マルチテナント機能により、テナントの独立性を保ったまま API を共有できます。マルチテナント機能の目的は、複数のテナントでリソースを最大限に共有できるようにする一方で、テナントごとに独立したビューを提供することです。

ColdFusion API Manager の以前のリリースでは、API を作成し、その API を公開して、同じドメインまたは組織に所属するユーザーが使用できました。マルチテナント機能により、異なるドメインまたは組織に所属するユーザーと API を共有できるようになりました。

マルチテナント機能により、テナントの独立性を保ったまま API を共有できます。マルチテナント機能の目的は、複数のテナントでリソースを最大限に共有できるようにする一方で、テナントごとに独立したビューを提供することです。

パブリッシャーは、API を作成し、その表示設定を指定して、さまざまなテナントに独立性を保ったまま公開することができます。

API Manager Administrator での組織(テナント)の作成

API Manager Administrator ポータルにログインし、左側のナビゲーションパネルで「組織」を選択します。

組織を作成するには、以下の組織の詳細が必要です。

  • 組織名:組織の一意の名前(例:HR)。
  • 組織の表示名:ポータルに表示される名前(例:Human Resources)。
  • 組織のドメイン:組織の一意のドメイン名(例:hr.com)。
  • 組織の表示設定:API の表示設定を定義します。

組織管理者を作成するには、以下の詳細が必要です。

  • ユーザー名:組織管理者のユーザー名。
  • 姓名:組織管理者の名前。
  • パスワード:組織管理者ポータルにサインインするためのパスワード。
  • 電子メール:組織管理者の電子メールアドレス。

作成した組織は(他にも組織があっても)以下のように表示されます。

組織の詳細を編集することや、組織を削除することができます。組織を削除すると、組織内のすべてのユーザーも削除されます。

組織管理者ビュー

スーパー管理者が作成した組織管理者は、管理者ポータルにログインできます。組織管理者には、管理者ポータルの異なるビューが表示されます。

組織ログイン」リンクをクリックすると、ドメイン名を入力するページに移動します。

続行」をクリックしたら、API Manager 管理者が以前に作成した必要な資格情報を使用して組織管理者ポータルにログインします。

ログイン」をクリックすると、ポータルに入ります。

組織管理者には、管理者ポータルの制限されたビューが表示されます。組織管理者は、ユーザー、ユーザーストアの作成、SAML ID とサービスプロバイダーの設定、分析ダッシュボードからの API 分析の表示を行うことができます。

ユーザーストアの作成

API Manager Administrator と同様に、組織管理者ポータルでユーザーストアを作成できます。ユーザーストアを作成するには、組織の LDAP からユーザーをインポートするか、外部データベースからロールとロール ID をマッピングします。

サブスクライバーの作成

API を使用できるサブスクライバーを作成します。サブスクライバーまたは別の組織管理者を作成できます。

サブスクライバーを作成するときに、サブスクライバーに次のロールを割り当てることができます。

  • サブスクライバー
  • 組織管理者

API のサブスクライブ

組織管理者がサブスクライバーを作成した後、サブスクライバーはサブスクライバーポータルにログインし、API のサブスクライブを開始できます。

ドメイン(adobe.com)を入力します。

組織のサブスクライバーの資格情報を入力します。

ログインすると、API カタログ内の API が表示されます。

最初にアプリケーションを作成します。左側のナビゲーションペインで「マイアプリケーション」をクリックします。アプリケーションの名前と簡単な説明を入力します。

API カタログから、任意の API を選択します。左側のパネルで、「サブスクライブ」をクリックします。

アプリケーションおよび API の使用レベルを選択します。

API の試用

「マイ API」をクリックすると、サブスクライブしたすべての API のリストが表示されます。API をテストするには、「試用」をクリックします。リソースを選択し、アプリケーションを選択して、「API 呼び出しを実行」をクリックします。

組織管理者向けの分析ダッシュボード

組織管理者向けの分析ダッシュボードは、論理的に分離された複数のダッシュボードで構成されています。例えば、ダッシュボードには次のパネルがあります。

組織の分析ダッシュボードでは、API 管理者のアクション サブスクライバー数や API リクエスト数など)を包括的に把握できます。また、独自のカスタムダッシュボードの作成、変更、および表示を柔軟に行うこともできます。

複数のビジュアライゼーションを 1 つのページにまとめて、検索クエリを指定するか、ビジュアライゼーション内の要素をクリックしてフィルターを選択することで、フィルターを適用できます。

組織管理者の分析ダッシュボードには、3 つのカテゴリがあります。

  • ホーム
  • サブスクライバー API
  • サブスクライバー

ホームダッシュボード

ホームダッシュボードは、データを分析して得られたインサイトが表示されるランディングページです。例えば、サブスクライバーあたりの API リクエスト数が表示されます。

このダッシュボードには、次も表示されます。

  • 集計された指標データ
  • API リクエスト数
  • 生成/使用されたデータを集計した面グラフのビジュアライゼーション
  • 応答時間

サブスクライバー API ダッシュボード

サブスクライバー API ダッシュボードには、組織内のサブスクライバー数、公開されている API の数、サブスクライバーあたりの処理されたリクエスト数に関する情報が表示されます。また、サブスクライバーのリクエスト数および API のリクエスト数の円グラフベースのビジュアライゼーションも表示されます。

サブスクライバーダッシュボード

サブスクライバーダッシュボードには、サブスクライバー数およびサブスクライバーあたりの処理されたリクエスト数に関する情報が表示されます。このダッシュボードは、サブスクライバーのリクエスト数、API のリクエスト数、すべてのサブスクライバーのリクエスト数などのビジュアライゼーションで構成されています。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー