注意:
以下の記事では、Classic ページレイアウトでのプロセスを説明します。
新しいページ形式での同じプロセスを確認するには、こちらをクリックします


同じ電子メールアドレスに契約書を 2 回送信する

2 名以上のユーザーが 1 つの電子メールアドレスを共有していて、1 つの文書に全員の署名が必要となる場合があります。

Adobe Sign では、様々な電子メールアドレスから一意の署名を取得する場合と同じプロセスを使用し、この手順を簡単におこなうことができます。

一意の法的な署名には、一意の記録されているイベントが必要となるので、署名者の数だけ受信者を追加する必要があります。  この場合は、受信者全員の電子メールアドレスが同じです。

ビデオを見る

  1. 「送信」ページで、「受信者」フィールドに契約書の各署名者につき 1 回ずつ電子メールアドレスを入力します。

    以下の例では、3 人の署名者が同じ電子メールアドレスから署名することになります。

    同じ電子メールアドレスを持つ 2 人の受信者
  2. ファイルを「ファイル」セクションにドラッグ&ドロップするか、「ファイルを追加」リンクをクリックし、ライブラリまたはネットワークから文書を添付します。

    文書を添付
  3. プレビューおよび署名フィールドを追加」をオンにし、「次へ」をクリックします。

    「プレビューおよび署名フィールドを追加」をオンにする
  4. 入力した電子メールアドレスの最初のインスタンス(受信者リストの一番上)は、最初に署名するユーザーです。

    • 個々の受信者の隣にはカラーブロックが表示されます。これらは、受信者に割り当てられた各フィールドのカラーフラグと一致しています。
    • 受信者がアクティブになると、カラーボックスにチェックマークが付きます。
    • アクティブな受信者に配置されたフィールドは、その受信者へ自動的に割り当てられます。

    右のレールから、最初の受信者用の文書にフィールドをドラッグします。

    最初の署名者のフィールドを配置
  5. 受信者ポップアップメニューで、2 人目の署名者の電子メールアドレスを選択します。

    • 2 人目の署名者には別のカラーブロックが付きます。
    • 選択すると、2 人目の署名者ブロックにチェックマークが入ります。
    • インターフェイスに表示されている受信者は 2 人目の署名者です。
    2 人目の署名者用に 2 つ目のフィールドセットを配置します。
  6. 2 人目の署名者用のフィールドを文書の必要な場所にドラッグ&ドロップします。

    • 配置されたフィールドには、2 人目の受信者のカラーフラグが付きます。
    電子メールの 2 番目のインスタンスを選択

    注意:

    アクティブな受信者に割り当てられたフィールドの色は、他の受信者に割り当てられたフィールド(ミュートグレー)よりも明るくなります。

  7. 手順テキスト

    追加の受信者があれば、手順 5 ~ 6 を繰り返します。

    field_placment
  8. 必要なすべてのフィールドを配置したら、「送信」をクリックします。

    Send

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー