Adobe Sign を使用すると、署名をもらいたい相手に文書を簡単に送信することができます。1 人のユーザーに送信することも、複数のユーザーに送信することもできます。
メモ:
この記事では、新しいページ形式での手順について説明します。
従来のページレイアウトで同じプロセスを確認するには、ここをクリックしてください

契約書を 1 人の署名者に送信

署名用に文書を送信するのは、Adobe Sign の基本的なワークフローです。ここでは、1 人の署名者に文書を送信するという最も単純な手順について説明します。

署名のために文書を送信するには:

  1. ホーム」タブに移動し、「署名を依頼」ボタンをクリックします。

    「送信」をクリックします。
  2. 契約書の受信者を定義します。 

    次を入力/定義します(左から右)。

    • 受信者の役割を選択します(署名者がデフォルトです)。
    • 受信者の電子メールアドレスを入力します。
    • 2 要素認証方式を選択します(ある場合)。
    • 必要に応じて、個人メッセージを入力します。
    電子メールアドレスを入力します。
  3. 受信者への最初の電子メールに含める契約名メッセージを追加します。

    agreement_message
  4. 送信するライブラリ文書をドラッグ&ドロップ、添付、または選択します。

    • 複数の文書を添付し、受信者にとって 1 つの連続した文書として配信できます。
    送信する文書を選択します。
  5. 必須のオプションを設定します。

    • パスワード保護(署名付き PDF) - このパスワードは、Adobe Sign からダウンロードされた契約書の PDF コピーに適用されます。パスワードが正常に入力されるまで、ドキュメントの表示は阻止されます。
    • 文書の有効期限 - 指定した日数が経過すると、トランザクションが失効する期限。
    • リマインダーの設定 - 複数回反復することのいずれかに対してリマインダーを設定できます。現在アクティブな受信者のみにリマインダーが送信されます。
    • 受信者の言語 - 受信者に配信される電子メールと、画面上の指示で使用される言語を定義します。
  6. 受信者とやり取りするためのフィールドを追加するには、署名フィールドをプレビューおよび追加を選択します。

    すべての設定が完了したら、「次へ」をクリックします。

    「プレビュー」をオンにする
  7. 画面右のタブからフィールドをドラッグし、文書上にドロップします。

    フィールドを配置

    注意:

    使用する共通のドキュメントを作成している場合は、「文書ライブラリに保存」オプションを選択して、配置したフィールドと一緒に文書を保存できます。

    以降のトランザクションでは、ライブラリからドキュメントを添付するだけで済み、フィールドの配置をスキップできます。

  8. すべてのフィールドを文書に配置したら、「送信」をクリックします。

ドキュメントへのリンクを含む電子メールが受信者に送信され、受信者がアクションを実行できるようになります。

受信者のアクションが完了すると、電子メールで通知されます。


複数の受信者への契約書の送信

契約書を複数の受信者に送信するのは、1 人に送信するのとほぼ同じプロセスです。

主な違いは、次を行う必要がある点です。

  • 各受領者を、契約書にアクションを行う順序で定義する
  • 必要に応じて、各受信者専用のフィールドを配置する

注意:

複数の受信者を含むトランザクションは順次、並行、またはハイブリッドのワークフローに従うように設定できます。

  1. ホーム」タブに移動し、「署名を依頼」ボタンをクリックします。

  2. 契約書の各受領者を定義します。 

    次を入力/定義します(左から右)。

    • 受信者の役割を選択します(署名者がデフォルトです)。
    • 受信者の電子メールアドレスを入力します。
    • 2 要素認証方式を選択します(ある場合)。
    • 必要に応じて、個人メッセージを入力します。

     

    受信者のリストに自分を追加するには、右上隅にある「自分を追加」リンクをクリックします。

    同じ電子メールアドレスを複数回追加することは容認されています。

    注意:

    受信者行を削除する必要がある場合は、行の右端にある X をクリックします。

    電子メールアドレスを入力します。
  3. 受信者への最初の電子メールに含める契約名メッセージを追加します。

  4. 送信するライブラリ文書をドラッグ&ドロップ、添付、または選択します。

    • 複数の文書を添付し、受信者にとって 1 つの連続した文書として配信できます。
  5. 必須のオプションを設定します。

    • パスワード保護(署名付き PDF) - このパスワードは、Adobe Sign からダウンロードされた契約書の PDF コピーに適用されます。パスワードが正常に入力されるまで、ドキュメントの表示は阻止されます。
    • 文書の有効期限 - 指定した日数が経過すると、トランザクションが失効する期限。
    • リマインダーの設定 - 複数回反復することのいずれかに対してリマインダーを設定できます。現在アクティブな受信者のみにリマインダーが送信されます。
    • 受信者の言語 - 受信者に配信される電子メールと、画面上の指示で使用される言語を定義します。
  6. 受信者とやり取りするためのフィールドを追加するには、署名フィールドをプレビューおよび追加を選択します。

    すべての設定が完了したら、「次へ」をクリックします。

  7. 画面右のタブからフィールドをドラッグし、文書上にドロップします。

    署名を追加
  8. すべてのフィールドを文書に配置したら、「送信」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー