マニュアル キャンセル

スウォッチの使用と作成

  1. Illustrator ユーザーガイド
  2. Illustrator とは
    1. Illustrator の概要
      1. Illustrator の新機能
      2. よくある質問
      3. Illustrator の必要システム構成
      4. Apple Silicon での Illustrator の使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. ドキュメントの作成
      3. ツール
      4. デフォルトのショートカットキー
      5. ショートカットキーのカスタマイズ
      6. アートボード入門
      7. アートボードの管理
      8. ワークスペースのカスタマイズ
      9. プロパティパネル
      10. 環境設定の指定
      11. タッチワークスペース
      12. Illustrator での Microsoft Surface Dial のサポート
      13. 復帰、取り消し、自動処理
      14. ビューを回転
      15. 定規、グリッド、ガイド
      16. Illustrator でのアクセシビリティ
      17. セーフモード
      18. アートワークの表示
      19. Illustrator での Touch Bar の使用
      20. ファイルとテンプレート
    3. Illustrator のツール
      1. 選択
        1. 概要
        2. 選択
        3. ダイレクト選択ツール
        4. 投げ縄
        5. アートボード
      2. ナビゲーション
        1. 概要
        2. ズーム
        3. ビューを回転
      3. ペイント
        1. 概要
        2. グラデーション
        3. シェイプ形成
      4. 文字
        1. 概要
        2. 文字
        3. パス上文字
  3. Illustrator iPad 版
    1. Illustrator iPad 版のご紹介
      1. Illustrator iPad 版の概要
      2. Illustrator iPad 版についてのよくある質問
      3. 必要システム構成 | Illustrator iPad 版
      4. Illustrator iPad 版で実行できる操作とできない操作
    2. ワークスペース
      1. Illustrator iPad 版のワークスペース
      2. タッチショートカットとジェスチャー
      3. Illustrator iPad 版のキーボードショートカット
      4. アプリ設定を管理
    3. ドキュメント
      1. Illustrator iPad 版でのドキュメントの操作
      2. Photoshop および Fresco ドキュメントの読み込み
    4. オブジェクトの選択と配置
      1. リピートオブジェクトの作成
      2. オブジェクトのブレンド
    5. 描画
      1. パスの描画と編集
      2. シェイプの描画と編集
    6. 文字
      1. テキスト編集とフォントの操作
      2. パス上のテキストデザインの作成
      3. カスタムフォントを追加
    7. 画像を操作
      1. ラスタライズ画像のベクター化
    8. カラー
      1. カラーとグラデーションの適用
  4. クラウドドキュメント
    1. 基礎知識
      1. Illustrator クラウドドキュメントの操作
      2. Illustrator クラウドドキュメントの共有と共同作業
      3. Adobe Illustrator 用のクラウドストレージのアップグレード
      4. Illustrator クラウドドキュメント | よくある質問
    2. トラブルシューティング
      1. Illustrator クラウドドキュメントの作成または保存時のトラブルシューティング
      2. トラブルシューティング:Illustrator クラウドドキュメントで発生する問題
  5. コンテンツの追加と編集
    1. 描画
      1. 描画の基本
      2. パスの編集
      3. ピクセルパーフェクトなアートの描画
      4. ペンツール、曲線ツール、または鉛筆ツールを使用した描画
      5. 単純な線とシェイプの描画
      6. 画像トレース
      7. パスの単純化
      8. 遠近グリッドの定義
      9. シンボルツールとシンボルセット
      10. パスセグメントの調整
      11. 5 つの簡単なステップで花をデザイン
      12. 遠近描画
      13. シンボル
      14. Web ワークフローのピクセル整合パスの描画
    2. 3D 効果と Adobe Substance マテリアル
      1. Illustrator の 3D 効果について
      2. 3D グラフィックの作成
      3. 3D オブジェクトへのアートワークのマッピング
      4. 3D オブジェクトの作成
      5. 3D テキストの作成
    3. カラー
      1. カラーについて
      2. カラーの選択
      3. スウォッチの使用と作成
      4. カラー調整
      5. Adobe Color テーマパネルの使用
      6. カラーグループ(カラーハーモニー)
      7. Color テーマパネル
      8. アートワークの再配色
    4. ペイント
      1. ペイントについて
      2. 塗りと線を使用したペイント
      3. ライブペイントグループ
      4. グラデーション
      5. ブラシ
      6. 透明と描画モード
      7. オブジェクトにストロークを適用する
      8. パターンの作成と編集
      9. メッシュ
      10. パターン
    5. オブジェクトの選択と配置
      1. オブジェクトの選択
      2. レイヤー
      3. オブジェクトのグループ化と分割・拡張
      4. オブジェクトの移動、整列、分布
      5. オブジェクトの重ね合わせ    
      6. オブジェクトのロック、非表示、および削除
      7. オブジェクトの複製
      8. オブジェクトの回転とリフレクト
    6. オブジェクトのリシェイプ
      1. 画像の切り抜き
      2. オブジェクトの変形
      3. オブジェクトの組み合わせ
      4. オブジェクトのカット、分割、トリミング
      5. パペットワープ
      6. オブジェクトの拡大・縮小、傾斜、および変形
      7. オブジェクトのブレンド
      8. エンベロープを使用した変形
      9. 効果を使用したオブジェクトの変形
      10. Shaper ツールやシェイプ形成ツールを使ったシェイプの新規作成
      11. ライブコーナーの操作
      12. リシェイプワークフローの強化とタッチ操作のサポート
      13. クリッピングマスクの編集
      14. ライブシェイプ
      15. シェイプ形成ツールを使用したシェイプの作成
      16. オブジェクトを一括選択
    7. 文字
      1. テキストの追加とテキストオブジェクトの操作
      2. テキストエリアの管理
      3. フォントとタイポグラフィ
      4. 書式設定の種類
      5. テキストの読み込みと書き出し
      6. 段落の書式設定
      7. 特殊文字
      8. パステキストの作成
      9. 文字スタイルと段落スタイル
      10. タブ
      11. テキストと文字
      12. 環境に無いフォントの検索(Typekit のワークフロー)
      13. Illustrator 10 からのテキストの更新
      14. アラビア語およびヘブライ語のテキスト
      15. フォント | FAQ とトラブルシューティングのヒント
      16. 3D テキスト効果を作成
      17. クリエイティブなタイポグラフィデザイン
      18. 文字の拡大・縮小と回転
      19. 行間と字間
      20. ハイフネーションと改行
      21. テキストの機能強化
      22. スペルチェックと言語の辞書
      23. 日本語の書式設定
      24. アジア言語スクリプト用コンポーザー
      25. ブレンドオブジェクトを使用したテキストデザインの作成
      26. 画像トレースを使用したテキストポスターの作成
    8. 特殊効果の作成
      1. 効果の操作
      2. グラフィックスタイル
      3. ドロップシャドウの作成
      4. アピアランス属性
      5. スケッチとモザイクの作成
      6. ドロップシャドウ、光彩、ぼかし
      7. 効果のまとめ
    9. Web グラフィック
      1. Web グラフィック作成に対する最善の取り組み
      2. グラフ
      3. SVG
      4. アニメーションの作成
      5. スライスと画像マップ
  6. 読み込み、書き出し、保存
    1. インポート
      1. アートワークファイルの読み込み
      2. ビットマップ画像の読み込み
      3. Photoshop からのアートワークの読み込み
      4. 複数ファイルの配置
      5. 画像の埋め込み解除
      6. Adobe PDF ファイルの読み込み
      7. EPS ファイル、DCS ファイルおよび AutoCAD ファイルの読み込み
      8. リンク情報
    2. Illustrator の Creative Cloud ライブラリ 
      1. Illustrator の Creative Cloud ライブラリ
    3. 保存
      1. アートワークの保存
    4. 書き出し
      1. Photoshop での Illustrator アートワークの使用
      2. アートワークの書き出し
      3. アセットの収集と一括書き出し
      4. ファイルのパッケージ
      5. Adobe PDF ファイルの作成
      6. CSS の抽出 | Illustrator CC
      7. Adobe PDF オプション
      8. ファイル情報とメタデータ
  7. プリント
    1. プリントの準備
      1. プリントするドキュメントの設定
      2. 用紙のサイズと方向の変更
      3. 切り抜きまたは整列用のトリムマークの指定
      4. 大きなカンバスサイズの使用
    2. プリント
      1. オーバープリント
      2. カラーマネジメントを使用したプリント
      3. PostScript によるプリント
      4. プリントプリセット
      5. トンボと裁ち落とし
      6. 透明が使用されているアートワークのプリントおよび保存
      7. トラッピング
      8. 色分解のプリント
      9. グラデーション、メッシュ、カラーブレンドのプリント
      10. 白のオーバープリント
  8. 自動処理
    1. 変数パネルを使用したデータ結合
    2. スクリプトによる自動処理
    3. アクションによる自動処理
  9. トラブルシューティング 
    1. クラッシュの問題
    2. クラッシュ後のファイルの回復
    3. ファイルの問題
    4. サポートされるファイル形式
    5. GPU デバイスドライバーの問題
    6. Wacom デバイスの問題
    7. DLL ファイルの問題
    8. メモリの問題
    9. 環境設定ファイルの問題
    10. フォントに関する問題
    11. プリンターの問題
    12. クラッシュレポートをアドビと共有

スウォッチについて

スウォッチとは、カラーや濃度(色合い)、グラデーション、パターンに名前を付けたものです。ドキュメントに関連付けられたスウォッチはスウォッチパネルに表示されます。スウォッチの表示方法には個別表示とグループ表示があります。

別の Illustrator ドキュメントや各種カラーシステムのスウォッチライブラリを開くこともできます。スウォッチライブラリは別のパネルに表示され、ドキュメントと一緒には保存されません。

スウォッチパネルおよびスウォッチライブラリパネルには、次の種類のスウォッチが表示されます。

プロセスカラー

プロセスカラーは、シアン、マゼンタ、イエローおよびブラックの 4 色の標準プロセスインキを混合してプリントされます。初期設定では、新規スウォッチはプロセスカラーとして定義されます。

グローバルプロセスカラー

グローバルカラーを編集すると、オブジェクト全体で該当するカラーが自動的に更新されます。特色はすべてグローバルカラーですが、プロセスカラーにはグローバルカラーと非グローバルカラーがあります。グローバルカラースウォッチには、パネルがリスト表示の場合はグローバルカラーアイコン が表示され、サムネール表示の場合は右下に三角形が表示されます。

特色

特色とは、あらかじめ混合された特殊なインキのことで、CMYK プロセスインキの代わりとして、または CMYK プロセスインキに追加して使用されます。特色スウォッチには、パネルがリスト表示の場合は特色アイコン が表示され、サムネール表示の場合は右下に点が表示されます。

グラデーション

グラデーションとは、1 つのカラーから他のカラーに徐々に変化させもの、または 1 つのカラーや複数のカラーの濃度を徐々に変化させたものです。グラデーションカラーには、CMYK プロセスカラー、RGB カラーまたは特色を割り当てることができます。グラデーション分岐点に適用された透明は、グラデーションをグラデーションスウォッチとして保存したときに保持されます。円形のグラデーションの縦横比と角度を調整して作成した楕円形のグラデーションの縦横比と角度の値は、保存されません。

パターン

パターンの種類には、繰り返し(タイルされた)パス、複合パス、単色の塗りが適用されたテキスト、塗りが適用されていないテキストがあります。

なし

なしスウォッチを選択すると、オブジェクトから線や塗りが削除されます。このスウォッチを編集または削除することはできません。

レジストレーション

レジストレーションスウォッチ は組み込みのスウォッチです。レジストレーションの塗りや線が適用されたオブジェクトは、PostScript プリンターから各色版にプリントされます。例えば、レジストレーションマークにレジストレーションカラーを使用すると、プリントプレート(刷版)を印刷機に正確に配置することができます。このスウォッチは削除できません。

注意:文字にレジストレーションカラーを設定してからファイルを色分解してプリントすると、文字が正常に出力されない場合や、ブラックインキがくすんだ色になる場合があります。これを回避するため、文字にはブラックインキを使用してください。

カラーグループ

カラーグループには、プロセスカラー、特色およびグローバルプロセスカラーを含めることができます。パターン、グラデーション、なしスウォッチ、レジストレーションスウォッチを含めることはできません。カラーグループは、カラーガイドパネルまたはカラーを編集 / オブジェクトを再配色ダイアログボックスを使用して、カラーハーモニーに基づいて作成します。既存のスウォッチをカラーグループに統合するには、スウォッチを選択し、スウォッチパネルの新規カラーグループアイコン をクリックします。カラーグループには、フォルダーアイコン が表示されます。

スウォッチパネルでは、濃度を作成することもできます。濃度とは、輝度が変更されたグローバルプロセスカラーまたは特色です。各カラーの濃度はすべて関連付けられているため、1 つの濃度スウォッチのカラーを編集すると、関連付けられているすべての濃度スウォッチ(およびこれらのスウォッチでペイントされているオブジェクト)のカラーが変更されます。ただし、濃度値は変更されません。濃度は、スウォッチパネルがリスト表示の場合は、パーセント値で示されます。

スウォッチパネルの概要

スウォッチパネル(ウィンドウスウォッチ)を使用して、ドキュメントのすべてのカラー、グラデーションおよびパターンを設定します。これらの項目に名前を付けてスウォッチパネルに保存しておくと、後から簡単に使用できます。選択したオブジェクトの塗りや線に、スウォッチパネルから適用したカラー、グラデーション、パターンまたは濃度が含まれている場合は、スウォッチパネル上で該当するスウォッチが強調表示されます。

スウォッチパネル
リスト(小)表示のスウォッチパネル

A. 特色 B. プロセスカラー C. 塗りまたは線なし D. レジストレーションスウォッチ(すべての版にプリント) E. CMYK アイコン(ドキュメントを CMYK モードで開いている場合) F. RGB アイコン(ドキュメントを RGB モードで開いている場合) G. スウォッチライブラリメニュー H. Color テーマパネルを開く I. 現在のライブラリに選択したスウォッチとカラーグループを追加 J. スウォッチの種類メニューを表示 K. スウォッチオプション L. 新規カラーグループ M. 新規スウォッチ N. スウォッチを削除 

スウォッチの表示の変更

  1. スウォッチパネルメニューから、次のいずれかの表示オプションを選択します:「サムネール(小)を表示」、「サムネール(中)を表示」、「サムネール(大)を表示」、「リスト(小)を表示」、「リスト(大)を表示」。

特定の種類のスウォッチの表示とその他すべてのスウォッチの非表示

  1. スウォッチの種類メニューを表示ボタン をクリックし、次のいずれからのオプションを選択します:「すべてのスウォッチを表示」、「カラースウォッチを表示」、「グラデーションスウォッチを表示」、「パターンスウォッチを表示」または「カラーグループを表示」。

オブジェクトで使用されていないスウォッチの選択

ドキュメントで使用されているカラーのみをスウォッチパネルに表示するには、使用されていないスウォッチをすべて選択し、削除します。

  1. スウォッチパネルメニューから「未使用項目を選択」を選択します。

カラーグループの選択

  • カラーグループ全体を選択するには、カラーグループアイコン をクリックします。

  • カラーグループ内のスウォッチを選択するには、個々のスウォッチをクリックします。

注意:

カラーグループを編集するには、選択されているオブジェクトがないことを確認して、カラーグループを編集ボタン をクリックするか、カラーグループフォルダーをダブルクリックします。選択したカラーグループを編集し、その編集内容を選択したオブジェクトに適用するには、カラーを編集または適用ボタン をクリックするか、カラーグループフォルダーをダブルクリックします。詳しくは、カラーを編集ダイアログボックスでのカラーの編集を参照してください。

スウォッチの名前による選択

  1. スウォッチパネルメニューから「「検索」フィールドを表示」を選択します。スウォッチ名の先頭の 1 文字または数文字をパネル上部の「検索」テキストボックスに入力します。

    注意:

    この手順では、2 バイト文字は使用できません。

    この方法を使用して、PANTONE 番号を入力して PANTONE® スウォッチを選択することもできます。

スウォッチのカラーグループへの移動

  1. 個々のカラースウォッチを既存のカラーグループフォルダーにドラッグします。

  2. 新規カラーグループに含めるカラーを選択し、新規カラーグループボタン をクリックします。

スウォッチの順序の変更

個々のスウォッチとカラーグループ内のスウォッチの順序を変更できます。

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • スウォッチパネルメニューから「名前順」または「種類別」を選択します。これらのコマンドは、個々のスウォッチに使用します。カラーグループ内のスウォッチには使用できません。

    • スウォッチを新しい位置にドラッグします。

スウォッチライブラリの使用

スウォッチライブラリとは、プリセットカラーの集合体で、PANTONE、HKS、TRUMATCH、FOCOLTONE、DIC、TOYO などのインクライブラリやカモフラージュトーン、自然トーン、ギリシャトーン、宝石トーンなどのテーマライブラリもこれに含まれます。

スウォッチライブラリを開くと、スウォッチパネルとは別の新しいパネルが現れます。スウォッチライブラリのスウォッチは、スウォッチパネルのスウォッチと同じように選択したり、並べ替えたり、表示したりできます。ただし、スウォッチライブラリパネルでは、スウォッチの追加、編集、削除は行えません。

注意:

Illustrator を起動するたびにスウォッチライブラリを表示するには、スウォッチライブラリのパネルメニューで「固定」を選択します。

スウォッチライブラリを開く

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • スウォッチパネルメニューで、スウォッチライブラリを開く/[ライブラリ名] を選択します。

    • スウォッチパネルで、スウォッチライブラリメニューボタン をクリックし、リストからライブラリを選択します。

注意:

PANTONE カラーライブラリは、Color Books サブフォルダー(Swatch Libraries¥Color Books¥PANTONE...)に格納されています。

スウォッチライブラリの作成

現在のドキュメントをスウォッチライブラリとして保存することによってスウォッチライブラリを作成できます。

  1. スウォッチライブラリに必要なスウォッチのみがスウォッチパネルに表示されるようにスウォッチパネルのスウォッチを編集します。

  2. スウォッチパネルメニューの「スウォッチライブラリを保存」を選択します。

    注意:

    ドキュメントで使用されていないスウォッチをすべて削除するには、スウォッチパネルメニューの「未使用項目を選択」を選択し、スウォッチを削除ボタン をクリックします。

スウォッチライブラリの編集

  1. ファイル開くを選択し、ライブラリファイルを見つけて開きます。初期設定では、スウォッチライブラリファイルは Illustrator¥Presets¥Swatches フォルダーに格納されています。

  2. スウォッチパネルでカラーを編集し、変更を保存します。

スウォッチのスウォッチライブラリからスウォッチパネルへの移動

必要に応じて次の操作を行います。

  • スウォッチライブラリパネルからスウォッチパネルに、1 つ以上のスウォッチをドラッグします。

  • スウォッチライブラリパネルから追加するスウォッチを選択して、ライブラリのパネルメニューの「スウォッチに追加」を選択します。

  • スウォッチライブラリパネルのスウォッチをドキュメント内のオブジェクトに適用します。そのスウォッチは、グローバルカラースウォッチまたは特色スウォッチである場合は、自動的にスウォッチパネルに追加されます。

カラースウォッチの作成

プロセスカラー、特色またはグラデーションカラーのスウォッチを作成できます。

プロセスカラースウォッチの作成

次のいずれかの操作を行います。

  • カラーピッカーまたはカラーパネルを使用してカラーを選択するか、目的のカラーを含むオブジェクトを選択します。次に、ツールパネルまたはカラーパネルからスウォッチパネルにカラーをドラッグします。

  • スウォッチパネルで、新規スウォッチボタンをクリックするか、パネルメニューから「新規スウォッチ」を選択します。スウォッチをグローバルカラーにする場合は、表示されたダイアログボックスで「グローバル」を選択します。その他のスウォッチオプションを設定して「OK」をクリックします。(スウォッチオプションを参照してください)。

特色スウォッチの作成

次のいずれかの操作を行います。

  • カラーピッカーまたはカラーパネルを使用してカラーを選択するか、目的のカラーを含むオブジェクトを選択します。Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらツールパネルまたはカラーパネルからスウォッチパネルにカラーをドラッグします。

  • スウォッチパネルで、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながら新規スウォッチボタンをクリックするか、パネルメニューから「新規スウォッチ」を選択します。表示されたダイアログボックスでカラータイプから「特色」を選択します。その他のスウォッチオプションを設定して「OK」をクリックします。(スウォッチオプションを参照してください)。

グラデーションスウォッチの作成

  1. グラデーションパネルを使用してグラデーションを作成するか、目的のグラデーションを含むオブジェクトを選択します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • ツールパネルまたはカラーパネルの塗りボックスからスウォッチパネルにグラデーションの塗りをドラッグします。

    • グラデーションパネルで、グラデーションボックスの横のグラデーションメニューをクリックし、スウォッチライブラリに保存ボタン をクリックします。

    • スウォッチパネルの新規スウォッチボタンをクリックするか、スウォッチパネルメニューから「新規スウォッチ」を選択します。表示されたダイアログボックスでスウォッチ名を入力し、「OK」をクリックします(スウォッチオプションを参照してください)。

カラーガイドパネルからのスウォッチの作成

  1. カラーガイドパネルのハーモニールールメニューからハーモニールールを選択します。

  2. カラーガイドパネルの下部にあるカラーグループをスウォッチパネルに保存ボタン をクリックします。

オブジェクトからスウォッチパネルへのカラーの追加

選択されているオブジェクトまたはドキュメントのすべてのカラーを自動的にスウォッチパネルに追加できます。Illustrator により、スウォッチパネルにないカラーが検索され、プロセスカラーはグローバルカラーに変換されて、パネルに新しいスウォッチとして追加されます。

ドキュメントのカラーを自動的にスウォッチパネルに追加するとき、次のカラーは除外されます。

  • 不透明マスク内のカラー(不透明マスク編集モードではないとき)

  • ブレンドの補間カラー

  • 画像ピクセルのカラー

  • ガイドカラー

  • 複合シェイプ内にあり、表示されないオブジェクトのカラー

グラデーションの塗り、パターンの塗りまたはシンボルインスタンスを新しいグローバルカラーに変更した場合、そのカラーは新規スウォッチとして追加され、元のカラースウォッチは保持されます。

ドキュメントのすべてのカラーの追加

  1. 何も選択されていないことを確認し、スウォッチパネルメニューから「使用したカラーを追加」を選択します。

選択されているオブジェクトのカラーの追加

  1. スウォッチパネルに追加するカラーを含むオブジェクトを選択し、次のいずれかの操作を行います。

    • スウォッチパネルメニューから「選択したカラーを追加」を選択します。

    • スウォッチパネルの新規カラーグループボタン をクリックします。表示されたダイアログボックスでオプションを指定します。

      カラーは、色相優先の規則に従って配置および保存されます。

別のドキュメントからのスウォッチの読み込み

別のドキュメントからすべてのスウォッチまたは個々のスウォッチを読み込むことができます。

  • 別のドキュメントからスウォッチをすべて読み込むには、スウォッチパネルメニューでスウォッチライブラリを開くその他のライブラリを選択します。読み込むスウォッチを含むファイルを選択し、「開く」をクリックします。読み込んだスウォッチはスウォッチライブラリパネル(スウォッチパネルではなく)に表示されます。

  • 別のドキュメントから個々のスウォッチを読み込むには、そのスウォッチを使用しているオブジェクトをコピー&ペーストします。読み込んだスウォッチはスウォッチパネルに表示されます。

注意:

読み込んだ特色またはグローバルプロセスカラーのスウォッチがドキュメント内の既存のスウォッチと同じ名前で異なるカラー値を持つ場合、スウォッチの競合が発生します。特色同士が競合する場合、既存のスウォッチのカラー値が保持され、読み込んだスウォッチは自動的に既存のスウォッチに結合されます。プロセスカラーが競合した場合は、スウォッチのコンフリクトダイアログボックスが表示され、既存のスウォッチのカラー値は自動的に保持されます。「スウォッチを追加」を選択すると、競合しているスウォッチ名に数字が追加されたスウォッチが追加され、「スウォッチを結合」を選択すると、既存のスウォッチのカラー値に結合されます。

アプリケーション間でのスウォッチの共有

交換用のスウォッチライブラリを保存することによって、Photoshop、Illustrator および InDesign で作成した単色のスウォッチを共有できます。カラー設定を同期している限り、これらのアプリケーション間ではカラーが同じように表示されます。

注意:

Color テーマパネル(以前の Kuler パネル)を使用して、カラーグループスウォッチを作成して共有することもできます。Color テーマパネルを参照してください。

  1. スウォッチパネルで、共有するプロセスカラースウォッチや特色スウォッチを選択します。

    注意:

    アプリケーション間で共有できない種類のスウォッチもあります。このようなスウォッチとしては、パターン、グラデーション、Illustrator または InDesign のレジストレーションスウォッチ、Photoshop のカラーブック参照、HSB、XYZ、ダブルトーン、モニター RGB、不透明度、インキの総使用量、および webRGB スウォッチがあります。このような種類のスウォッチは、交換用のスウォッチを保存するときに自動的に除外されます。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • スウォッチパネルで、現在のライブラリに選択したスウォッチとカラーグループを追加アイコンをクリックします。
    • パネルメニューから「スウォッチ設定」を選択し、「ライブラリに追加」を選択します。「OK」をクリックします。
    • スウォッチパネルメニューから「スウォッチライブラリを交換用として保存」または「スウォッチライブラリを Illustrator として保存」を選択し、容易にアクセスできる場所にスウォッチライブラリを保存します。
    注意:

    同じ名前のスウォッチを含むライブラリを読み込むと、同じ名前のスウォッチの定義が上書きされます。スウォッチ名は一意になるようにしてください。

  3. Photoshop、Illustrator または InDesign のスウォッチパネルにスウォッチライブラリを読み込みます。

スウォッチの管理

スウォッチパネルでは、スウォッチの複製、グループ化、置換、統合、削除などの管理を行うことができます。スウォッチ名、カラータイプ、カラーモード、プレビューなどのスウォッチオプションを指定することもできます。

スウォッチの複製

  1. 複製するスウォッチを選択します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • スウォッチパネルメニューの「スウォッチを複製」を選択します。

    • スウォッチパネルの新規スウォッチボタンにスウォッチをドラッグします。

スウォッチのグループ化

スウォッチパネルで複数のカラーをまとめておくには、カラーグループを作成します。例えば、カラーガイドパネルで選択したカラーのカラーグループを作成することができます。カラーを編集ダイアログボックスでカラーグループを保存すると、そのカラーグループは自動的にスウォッチパネルに保存されます。複数の単色のスウォッチを手作業でグループ化することもできます。

  1. スウォッチパネルで少なくとも 1 つのスウォッチを選択します。

  2. 新規カラーグループボタンをクリックするか、パネルメニューから「新規カラーグループ」を選択します。

スウォッチの置換、結合または削除

  • スウォッチを置き換えるには、カラーパネル、グラデーションパネル、オブジェクトまたはツールパネルから、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら、カラーまたはグラデーションをスウォッチパネルにドラッグします。置き換えるスウォッチが強調表示されたらドロップします。

    スウォッチパネル内の既存のカラー、グラデーションまたはパターンを置き換えると、そのスウォッチが適用されているファイル内のすべてのオブジェクトが、新しいカラー、グラデーションまたはパターンに置き換えられます。ただし、スウォッチオプションダイアログボックスで「グローバル」オプションが選択されていないプロセスカラーは変化しません。

  • 複数のスウォッチを結合するには、スウォッチを複数選択し、スウォッチパネルメニューの「スウォッチを結合」を選択します。選択したすべてのスウォッチが、最初に選択したスウォッチの名前とカラー値に置き換えられます。

  • スウォッチを削除するには、スウォッチを選択します。パネルメニューで「スウォッチを削除」を選択、スウォッチを削除ボタンをクリック、または選択したスウォッチをスウォッチを削除ボタンにドラッグします。

    特色やグローバルプロセスカラーのスウォッチ(またはこれらを含むパターンやグラデーション)を削除すると、そのカラーでペイントされているオブジェクトには、対応する非グローバルプロセスカラーが適用されます。

スウォッチオプション

スウォッチオプションを設定するには、既存のスウォッチをダブルクリックするか、スウォッチパネルメニューの「新規スウォッチ」を選択します。

スウォッチの名前

スウォッチパネルに表示されるスウォッチの名前を指定します。

カラータイプ

スウォッチがプロセスカラーか特色かを指定します。

グローバル

グローバルプロセスカラースウォッチを作成します。

カラーモード

スウォッチのカラーモードを指定します。

カラーモードを選択したあと、カラースライダーを使用してカラーを調整します。Web セーフでないカラーを選択した場合は、警告の立方体マーク が表示されます。この立方体マークをクリックすると、選択したカラーがそれに最も近い Web セーフカラーに変換されます(このカラーは立方体の右側に表示されます)。色域外カラーを選択した場合は、警告の三角形マーク が表示されます。この三角形マークをクリックすると、選択したカラーがそれに最も近い CMYK カラーに変換されます(このカラーは三角形の右側に表示されます)。

プレビュー

スウォッチを適用しているオブジェクトが、調整されたカラーで表示されます。

スウォッチオプション

アドビのロゴ

アカウントにログイン