グループ版/エンタープライズ版ユーザーの体験版およびライセンスの期限切れエラーの解決方法

製品をインストールしようとすると、既に有効なサブスクリプションがあるにもかかわらず、Creative Cloud デスクトップアプリケーションで体験または購入を求められることがあります。この問題を解決する方法について説明します。

通常、ログアウトしてもう一度ログインすることで、これらの問題を解決できます。

体験版のプロンプト

注意:

Creative Cloud グループ版体験版に関する以下の体験版プロンプトについて詳しくは、Creative Cloud グループ版体験版の使用およびアクセス方法を参照してください。

  • Creative Cloud グループ版の体験版は、xx 日後に期限が切れます。」
  • 「お客様の Creative Cloud グループ版体験版は終了しました。」

グループ版/エンタープライズ版ユーザーのトラブルシューティング手順

体験版またはライセンスの期限切れエラーを解決するには、問題が解決するまで、以下の解決策を記載されている順に試してください。

解決策 1:ログアウトして、再度ログインする。

ログアウト

 
  1. Creative Cloud デスクトップアプリケーションを起動します。アプリの右上隅にあるプロフィールアイコンをクリックし、「ログアウト」をクリックします。
  2. サブスクリプションに関連付けられているアカウントで再度ログインします。個人アカウントと会社のアカウントのいずれかを選択する方法については、こちらの詳細情報を参照してください。

解決策 2:Creative Cloud デスクトップアプリケーションから製品を起動する。

Creative Cloud デスクトップアプリケーションから製品を起動する

 
  1. 体験版プロンプトが表示されたアドビアプリケーションを終了します。これには、ファイル終了を選択します。
  2. Creative Cloud デスクトップアプリケーションからそのアプリケーションを起動します。

解決策 3:ホストファイルからアドビ関連のエントリを削除する。

 

オペレーティングシステムのホストファイルの設定が正しくない場合(ホストファイルは、ホスト名を IP アドレスにマッピングします)、コンピューターがアドビのライセンスサーバーに接続できないことがあります。

この問題を解決するには、ホストファイルからアドビ関連のエントリを削除します。詳細情報

コンピューターの管理者権限がない場合は、IT 管理者、社内ヘルプデスク、またはテクニカルサポートチームに連絡してください。

ホストファイルからアドビ関連のエントリを削除する

解決策 4:キャッシュされたライセンス情報を消去する。

  1. 以下の場所にある SLCache フォルダーの名前を SLCache-old に変更します。
    • Windows:\Program Files (x86)\Common Files\Adobe
    • macOS:System/Library/Application Support/Adobe
  2. アドビアプリケーションを起動します。
    • Windows の場合:Creative Cloud 製品を右クリックし、「管理者として実行」をクリックします。
    • macOS の場合:アプリケーションフォルダーに移動し、目的の製品をダブルクリックします。

コンピューターの管理者権限がない場合は、IT 管理者、社内ヘルプデスク、またはテクニカルサポートチームに連絡してください。

SLCache フォルダーの名前を変更する

解決策 5:ログイン情報を削除する。

ログイン情報が破損していると、データベースファイルで処理が停止する可能性があります。この問題を修正するには、すべてのアドビアプリケーションを強制終了または終了し、opm.db ファイルを削除します。

  • Windows:\Users\<ユーザー名>
    \AppData\Local\Adobe\OOBE
  • macOS:/Users/<ユーザー名>/Library/Application Support/Adobe/OOBE

ファイルを削除できない場合は、コンピューターを再起動し、Creative Cloud デスクトップアプリケーションを終了してから、再試行してください。

ファイルを削除した後、Creative Cloud デスクトップアプリケーションを起動し、法人用または学校用アカウントを使用して再度ログインします。

コンピューターの管理者権限がない場合は、IT 管理者、社内ヘルプデスク、またはテクニカルサポートチームに連絡してください。

opm.db ファイルを削除する

解決策 6:ライセンス情報を削除する。

 

ライセンス情報が破損していると、データベースファイルで処理が停止する可能性があります。これを修正するには、Creative Cloud デスクトップアプリケーションを強制終了し、次の場所にある SLStore フォルダーの名前を SLStore-old に変更します。

  • Windows: \ProgramData\Adobe\SLStore
  • macOS:/Library/Application Support/Adobe/SLStore

フォルダー名を変更した後、Creative Cloud デスクトップアプリケーションを起動し、法人用または学校用アカウントを使用して再度ログインします。

コンピューターの管理者権限がない場合は、IT 管理者、社内ヘルプデスク、またはテクニカルサポートチームに連絡してください。

ライセンス情報を削除する

上記の手順で体験版またはライセンスの期限切れエラーが解決しない場合は、アドビアカウントにログインし、お使いのプランを見つけてそのプランで「すべてを表示」をクリックします。管理者に連絡し、以下の手順を実行するよう伝えてください。管理者に連絡する方法についてはリンク先を参照してください。

グループ版/エンタープライズ版管理者のトラブルシューティング手順

管理者として、関連の製品(グループ版の場合)または製品プロファイル(エンタープライズ版の場合)に追加し、ユーザーがアドビのアプリおよびサービスにアクセスできるように設定します。

トラブルシューティング手順を実行した後も体験版またはライセンスの期限切れエラーが発生する場合は、以下の手順を記載されている順に試してください。

解決策 1:ライセンスが正しく割り当てられていることを確認する(ユーザー指定ライセンスのみ)。

 

ユーザーのメールアドレスと割り当てられた製品を確認します。ユーザーの追加と削除の方法およびユーザーにライセンスを割り当てる方法についてはリンク先を参照してください。

ユーザーの詳細

解決策 2:適切なネットワークエンドポイントへのアクセスを許可する。

環境内の適切なネットワークエンドポイントへのアクセスが許可されていることを確認します。許可する必要のあるネットワークエンドポイントの詳細なリストについては、「 Adobe Creative Cloud ネットワークエンドポイント」を参照してください。

適切なネットワークエンドポイントをホワイトリストに登録する

解決策 3:プロキシ設定を確認する。

 

プロキシサーバー環境を使用している場合は、プロキシ設定を確認します。詳しくは、「Creative Cloud アプリのプロキシサポート」を参照してください。

プロキシ設定を確認する

解決策 4:ファイアウォールとウイルス対策の設定を確認する。

 

ファイヤウォールとウイルス対策の設定を確認します。詳しくは、「Creative Cloud のダウンロードとインストールに関する問題のトラブルシューティング」を参照してください。

ファイヤウォールとウイルス対策の設定を確認する

それでも問題が解決しない場合は、Adobe Admin Console で「サポート」を選択してアドビカスタマーサポートに連絡してください。 詳細情報

会話への参加

この記事に記載されているトピック、概念、または手順について質問や意見がある場合は、ディスカッションに参加してください。

今すぐ参加

アドビのロゴ

アカウントにログイン