ライブラリアセットと一緒に保持します。アセットを更新すると、ドキュメント上のリンクされたテキストアセットが更新されます。スタイル情報も、文字スタイル/段落スタイルと一緒にそのまま保持されます。
    • コピーを配置:リンクを作成しません。CC ライブラリのテキストアセットを更新しても、ドキュメント上のテキストアセットは更新されません。スタイル情報は文字スタイル/段落スタイルと一緒にそのまま保持されます。
    • スタイルなしで配置:リンク情報もスタイル情報もなしで、テキストのみが提供されます。
  • テキストフレーム内にポインターを置き、CC ライブラリパネルでテキストアセットを右クリックし、「Place Inline(インラインで配置)」を選択します。
  • アセットをドキュメントにドラッグして、リンクされたテキストアセットを作成します。
  • リンクされていないテキストアセットを作成するには、Alt キーを押したままアセットをドラッグします。

 デフォルトでは、InDesign は文字/段落と属性を保持したままテキストアセットをドキュメントに配置します。 テキストアセットをこれらの関連スタイルがないプレーンテキストとしてドキュメントで使用する場合は、CC ライブラリパネルでテキストアセットを右クリックし、コンテキストメニューから「スタイルなしで配置」を選択します。

Illustrator との連携

ライブラリに追加されたテキストアセットは、Illustrator のライブラリパネルからも使用できます。この 2 つのアプリケーションでテキストアセットを編集および使用できます。ライブラリパネルのリストビューで、ライブラリパネルのテキストアセットの右側に表示されるアイコンによって、作成元のアプリケーションが示されます。

詳しくは、Illustrator と InDesign の共有テキストアセットのレンディションを参照してください。

テキストアセットの編集

CC ライブラリパネルで、次の手順に従います。

  1. テキストアセットを右クリックし、「編集」を選択します。

  2. InDesign ドキュメントが開いたら、アセットを編集します。 

  3. ドキュメントを保存します。

テキストアセットは Creative Cloud ライブラリ内で更新され、サムネールが自動的に更新されます。また、リンクされたアセットとして使用されているすべての場所で、アセットが更新されます。

テキストアセット名の変更

CC ライブラリパネルで、次の手順に従います。

  1. テキストアセットを右クリックし、「名前の変更」を選択します。

  2. アセットの新しい名前を入力し、Enter キーを押します。

テキストアセットの削除

CC ライブラリパネルでテキストアセットを右クリックし、「削除」を選択します。

CC ライブラリアセットの管理

CC ライブラリパネルで、CC ライブラリアセットを名前変更、削除、複製、コピー、または移動できます。

アセット名の変更

  1. CC ライブラリパネルでアセットを右クリックし、「名前の変更」を選択します。

  2. アセットの新しい名前を入力し、Enter キーを押します。

アセットの削除

  1. CC ライブラリパネルで 1 つ以上のアセットを右クリックします。

  2. 1 つのアセットを選択した場合、「削除」を選択します。

    複数のアセットを選択した場合は、「選択した項目を削除」を選択します。

アセットの複製

  1. CC ライブラリパネルで 1 つ以上のアセットを右クリックします。

  2. 1 つのアセットを選択した場合、「複製」を選択します。

    複数のアセットを選択した場合は、「選択した項目を複製」を選択します。

CC ライブラリから別の CC ライブラリへのアセットのコピーまたは移動

  1. CC ライブラリパネルで 1 つ以上のアセットを右クリックします。

  2. 1 つのアセットを選択した場合は、「コピー先」または「移動先」を選択します。

    複数のアセットを選択した場合は、「選択した項目をコピー」または「選択した項目を移動」を選択します。

  3. サブメニューで CC ライブラリを選択し、アセットをコピーまたは移動します。

CC ライブラリパネルの検索

CC ライブラリパネルで CC ライブラリアセットを名前で検索します。アセットを検索できる場所は次のとおりです。

  • 現在のライブラリ(初期設定)
  • Adobe Stock
  • すべてのライブラリ
  1. 検索のドロップダウンメニューから検索場所を選択します。

  2. 検索ボックスにアセット名を入力し、Enter キーを押します。

Creative Cloud ユーザーとの共同作業

他のユーザーが共有ライブラリのコンテンツを表示、編集、使用、名前変更、移動または削除できるように、ライブラリを共有することができます。Creative Cloud のサブスクリプションを購入している他のユーザーからライブラリが共有された場合は、そのライブラリをさらに他の Creative Cloud ユーザーと共有できます。

ライブラリを共有するには:

  1. CC ライブラリパネルで、ドロップダウンからライブラリを選択します。

  2. CC ライブラリパネルでフライアウトメニューをクリックし、「共同作業」を選択します。

  3. 表示されるブラウザーページで、ライブラリを共有するユーザーのメールアドレスと、必要に応じてメッセージを入力します。

共有を取り消すには:

  1. CC ライブラリパネルで、共有を取り消すライブラリの名前をドロップダウンから選択します。

  2. CC ライブラリパネルでフライアウトメニューをクリックし、「共同作業」を選択します。

  3. 表示されるブラウザーページで、Creative Cloud ライブラリを共有しているすべてのユーザーの名前を削除します。

招待を承認するには:

  1. Adobe Creative Cloud デスクトップアプリを起動し、Adobe ID の資格情報でログインします。

  2. 共有されているライブラリがある場合は、Creative Cloud デスクトップアプリに通知が表示されます。 この通知を確認するには、ベルアイコンを選択します。

  3. 各ライブラリの共同作業の招待に対して、「受諾」をクリックします。

共有ライブラリから退出するには:

  1. CC ライブラリパネルで、共同作業をやめるライブラリの名前をドロップダウンから選択します。

  2. CC ライブラリパネルでフライアウトメニューを選択し、「ライブラリから移動」オプションをクリックします。

共有ライブラリを削除する

  1. CC ライブラリパネルで、削除するライブラリの名前をドロップダウンから選択します。

  2. CC ライブラリパネルでフライアウトメニューを選択し、「ライブラリを削除」オプションをクリックします。

  3. 削除」を選択してアクションを確定します。

 削除できるのは自分のライブラリのみです。

InDesign オブジェクトを他の CC アプリケーションで使用する

CC ライブラリのグラフィックカテゴリーに追加した InDesign オブジェクトは、Illustrator や Photoshop など、他の CC アプリケーションで使用できます。

InDesign オブジェクトのコピーは PDF ファイルの形で保存されているので、Illustrator や Photoshop でオブジェクトを使用すると、これらのアプリケーションはオブジェクトの PDF レンディションを使用します。

 Illustrator または Photoshop で InDesign 文字スタイルを使用した場合、これらのアプリケーションで、アセットのプロパティと、ホストアプリケーションで使用できる文字属性のプロパティのマッピングが試行されます。 ホストアプリケーションにないプロパティは無視されます。


アドビへのお問い合わせ

ご意見をお待ちしております。 Adobe InDesign コミュニティ までお知らせください

アドビのロゴ

アカウントにログイン