After Effects の Creative Cloud ライブラリ

注意:

7 月 14 日(PT)、Photoshop、Illustrator、InDesign、After Effects で Adobe Color のテーマパネルが無効になります。詳しくは、Adobe カラーテーマパネルのサポート終了を参照してください。

Creative Cloud ライブラリを使用すると、アセットをどこからでも使用できます。Photoshop、Illustrator、Adobe Shape などのモバイルアプリケーションで、画像、色、テキストスタイル、カラー Look などを作成した後、他のデスクトップアプリケーションおよびモバイルアプリケーションから簡単にアクセスして、シームレスなクリエイティブワークフローを実現できます。

詳しくは、Creative Cloud ライブラリを参照してください。

Creative Cloud ライブラリの使用

After Effects では、ライブラリパネルと起動画面で Creative Cloud ライブラリを使用できます。ライブラリパネルは、「初期設定」ワークスペース、「標準」ワークスペースおよび「すべてのパネル」ワークスペースで表示されます。ライブラリパネルは、ワークスペースの右側にドッキングされます。

ライブラリパネルを開くには、次のいずれかを選択します。

  • ウィンドウ/Workspace/ライブラリ
  • ファイル/読み込みまたは
  • ウィンドウ/ライブラリ

After Effects で Creative Assets を使用する方法は多数あります:

  • ライブラリパネルからグラフィックアセットをプロジェクトパネルにドラッグして、プロジェクトに読み込むことができます。
  • Capture などのモバイルアプリケーションで作成したライブラリのベクトルアセットを After Effects に読み込んで、高品質のベクトルアニメーションのためにシェイプレイヤーに変換することができます。
  • Photoshop からライブラリに追加したテキストレイヤーグラフィックは After Effects に読み込んで、実際のレイヤースタイルで編集可能なテキストレイヤーに変換することができます。
注意:

ライブラリ内のグラフィック以外のアセットタイプを直接適用することはできませんが、ライブラリパネルで表示や管理を行うことはできます。また、After Effects のスポイトツールを使用して、Adobe Color テーマパネルと同様にライブラリから色を選択できます。

ライブラリアセットの場所

After Effects に読み込まれたライブラリアセットは、次の場所のフォルダーにコピーされます:

  • Mac OS X:Users/<user_name>/Documents/Adobe/After Effects CC 2015/User Libraries/
  • Windows:C:\Users\<user_name>\Documents\Adobe\After Effects CC 2015\User Libraries\

Creative Cloud ライブラリへのアクセス

次の方法で、ライブラリにアクセスできます。

プロジェクト間

ライブラリに保存した内容は、作業している After Effects プロジェクト全体で使用できます。

コンピューター間

ライブラリは Creative Cloud と同期されます。ライブラリは、Adobe ID で Creative Cloud を使用してサインインしたコンピューターで使用できます。

アプリケーション間

ライブラリパネルで保存した内容は、Creative Cloud ライブラリをサポートするデスクトップアプリケーションおよびモバイルアプリケーション全体で自動的に使用できるようになります。

例えば、Adobe Premiere Pro や Photoshop などのデスクトップアプリケーション、および Adobe Capture などのモバイルアプリケーションからライブラリにアクセスできます。

Creative Cloud ライブラリへのアクセス方法について詳しくは、「どこにいてもアセットへのアクセスが可能に」を参照してください。

Creative Cloud ライブラリの追加

ライブラリはいくつでも作成でき、アセットを整理できます。作成したライブラリは、After Effects のライブラリパネルに表示されます。 

ライブラリを作成するには、次のようにします。

  1. ライブラリパネルのドロップダウンをクリックして、「新しいライブラリを作成」を選択します。

  2. ライブラリの名前を入力して「作成」をクリックします。

Creative Cloud ライブラリの追加
Creative Cloud ライブラリの追加

詳しくは、「Creative Cloud ライブラリへのアセットの追加」を参照してください。

Creative Cloud ライブラリへのアセットの追加

Creative Cloud ライブラリにアセットを追加するには、次のいずれかのオプションに従います。

オプション 1:

  1. アセットをライブラリパネルにドラッグします。

  2. アセットが選択したライブラリに追加されます。これらのライブラリは、Creative Cloud アカウントと同期され、どこからでもアクセスできます。

オプション 2:

After Effects で、ファイル/別名で保存またはファイル/保存を選択して、Creative Cloud Files ディレクトリにファイルを保存します。

Creative Cloud アカウントと同期される Create Cloud ライブラリディレクトリにすべてのアセットを保存できます。Creative Cloud デスクトップアプリケーションは、初期設定でこのディレクトリを作成します。

オプション 3:

Creative Cloud デスクトップアプリから Creative Cloud ファイルディレクトリを開くには、使用しているアプリケーションのバージョンに応じて、次のいずれかの操作を行います。

a) Creative Cloud デスクトップアプリケーションを起動します。

B) 「作業」タブをクリックします。次に、左側のレールにある「作業リンク」アイコンをクリックし、「同期フォルダーを開く」を選択します。

同期フォルダーを開く

a) Creative Cloud デスクトップアプリケーションを起動します。

b) ファイルを選択します。

c)「フォルダーを開く」をクリックします。

詳しくは、「Creative Cloud ライブラリへのアセットの追加」を参照してください。

アセットを「Creative Cloud アセット」ページに直接追加することもできます。アセットを追加するには:

  1. https://assets.adobe.com/ja/files にアクセスします。

  2. ファイルをアップロードするには、ファイルのアップロードアイコンをクリックします。

ファイルをアップロード

アップロードすると、ファイルは Creative Cloud アカウントと同期され、どこからでもアクセスできるようになります。

ライブラリ内のアセットの使用

グラフィックアセット

Photoshop の効果の Creative Cloud ライブラリへの追加
Photoshop の効果の Creative Cloud ライブラリへの追加

グラフィックアセットはローカルディスクから読み込む他のアセットと同様に、After Effects プロジェクトに読み込むことができます。グラフィックアセットをプロジェクトに読み込むには、次のいずれかの操作を行います。

  • グラフィックアセットを右クリックし、「読み込み」を選択します。

または

  • ライブラリパネルでグラフィックアセットを選択し、プロジェクトパネルにドラッグします。

Illustrator または Shape で作成されたライブラリ内のベクトルグラフィックは、After Effects に読み込むことができます。コンポジションに追加した後で、高品質のベクトルアニメーションのために、これらのグラフィックをシェイプレイヤーに変換できます。

ライブラリに追加した Photoshop テキストレイヤーグラフィックは After Effects に読み込んで、実際のレイヤースタイルで編集可能なテキストレイヤーに変換することができます。

複数アイテムのドラッグ読み込みの初期設定環境設定読み込み)はライブラリからの PSD および AI アセットの読み込み方法に影響します。

詳しくは、「Photoshop および Illustrator からのアクセス」を参照してください。

Look

Look は Adobe Premiere Pro(CC 2015 以降のバージョン)を使用して作成され、Creative Cloud ライブラリに追加されたカラープリセットです。Look は、使用しているモバイルデバイスのカメラで撮影されたライブ画像やデバイス上の写真から、カラーと光の情報を組み合わせます。

Look は、.look ファイルに保存され、After Effects のレイヤーに適用できます。Look を使用すると、通常は SpeedGrade や Premiere Pro のカラーパネルなどの別のアプリケーションを使用しておこなう、画像のカラーの変更によるプロジェクトの強化やカラーグレーディングの適用を簡単におこなうことができます。

ライブラリパネルの Look は、他のソースからの LUT ファイルと同様に、カラー LUT を適用エフェクトを使用して読み取ります。

ライブラリパネルから Look を適用するには、次のいずれかの操作を行います。

  • コンポジション内のレイヤーを選択し、ライブラリパネルで Look を右クリックし、「Look を適用」を選択します。
  • ライブラリパネルから Look をコンポジション、レイヤー、エフェクトコントロール、またはタイムラインパネルのレイヤーにドラッグします。
  • ライブラリパネルから Look をタイムラインまたはエフェクトコントロールパネルのレイヤーにある既存のカラー LUT を適用エフェクトのタイトル行にドラッグします。

    After Effects でカラー LUT を適用エフェクトがターゲットレイヤーに追加され、Look が適用されます。

    カラー LUT を適用エフェクトがレイヤーに既に存在している場合、ライブラリパネルからの Look の適用には、エフェクトの既存のインスタンスを再利用します。このアプローチを使用して、同じレイヤーでさまざまな Look を試すことができます。

Adobe Stock からのアセットの追加

Adobe Stock は、何百万もの高品質でロイヤリティフリーの写真、イラストおよびビデオ(HD および 4K ビデオを含む)を販売するサービスです。

After Effects から Adobe Stock アセットの検索を開始できます:

  1. After Effects でウィンドウライブラリを選択して、ライブラリパネルを開きます。

  2. ライブラリパネルの下部にある「Adobe Stock を検索」ボタンをクリックします。

  3. 表示されたページで、使用したいアセットを Stock ライブラリで検索します。

ビデオアセットの検索結果には、ライセンス状況、デュレーションおよび形式情報が表示されます。検索結果をフィルターして、アセットをプレビューできます。写真、イラスト、ベクトルまたはビデオの検索結果を限定するには、「Adobe Stock からの結果」をクリックします。ライブラリパネルから 4K ビデオを購入またはプレビューする場合、4K または HD を選択することができます。

使用したいアセットが見つかったら、すぐにライセンスを購入してライブラリにアセットを追加することができ、After Effects のライブラリパネルに表示されます。また、アセットのライセンスのないプレビュー(すかし模様の)バージョンを Library に追加することもできます。Stock アセットをプロジェクトパネルからライセンス登録するには、プロジェクトパネルですかし入りのプレビューアセットを選択し、ファイルライセンスをクリックするか、ライセンスのないフッテージアイテムの左にある買い物かごボタンをクリックします。

ライブラリパネルでの Adobe Stock のアセットの追加
ライブラリパネルでの Adobe Stock のアセットの追加

アセットのプレビューバージョンをライブラリに追加した場合、後でライセンスを取得できます。アセットのライセンスを取得するには、クリックまたは右クリックして、コンテキストメニューから「この画像のライセンスを取得」を選択します。

Adobe Stock 静止画プレビューアセットは、ライセンスを購入すると、フル画質のすかしのないバージョンに自動的に置き換えられます。

エッセンシャルグラフィックスパネルからのアセットの追加

Creative Cloud ライブラリを通じてモーショングラフィックステンプレートを共有できます。必ず、Creative Cloud デスクトップアプリケーションの最新バージョンをコンピューターにインストールしてください。

Creative Cloud デスクトップアプリケーションでアプリのアップデートを確認することができます。すべてのモーショングラフィックステンプレートは、デスクトップアプリケーションにアップデートとして表示されます。 

次の手順に従うことで、アップデートを手動で確認できます。

  1. タスクバー(Windows)または Apple メニューバー(macOS)の Creative Cloud デスクトップアイコンをクリックして、Creative Cloud デスクトップアプリケーションを開きます。

  2. プロファイルニューで、「サインアウト」をクリックします。

  3. Adobe アカウントにログインします。

  4. 最新バージョンの Creative Cloud デスクトップアプリケーションを使用していない場合は、更新を求めるメッセージが表示されます。「更新」をクリックします。

Creative Cloud ユーザーとのライブラリの共有

ライブラリを他の Creative Cloud ユーザーと共有して、共有ライブラリのコンテンツを表示、編集、または使用できます。ライブラリアセットのユーザーは、読み取り専用アセットがライブラリで更新されると通知されます。 

注意:

Creative Cloud の登録者とライブラリを共有している場合、さらに他の Creative Cloud ユーザーと共有できます。

ライブラリを共有:ライブラリを他のユーザーと共有するには、2 つの方法があります。

オプション 1:

ライブラリパネルで、パネルタブのポップアップメニューをクリックし、「コラボレショーン」を選択します。

ライブラリパネルからのライブラリの共有と共同作業
ライブラリパネルからのライブラリの共有と共同作業

オプション 2:

  1. Creative Cloud web サイトを使用してライブラリを共有するには、 Creative Cloud web サイトYour Work セクションにアクセスします。

  2. サイドナビゲーションで、「ライブラリ」をクリックします。所有するライブラリは、「所有」タブの下にあります。

  3. 共有するライブラリを選択し、「共有」をクリックします。画面に表示される指示に従って、ライブラリに共有者を招待します。

共有ライブラリに参加:

共有ライブラリに参加するには、次の手順を実行します。

  1. Adobe Creative Cloud デスクトップアプリケーションを起動して、Adobe ID 資格情報でログインします。

  2. ライブラリがユーザーによって共有されると、通知が表示されます。通知にアクセスするには、ベルアイコンをクリックします。

  3. ライブラリ共同作業の招待ごとに、「同意する」をクリックします。

詳しくは、「Creative Cloud ライブラリの共有と共同作業」を参照してください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン