Adobe Sign を使用すると、署名をもらいたい相手に文書を簡単に送信することができます。1 人のユーザーに送信することも、複数のユーザーに送信することもできます。

契約書を 1 人の署名者に送信

署名用に文書を送信するのは、Adobe Sign の基本的なワークフローです。ここでは、1 人の署名者に文書を送信するという最も単純な手順について説明します。

文書を署名用に送信するには:

  1. ホーム」タブに移動し、「署名を依頼」ボタンをクリックします。

    ホームページ - 署名を依頼

    または、「ライブラリから開始」ボタンをクリックして、ライブラリテンプレート(またはワークフロー)を選択しても、このプロセスを開始できます。

    この方法では、次の 3 つのオプションのいずれかを選択できます。

    • 最近使用したファイル - 最近使用した 20 件のテンプレートのリストで、最後に使用したテンプレートが一番上に表示されます。
    • ライブラリ文書 - 使用可能なすべてのライブラリテンプレートが表示されます。
    • ワークフロー ユーザーが使用できるすべてのワークフローが表示されます。

    ファイルまたはワークフローの選択後、「開始」をクリックすると、テンプレートが既に添付されている送信ページに移動します(下の手順 4 はスキップできます)。

    ライブラリから開始
  2. 契約書の受信者を定義します。 

    以下を入力/定義します(左から右)。

    • 受信者の役割を選択します(署名者がデフォルト)。
    • 受信者の電子メールアドレスを入力します。
    • 該当する場合、2 要素認証方式を選択します。
    • 必要に応じて、個人的なメッセージを入力します。
    電子メールアドレスを入力します。
  3. 受信者への最初の電子メールに含まれる契約書名およびメッセージを追加します。

    agreement_message
  4. 送信するライブラリ文書をドラッグ&ドロップ、添付または選択します。

    • 複数の文書を添付できます。また、複数の文書を 1 つの連続する文書として受信者に配信できます。
    送信する文書を選択します。
  5. 必要なオプションを設定します。

    • パスワード保護(署名済みPDF) - このパスワードは、Adobe Sign からダウンロードされたすべての契約書の PDF コピーに適用されます。パスワードは、正しく入力されるまで、文書を表示できません。
    • 文書の有効期限 - 定義された日数が過ぎるとトランザクションの期限が切れます。
    • リマインダーを設定 - リマインダーは、いくつかの繰り返しのいずれかを設定できます。現在アクティブな受信者にのみリマインダーが送信されます。
    • 受信者の言語 - 受信者に配信される電子メールおよび画面の指示に使用される言語を定義します。
  6. 受信者に入力してもらうフィールドを追加するには、「プレビューおよび署名フィールドを追加」を選択します。

    すべてを設定したら、「次へ」をクリックします。

    「プレビュー」をオンにする
  7. 画面右のタブからフィールドをドラッグし、文書上にドロップします。

    フィールドを配置

    注意:

    自分で使用するための一般的な文書を作成する場合、「文書ライブラリに保存」オプションを選択すると、フィールドが配置された状態で文書を保存できます。

    将来のトランザクションでは、ライブラリから文書を添付するだけで、フィールドの配置をスキップできます。

  8. すべてのフィールドを文書に配置したら、「送信」をクリックします。

文書へのリンクを含む電子メールが受信者に送信され、受信者のアクションを有効にします。

アクションが完了すると、電子メールで通知されます。


複数の受信者への契約書の送信

複数の受信者への契約書の送信は、1 人への送信とほとんど同じプロセスです。

主な違いは、以下をおこなう必要があるということです。

  • 受信者が契約書に対するアクションをおこなえるように、各受信者を定義する
  • 必要に応じて、各受信者に専用のフィールドを配置する

注意:

順次、並列およびハイブリッド送信ワークフローに従うために、複数の受信者を含むトランザクションを設定できます。

  1. ホーム」タブに移動し、「署名を依頼」ボタンをクリックします。

  2. 契約書の各受信者を定義します。 

    以下を入力/定義します(左から右)。

    • 受信者の役割を選択します(署名者がデフォルト)。
    • 受信者の電子メールアドレスを入力します。
    • 該当する場合、2 要素認証方式を選択します。
    • 必要に応じて、個人的なメッセージを入力します。

     

    自分自身を受信者のリストに追加するには、右上隅にある自分を追加リンクをクリックします。

    同じ電子メールアドレスを複数回追加することもできます。

    注意:

    受信者行を削除する必要がある場合、行の右側にある X をクリックします。

    電子メールアドレスを入力します。
  3. 受信者への最初の電子メールに含まれる契約書名およびメッセージを追加します。

  4. 送信するライブラリ文書をドラッグ&ドロップ、添付または選択します。

    • 複数の文書を添付できます。また、複数の文書を 1 つの連続する文書として受信者に配信できます。
  5. 必要なオプションを設定します。

    • パスワード保護(署名済みPDF) - このパスワードは、Adobe Sign からダウンロードされたすべての契約書の PDF コピーに適用されます。パスワードは、正しく入力されるまで、文書を表示できません。
    • 文書の有効期限 - 定義された日数が過ぎるとトランザクションの期限が切れます。
    • リマインダーを設定 - リマインダーは、いくつかの繰り返しのいずれかを設定できます。現在アクティブな受信者にのみリマインダーが送信されます。
    • 受信者の言語 - 受信者に配信される電子メールおよび画面の指示に使用される言語を定義します。
  6. 受信者に入力してもらうフィールドを追加するには、「プレビューおよび署名フィールドを追加」を選択します。

    すべてを設定したら、「次へ」をクリックします。

  7. 画面右のタブからフィールドをドラッグし、文書上にドロップします。

    署名を追加
  8. すべてのフィールドを文書に配置したら、「送信」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー