マニュアル キャンセル

ユーザーの管理 | 個別管理

  1. アドビエンタープライズ版とグループ版:管理ガイド
  2. デプロイメントの計画
    1. 基本概念
      1. ライセンス
      2. ID
      3. ユーザー管理
      4. アプリのデプロイメント
      5. Admin Console の概要
      6. 管理ロール
    2. デプロイメントガイド
      1. ユーザー指定デプロイメントガイド
      2. SDL デプロイメントガイド
      3. Adobe Acrobat のデプロイ 
    3. Creative Cloud 教育機関向けのデプロイ
      1. デプロイメントガイド
      2. Google Classroom で Adobe Express を有効にする
      3. Canvas LMS との連携
      4. Blackboard Learn との連携
      5. 地域ポータルと LMS 用の SSO の構成
      6. Kivuto のよくある質問
      7. 初等および中等教育機関の購入資格のガイドライン
  3. 組織の設定
    1. ID の設定
      1. ID タイプ | 概要
      2. Enterprise ID を使用した組織の設定
      3. Federated ID を使用した組織の設定
        1. SSO の概要
        2. Azure Connector と Sync の設定
          1. Azure OIDC を介した Microsoft との SSO の設定
          2. Azure Sync のディレクトリへの追加
          3. Azure Connector の FAQ
        3. Google Federation と Sync の設定
          1. Google Federation を使用した SSO の設定
          2. ディレクトリへの Google Sync の追加
          3. Google Federation の FAQ
        4. 汎用 SAML
          1. 他の SAML プロバイダーとの SSO の設定
          2. Microsoft ADFS を使用した SSO の設定
          3. SSO のよくある質問
          4. SSO のトラブルシューティング
        5. 教育機関の SSO
          1. 教育委員会ポータルと LMS 用の SSO の構成
          2. よくある質問
      4. ドメインの所有権の確認
      5. ドメインの追加と管理
      6. ドメインをディレクトリにリンクする
      7. 既存のドメインとディレクトリの管理
      8. ディレクトリの信頼を使用した事前クレームされたドメインの追加
      9. 新しい認証プロバイダーへの移行
    2. アセットの設定
    3. 認証の設定
    4. プライバシーとセキュリティの担当者
    5. Console の設定
    6. 暗号化の管理
  4. 製品および使用権限の管理  
    1. ユーザーの管理
      1. 概要
      2. 管理ロール
      3. ユーザー管理テクニック
        1. ユーザーの個別管理   
        2. 複数のユーザーの管理(一括 CSV)
        3. ユーザー同期ツール(UST)
        4. Microsoft Azure Sync
        5. Google Federation Sync
      4. ユーザーの ID タイプの変更
      5. ユーザーグループの管理
      6. ディレクトリユーザーの管理
      7. 開発者の管理
      8. Adobe Admin Console への既存のユーザーの移行
      9. Adobe Admin Console へのユーザー管理の移行
    2. 製品および製品プロファイルの管理
      1. 製品を管理
      2. エンタープライズユーザーの製品プロファイルの管理
      3. セルフサービスポリシーの管理
      4. アプリ統合を管理
      5. Admin Console での製品権限の管理  
      6. 製品プロファイルのサービスの有効化/無効化
      7. 単体プラン | Creative Cloud エンタープライズ版
      8. オプションのサービス
    3. 共有デバイスライセンスの管理
      1. 新機能
      2. デプロイメントガイド
      3. パッケージの作成
      4. ライセンスの復元
      5. デバイスライセンスからの移行
      6. プロファイルの管理
      7. Licensing Toolkit
      8. 共有デバイスライセンスに関する FAQ
  5. ストレージとアセットの管理
    1. ストレージ
      1. エンタープライズストレージの管理
      2. Adobe Creative Cloud:ストレージ機能の更新について
      3. アドビストレージの管理
    2. アセットの移行
      1. アセットの自動移行
      2. アセットの自動移行に関する FAQ  
      3. 転送されたアセットの管理
    3. ユーザーのアセットの再利用
    4. 学生アセットの移行 | 教育機関のみ
      1. 学生アセットの自動移行
      2. アセットの移行
  6. Managed Services
    1. Adobe Stock
      1. Adobe Stock クレジットパックグループ版
      2. Adobe Stock エンタープライズ版
      3. Adobe Stock エンタープライズ版の使用
      4. Adobe Stock ライセンス承認
    2. カスタムフォント
    3. Adobe Asset Link
      1. 概要
      2. ユーザーグループの作成
      3. Adobe Experience Manager アセットの構成
      4. Adobe Asset Link の構成とインストール
      5. アセットの管理
      6. XD 用 Adobe Asset Link
    4. Adobe Acrobat Sign
      1. Adobe Acrobat Sign エンタープライズ版またはグループ版の設定
      2. Adobe Acrobat Sign - グループ版機能管理者
      3. Admin Console での Adobe Acrobat Sign の管理
    5. Creative Cloud エンタープライズ版 – 無料メンバーシップ
      1. 概要
      2. はじめに
  7. アプリおよびアップデートのデプロイ
    1. 概要
      1. アプリとアップデートのデプロイと提供
      2. デプロイするプラン
      3. デプロイメントの準備
    2. パッケージの作成
      1. Admin Console でのアプリのパッケージ化
      2. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      3. パッケージ用のアドビテンプレート
      4. パッケージの管理
      5. デバイスライセンスの管理
      6. シリアル番号ライセンス
    3. パッケージのカスタマイズ
      1. Creative Cloud デスクトップアプリのカスタマイズ
      2. パッケージへのエクステンションの格納
    4. パッケージのデプロイ 
      1. パッケージのデプロイ
      2. Microsoft Intune を使用したアドビパッケージのデプロイ
      3. SCCM によるアドビパッケージのデプロイ
      4. ARD によるアドビパッケージのデプロイ
      5. Exceptions フォルダーの製品をインストール
      6. Creative Cloud 製品のアンインストール
      7. Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition の使用
      8. Adobe Creative Cloud ライセンス識別子
    5. アップデートの管理
      1. Adobe のエンタープライズ版およびグループ版のお客様向け変更の管理
      2. アップデートのデプロイ
    6. Adobe Update Server Setup Tool(AUSST)
      1. AUSST の概要
      2. 内部アップデートサーバーのセットアップ
      3. 内部アップデートサーバーのメンテナンス
      4. AUSST の一般的な使用例   
      5. 内部アップデートサーバーのトラブルシューティング
    7. Adobe Remote Update Manager(RUM)
      1. Adobe Remote Update Manager の使用
      2. Adobe Remote Update Manager で使用するチャネル ID
      3. RUM のエラーの解決
    8. トラブルシューティング
      1. Creative Cloud アプリのインストールとアンイストールのエラーのトラブルシューティング
      2. クライアントコンピューターでのパッケージのデプロイ結果の確認
      3. Creative Cloud パッケージの「インストールに失敗しました」というエラーメッセージ
    9. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成(CC 2018 以前のアプリ)
      1. Creative Cloud Packager について
      2. Creative Cloud Packager リリースノート
      3. アプリケーションパッケージ
      4. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成
      5. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      6. デバイスライセンスを使用したパッケージの作成
      7. ライセンスパッケージの作成
      8. シリアル番号ライセンスを使用したパッケージの作成
      9. Packager の自動化
      10. Creative Cloud 以外の製品のパッケージ化
      11. 設定の編集と保存
      12. システムレベルでのロケールの設定
  8. アカウントの管理
    1. グループ版アカウントの管理
      1. 概要
      2. 支払詳細を更新
      3. 請求書の管理
      4. 契約所有者の変更
      5. 販売店の変更
    2. グループ版ユーザーへのライセンスの割り当て
    3. 製品とライセンスの追加
    4. 更新
      1. グループ版メンバーシップ:更新
      2. VIP エンタープライズ版:更新とコンプライアンス
    5. ETLA 契約の自動期限切れステージ
    6. 既存の Adobe Admin Console 内での契約タイプの切り替え
    7. 購入リクエストコンプライアンス
    8. 中国における Value Incentive Plan(VIP)
    9. VIP Select のヘルプ
  9. レポートとログ
    1. 監査ログ
    2. 割り当てレポート
    3. コンテンツログ
  10. ヘルプを表示
    1. アドビカスタマーサポートへのお問い合わせ
    2. グループ版アカウントのサポートオプション
    3. エンタープライズ版アカウントのサポートオプション
    4. Experience Cloud のサポートオプション

Admin Console では、ユーザーアカウントを作成、検索、アップデートおよび削除することができます。これらの管理者ユーザーアカウントによって、組織のエンドユーザーに Adobe 製品およびサービスを使用する権限を与えることができます。

Admin Console でユーザーを管理する方法

このドキュメントでは、Admin Console でユーザーを個別に管理する手順について説明します。ユーザーを一括管理するには、CSV 一括アップロード方式を使用してください。Federated ID や Enterprise ID タイプのユーザーの場合、ユーザー同期ツールまたは User Management API を使用してユーザー管理プロセスを自動化することができます。

注意:

アドビでは、エンタープライズストレージなど、エンタープライズレベルの機能をはじめとするメリットを提供するため、既存のすべての Adobe ID を Business ID に移行しています。企業の新規のお客様はすべて、チームメンバーに Business ID を使用することになります。

お客様の組織のこのアップグレードスケジュールが確定した際に、事前にお知らせします。詳しくは、「Business ID と新しいストレージ機能の概要」を参照してください。お客様は、組織が移行されるまで、引き続き Adobe ID タイプを使用して組織にアクセスできます。移行後は、個人のお客様以外 Adobe ID を利用できなくなります。

ユーザーリストの表示

追加できるユーザー(管理者またはエンドユーザー)のリストは、Admin Console の「ユーザー」タブにあります。

  1. Admin Console にログインします。

  2. ユーザー」タブに移動します。

    注意:

    組織内に 5,000 人を超えるユーザーがいる場合、ユーザーのリストは表示されません。検索フィールドを使用してユーザーを検索するか、「ユーザーリストを表示」をクリックして、全ユーザーのリストを表示できます。

    リストには次の情報が表示されます。

    ユーザーの名前メールアドレス

    アカウントステータス

    ユーザーの ID タイプ ステータスの説明 説明 適用対象
    Business ID

    使用中

    ログインおよびライセンスアクセスに使用できるユーザーアカウント。
    グループ版およびエンタープライズ版

    非アクティブ

    • ユーザーがアカウントを削除しました。
    • ユーザーは自分のアカウントにログインしたり、プロビジョニングされたライセンスにアクセスしたりすることはできません。
    Enterprise ID

    使用中

    ログインおよびライセンスアクセスに使用できるユーザーアカウント。
    エンタープライズ版のみ

    無効

    • 管理者は、ユーザーリストからアカウントを削除しましたが、まだディレクトリユーザーリストからは完全に削除していません。
    • ユーザーは自分のアカウントにログインしたり、プロビジョニングされたライセンスにアクセスしたりすることはできませんが、ディレクトリユーザーリストから完全に削除されない限り、クラウドに保存されたアセットは引き続き利用できます。
    Federated ID

    使用中

    • SSO ログインおよびライセンスアクセスに使用できるユーザーアカウント。
    • sync が構成されている場合、アクティブユーザーは自動同期の範囲内です。
    無効
    • ユーザーは自分のアカウントにログインしたり、プロビジョニングされたライセンスにアクセスしたりすることはできません。
    • sync が構成されている場合、「無効」なユーザーが組織のディレクトリの同期範囲から除外されます。そのユーザーは自分のアカウントやプロビジョニングされたライセンスへのログインアクセスができなくなりますが、クラウドに保存されているアセットは利用できます。
    • 無効」なユーザーはディレクトリユーザーリストにのみ表示され、ユーザーのアドビアカウントはディレクトリユーザーリストから完全に削除する操作のみが可能です。
    注意:Azure または Google 同期が構成されている場合、ユーザーは同期を介して読み取り専用モードで管理されます。ステータスは組織のディレクトリ内のステータスによって異なります。
     
    Adobe ID 使用中
    ログインおよびライセンスアクセスに使用できるユーザーアカウント。
    グループ版およびエンタープライズ版
    非アクティブ
    • ユーザーがアカウントを削除しました。
    • ユーザーは自分のアカウントにログインしたり、プロビジョニングされたライセンスにアクセスしたりすることはできません。

    ID タイプ:ユーザーの ID タイプ詳しくは、ID の概要を参照してください。

    製品:エンドユーザー向けの製品の使用権限

  3. ユーザー行をクリックして、製品の資格、管理者権限などの基本的なユーザー情報を表示できます。

  4. ユーザー名をクリックすると、詳細情報が表示されます。

ユーザーの追加

  1. Admin Console で、ユーザーユーザーに移動します。

  2. ユーザーを追加」をクリックします。

  3. ユーザーのメールアドレスを入力します。

    状況に応じて、推奨される ID タイプが自動的に入力されます。推奨値は、必要に応じて、ドロップダウンリストから変更できます。

    メールと ID タイプ

    注意:

    追加するユーザーのメールアドレスのドメインを申請した場合、そのユーザーは Enterprise ID ユーザーまたは Federated ID ユーザーとして追加されます。これは、Admin Console で組織がそれぞれ Enterprise IDFederated ID のどちらで設定されているかによって異なります。

    アドビがサポートする ID タイプの表を参照してください。詳しくは、このエンティティタイプの概要をご覧ください。

    ID タイプ

    アカウントの所有権

    データの所有権

    エンタープライズ機能とストレージ

    Business ID

    Organization

    Organization

    Enterprise ID

    Organization

    Organization

    Federated ID

    Organization

    Organization

    Adobe ID

    個人ユーザー

    個人ユーザー

  4. Enterprise ID の場合、ユーザーのを選択します。Federated ID の場合、SSO ユーザー名を入力し、ユーザーのを選択します。

    推奨)ユーザーの名前(名)名前(姓)はオプションです。ただし、Business ID タイプのユーザーは、この詳細情報を入力することをお勧めします。これらの詳細情報を後で入力する必要がある場合は、ユーザーが入力する必要があります。アカウントの作成後は、フィールドに入力された名前(名)名前(姓)は変更できません。下記の「ユーザーの詳細情報を編集する」を参照してください。

    名前と国または地域を入力してください

    注意:

    SSO ユーザー名はお使いの SSO 構成に依存し、組織の LDAP かそのユーザーの組織のメールアドレスを指定できます。

  5. ユーザーに割り当てる製品またはユーザーグループを選択します。

    表示される製品のリストは、組織の購入計画に基づいています。Admin Console で製品および製品プロファイルを管理する方法については、それぞれのリンク先を参照してください。

    ユーザーの追加

    注意:

    ここで最大 10 人のユーザーを追加できます。さらに追加するには、変更を保存した後で上記の手順を繰り返します。

  6. 保存」をクリックします。

    ユーザーが追加され、「ユーザー」リストに表示されます。

    管理者ロールまたは製品プロファイルをユーザーに割り当てると、ユーザーはメール通知を受信します。ユーザーはリンクをクリックし、求められる場合は自分のプロファイルに情報を記入する必要があります。

アドビプロフィール

アドビプロフィールを使用することで、エンドユーザーは、より適切にクラウドにファイルを保存し、クラウドに保存されたファイルを管理して、安全に共同作業を行えるようになります。追加したユーザーは、場合によっては、アドビアカウントにサインインする際に、プロフィール(ビジネスまたは個人)の選択を求められることがあります。

次の 1 つ以上に当てはまる場合、複数のプロフィールが設定されます。

  • 個人向けプランと法人向けプランの両方がある場合。この場合、法人プロフィールと個人プロフィールの 2 つのプロフィールが設定されます。
  • 複数の組織から異なる法人向けプランが提供されている場合。この場合、法人プロフィールは組織ごとに設定されます。
  • 管理者が、Adobe Admin Console で複数の組織の管理者権限を持っている場合。詳しくは、「管理者のログインエクスペリエンスの更新」を参照してください。
  • 組織が、ディレクトリトラストと呼ばれる機能を使用している場合。これは通常、コングロマリットやグループ、持ち株会社がある場合に発生します。この場合、2 つの法人プロフィールが設定されます(メイン組織とトラスティ組織にそれぞれ 1 つずつ)。
プロフィールを選択

エンドユーザー向けのプロフィールの概要については、「アドビプロフィールの管理」を参照してください。

ユーザーの詳細編集

管理者は、組織が所有するドメインに属するユーザーの詳細のみを更新するアクセス権を持ちます。組織が共同利用権を所有している場合でも、所有していないドメインに属するユーザーの詳細を更新することはできません。ユーザーの次の詳細を変更できます。

  • ユーザーに関連付けられるユーザーグループと製品
  • 管理者権限
注意:
  • Federated ID または Enterprise ID タイプのユーザーの場合、Admin ConsoleAzure SyncGoogle Syncユーザー同期ツール、または User Management API を使用して、ユーザーの詳細を変更できます。変更はすぐに反映されますが、ユーザーには通知されません。ユーザーのメールアドレスを変更した場合は、新しいメールアドレスを使用して Adobe Enterprise アカウントにログインするようにユーザーに通知します。
  • Federated ID タイプのユーザーについては、メールアドレスの変更は、メールアドレスが Adobe と組織の ID プロバイダーとの間の SAML ハンドオフで識別子として使用されている場合のみ、ユーザーのログインに影響を与えます。ハンドオフでメールアドレスを使用している場合、メールアドレスの変更は、両方で同時に行う必要があります。行われなかった場合、ユーザーは Enterprise アカウントにログインできなくなります。
  1. Admin Console で、ユーザーユーザーに移動します。

  2. ユーザーのリストから、ユーザーの名前をクリックします。

    名前のハイパーリンクが強調表示されていることを確認します。

  3. Business ID タイプのユーザーは使用不可)「ユーザーの詳細」セクションで、「ユーザープロファイルの編集」をクリックします。

    ユーザー詳細のメニューを編集する

    ユーザープロファイルの編集」オプションは、Business ID タイプのユーザーは使用できません。つまり、これらのユーザーはプロファイルをここで更新する必要があります。詳しくは、アカウントプロファイルを更新する方法を参照してください。

  4. ユーザーに関連付けられた製品ユーザーグループ管理者権限を編集します

    関連のセクションの右上にある をクリックします。

    注意:

    エンタープライズ版のみユーザーグループを割り当てると、そのユーザーに関連付けられた製品プロファイルも割り当てられます。

    ユーザープロファイルの編集

ユーザーの削除

Business IDEnterprise ID、および Federated ID タイプのユーザーアカウントは、組織が所有および管理します。そのため、ユーザーを削除すると、組織によって付与されたすべての権限とサービスへのアクセスが取り消されます。

関連するデータを削除せずに製品やサービスへのアクセスを取り消すには、ユーザーを削除しないでください。その代わりに、使用権限を付与している製品プロファイルからユーザーを削除します。

注意:
  1. Admin Console で、ユーザーユーザーに移動します。

  2. 表示されるユーザーのリストから、ユーザー名の左にあるチェックボックスをクリックして、ユーザーを選択します。

  3. ユーザーを削除」をクリックします。

  4. 組織で法人向け Adobe ストレージを使用している場合、次のいずれかを実行できます。

    • 今すぐコンテンツを転送:フォルダーのコンテンツがメールで指定されたユーザーに送信されます。このオプションを選択した場合は、コンテンツを受信する指定ユーザーのメールアドレスを指定してください。
    • 後でコンテンツを転送:コンテンツフォルダーは、完全に削除されるまで「非アクティブユーザー」タブに残ります。
    • コンテンツを完全に削除:コンテンツを取得するためのオプションなしで、フォルダーは完全に削除されます。

    詳しくは、削除したユーザーのアセットを再利用するを参照してください。

    警告:

    セキュリティ上の理由からディレクトリユーザーを削除した場合(ユーザー/ディレクトリユーザー)、ユーザーの名前とメールアドレスへの参照はすべて削除されます。Admin Console には、一意の英数字の ID のみが保持されます。このようなアセットを後で再利用するときに、「非アクティブユーザー」タブで削除したユーザーを識別することが難しい場合があります。こうした場合は、「今すぐコンテンツを転送」オプションを使用することをお勧めします。

  5. 表示される「ユーザーを削除」ダイアログボックスで、「ユーザーを削除」をクリックします。

    Admin Console からユーザーが削除され、組織によって付与されたすべての権限とサービスへのアクセスが取り消されます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン